135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アカナドッグフードを愛犬に試しました!口コミ評判や安全性も評価!

アカナは、カナダ生まれの高品質ドッグフードです。あの「オリジン」の姉妹ブランドとしても有名なアカナですが、安全性や口コミや評判は実際のところどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3-0 3.0
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
※ワイルドプレーリードッグの場合
価格 1,296円(340g)
6,264円(2kg)
15,120円(6kg)
21,600円(11.4kg)
100gあたり価格 313円
対応年齢 全年齢対応
原産国 カナダ
編集部からの評価

アカナは、当サイトでAランクのドッグフードです!オリジン同様に5つ星を与えることのできる優秀なドッグフードで、品質も安全性も文句の付けどころがありません。ラインナップも豊富なので、悩みや目的に合わせて選びやすいのも魅力の1つですね。アカナもオリジンと同じくちょっと割高ではありますが、多少高くても大丈夫!という飼い主さんにはぜひおすすめしたいドッグフードです。

実際にアカナドッグフードを購入してみました!

アカナには4つのシリーズがあるため、我が家では肉の量や新鮮さを追求した「レジオナルシリーズ」をチョイス!さらにその中から鶏肉メインの「ワイルドプレーリードッグ」を購入し、愛犬モコに試食してもらうことにしました。

まずはパッケージチェック。裏には原材料や保証成分値、給餌量など日本語で書かれたシールが貼ってありますね。そして右上にはちゃんと「日本正規品」とも書かれています。

それでは次に、袋を開封してみましょう!

アカナには、ちゃんと保存用のジッパーがついています。これがあると開封後にわざわざ小分け保管する必要がないので、すごく助かりますね~♪

そして中身はというと…

思ったより粒が大きくてビックリ!直径1cm以上はあるこの粒をモコは食べれるかしら?と不安になりながらも手に取って割ってみたら…意外と簡単にポキッと割れました!これならシニア犬モコでも噛みやすいかな。

1円玉と比較するとこんな感じ。小型犬にはちょっと食べにくいかもしれませんね…。アカナのヘリテージシリーズに「アダルトスモールブリード(小型犬用)」があるので、小型犬はそちらを選ぶといいと思います。

ちなみにアカナのこの製品は、ちょっと魚っぽい匂いがします。全然臭くないし、むしろ新鮮そうないい匂いです!

とりあえず初日は、我が家でいつも食べさせているモグワンと混ぜてみることに。粒の大きさの違いがよく分かりますね(笑)

さて、実際の食いつきはどうなのでしょうか?モコはさっきから匂いにつられてウズウズしています!

どうやら待ちきれなかったようで、いつもの場所に器を置いたら夢中で食べる食べる!食べづらいかな~?と心配してたけど、モコにとっては全然そんなことないようです。むしろ粒が大きい分、ゆっくり噛んで食べていました。

モコは相当気に入ったのか、食べ終わった後も器をペロペロ。アカナの袋を探しに来ては「もっとちょうだい♪」と目で訴えてきました(笑)

ちなみに、アカナを食べたからといって下痢や軟便をすることは全然なかったです!むしろモリっと健康的なうんちをしていましたが、モグワンを食べている時よりもうんちの量がちょっと増えた感じでした。

アカナドッグフードの「グラスフェッドラム」も試してみました!

あ、そうそう実はですね、こないだ近所のペットショップへ行ったら、なんとシングルの「グラスフェッドラム」がたまたま50%OFFで販売されていたんです!賞味期限間近の見切り品だったのですが、すぐに使うから問題ないと思いこの機会に購入してみました。

シングルは食物アレルギーに配慮したシリーズで、単一の動物性タンパク質を50%使用しているのが特徴です(グラスフェッドラムはラム肉50%)。粒は相変わらず大きい(笑)

ちなみに、モコの食いつきようは相変わらず良かったですよ!下痢や嘔吐も一切なし。毎日健康的なうんちでした。

アカナドッグフードを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

地元カナダ産の新鮮な原材料を使用!

