135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

愛犬元気ドッグフードの口コミや評判は?成分の安全性や評価も解説!

愛犬元気は、ユニ・チャームペットが販売を手掛ける国産のドッグフードです。そんな愛犬元気の安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Fランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 0.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 1kg
※小型犬用の場合
価格 388円
※楽天参考価格
100gあたり価格 39円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

愛犬元気は、当サイトでFランクのドッグフードです。同じユニ・チャームペットから販売されている「グランデリ」よりは合成添加物の種類が少なめですが、それでも犬にとって好ましくない原料がズラリと並んでいるドッグフードであることが分かりました。愛犬元気は価格が安いという点では非常に強みです。しかし1kgあたり300円代で買えるということは、中身もそれなりの原料が使われているということでしょう。

愛犬元気ドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、愛犬元気の原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「小型犬用」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、パン粉、コーングルテンフィード、フスマ等)、肉類(チキンミール、ビーフミール、ポークミール、チキンエキス、ササミパウダー、ビーフパウダー等)、動物性油脂、豆類(大豆、脱脂大豆、大豆エキス)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)、ミルクカルシウム

4D チキンミール・ビーフミール・ポークミール・チキンエキス・ササミパウダー・ビーフパウダー等 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料 赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号
危険成分 保存料
やや危険成分 大豆・脱脂大豆・大豆エキス・ビートパルプ 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ハーブエキス
タンパク質 23.0%以上 粗灰分 8.5%以下
脂質 12.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.5%以下 エネルギー 約360kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類

一般的に「〇〇ミール」などと呼ばれている肉類は、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、愛犬元気に関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

編集部からのひとこと

愛犬元気の原材料などを確認したところ、犬にとって好ましくない原料がズラリと並ぶドッグフードであることが分かりました。

酸化防止剤に天然原料を使っている点は良いのですが、合成着色料をガッツリ使っている時点でダメですね。犬に食事の見た目など関係ないので、着色料を使って色を出す意味がよく分かりません。

そして、主原料に穀物がだいぶ使われています。これは明らかに「栄養のため」ではなく「カサ増し目的」だと思われるので、犬にとってどんなメリットがあるのか?この辺りをしっかり説明していただきたいですね。

さらに4Dミートと思われても仕方のない肉類、そして動物性油脂大豆などもしっかりと使われています。これらが良質なものならまだいいのですが、それすらも分からないので本当に怖いなと感じます。

せっかくユニ・チャームという大企業から販売されている商品なのだから、もっと安心して買えるように製品の情報を開示していただきたいですね。今後に期待します。

愛犬元気ドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、愛犬元気を愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

愛犬元気ドッグフードの良い口コミ

ビーグル7歳 / メス
5.0
我が家のワンコのお気に入りのです。これしか食べませんし、食いつきがとてもいいです。
チワワ9歳 / オス
4.0
愛犬が飽きずに喜んで食べてくれているので、おかげさまで健康&体重管理に役立っています。

愛犬元気ドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド13歳 / メス
2.0
最初はとても喜んで食べましたが、好みではなかったようで2日目からまったく食べなくなりました。うんちも柔らかく黄色っぽいです。
トイ・プードル4歳 / オス
1.0
この原材料と価格を見て「国産だから安全」と言い切る人の気持ちが分からない。飼い主はみんなドッグフードついてちゃんと勉強するべきですよ。愛犬元気は犬の体に悪い原料のオンパレード。これを食べさせられている犬がとても可哀想です。
柴犬10歳 / メス
3.0
我が家の犬にはいい餌だと思うんだけど、匂いが結構するから良い商品ではないのかもしれません。しかも、うんちをした時にすごく臭います。
ゴールデン・レトリバー2歳 / オス
1.0
食べ始めて早々吐きました。それからも度々もどすようになったので獣医師に相談したところ、この商品に対していい顔されませんでした。すぐに変更するよう指示されたので変えたところ、それから全く嘔吐しなくなりました。

