135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ファーストチョイスドッグフードの口コミ評判は?安全性や評価も解説

ファーストチョイスは、日本で暮らす犬のために低脂肪設計でつくられたカナダのドッグフードです。そんなファーストチョイスの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.0
グレインフリー 1.0
無添加 5.0
安全性 4.0
コスパ 5.0
内容量 1.2kg、2.7kg、6.7kg
※成犬1歳以上 小粒 チキンの場合
価格 770円(1.2kg)
1,196円(2.7kg)
2,489円(6.7kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 64円
対応年齢 全年齢対応
原産国 カナダ
編集部からの評価

ファーストチョイスは、当サイトでCランクのドッグフードです。原材料の品質やトレーサビリティにとてもこだわっており、副産物や危険な合成添加物など余計なものが含まれていない良好なドッグフードであることが分かりました。比較的価格が安いわりには、中身が結構しっかりしているなと感じます。ただしコーンや大豆など、できれば避けたい原料が使われている商品もあるので、その辺りは気をつけましょう。

ファーストチョイスドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ファーストチョイスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「成犬1歳以上 小粒 チキン」に注目してみました!

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプ、たん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 ビートパルプ 酸化防止剤 ビタミンE
タンパク質 24%以上 灰分 9%以下
脂肪 9%以上 水分 10%以下
粗繊維 5%以下 代謝エネルギー 333kcal/100g

コーン

カナダ穀物協会認定グレードの完全粒コーンを厳選して使用。加熱することででんぷんをアルファ化にし、消化吸収しやすくしている。

鶏肉

鶏の副産物(頭・腸・足など)を除いた鶏肉を使用。鶏肉はアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。

ビートパルプ

ビートパルプは、甜菜から砂糖を抽出した後に残ったカスのこと。製造過程に硫酸系の薬剤を使用している可能性があり、ファーストチョイスについてはその情報が公開されていないため不安が残ります。

編集部からのひとこと

ファーストチョイスの原材料などを確認したところ、副産物や危険な添加物などが使われていない比較的良好なドッグフードであることが分かりました。鶏肉についても、副産物を含まないと説明があるので安心です。

当サイトがもっとも気になったのは、ファーストチョイスは全体的に植物性タンパク質の割合が多いなということ。またコーンや大豆(一部の商品)が主原料に使われているので、アレルギーが懸念されます。

ファーストチョイスは原材料の品質にとてもこだわっている点は素晴らしいのですが、高アレルゲン食品の使用がやや目立つところがデメリットですね。

気になる場合は「アレルゲンケア」を検討されてみるのもいいと思いますが、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質の方が多いので、消化機能が弱い犬に食べさせる際は少し注意した方がいいかもしれません。

とはいえ、ファーストチョイスは原材料1つ1つがハッキリしていてとても良心的です。価格が安いわりには油もちゃんと「鶏脂」を使っていますし、お肉や魚もしっかり「お肉」を使っています。

良いところもたくさんあるファーストチョイスなので、あとは愛犬の体質に合うかどうかを飼い主さんがよく見極めてあげるようにしましょう。

ファーストチョイスドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ファーストチョイスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ファーストチョイスドッグフードの良い口コミ

ヨークシャー・テリア11歳 / オス
5.0
もう長いことファーストチョイスです。もともとお腹の弱い子なんですが、こちらのシニア犬用は食べても下痢をしません。粒の大きさも丁度いいようで、いつも食べやすそうです。
ミニチュア・ダックスフンド12歳 / メス
4.0
胆泥症により低脂肪のフードを探していました。こちらは合成着色料や合成香料などが入っていないので安心です。小粒で食いつきも良いので今後もリピート予定です。
コーギー5歳 / メス
5.0
このドッグフードを食べるようになってから食糞がなくなりました。ゆるゆるウンチも硬めのウンチになったので、きっとこの子に合っているんだなと思います。

ファーストチョイスドッグフードの悪い口コミ

雑種犬3歳 / メス
3.0
チキンからラム&ライスに変えたところ、うんちの回数がかなり増えました。食いつきはいいのですが、やっぱりチキンに戻そうと思います。
トイ・プードル6ヶ月 / メス
1.0
初日はちゃんと食べたんだけど、次の朝から全く食べてくれませんでした。匂いすら嗅ぎません。でも以前のフードを混ぜたら、何とか食べるようになりました。
フレンチ・ブルドッグ6歳 / オス
2.0
値段のわりには原料が悪くないので、アレルゲンケアを購入してみました。美味しそうに食べることは食べるんですが、排便が増えたのでリピしようか迷ってます。

ファーストチョイスドッグフードの口コミ・評判まとめ

ファーストチョイスの口コミを調査したところ、全体的にとても評価の高いドッグフードであることが分かりました。とくに「高齢犬用」と「アレルゲンケア」が人気ですね。

まず良い口コミで多かったのは「食いつきがいい」「おなかの調子がいい」「うんちが硬くなった」「安いのに質がいい」という声です。中でも,うんちの状態が良くなったという声はとても多かったような気がします。

その一方で「うんちの量・回数が増えた」「食べない」という声も多かったですね。口コミを見る限りではありますが、「ラム&ライス」と「アレルゲンケア」はうんちが増えやすい傾向にあるようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでファーストチョイスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 994円(1.2kg)
1,236円(2.7kg)
2,243円(6.7kg)
770円(1.2kg)
1,196円(2.7kg)
2,489円(6.7kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ファーストチョイスドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、ファーストチョイスの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ただしこれは商品のみの価格なので、人によってはAmazonで購入した方が安い場合もあります。

ファーストチョイスドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとファーストチョイスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ファーストチョイス
内容量 1.8kg 1.2kg
価格 3,564円 1,196円
100gあたりの価格 198円 64円
メイン食材 チキン&サーモン53% コーン・鶏肉・米
穀物 グレインフリー コーン・米・コーングルテン
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Cランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ファーストチョイスとモグワンですが、どちらも副産物や危険な合成添加物を使わない良好なドッグフードです。ただし、原材料のグレードにやや違いが見られます。

ファーストチョイスは原材料の品質にこだわっているドッグフードだということは分かるのですが、実は原材料のグレードについてまでは公開されていません。また、鶏肉やラム肉をどこから仕入れているのかも情報がないんですね。

それに対しモグワンは、原材料にヒューマングレイドの食材を使用しています。必ずしもヒューマングレイドは良いというわけではありませんが、鶏肉やサーモンの産地などがハッキリしているのは親切だなと思いました。

あとモグワンは、総量の53%が動物性タンパク質です。つまり植物性タンパク質の割合が多いということはまずないので、消化機能が強くない犬にも与えやすいメリットがあります。

ただし、犬も体質によって合うドッグフードは変わってきます。最終的には、愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルなどとよく照らし合わせながら決めるようにしましょう。

ファーストチョイスドッグフード「アレルゲンケア」の口コミ評判はどう?

ファーストチョイスの中でも、食物アレルギーに配慮した「アレルゲンケア」は非常に人気があるようです。そこでまず、良い口コミと悪い口コミをサクッとまとめてみました。

良い口コミ
  • 動物病院のフードは高くて続かず、こちらに切り替えてみました。食べた次の日から見たことがないくらいうんちがたくさん出ます。でも全然臭くありません。健康診断で引っかかっていた数値も、今年はすべて正常値になっていました。
  • うちの子はアレルギー持ちで、米とトウモロコシがダメです。でもファーストチョイスはこれらが入っていないので、安心して与えられます。
  • コーンとチキンのアレルギーがあるためフード選びは大変です。こちらにはチキンエキスが入っていますが、アレルギー反応の出るタンパク質は含まれていないとのことで実際にアレルギー反応も出ていません。お手頃価格なので助かります。
悪い口コミ
  • ファーストチョイスを食べさせると便の量が増えます。
  • うちの子には合わなかったようで、大量の軟便うんちをしてしまいました。
  • 原材料の変更でスイートポテトになっていました。アレルギーフードの急な材料変更は命取りになります。うちの子たちはアレルギーが強いので、早速炎症が出てしまいました。

調査する限り、とくにアレルゲンケアへの酷い口コミというものはなかったように思います。どちらかというと好意的な声が多かったですね。

もちろんファーストチョイスは食物アレルギーの治療を目的とした商品ではないので、その辺りは誤解しないようにしましょう。あくまでも食物アレルギーに配慮した原材料を使ったフードなので、食べても症状が改善されない子もいます。

ただ高アレルゲン食品が使われていないおかげもあってか、ファーストチョイスを食べても痒みが出ない、下痢にならないといった声は多かったなと当サイトは感じました。

当サイトが見ても「アレルゲンケア」には変な原料などが入っていないので、気になる方は一度試されてみるといいかもしれません。

ファーストチョイスドッグフードの種類について

ファーストチョイスには、全部で18種類のドッグフードがあります。一覧を簡単にまとめてみました。

対象犬 商品名
子犬(幼犬)
  • 小粒 チキン
  • 中粒 チキン
成犬
  • 小粒 チキン
  • 中粒 チキン
  • 小粒 ラム&ライス
  • ダイエット(去勢・避妊した犬) 小粒 チキン
  • ダイエット(去勢・避妊した犬) 中粒 チキン
  • 小粒 体重5kg以下 小型犬用 チキン
  • 小粒 インドアドッグ フレッシュチキン&オーガニック野菜
  • アレルゲンケア 小粒 白身魚&スイートポテト
  • アレルゲンケア ダイエット 小粒 白身魚&スイートポテト
シニア犬
  • 高齢犬(7歳以上) 小粒 チキン
  • 高齢犬(7歳以上) 中粒 チキン
  • 高齢犬(7歳以上)ダイエット(去勢・避妊した犬) 小粒 チキン
  • ハイシニア(10歳以上) 小粒 チキン
  • アレルゲンケア 小粒 白身魚&スイートポテト
成犬~シニア犬
  • ダイエタリーケア食物アレルゲンケア 小粒
  • ダイエタリーケア下部尿路の健康維持 小粒

どれを選んだらよいのか分からない場合は、直接アース・ペット株式会社に問い合わせをして相談されてみるといいでしょう。

ファーストチョイスドッグフードのQ&A

ファーストチョイスドッグフードの取扱店や販売店は?

ファーストチョイスは、イオンペットなどのペットショップやホームセンターなどが主な販売店となっているようです。あとはネット通販で言えば、楽天やAmazon、その他ペットフードを専門に取り扱うお店などがあります。

ファーストチョイスドッグフードにはお試しサンプルってある?

ファーストチョイスのサンプルですが、当サイトが調査した限りではサンプル配布に関する情報を見つけることができませんでした。

ファーストチョイスドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 1.2kg、2.7kg、6.7kg
※成犬1歳以上 小粒 チキンの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 770円(1.2kg)
1,196円(2.7kg)
2,489円(6.7kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 64円
販売会社 アース・ペット株式会社
公式サイト https://1stchoice.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る