アカナは、地元カナダ産の新鮮な食材のみを使用しています(ラム肉はニュージーランド産)。ペット用の食材という視点ではなく、あくまでも人間も食べれる食材という視点で原材料を調達しているのが特長です。

「犬の自然な食事」を再現!

アカナは「犬の自然な食事」を大事にしているため、高GI炭水化物、植物性タンパク質、合成添加物などを一切使っていません。とくに炭水化物においては、低GI野菜やフルーツを使って炭水化物量を制限しています。

動物性タンパク質が豊富!

アカナは動物性タンパク質が豊富で、商品によっては原材料の75%が肉で占めるものもあります。新鮮な肉や魚をたっぷり使っていますから、嗜好性も非常に高いですよ!

アカナドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、アカナの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでもレジオナルシリーズの「ワイルドプレイリードッグ」に注目してみました!

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

新鮮鶏肉(8%)、新鮮七面鳥肉(8%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (8%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、鶏脂肪(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (3%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、日干しアルファルファ、タラ油(2%)、レンズ豆繊維、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、塩、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 天然濃厚
トコフェロール
(ビタミンE)
タンパク質 35.0%以上 オメガ6脂肪酸 2.6%以上
脂肪 17.0%以上 オメガ3脂肪酸 0.9%以上
繊維 6.0%以下 グルコサミン 700mg/kg以上
灰分 7.0%以下 コンドロイチン 1,500mg/kg以上
水分 12.0%以下 代謝エネルギー 3850kcal/kg

鶏肉ミール・七面鳥肉ミール・丸ごとニシンミール

アカナに使われているミートミールは、よくある粗悪なミートミールではありません。人間用食材として認定を受けた肉のみを使用しているため、品質が良く、安全性も確保されたものになります。

新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓)

内臓には、リン、鉄、銅、マグネシウム、ヨウ素などのミネラル類が含まれているほか、ビタミンB群、ビタミンA、D、E、Kなども豊富に含まれています。

編集部からのひとこと

アカナのワイルドプレーリードッグは、放し飼いの鶏肉、七面鳥肉、全卵、天然魚をたっぷり使っています。また穀物の代わりに低GI野菜や果物を使用し、炭水化物量を制限していることが分かりました!

そしてワイルドプレーリードッグだけに限らず、アカナ全商品がヒューマングレイドの原料のみを使用しています。生産者や生産地も公表されているので、本当に安心して愛犬に食べさせられるドッグフードだなと感じました。

しかも、副産物や合成添加物などは一切使われていません。非常に良好なドッグフードであることも、公式サイトを見ただけでよく分かるようになっています。

アカナはこのように原材料や安全性にとてもこだわっていますから、価格もそれなりに高くて当然だなと感じますね。素材がいいから栄養価も高いし、そんなにガッツリ食べさせなくてもしっかり栄養を補給できると思えば決してコスパも悪くありません。

毎回アカナを食べさせるのは金銭的にきつくても、愛犬の幸福度を上げるためにも時々アカナを取り入れてみるのもいいかもしれませんね!

アカナドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、アカナを愛犬に与えている飼い主さんの感想はどうなのでしょうか?口コミや評判をまとめてみました!

アカナドッグフードの良い口コミ

ゴールデン・レトリーバー5歳 / メス
5.0
本当にいいドッグフードを与えたいと思って探していたところ、このアカナに出会いました。よく「そんな高いものあげてるの?」と言われますが、愛犬の体のことを考えたら高いとは思いません。むしろ変な餌を与えて病院通いになるよりもずっと経済的です。オリジン同様、一番信頼できる商品だと思います。
トイ・プードル7歳 / オス
4.5
我が家のトイプードルにスモールブリードを購入。合わないフードだとすぐ目やにが出るのですが、アカナにしてから目やにと涙やけに無縁です。もう少し粒が小さいといいのに…と思ってましたが、むしろゆっくりしっかりと噛むようになってくれたので丁度いいのかも。
ヨークシャーテリア3歳 / オス
5.0
アカナにしてからお腹の調子がいいみたいです!うちの子はドッグフードで下痢や嘔吐をしやすい体質で、時には皮膚が赤くなることもしばしばでした。でもアカナは喜んで食べるし、1ヶ月経った今も毎日健康的です。やっぱ評判いいだけあると思いました!
柴犬9歳 / メス
5.0
アカナだと給与量が減ってしまいますが、どうやらお腹持ちがいいようで少量でもとても満足そうです!価格は確かに高いけど、与える量が少ないからコスパはいいと思います。食欲の落ちる夏でも元気に食べてくれるし、これからもアカナを続けていきます。

アカナドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド6歳 / オス
3.0
アカナのグラスランド、ワイルドプレーリードッグを与えていた時は毎回嬉しそうだったのに、スモールブリードは食いつきが悪かった。あと、便も柔らかくなったような気がする。
コーギー5歳 / オス
2.5
ぶっちゃけお財布に優しいドッグフードではないですよね。高いです。でも愛犬の健康を考えたらそんなこと言ってられないのかな?っては最近思います。他のドッグフードとローテーションしながら与えて、うまくコントロールしてみます。

アカナドッグフードの口コミ・評判まとめ

アカナの口コミを調査したところ、悪い評価というのはほとんどありませんでした。どちらかというと「高いけど継続したいドッグフード」と太鼓判を押している飼い主さんの方がとても多く、非常に評価の高いドッグフードであることが分かりました!

粒に関しては「よく噛むようになった」「早食いが治った」といったポジティブな意見にまとめられていたので、アカナの粒に関してはさほど問題ではないかもしれません。

あとはやはり「アカナは価格が高い」と口コミしている人もたくさんいましたね。給与量が少ない分コスパはいいですが、一回の支出金額で見ると確かに高く感じてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでアカナを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,296円
(340g)
6264円
(2kg)
15120円
(6kg)
21600円
(11.4kg)
1,296円(340g)
3748円
(2kg)
9298円
(6kg)
14684円
(11.4kg)
907円(340g)
4385円
(2kg)
10584円
(6kg)
15120円
(11.4kg)
送料 注文内容により料金が変動 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アカナドッグフードはAmazonが激安だけどリスクあり!

調査した結果、アカナをもっとも最安値で購入できるのはAmazonであることが分かりました!その次に安いのが楽天、そして公式サイトは定価での販売なのでもっとも高くなります。

しかし、100%確実に正規品が送られてくるのは「有限会社アカナファミリージャパン」が運営している公式サイトからの購入になります。

実際にAmazonや楽天で購入した人の口コミを見ると、「カビが生えていた」「明らかに臭い」といったクレームがいくつかあります。つまりアカナの偽物並行輸入品である可能性も否めないので、トラブルを防ぎたい人は公式サイトから購入することをおすすめします。

アカナドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとアカナにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン アカナ
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 6,264円
100gあたりの価格 198円 313円
メイン食材 チキン&サーモン53% 新鮮鶏肉・七面鳥肉・鶏内臓などが70%
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

アカナとモグワンですが、どちらも品質や安全性が非常に高い良好なドッグフードです!大きな違いはというと、動物性タンパク源の種類、油、粒の大きさではないでしょうか。

まず、モグワンはチキンとサーモンを主原料としています。それに対しアカナは、鶏肉、七面鳥、ラム、魚、ダック、豚肉などいろんな種類の動物タンパク源を取り揃えているんですね。

たまには違うお肉を食べさせてあげたい、あるいはローテーションをしたいという時もあると思うので、そんな時はアカナの方が何かと活用しやすいドッグフードと言えます。

それと、使用している油。モグワンは消化器官へ負担をかけぬよう、サーモンオイルとココナッツオイルを使用しています。とくにサーモンオイルはオメガ3脂肪酸が豊富なので、皮膚・被毛トラブルが起きやすい犬にはおすすめの油なんです!

アカナも鶏脂肪などを使っていて問題はないのですが、より犬の健康を考えるならモグワンのようにサーモンオイルが使われたドッグフードがおすすめですよ。

ただし当サイトから見て、アカナもモグワンも本当に良いドッグフードです。最終的には愛犬の体質や健康状態に合わせて選ばれるといいでしょう。

アカナドッグフードとオリジンドッグフードの違いは?