愛犬元気ドッグフードの口コミ・評判まとめ

愛犬元気の口コミを調査したところ、全体的に評判の良いドッグフードであることが分かりました。

ただし、良い口コミにはある共通点があります。それは「よく食べる」「国産だから安全」といった声がほとんどであること。体質や被毛・皮膚が良くなったなど、健康にまつわる口コミは見当たりませんでした。

そして悪い口コミで目立ったのは「安全ではない」「下痢が続いた」「吐いた」という声です。これらは正直、当サイトでFランクになったドッグフードに共通して見られる傾向があるなと感じました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこで愛犬元気を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 594円(1kg) 388円(1kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

愛犬元気ドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、愛犬元気の価格がもっともやすいのは楽天であることが分かりました。Amazonでは「あわせ買い」というサービスもあるようですが、実質単価が高くなるので何とも言えません。

愛犬元気ドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンと愛犬元気にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン 愛犬元気
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 388円
100gあたりの価格 198円 39円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、パン粉、コーングルテンフィード、フスマ等
穀物 グレインフリー トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、パン粉、コーングルテンフィード、フスマ等
添加物 無添加 着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)
当サイト評価 Sランク Fランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

愛犬元気とモグワンで比較すべき点は、原材料のラインナップと品質、そして安全性です。

まず愛犬元気ですが、先ほども詳しく解説したように、犬にとって好ましくない原料がかなり多く使われています。さらに合成着色料まで使われているので、これが本当に犬にとって最適な食事なのか?というのは知識のある人なら誰もが感じる疑問です。

それに対しモグワンは、人間の食品と同等基準の原料のみを使っています。そして主原料にはチキンとサーモンの生肉・乾燥肉を贅沢に使っているので、犬が健康的に生きていく上で必要な動物性タンパク質を効率よく補うことが可能です。

さらに、モグワンには合成添加物や副産物、さらに穀物アレルギーにも配慮して穀物が一切含まれていません。

ここで2つの商品を細かく比較しなくても、どちらが犬にとって好ましいドッグフードなのか?は分かる人にはちゃんと分かると思います。

もちろんモグワンだって、体質との相性があるので絶対におすすめとは言えません。しかしどうせ選ぶなら、犬の健康をちゃんと考えたモグワンのようなドッグフードを選んでおきたいものですね。

「愛犬元気」と「愛犬元気 パックン」の違いは?

通常の「愛犬元気」に加えて、ユニ・チャームペットでは「愛犬元気 パックン(旧ゲインズパックン)」というドッグフードも販売しています。

この2つの商品の違いですが、分かりやすく言うとドライフードかソフトフード(セミモイスト)かの違いです。

  • 愛犬元気:ドライフード
  • 愛犬元気 パックン:ソフトフード(セミモイスト)

またフードのタイプが異なることによって、使われる原料にもやや違いがみられます。

とくに合成添加物に関しては、やはり水分を多く含む「愛犬元気 パックン」の方が多く使われていますね。乳化剤や保存料など、好ましくない添加物の使用が目立ちます。

あとは、通常の「愛犬元気」には柴犬専用のフードがあること。「愛犬元気 パックン」はどれも全犬種向きで、とくに柴犬専用というものはないようです。

愛犬元気ドッグフードのQ&A

愛犬元気ドッグフードにはお試しサンプルってある?

愛犬元気では、とくにお試し用サンプル(試供品)は用意されてないようです。もし愛犬元気を試してみたい場合は、まず小さいサイズのものを購入されるといいかもしれません。

ユニ・チャームペットでは他にどんなドッグフードがあるの?

ユニ・チャームペットで販売しているドッグフードには、ここで紹介した「愛犬元気」をはじめ、「愛犬元気 パックン」「グランデリ」「ベストバランス」があります。

愛犬元気ドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 1kg
※小型犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 388円
※楽天参考価格
100gあたり価格 39円
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
公式サイト http://pet.unicharm.co.jp/brand/aiken.html
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る