135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

馬肉自然づくりドッグフードを試した私の口コミ!評判や安全性も評価

馬肉自然づくりは、馬刺し専門店の株式会社利他フーズから誕生したドッグフードです。そんな馬肉自然づくりの安全性や口コミ評判を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 4.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 1kg
価格 通常購入:3,000円~
定期初回:2,400円~
定期購入:2,700円~
100gあたり価格 270円
対応年齢 全犬種対応
原産国 日本
編集部からの評価

馬肉自然づくりは、当サイトでAランクのドッグフードです!あの馬刺し専門店の利他フーズが製造販売しているドッグフードということもあり、鮮度・品質・安全性において非常に良好なドッグフードであることが分かりました。原材料はすべてヒューマングレイドという点も安心です。ただ、炭水化物に穀物を5種類も使っているため、穀物アレルギーの心配がある場合は控えるようにしましょう。

目次

実際に馬肉自然づくりドッグフードを購入してみました!

馬肉で有名な利他フーズから誕生した馬肉自然づくりを、我が家でも早速買って愛犬モコに試食してもらうことにしました!今回は通常購入したので、送料と合わせて3,824円です。ただし定期購入を利用すれば、初回は1袋2,400円+送料で購入できます。

まずはパッケージ裏のチェックを。原材料、栄養成分値、1日の給与量など、最低限の情報が記載されています。賞味期限は記載されている年月日までということですね。

ちなみに、馬肉自然づくりの原材料はわずか17種類です。余計なものが一切入っていない上に、原材料1つ1つの産地が公式サイトでちゃんと公開されているので安心です。

次に、袋を開封していきましょう!

馬肉自然づくりにはちゃんとジッパーがついていますね。さらに内側はアルミ素材でできているので、遮光性や防湿性もあって安心です。

そしてフードのニオイはというと…

お~!すごくいい匂いです!これまで試してきたナチュロルDr.ケアワンと同じような匂いで、カツオ節の美味しそうな香りがします。この匂いはほとんどの犬が好きだと思いますよ!

粒はこんな感じ。小粒というよりは超小粒に近くて、これなら超小型犬や口の小さい犬でもサクサクと食べれるサイズです。

ちなみに1粒だけ味見をしてみたのですが、これも口の中にふわ~っとカツオ節の風味が広がってなかなか美味しいです!もちろん犬用なので味はありませんが(笑)

あ、またまたモコが匂いにつられてやって来ましたよ。馬肉自然づくりにも興味津々。何?何?それくれるの?って顔でずーっとキッチンに張り付いてました(笑)

なので早速、馬肉自然づくりを器に盛っていきましょう!

モコは馬肉中心のドッグフードを今まで食べたことがないので、お腹が緩くならないよう、念のため初日はいつも我が家で食べさせているモグワンと混ぜることにしました。

さぁ、実際モコの食いつきはどうなのでしょうか?

おぉ〜すごく喜んでパクパクと食べています!まるでおやつを食べるかのような喜びっぷり!粒のサイズはモコにとって全然気にならないようで、むしろとても食べやすそうでした。

ちなみに、食べている時の音はザクザクといった感じですね。顎が弱い犬やシニア犬でも問題なく食べれそうな硬さです。

馬肉自然づくりを初めて食べた翌日は、とくに下痢や軟便になることなく健康的なうんちをしていました。1週間かけて少しずつ馬肉自然づくりの量を増やしてみましたが、それでもうんちに異変はなかったです!穀物が多いだけに不安でしたが、意外とモコは大丈夫なようでした。

馬肉自然づくりドッグフードを1袋食べさせてみて分かったこと!

まず馬肉自然づくりを1袋食べてもらって分かったことは、嗜好性が高く、かつ消化性の良いドッグフードだなということです。

実は馬肉自然づくりを食べ始めてから、うんちの量が明らかに減りました。うんちの量が減るということは基本的に良好なドッグフードを食べている証拠でもあるので、馬肉自然づくりは犬にとって消化の良いドッグフードであることが分かったのです。

また、馬肉自然づくりを食べたからといって痒みや湿疹が出ることもありませんでした。もともとモコは穀物アレルギーの心配はないので、体質に合っていたようです。

ただ、穀物の使用が気になる場合は避けた方がいいと思います。とくにアレルゲンとなる食材が入っていないようであれば、馬肉は珍しいタンパク源なので、馬肉自然づくりをローテーションの1つとして活用してみるといいかもれませんね!

