135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

アーテミス「フレッシュミックス」の口コミ評判!危険成分を徹底解析!

アーテミス「フレッシュミックス」は、犬の専門誌「WDJ」でも推薦されている話題のドッグフードです。日本のみならず世界25か国以上で人気のあるドッグフードですが、安全性や口コミ評判は実際のところどうなのでしょうか?あらゆる点を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクはこちらで比較しています
主原料 4-5 4.5
グレインフリー 4.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4-0 4.0
内容量 1kg~
価格 1,922円~ ※Amazon参考価格
100gあたり価格 192円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

アーテミス「フレッシュミックス」は、当サイトでBランクのドッグフードです。人工添加物や副産物などは一切使われておらず、ヒューマングレイドの食材にこだわっていることからとても安全性の高いドッグフードであることが分かりました!また口コミでは、うんちの改善や涙やけ対策にいいといった声がとても多かったです。しかしそんなフレッシュミックスには、残念ながら豆タンパクが使われています。ここまで素材にこだわったドッグフードだからこそ、細かいところにまで気を配ってほしかったなというのが正直な感想です。

アーテミス「フレッシュミックス」の原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、フレッシュミックスの成分や安全性について分析していきたいと思います!ここでは「スモールブリードアダルト(小粒)」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・玄米・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・卵・豆タンパク質・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・トマト搾り粕(リコピン)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・ドライ魚肉・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・サーモンオイル(DHA源)・・塩化カリウム・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L-カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルスロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 豆タンパク質・塩 酸化防止剤 天然ハーブやビタミン
粗タンパク質 25.0%以上 オメガ6脂肪酸 2.4%以上
粗脂肪 15.0%以上 オメガ3脂肪酸 0.4%以上
粗繊維 4.5%以下 代謝カロリー 3,683kcal/kg
水分 10.0%以下

フレッシュチキン・ドライチキン

チキンはアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

フレッシュターキー

ターキーは低脂肪で消化が良く、ヘルシーな食材として親しまれています。チキンよりも脂肪分が少なく、亜鉛、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラル類を豊富に含んでいます。

フレッシュダック

ダックは鴨肉のことで、ビタミンB1やB2、不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。高タンパクで低脂肪でありながら、チキンよりもヘルシーな肉として近年注目を浴びています。

フレッシュサーモン

サーモンには、抗酸化作用の高いアスタキサンチンをはじめ、EPAとDHA(オメガ3脂肪酸)、そしてビタミン類が豊富に含まれています。

玄米・黍

これらは小麦やとうもろこしよりもアレルギー性が低く、消化吸収しやすい安全な穀物です。しか犬は穀物類の消化をもともと得意としないため、お腹の弱い犬や高齢犬に与える際はやや注意が必要です。

豆タンパク質

ここに記載されている豆タンパク質は、何の豆を使用しているのか不明です。もしも大豆を使用してるのなら、それは犬にとって消化不良の原因となり得るので好ましくありません。

編集者からのひとこと

フレッシュミックスには、これといって危険性の高い成分は使われていません!すべて人も食べれる良質な食材が使われていますし、化学合成物質や副産物が使われていないのも安心です。

穀物は、どちらも犬にとって消化の良い穀物なので深く心配する必要はありません。ただし、穀物アレルギーの恐れがある犬に与える際は気をつけるようにしましょう。

当サイトがフレッシュミックスの原材料で一番気になるのは、豆タンパク質と塩の使用ですね。塩は犬にとってほとんど必要のない成分なので、本来なら食材にもともと含まれている塩分だけで十分なんです。

また、詳細がいまいち分からない豆タンパク質も入っていない方が望ましいです。せっかく使用する食材の品質にこだわっているのだから、細かいところまでとことんこだわっていればAランクになれたのに…というのが正直な感想です。

アーテミス「フレッシュミックス」の口コミや評判は?

次に、実際にフレッシュミックスを愛犬に食べさせている飼い主さんの口コミや評判についてまとめてみました!

