135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アニモンダ「グランカルノ」を愛犬に購入した口コミ評判!安全性は?

アニモンダ「グランカルノ」は、アニモンダの獣医師および栄養士が、ドイツおよびヨーロッパの主要大学の専門家と協力して開発したドッグフードです。ここでは、そんなアニモンダの「グランカルノ」の口コミ評判や安全性について徹底分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.5
グレインフリー 3.5
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 1kg、12.5kg
価格 1,512円(1kg)
12,420円(12.5kg)
100gあたり価格 151円
対応年齢 全年齢対応
原産国 ドイツ
編集部からの評価

アニモンダ「グランカルノ」は、当サイトでBランクのドッグフードです。すべて人間の食用と同等レベルの食材のみが使われており、副産物、人工添加物、中国産原料などを一切含まない良好なドッグフードであることが分かりました。ただ、療法食のインテグラプロテクトが穀物不使用にリニューアルしたからこそ、グランカルノもいつかコーンを使わないドッグフードへとリニューアルしてくれたらいいなとは思います。

実際にアニモンダ「グランカルノ」ドッグフードを購入してみました!

早速、私もレビュー用にドイツ生まれのアニモンダ「グランカルノ」を購入してみました!

今回購入したのは「アダルト」の1kg。グランカルノは意外とサイズ展開が乏しくて、1kgの次はいきなり12.5kgと大容量になっています。大型犬や多頭飼いにはありがたいですね。

まずはパッケージ裏のチェックを。すべて英語表記のパッケージとなっていますが、ちゃんと日本語の正規品ラベル(左下)が貼られているのがお分かりいただけるかと思います。

これがもし英語ラベルの上に日本語ラベルだったら、恐らく並行輸入品の可能性が高いとみていいでしょう。あとは日本語ラベルが貼られていないものも同様です。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

グランカルノはちゃんとジッパーがついています。口コミで「ジッパーがない」という声もあったんだけど、私が購入したグランカルノにはちゃんと付いていました。

ただですね、ちょっと問題が…。

分かりますか?ジッパーをちゃんと閉じても、実は袋の脇が見事に開いているんです。つまり端までジッパーがついていないということ。これでは意味ないですよね…。保管方法には十分気をつける必要があります。

さぁそれでは次に、フードの粒やニオイを確認していきましょう!

おぉ~グランカルノの粒は大きいです!口コミで「粒が大きい」とあったから覚悟はしていましたが、ここまで大きくてゴロっとしているとは!

しかも、粒は2種類入っているんですね。ニオイはややきついかな?という印象だけど、別にそこまで気にならないです。どちらかというと穀物の香りが強めですね。

粒の大きさが分かるように、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。

グランカルノは幅が約1.3cmといったところでしょうか。オリジンやアカナと同じくらいです。ただ、グランカルノは結構厚みがあるんですよ。

ほら。歯が丈夫な犬や大粒でもしっかり噛める犬なら問題ないですが、口が小さな犬や噛む力が弱っている犬には向きませんね。食べさせる際はふやかすなどの工夫が必要でしょう。

それでは次に、グランカルノの原材料と安全性を徹底分析していきます!

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、グランカルノの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも引き続き「アダルト」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

鳥肉粉、コーン、ライス、ビートパルプ、鳥脂肪、牛脂肪、鳥レバー、コーングルテン、魚油、イースト、ホウレンソウ(乾燥)、チコリ繊維、乾燥全卵、塩化ナトリウム、グレープシード粉、ミドリイガイ抽出物、ユッカシジゲラ、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンC、リノール酸、ミネラル(ヨウ素、銅、亜鉛、セレン)
4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ビタミンC
タンパク質 25%以上 水分 8%
脂肪 14% カルシウム 1%
粗繊維 4% リン 0.8%
粗灰分 5.5% カロリー 370 kcal/100g