馬肉自然づくりドッグフードを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

人間用として認められる馬刺しが主原料!

馬肉自然づくりに使われている馬肉は、カナダ生まれ日本育ち(熊本)の馬の肉です。人間用にさばいた馬刺しの端材を使用しているので、もちろん新鮮で良質な馬肉になります。

また、馬肉は犬にとってまだまだ珍しいタンパク源です。食物アレルギーの原因となりにくい動物性タンパク質なので、ラム肉やターキーもダメな犬にもおすすめです。

原材料は100%ヒューマングレイド!

馬肉のみならず、馬肉自然づくりに使われている原材料はすべてヒューマングレイドです。日本国内から集めた良質な食材のみを使用しているので、産地もきちんと公開されています。

人工添加物&副産物不使用!

馬肉自然づくりには、人工添加物や副産物は一切使われていません!犬の体に負担をかける粗悪な原料は入っていないため、安心して毎日食べさせることができます。

馬肉自然づくりドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、馬肉自然づくりの原材料と安全性について分析していきたいと思います。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

馬肉、鶏肉、玄米、大麦、黒米、きなこ、かつお粉、米ぬか、馬油、おから、ハト麦、卵、わかめ、小松菜、昆布、ビール酵母、卵殻カルシウム
4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 27.0%以上 粗灰分 2.2%以下
粗脂肪 11.1%以上 水分 7.0%以下
粗繊維 5.2%以上 代謝エネルギー 399kcal/100g

馬肉

ここで使われている馬肉は、熊本で育てているカナダ生まれの馬の肉です。馬肉は高タンパクでありながら低脂肪・低カロリーで、他の肉よりもヘルシーな特長をもちます。鉄分、カルシウム、ビタミンなども豊富に含まれています。

馬油

馬油には不飽和脂肪酸が63%も含まれており、どちらかというと植物油に近い油になります。私たち人間には「ダイエットにいい油」としても親しまれています。

編集部からのひとこと

原材料などを調査した結果、馬肉自然づくりには危険な成分が1つも使われていないことが分かりました!食材も人間が食べられる良質なものだけを使用しており、品質や安全性にとてもこだわっていることも公式サイトで確認できます。

また、出来上がった馬肉自然づくりをスタッフの方々が毎回試食しているのも嬉しいですね。自分たちが食べれないものを犬には食べさせられないという考えを持ってくださっていることが何より好印象です。

そして原材料の使い方などを見ると、Sランクのアランズナチュラルドッグフードとよく似ていることも分かりました。原材料が17種類と少ないですから、食物アレルギーの原因を特定する際にも使いやすいドッグフードと言えます。

ただ、馬肉自然づくりは穀物の種類が多いんですね。消化の良い穀物なのでさほど心配は要りませんが、お腹の弱い犬や穀物アレルギーのある犬には好ましくありません。

あとは、馬肉と鶏肉がどれくらい使われているのか明確だと尚良かったです。もしかしたら全体的に植物性タンパク質の方が多い可能性もあるので、こういう細かいところまで明確だと親切なのになぁと感じました。

馬肉自然づくりドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

かなり品質の良い馬肉自然づくりですが、実際に購入した飼い主さんの感想はどうなのでしょうか?口コミや評価をまとめてみました!

