158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

馬肉パラパラミンチを愛犬に試した私の口コミ評判!安全性や評価は?

馬肉パラパラミンチは、馬刺し専門店「利他フーズ」から販売されている犬用の生馬肉です。そんな馬肉パラパラミンチの安全性や口コミ評判を徹底的に分析していきます。

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全158商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 5.0
内容量 300g×3袋(合計900g)
価格 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
100gあたり価格 278円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

馬肉パラパラミンチは、当サイトでAランクの生馬肉です!提携牧場で丁寧に飼育された馬の肉が使われているので、走れなくなった競走馬などが使われているという心配はありません。さらに高い衛生管理水準にある熊本食肉センターを通過しているため、品質・安全面において非常に信頼のできる生肉と言っていいでしょう。手作り食のトッピングにはもちろん、生肉デビューをする犬にもぜひおすすめしたい商品です!

実際に馬肉パラパラミンチを購入してみました!

それでは早速、馬肉パラパラミンチのレビューをしていきましょう!

今回我が家で注文したのは、馬肉パラパラミンチ300gが3袋入ったタイプ。ちゃんと利他フーズのある熊本から冷凍便で届きます。

箱を開けると、まずはこんな感じでパンフレットなどが入っていました。

そして、パンフレットを取り出してみると馬肉がドド~ン!ちゃんとビニール袋に入ってまとめられています。

さらに中を取り出すと、こんな感じで馬肉パラパラミンチが入っていました。肉の塊と違って非常に解凍されやすくなっていますから、届いたらすぐに冷凍庫の中へ入れるようにしましょう。とくに夏のような暑い時期の取り扱いには要注意ですね。

ちなみに、我が家ではとりあえず2食分だけをタッパに分けて冷蔵解凍し、残りは袋ごとラップでまいて、さらにジップロックに入れて冷凍庫に保存しました。衛生面を考て、使う分だけその都度解凍することをおすすめします。

それでは次に、この馬肉パラパラミンチを我が家の愛犬モコに試食してもらいましょう!

生肉を初めて食べる犬の場合は、まずスプーン1杯分の馬肉パラパラミンチをいつものドライフードに混ぜて食べてもらうといいようです(公式サイトにも説明あり)。

モコは生肉を食べることが初めてではないので、ちょっと多めにいつも食べているモグワンにトッピングしてみました。脂がのってて美味しそうですね~♪

1回に与える量は、生肉(馬肉パラパラミンチ)30%:ドライフード70%の割合が目安だそうです。ただし個体差によって異なるので、愛犬の体重や体質に合わせて調整しましょう。

さぁ、モコの反応と食いつきはどうなのでしょうか?

とっても美味しそうにパクパクと食べています!やっぱり生肉となると風味が違いますもんね。いい食いつきっぷりです。

なんでも、馬肉パラパラミンチに使われている馬は美味しい水と穀物を食べて育てられているんだそう。こうすることで脂身に甘みが出て、よりうまみが増すそうですよ!

よっぽど美味しいのでしょう。途中で顔を上げることもなく、ただひたすら食べて完食していました♪

馬肉パラパラミンチを初めたモコですが、とくにお腹が緩くなったりすることはなかったです。うんちも下痢や軟便になることはなく、とても健康的でした。

馬肉パラパラミンチを3袋試してみて分かったこと!

それから毎日(我が家は夕食の時だけ)、モグワンに馬肉パラパラミンチをトッピングしてモコに食べてもらいました。

途中でお腹を壊したり、調子が悪くなったりすることは一度もなく、毎日とても健康的なうんちをしていたのでモコの体質には合っていたようです。

もし普段から生肉を愛犬に食べさせていたり、手作り食を習慣づけている人がいるなら、馬肉パラパラミンチは非常に使いやすいのでぜひ一度試してもらいたいなと素直に感じました。

専門店からの直送なので安全だし、肉屋やスーパーで馬肉を買うよりも安いので経済的だと思います。それと、ミンチになっているから忙しい時でも解凍しやすいのが最高ですね!

馬肉パラパラミンチを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

馬刺しの切れ端をミンチにしているから高品質!

馬肉パラパラミンチは、さばきたての馬刺しから出る切れ端をミンチにしたものになります。そのため鮮度も品質も抜群に良く、加熱すれば私たち人間も食べれるほど安全です。

甘みのある脂身が特長!