鳥肉粉

鳥肉は、ニワトリの肉以外に鴨肉、七面鳥肉、ガチョウ肉などを混ぜた肉のことを言います。羽毛、皮、角、毛、くちばし、爪ような副産物を一切含まない安全な鳥肉粉です。

コーン

遺伝子組み換えではない安全なコーン。ただし犬にとってトウモロコシのような植物性タンパク質は消化にしにくいため、本来なら入っていない方が望ましいです。

ライス

ライスは、小麦やとうもろこしに比べるとアレルギー性がとても低い穀物です。栄養価は玄米より低くなりますが、玄米よりも消化が良いというメリットを持っています。

編集部からのひとこと

グランカルノの原材料を調査したところ、人間の食用に適した健康に問題ない動物の肉のみを使った良好なドッグフードであることが分かりました。

人工添加物はもちろん、副産物、中国産原料、大豆、遺伝子組み換え食品なども一切使われていません。非常に安心して食べさせられるドッグフードと言えます。

また、他のドッグフードではやや危険と当サイトで判断しているビートパルプも、アニモンダでは生産の際に化学物質を全く使用していないことがしっかりと説明されているので安心です。

ただ、ちょっと気になるが鳥肉粉とコーンの使用。どちらも品質上問題はありませんが、鳥肉粉なら生肉や乾燥肉を、コーンを使うなら低アレルギーの穀物を使って欲しかったなと感じるのが正直なところです。

とくにコーンに関しては、体質的に合わない犬も多くいます。となると対象犬の幅が狭まってしまうので、ここを他の食材に変えてくれたらもっと気軽に食べさせられるだろうになぁと感じました。

当サイトで気になるのはそれくらいで、他はとても好感触です。さすがペットフードに厳しいドイツで生産されているだけあるな!と感じさせてくれますね。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、アニモンダ「グランカルノ」を愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの良い口コミ

チワワ9歳 / メス
4.0
チワワなので一粒が大きいですが匂いにつられ、カリカリを選りすぐりする9歳メスも嬉しそうに食べます。栄養が良いので涙やけもなくなり若返って見えます。
丸飲み食べをしやすいオスもさすがにこの粒は噛んで食べるので小粒ご飯より身体に負担が少なそうだと感じます。
ゴールデン・レトリバー1歳 / メス
5.0
粒が結構大きいので、大型犬にはありがたいドッグフードです。今まで以上にカリカリよく噛んでくれているような気がします。フードの匂いもキツくなく、食い付きもとてもいいです。
ラブラドール・レトリバー9歳 / オス
5.0
これまでいろんなフードを試してきましたが、アニモンダなら難なく食べてくれます。ドイツ製ということもあり品質も安心です。ウェットフード評判がいいので、この機会に全てアニモンダに代えようと思ってます。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの悪い口コミ

シーズー6歳 / オス
1.0
粒が大変大きいです。我が家の小型犬たちはよく噛んで食べる派なので問題ありませんが、噛まない子は喉に詰まらせる恐れがあります。あと、うんちの量が増えて以前よりにおいが強くなりました。安価なドッグフードを食べた時のにおいとほぼ一緒です。
ミニチュア・シュナウザー4歳 / オス
1.0
今までのフードに混ながら1週間ほど食べさせたところ、途中から嘔吐をするようになりました。しかも、アニモンダのフードだけまったく食べず…。食べることが大好きな我が子ですから、何かよっぽど合わないものが入っているのかもしれません。
ミニチュア・ダックスフンド7歳 / メス
3.0
よく食べるしウンチも問題ないのですが、チャックがついていないのが問題。小分けされているわけでもないので保存が面倒です。あと3kgや5kgといった中間のサイズがあるとありがたい。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの口コミ・評判まとめ

グランカルノの口コミを調査したところ、とても評価の高いドッグフードであることが分かりました。とくにウェットフード(缶詰)の方が圧倒的な人気を誇りますね。

現時点でグランカルノを食べての体質改善系口コミはまだありませんでしたが、「やっといいフードに出会えた」「食いつきがいい」「ドイツ製だから安心」といった声はとても多かったように思います。やはり品質や安全性は高く評価されていますね。

しかしその一方で「粒が大きい」「食べない」「うんちのニオイがきつくなった」といった声もあり、すべての犬に合わせにくいフードであることも伺えました。

たしかにグランカルノは粒が大きいので、小粒派の犬には向かないのが正直なところです。小粒もいつか販売してほしいですね!