アーテミス「フレッシュミックス」の良い口コミ

チワワ9歳 / メス
5.0
こちらの製品を食べさせてもう2年になるのですが、そのおかげなのか皮膚病や大きな病気にかかった事がありません。獣医さんのおすすめ商品でもあるので安心です。
トイプードル6歳 / オス
5.0
3.5kgのトイプードルを飼っています。うちの子はフレッシュミックスがお気に入りのようで、いつもペロッと平らげます。粒の大きさもちょうど良いみたいですね。以前は掴みにくいほどの軟便に悩まされていましたが、これに変えてからはうんちが健康的になりました。
シェルティ3歳 / メス
4.5
やや太り気味のうちのワンコにと思い、こちらのウェイトマネージメントに切り替えてみました。食いつきもよく、とてもおいしそうに食べてくれます。まだ体重の変化は現れないので何とも言えませんが、少しずつ減量できたらうれしいです。

アーテミス「フレッシュミックス」の悪い口コミ

ミニチュアダックスフンド5歳 / メス
3.5
ローテーション用に時々購入してます。食べ残しもしないし、うんちの状態も悪くないのでいい商品だと思います。ただ私個人的には、匂いが好きじゃないです。こればかりは好みなのでしょうが…。
柴犬15歳 / オス
3.5
ウェイトマネージメントのシニア用を買ったのですが、小粒しかないのが残念です。我が家のワンコには粒が小さすぎたみたいで、すごく食べづらそう…。せっかくいい成分を使っているのだから、ふつうサイズの粒も出してほしい。
雑種犬7歳 / オス
2.0
思った以上に食いつきが悪いです。床の上にポロポロとバラまいて仕方なく食べる感じ。原材料がいいだけに残念ですが、そのままではなかなか食べてくれないので他のドッグフードを検討しています。

アーテミス「フレッシュミックス」の口コミ・評判まとめ

フレッシュミックスの口コミを調査した結果、下痢や軟便改善、ダイエット、ローテーション、涙やけ対策など、様々な悩みや用途に使われているフードであることが分かりました!

リピーターも多く、食いつきや健康面でも満足できる商品と太鼓判を押している口コミもかなり多かったです。

悪い評価に関しては、匂い粒に対するマイナス評価がチラホラあったぐらいですね。フレッシュミックスはシリーズによって小粒しかなかったりするので、すべての犬種に合わせづらいのが難点かもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでフレッシュミックスを買うのが安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,922円(1kg)
3,850円(3kg)
6,943円(6kg)
12,650円(13.6kg)
1,922円(1kg)
3,850円(3kg)
6,943円(6kg)
12,650円(13.6kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

アーテミス「フレッシュミックス」は通販サイトか店舗で!

アーテミスの公式サイトはありますが、そこで商品を直接購入することはできません。よって、フレッシュミックスはAmazonか楽天、もしくはペットショップでの購入となります。

Amazonも楽天も値段に差はなかったため、どちらか好きな方で注文すると良いでしょう。

アーテミス「フレッシュミックス」と当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとフレッシュミックス「スモールブリードアダルト」にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン フレッシュミックス
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 1,922円
100gあたりの価格 198円 192円
メイン食材 チキン&サーモン53% フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー
穀物 グレインフリー 玄米・黍
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

フレッシュミックスとモグワンの決定的な違いは、穀物の有無です。

まず、モグワンは穀物を一切使用していないグレインフリードッグフードになります。その代わり、炭水化物源に低GI値食品のサツマイモを使用しているのが特徴です。

それに対し、フレッシュミックスは玄米や黍を使用しているので、穀物アレルギーが心配な犬に与えづらいデメリットがあります。

また、原材料のラインナップにも大きな違いが見られます。モグワンはビタミンやミネラルを添加が少ないのに対し、フレッシュミックスはサプリメントの使用量が目立ちますね。

これは恐らく、製造工程の違いがあるのでしょう。ビタミンやミネラルの添加が少ないほど丁寧に加工されている証拠でもあるのですが、何より新鮮な食材が使われている証拠でもあります。つまり、より新鮮さが伺えるのはモグワンということが分かります。

どちらも2種以上の動物性たんぱく源を使用している点では共通ですが、総合的に見るとモグワンの方が本来の犬の食事により近いドッグフードと言えますね。

アーテミス「フレッシュミックス」にはどんな種類があるの?