穀物肥育で大切に育てられた馬の肉を使用しているため、他の馬肉よりも脂身に甘みがあるのが特長。食欲のない犬でも喜んで食いつくのは、この脂身の質が良いからになります。

合成保存料などが無添加!

馬肉パラパラミンチは、添加物・保存料・着色料・香料などは一切使われていません。新鮮な馬肉をたっぷり使用した安心安全な犬用の生馬肉になります。

馬肉パラパラミンチの原材料と安全性を徹底分析!

次に、馬肉パラパラミンチの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

熊本県で2年ほど穀物肥育した馬の肉(※カナダで生まれた馬を生後1年ほどで輸入。2年ほど熊本県で肥育を行っています。)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
カロリー 175kcal/100g カルシウム 11mg/100g
脂質 9.5g/100g 鉄分 4.3mg/100g
ビタミンA 9μg9/100g グリコーゲン 2200mg/100g
ビタミンE 0.9mg/100g

馬肉

馬肉は高タンパクでありながら低脂肪・低カロリーで、他の肉よりもヘルシーな特長をもちます。鉄分、カルシウム、ビタミンなども豊富に含まれています。

編集部からのひとこと

馬肉パラパラミンチの安全性などを詳しく調査したところ、品質・安全面ともに文句のつけどころがないほど良質な馬肉であることが分かりました。

走れなくなった競走馬の肉を使用する馬肉専門店がある中、利他フーズはちゃんと熊本で大切に育てた馬の肉を使っています。しかも穀物肥育をして水にもこだわっているため、他の馬肉とは旨味がまた違うのも味見をしてみるとよく分かります。

添加物も一切使われていませんし、加熱さえすれば私たち人間も食べれるほど新鮮で安全です。こういう馬肉なら、積極的に犬の食事に取り入れてあげたいですね。

馬肉は牛肉や豚肉よりもヘルシーで高タンパクですから、体重が気になる犬にはもちろん、シニア犬や食欲が低下している犬にもぜひおすすめしたいタンパク源です

馬肉パラパラミンチの口コミや評判ってどうなの?

実際に、馬肉パラパラミンチを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

馬肉パラパラミンチの良い口コミ

柴犬13歳 / オス
5.0
老犬に馬肉がいいと聞いたので、毎食ドライフードにトッピングして与えています。お腹も壊さず喜んで食べてくれていますし、うんちの色やニオイなども健康的です。
ポメラニアン9歳 / メス
4.0
スーパーで生肉を買ってあげることに抵抗があったので、こちらを注文してみました。茶色く変色しているという口コミが多かったので不安でしたが、うちのは大丈夫でしたよ。愛犬も美味しそうに食べています。むしろ、変色しない生肉の方がやばいのでは?
雑種犬7歳 / オス
5.0
好き嫌いの多いうちの子ですが、これを混ぜてあげると本当に喜んで食べます。下手にウェットフードや缶詰を買うよりいいかもしれません。
コーギー5歳 / メス
5.0
ミンチだから解凍しやすい。生肉大好きなうちのコーギーにこちらの馬肉はとても重宝しています。お値段もそう高くないので続けやすいです。

馬肉パラパラミンチの悪い口コミ

チワワ8歳 / メス
3.0
アレルギー持ちのうちのワンコに食べさせています。がしかし、今回届いた3袋中1袋だけ茶色に変色していました。念のため加熱して与えましたが、とくに問題はありません。
トイ・プードル11歳 / オス
2.0
他店の馬肉のミンチより食いつきが良いので、今回もこちらを購入。以前に比べて色落ちが激しい感じがします。あと、脂身が多いせいかベタッとします。

馬肉パラパラミンチの口コミ・評判まとめ

馬肉パラパラミンチの口コミを調査したところ、良い口コミの方が際立って多かったのですが、悪い口コミも決して少ないわけではないことが分かりました。

ちなみに悪い口コミに関しては、「茶色に変色している」といった声が圧倒的に多かったです。あとは「変色しやすい」「袋がベタつく」といった声ですね。

ちょっとここからは個人的な意見になるのですが、実際に調理師として働いていた経歴もあるのでお伝えしますね。

生肉は茶色に変色しやすいものです。これは肉に含まれるミオグロビン(赤い色を出すタンパク質)がどんどん酸素を吸収して、オキシミオグロビン(鮮赤食)からメトミオグロビン(茶色)に変色するからになります。

つまり腐敗しているわけではなく、さばいている時に酸素に触れているから茶色に変色しやすくなっているというわけです。逆に、酸素に触れても変色しない肉の方が危険でしょう。

もちろん、その茶色に変色した肉から異臭(酸っぱい臭い)がしたり、粘り気が出ていたらアウトです。腐敗している証拠なので、加熱したりせず廃棄するようにして下さい。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこで馬肉パラパラミンチを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
2,700円(300g×3袋)
5,400円(300g×3袋が2セット)
送料 1,080円
※2セット購入は無料
1,080円
※2セット購入は無料

馬肉パラパラミンチの購入は公式サイトが安い!