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでアニモンダ「グランカルノ」を買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,512円(1kg)
12,420円(12.5kg)
1,512円(1kg)
12,420円(12.5kg)
1,620円(1kg)
13,500円(12.5kg)
送料 5,400円以上は無料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードは公式オンラインショップかAmazonで!

調査したところ、グランカルノは公式オンラインショップとAmazonが同じ価格であることが分かりました。楽天だけは少々高くなります。

どちらで購入するとお得なのかは、購入する個数や容量によっても異なるでしょう。もし1回の購入金額が5,400円を超えるようであれば、安全のためにも公式オンラインショップでの購入をおすすめします。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとグランカルノにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン グランカルノ
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 1,512円
100gあたりの価格 198円 151円
メイン食材 チキン&サーモン53% 鳥肉粉
穀物 グレインフリー コーン・ライス・コーングルテン
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

グランカルノとモグワンですが、どちらも人間用の良質な食材を使った高品質ドッグフードです。副産物や人工添加物が使われていない点も共通です。

もしもどちらを買おうか迷っているのだとしたら、主要タンパク源と穀物の有無は判断基準の材料にされるといいかもしれません。

まず、モグワンはチキンとサーモン(どちらも生肉と乾燥肉を使用)を全体の53%含んでいます。それに対し、グランカルノは粉末状にした鳥肉を使用しています。全体の何%に含んでいるのかまでは分かりません。

なので、愛犬にお肉をしっかり食べさせてあげたいなと考えるならばモグワンを、とくにそこまで気にされないのであればグランカルノを選ばれるといいでしょう。

あとは穀物ですね。犬にとって穀物が絶対にダメではないのですが、コーンはできれば避けておきたい穀物になります。

その点モグワンは炭水化物源にサツマイモを使用しているため、穀物アレルギーの犬でも安心して食べれるのがメリットです。

ただ、どちらも当サイトとしてはおすすめできるドッグフードです。だから最終的には、愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルなどと相談して決められることをおすすめします。

アニモンダ「グランカルノ」のウェットフードの評判は?

まず結論から言いますと、アニモンダのウェットフードは評判がとても良いです。評判が良いだけでなく、ドッグフードにうるさい愛犬家や獣医師も高く評価するくらいです。

実際に当サイトの安全な無添加ウェットドッグフードは?おすすめ人気ランキング5選!でも、アニモンダのウェットフードをおすすめしています。これは、本当に安心して犬に食べさせられるフードだと判断したからです。

なぜ安心して食べさせられるか?というと、まずアニモンダで使われているお肉がヒューマングレイドだから。しかも副産物や遺伝子組み換え食品などは一切使われていません。

次に、缶詰に良く使われる保存料や増粘安定剤なども一切含まれていません。必須ビタミンとミネラルが必要量加えられただけの、本当にシンプルなウェットフードとなっています。

このことから、アニモンダのウェットフードは定期的に継続しても問題のない商品と当サイトで判断しました。気になる方はぜひ試されてみるといいでしょう。

アニモンダ「インテグラプロテクト」の安全性や評価は?

アニモンダ「インテグラプロテクト(療法食)」の評価は、当サイトでBランクです。どちらかというと、グランカルノよりも安全性や評価は高めですね。

ちなみに当サイトでは、インテグラプロテクトの「ニーレン(腎臓ケア)」について以下の記事で評価しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードにはお試しサンプルってあるの?

当サイトが調査した限りなので確実ではありませんが、アニモンダ「グランカルノ」のお試しサンプルは今のところないようです。詳しくは直接「ジャーマンペット株式会社」へ問い合わせされることをおすすめします。

アニモンダ「グランカルノ」

アニモンダ「インテグラプロテクト」の正規品を取り扱っている店舗は、アニモンダの公式サイトで確認できます。

アニモンダ「グランカルノ」ドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 1kg、12.5kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,512円(1kg)
12,420円(12.5kg)
100gあたり価格 151円
販売会社 ジャーマンペット株式会社
公式サイト https://animonda.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る