馬肉自然づくりドッグフードの良い口コミ

チワワ6歳 / メス
5.0
食べ始めてから1週間、すぐに変化が現れたのはうんちでした。うちの子のうんちは臭いがちょっときつめだったのですが、馬肉自然づくりを食べ始めてから臭いがだいぶ和らいでいます。ナチュロルと迷ったのですが、こちらの方が価格も安いのでしばらく続けてみます。
ミックス犬15歳 / オス
4.5
15歳を迎える我が家のワンコに、こちらの商品がシニア犬にも良さそうだったので購入してみました。毎回喜んで食べてくれます。昔ほど食欲はないけれど、馬肉自然づくりに切り替えたら食事の時間が楽しみになってくれるようになりました!
トイプードル7歳 / メス
5.0
こういう国産のドッグフード待ってました!お値段も決してバカ高くはないので続けやすいです。うちの犬は涙やけが酷いので病院から勧められたフード与えていましたが、実は危険なドッグフードだったことを知って安全な馬肉自然づくりに切り替えました。まだ完全に良くなったわけではないですが、涙の量が減っています。

馬肉自然づくりドッグフードの悪い口コミ

柴犬4歳 / オス
3.0
まぁまぁといった感じでしょうか。体質にも合っているようだし便の状態もいいので、悪くはないと思います。ただ、やはり国産っていうだけでお値段が高いですね。我が家では1袋2週間もたないので、いつも与えているカナガンとローテーションして与えてみようと思います。
フレンチブルドック10歳 / オス
2.5
初めはそのままでしっかり食べてくれたんですが、1週間たった頃から食べなくなりました。しかもなんだか軟便気味…。うちのワンコには馬肉が合わないのかなぁ?他社のチキンやラム肉のドッグフードは喜んで食べてくれます。

馬肉自然づくりドッグフードの口コミ・評判まとめ

馬肉自然づくりはまだ口コミや評価が少ないため、数多くの口コミを分析することはできませんでした。しかし全体的に高評価で、やはり馬肉はヘルシーということもあってかシニア犬や室内犬に人気が高いようです。

また余計なものが入っていないことから、涙やけ対策に期待を込めて愛犬に与えている飼い主さんもチラホラ見かけました。

ただ、やはり国産とあって価格も高めなので、コスパを重視したい人にはあまり向かないのが正直なところです。ローテーション使いすれば上手に価格調整もできるかもしれませんね。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこで馬肉自然づくりを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 2,400円(1袋)
6,840円(3袋)
定期購入 2,700円(1袋)
7,695円(3袋)
通常購入 3,000円(1袋)
8,550円(3袋)
送料 8,000円以上で無料

馬肉自然づくりドッグフードが購入できるのは公式サイトのみ!

調査した結果、馬肉自然づくりを購入できるのは公式サイトのみであることが分かりました。Amazonや楽天などの通販サイトで購入することはできません。

お得に購入するなら定期便がおすすめ!

公式サイトで購入する際、1回限りの通常購入(3,000円)もありますが、継続する予定があるなら定期便を利用した方がかなりお得です!

定期便を利用すると初回は20%OFFの2,400円、2回目以降はずっと10%OFFの2,700円で購入できます。お届けの周期は自由に選べるので、ローテーション用としても購入しやすいのが嬉しいですね。

定期便はいつでも解約・休止・変更が可能!

馬肉自然づくりの定期便には、ややこしい縛りなどが一切ありません。次回お届け予定日の5日前までに連絡すれば、解約・休止・変更などはいつでも可能です。

馬肉自然づくりドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンと馬肉自然づくりにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン 馬肉自然づくり
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 2,700円
100gあたりの価格 198円 270円
メイン食材 チキン&サーモン53% 馬肉・鶏肉
穀物 グレインフリー 玄米・大麦・黒米・米ぬか・ハト麦
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

馬肉自然づくりとモグワンは、どちらもヒューマングレイドの食材等を使用した良好なドッグフードです。主な違いは、動物性タンパク源や炭水化物の種類でしょう。

どちらも鶏肉を使用している点は共通ですが、馬肉自然づくりはその名のとおり馬肉が、そしてモグワンにはオメガ3脂肪酸(DHAやEPA)が豊富なサーモンが使われています。

馬肉もサーモンもそれぞれにない特徴があるのでこればかりは好みになりますが、毛並みや毛艶の改善、免疫力の向上などをとくに意識しているならばサーモンを使ったモグワンが向いているかもしれません。

とは言え、馬肉は珍しいタンパク源ということもあり食物アレルギー対策にも適したお肉になります。鶏肉が大丈夫なようであれば、馬肉自然づくりをローテーションの1つに加えてみるといいかもしれませんね。

それと炭水化物の種類。馬肉自然づくりは穀物をたっぷり使っているのに対し、モグワンは穀物アレルギーに配慮してサツマイモエンドウ豆などを使っています。

穀物アレルギーがある場合は馬肉自然づくりを合わせづらいので、そのような場合はモグワンのようなグレインフリードッグフードをおすすめします。

馬肉自然づくりドッグフードを子犬に与えても大丈夫?