調査した結果、馬肉パラパラミンチがもっとも安いのは公式サイトであることが分かりました。楽天だと数百円ほど高く、Amazonには取り扱いがないため購入不可となります。

300gが6袋入ったタイプだと送料無料になるので、初めてトライする場合はお友達の犬とシェしてみるのもいいかもしれませんね。

馬肉パラパラミンチと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンと馬肉パラパラミンチにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン 馬肉パラパラミンチ
内容量 1.8kg 300g×3袋
価格 3,564円 2,500円
100gあたりの価格 198円 278円
メイン食材 チキン&サーモン53% 生馬肉
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

馬肉パラパラミンチとモグワンですが、それぞれタイプも形状も使い方も全く異なるので、原材料や栄養に関する細かい比較は避けておきます。

基本的に、ベース食はモグワンのような総合栄養食を、何かトッピングとしてプラスしたい時に馬肉パラパラミンチを使用するといいでしょう。

もしドライフードにトッピングする場合は、生肉(馬肉パラパラミンチ)30%:ドライフード70%の割合が目安だそうです。ただしこれはあくまでも目安なので、愛犬の体質・体重・健康状態に合わせて比率をコントロールしましょう。

馬肉パラパラミンチはどんな犬におすすめ?

馬肉パラパラミンチは、馬肉アレルギーさえなければどんな犬にもおすすめです。その中でもとくにおすすめなのが、以下のような悩みやトラブルを抱える犬になります。

  • 食欲が低下している犬。
  • 被毛・皮膚トラブルを抱えやすい犬。
  • 食物アレルギーを抱えている犬。
  • 涙やけが起きやすい犬。
  • 体重管理がなかなか難しい犬。
  • シニア犬や高齢犬。

馬肉は、高タンパクなのに低脂肪・低カロリーという特徴を持ちます。犬に必要な動物性タンパク質をしっかり摂りながらも、脂肪やカロリーを抑えられるので肥満犬やシニア犬にも与えやすいメリットがあるんですね。

また、生肉そのものが非常に消化吸収が良いので、涙やけに悩む犬や消化機能が低下している犬にもぜひ試しておきたい商品と言えるでしょう。

馬肉パラパラミンチのQ&A

生肉が初めての犬なんだけど…どう与えればいいの?

生肉を初めて食べる犬であれば、まずはスプーン1杯分から食べさせてみましょう。最初からたくさん食べるとお腹が緩くなってしまうこともありますから、1週間ほどかけて徐々に量を増やしてみることをおすすめします。

馬肉パラパラミンチは過熱して犬に与えてもいいの?

本来は生肉のまま食べることが推薦されていますが(食材がもつ酵素を生かすため)、加熱してでも問題ありません。あとは生肉がどうしても体質的に合わせない場合も、加熱して食べさせることをおすすめします。。

馬肉パラパラミンチの賞味期限は?

馬肉パラパラミンチの賞味期限は、加工日より冷凍保存で180日となります(詳細はラベルに記載)。ただし賞味期限内であっても、馬肉から異臭がしたり、糸を引くような粘り気がある場合は廃棄するようにして下さい。

馬肉パラパラミンチの保存方法は?

馬肉パラパラミンチは冷凍庫での保存になります。できるだけ冷凍庫の奥にしまった方が、外気に触れにくいのでおすすめです。ミンチなので解凍されるのも早いですから、与える数時間前に与える分だけを解凍されるといいでしょう。

馬肉パラパラミンチの基本情報

ドッグフードの形状 生馬肉
内容量 300g×3袋(合計900g)
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,500円(300g×3袋)
5,000円(300g×3袋が2セット)
100gあたり価格 278円
販売会社 熊本馬刺しドットコム(運営:株式会社利他フーズ)
公式サイト http://kumamoto-basasi.com/ad/FS3901_a.html
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る