フレッシュミックスは全部で5種類です。それぞれ目的や対象が異なるので、以下の表に簡単にまとめてみました。

商品名 特長
スモールブリードパピー 対象:小型犬幼犬用 離乳期〜12ヶ月以下
成長期にある子犬やその母犬用。良質なタンパク質や脂肪分が多めに含まれている。
スモールブリードアダルト 対象:小型犬成犬用 1〜7才
タンパク質や代謝カロリーが中・大型犬用よりもやや高めになっている。
アダルトドッグ 対象:中・大型成犬用 1〜6才
タンパク質や代謝カロリーが小型犬用よりもやや低めになっている。
ウェイトマネージメント アダルトドッグ 対象:肥満ぎみ・減量が必要な成犬用
体重が気になる犬のために、低脂肪・低タンパク質・低カロリーでつくられている。
ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ 対象:肥満傾向の小型成犬、シニア犬用
グルコサミンとコンドロイチン配合。シニア犬に多い骨や関節のリスクを予防する。

アーテミス「フレッシュミックス」で涙やけ対策はできる?

フレッシュミックスには人工添加物や粗悪な成分が入っていないため、涙やけ対策やアレルギー対策としても活用しやすいドッグフードです。

とくに食事による涙やけは、消化吸収されず体内に蓄積された老廃物が大きな原因となっています。つまり消化に悪い食材を避けるだけでも、十分な予防が期待できます。

ただし、涙やけは必ずしも食事が原因とは限りません。遺伝や鼻涙管の異常などが原因で起きる涙やけもありますから、症状が酷い場合は必ず動物病院で検査を受けるようにしましょう!

アーテミス「フレッシュミックス」の給餌量について

「スモールブリードアダルト(小粒)」の1日あたりの給与量の目安です。

体重 成犬 体重 成犬
〜1kg 〜54g 5〜6kg 120〜136g
1〜2kg 54〜71g 6〜7kg 136〜152g
2〜3kg 71〜87g 7〜8kg 152〜168g
3〜4kg 87〜103g 8〜9kg 168〜185g
4〜5kg 103〜120g

給餌量はあくまでも目安なので、体重、健康状態、運動量によって量を調整しましょう。

ちなみに子犬用から成犬用へと切り替えるタイミングとしては、小型犬なら生後10ヵ月頃~、大型犬なら生後12ヵ月頃~を目安にして切り替えるのがおすすめです。

アーテミス「フレッシュミックス」のQ&A

アーテミス「フレッシュミックス」のお試しサンプルはある?

公式サイトによると、在庫があればドライフードのみサンプルを用意できるそうです。公式サイトの「お問い合わせ欄」から必要事項を記入しての申し込みになります。

アーテミス「フレッシュミックス」の粒の大きさは?

フレッシュミックスは、目的別に中粒(ふつう程度)と小粒に分かれます。

  • スモールブリードパピー:厚み3mm×直径約9mm(小粒)
  • スモールブリードアダルト:厚み4mm×直径約8mm(小粒)
  • アダルトドッグ:厚み5mm×直径約13mm
  • ウェイトマネージメント アダルト:厚み3mm×直径約13mm
  • ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ:厚み3mm×直径約8mm(小粒)

アーテミス「フレッシュミックス」の賞味期限は?

フレッシュミックスの賞味期限は、未開封でドライフード1年、缶詰3年です。ドライフードは開封後1ヶ月以内にできるだけ使い切るようにし、缶詰は開封したら冷蔵庫に保管して2~3日以内に使い切るようにして下さい。

アーテミス「フレッシュミックス」の販売店はある?

アーテミスの取扱店についてはコチラで確認できます。

アーテミス「フレッシュミックス」の基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード(中粒・小粒)
内容量
  • スモールブリードパピー(小粒)
    1kg、3kg、6.8kg
  • スモールブリードアダルト(小粒)
    1kg、3kg、6kg、13.6kg
  • アダルトドッグ
    3kg、6kg、13.6kg
  • ウェイトマネージメントアダルトドッグ
    1kg、3kg、6kg、13.6kg
  • ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ(小粒)
    1kg、3kg、6kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,922円(1kg)
3,850円(3kg)
6,943円(6kg)
12,650円(13.6kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 192円
販売会社 株式会社ケイエムティ
公式サイト https://kmt-dogfood.com/
この記事のURLをコピーする