馬肉自然づくりは全年齢に対応できるよう作られているので、子犬に与えても大丈夫です。

しかし、子犬は成長するにあたって成犬以上に栄養やエネルギー量が必要になってきます。そうなると馬肉自然づくりだけでは十分に満たされないため、できるだけ子犬専用のフードを与えるか、もしくは子犬専用のフードと混ぜて与えるなどの工夫をしましょう。

生後8~10ヶ月頃になるとだんだん成長が落ち着いてきます。そうなったら徐々に馬肉自然づくりへと完全移行しても構いません。ただしヘルシーなドッグフードであるが故、運動量が多い犬には少し物足りなくなるので注意しましょう。

馬肉自然づくりドッグフードはアレルギー対策に向いてる?

馬肉自然づくりは、2種類の肉を使用してタンパク質素材を分けています。実はこうすることで、単一タンパク源の摂りすぎによる食物アレルギーを予防することが可能になります。

また、馬肉自然づくりには人工添加物や粗悪な成分が一切使われていません。こういったものを普段から避けるだけでも、アレルギーへのリスクがグッと低くなることもあります。

しかし、ダニやノミといった皮膚アレルギー、遺伝による涙やけなどは根本的な原因が異なるため、食事を変えたところでの改善は極めて難しいので注意しましょう。

基本的に、何らかのアレルギー症状が見られたら早めに動物病院を受診して下さい。アレルギーの原因は本当にさまざまなので、表面から見ても原因を特定することはできません。

もしも食物アレルギーや、消化の悪い食事が原因かもしれないなどと指摘された場合は、馬肉自然づくりのような良質なドッグフードを試してみるといいと思います。

馬肉自然づくりドッグフードの1日の給与量について

馬肉自然づくりの給与量は以下の通りです。あくまでも目安なので、愛犬の運動量・体調・ライフスタイルによって量を調整しましょう。

体重 1日の給与量
1~3kg 24~55g
4~6kg 69~94g
7~9kg 105~127g
10~12kg 138~158g
13~16kg 168~196g
17~20Kg 205~232g

子犬の場合

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えることが鉄則です。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

馬肉自然づくりドッグフードのQ&A

馬肉自然づくりの賞味期限は?

馬肉自然づくりの賞味期限は、未開封で約12ヶ月前後、開封後は1ヶ月以内となります。外側がクラフト紙素材で内側がアルミ素材となっているため、通常のドッグフードよりも遮光性・防湿性に優れているのが特長です。

馬肉自然づくりの保存方法は?

馬肉自然づくりは、基本的に常温で保管して大丈夫です。ただし高温多湿の場所はなるべく避けるようにしましょう。

馬肉自然づくりはドライフードしかないの?

馬肉自然づくりを販売している(株)利他フーズの「健康いぬ生活」からは、現在以下の商品が販売されています。

  • 馬肉パラパラミンチ・・・生馬肉のミンチ
  • 馬肉ヘルシージャーキー・・・馬刺しのジャーキー
  • 馬肉ワンダフルシリーズ・・・ウェットタイプ

馬肉パラパラミンチの評価については、こちらから確認することができます。

馬肉自然づくりの正規品取扱店は他にもある?

馬肉自然づくりの正規品を販売している店舗は、(株)利他フーズが運営する「健康いぬ生活」のみとなります。

馬肉自然づくりドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
※小型犬・シニア犬向けに設計
内容量 1kg
初回購入価格 2,400円~
定期購入価格 2,700円~
通常価格 3,000円~
100gあたり価格 270円
販売会社 株式会社 利他フーズ
公式サイト http://kenko-dog.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る