アカナとオリジンの違いって分かりにくいですよね。どちらもチャンピオンペットフーズ社が販売しているので、よく姉妹ブランドとも言われているほどです。

ズバリ大きな違いを先に言うと、

オリジン 肉85%、野菜果物15%
アカナ 肉50~70%、野菜果物30~50%

になります。

オリジンは肉の含有量が85%なのに対し、アカナは50~70%とシリーズによって異なります。よって、より高タンパクなのはオリジンであることが分かりますね。

なのでこの時点で分かることは、

オリジン 運動量がめちゃくちゃ豊富な犬向き。
アカナ 室内犬や運動量が平均的な犬向き。

ということです。

また、オリジンは9種類のドッグフードが用意されているのに対し、アカナは17種類です。アカナの方がタンパク源や目的別の種類が豊富なので、アレルギー対策に力を入れるならアカナの方がいいかもしれませんね!

ちなみにヒューマングレイドで安全性が高い点、炭水化物量が抑えられている点においてはどちらも共通です。

アカナドッグフードには魚のドッグフードってあるの?

アカナには魚をメインとしたドッグフードもあります。獣肉主原料のドッグフードだけではないため、獣肉に対してアレルギーが起きやすい犬にも選びやすいのが嬉しいですね!

ちなみに魚を主原料としたドッグフードはこちらです。

  • シングルの「パシフィックピルチャード」
    ノースバンクーバー島沖で摂れたイワシを使用。
  • レジオナルの「パシフィカドッグ」
    ノースバンクーバー島から搬送されるニシン、イワシ、カレイ、シルバーヘイク、メバルを使用。

パシフィックピルチャードは食物アレルギーに配慮しているので、イワシのみを50%使用しています。それに対しパシフィカドッグは、数種類の魚を70%も使用してタンパク質をより豊富にしている特長があります。

パピーやシニア犬におすすめのアカナドッグフードはどれ?

アカナには子犬やシニア犬専用のドッグフードがあり、どれも「ヘリテージシリーズ」のラインナップになります。それぞれの特徴を見ておきましょう。

商品名 対象年齢 特徴
パピースモールブリード 子犬 成犬時に最大9kgになる子犬用(超小型犬~小型犬向き)。
パピー&ジュニア 子犬 成犬時に9kg~25kgになる子犬用(中・大型犬向き)。
パピーラージブリード 子犬 成犬時に25kg以上になる子犬用(超大型犬向き)。
シニアドッグ シニア犬 7歳以上の全犬種用。

アカナドッグフードのQ&A

アカナの正規代理店や正規品の取扱店はどこ?

アカナの正規代理店は通販サイトにいくつか存在しているのですが、アカナの日本総代理店は「有限会社アカナファミリージャパン」1つになります。

また、正規品を販売しているお店も多く存在しますが、Amazonや楽天では並行輸入品を販売している店舗もあるので注意しましょう。

アカナドッグフードは何がリニューアルしたの?

アカナは2017年の春にリニューアルをしています。主なリニューアル内容は以下の通りです。

  • 商品名(一部)
  • パッケージ
  • 内容量
  • 価格
  • 肉原材料の増量
  • 食物繊維増量
  • フリーズドライ原材料の追加
  • 低GI原材料の導入

アカナドッグフードのアウトレット品はどこで買えるの?

アカナのアウトレット品は「アニマルプランツ」というサイトや楽天などで購入できるようです。

しかし、アウトレット品は袋破れや破損、賞味期限がギリギリといったデメリットがつきものになります。そのような商品にクレームや返品をしても無駄に終わる場合が多いため、何かしらリスクを背負うことを前提とした上で購入するようにしましょう。

アカナドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
※ワイルドプレーリードッグの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,296円(340g)
6,264円(2kg)
15,120円(6kg)
21,600円(11.4kg)
100gあたり価格 313円
販売会社 有限会社アカナファミリージャパン
公式サイト http://www.acanafamilyjapan.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る