135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ビューティープロドッグフードの口コミ評判は?安全性や評価も解説!

ビューティープロは、マリンコラーゲンを贅沢に配合した国産のドッグフードです。そんなビューティープロの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 4.5
安全性 2.0
コスパ 5.0
内容量 800g、3kg、6kg
※成犬用の場合
価格 573円(800g)
1,128円(3kg)
2,146円(6kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 38円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

ビューティープロは、当サイトでEランクのドッグフードです。危険な合成添加物が使われていない点はとても良かったのですが、好ましくない穀類や肉類がしっかりと使われているドッグフードであることが分かりました。また、国産の原料を使用しているわりには詳細がありません。珍しいマリンコラーゲンを配合するなどいろいろと工夫はされていますが、原材料の使い方がまだまだといった感じです。

ビューティープロドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ビューティープロの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「成犬用」に注目してみました。

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン)、肉類(チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂、共役リノール酸、γ-リノレン酸(オメガ-6脂肪酸))、魚介類(フィッシュエキスパウダー、マリンコラーゲン、小魚粉末(DHA、EPA/オメガ-3脂肪酸源))、ビール酵母(β-グルカン源)、糖類(オリゴ糖、エリスリトール)、カゼインホスホペプチド、果実類(クランベリーパウダー、ブルーベリーパウダー(アントシアニン源))、トマト(リコピン源)、L-カルニチン、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、グルコン酸亜鉛、硫酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、バチルスサブチルス(活性菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、アミノ酸類(アルギニン、タウリン、メチオニン)、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸

4D チキンミール・チキンレバーパウダー・フィッシュエキスパウダー 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物
タンパク質 25.0%以上 灰分 8.5%以下
脂質 12.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 3.0%以下 代謝エネルギー 370kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類

一般的にミートミールやミートパウダーなどは、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、ビューティープロに関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

編集部からのひとこと

ビューティープロの原材料などを確認したところ、犬にとって好ましくない穀類、肉類、油脂類が使われているドッグフードであることが分かりました。

ただし、ビューティープロは危険な合成酸化防止剤や合成保存料などは使われていません。着色料や香料といった余計な添加物も含まれていないので、この辺りは高く評価できます。

なので当サイトが素直に感じたことは、合成添加物不使用にこだわったからこそ、主原料のラインナップをもっと犬にとって優しいものにしてほしいなということです。トウモロコシや小麦粉が主原料では消化に負担がかかってしまうだけです。

あと肉類や油脂類も、素材のグレードや産地などを公開していただきたいですね。このままでは、俗に言う粗悪原料だと思われても仕方ないでしょう。

ビューティープロはあと一歩頑張れば、もっと安心して購入できる商品だと当サイトは感じました。マリンコラーゲンなど他のドッグフードにはない嬉しい成分も配合されているので、今後の改善に期待したいです。

ビューティープロドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ビューティープロを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ビューティープロドッグフードの良い口コミ

パピヨン8歳 / オス
5.0
皮膚が弱いので、こちらの食物アレルゲンに配慮をずっと利用しています。今のところアレルギーが出たことはありません。食べると毛並みが綺麗になります。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
4.0
やや太り気味なので、こちらを食べさせながらダイエット中です。無理なく少しずつ体重落ちています。気に入って食べてくれるし、価格も安めなのでこれからも続けるつもりです。
ゴールデン・レトリバー4歳 / オス
5.0
保存料を考慮して、グランデリからこちらのフードに切り替えました。こちらはうんちも臭くならず、体調もずっと安定していて良好です。毛艶や歯の状態も良いので気に入っています。

ビューティープロドッグフードの悪い口コミ

柴犬6歳 / オス
3.0
不要な添加物が入っていないので買ってみたのですが、やはり「肉類」が気になります。なので、今後はちゃんと鶏肉が使われているフードに変えることにしました。
ラブラドール・レトリバー5歳 / メス
2.0
これはお腹が空きやすいのか?うちの子には物足らない感じで、1回に食べる量が増やすか、肉系を混ぜるかの工夫が必要になってしまいました。もっと腹持ちのいいフードに変えようか検討中です。
コーギー7歳 / オス
2.0
食いつきはとてもいいです。しかしうんちの回数が増えました。うんちの状態は決して悪くないのですが、急に回数が増えたので喜んで続けようか悩んでいます。しかも、以前のフードより1日に与える量が多い。

ビューティープロドッグフードの口コミ・評判まとめ

ビューティープロの口コミを調査したところ、全体的にとても評価の高いドッグフードであることが分かりました。

良い口コミでとくに多かったのが「毛並み・毛ツヤが良くなった」「食いつきがいい」「小分けになっているから便利」という声ですね。やはりマリンコラーゲンのおかげなのか、毛質が良くなったという声はとても多かったように思います。

その一方で「うんちの回数が増えた」「物足りなそう」という声がチラホラありました。主原料が高GI値食品だらけですから、お腹が空きやすいのは恐らく血糖値が急激に上がりやすい原料が多いからだと思われます。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでビューティープロを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,150円(800g)
1,073円(3kg)
2,367円(6kg)
573円(800g)
1,128円(3kg)
2,146円(6kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ビューティープロドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、ビューティープロの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ただしこれは商品だけの価格になるので、人によってはAmazonで購入した方がお得かもしれません。

ビューティープロドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとビューティープロにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ビューティープロ
内容量 1.8kg 3kg
価格 3,564円 1,128円
100gあたりの価格 198円 38円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン
穀物 グレインフリー トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ビューティープロとモグワンですが、どちらも当サイトが危険とする合成添加物を使わない良好なドッグフードです。ただし、主原料が大きく異なります。

まず、ビューティープロは主原料にトウモロコシや小麦などの穀類、そして肉を粉末状にしたミートミールを使用しています。これらが犬にとって消化しやすいか?というとそうでもなくて、実は逆に消化吸収されにくいので避けておきたい原料になります。

それに対しモグワンは、生肉と乾燥肉を全体の53%も使っているんですね。しかもこれらはすべて人間も食べれるほど良質で、もちろん犬にとっても非常に消化しやすく、さらに栄養価も高いのでぜひ食べておきたい原料になります。

どちらが犬にとっていのかは主原料を見ただけで一目瞭然なのですが、最終的には愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルなどをよく相談した上で決められるといいでしょう。

ビューティープロドッグフードの種類と特徴について

ビューティープロには9つのラインナップがあります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
子犬用 「成犬用」に比べると、たんぱく質・カルシウムともに約20%アップ。栄養価が高いので、妊娠・授乳期の母犬にもおすすめ。
成犬用 1歳以上からの成犬におすすめのフード。小粒と大粒タイプがある。
7歳以上 「成犬用」に比べると、たんぱく質・カルシウム・リンが約20%カット。コエンザイムQ10配合。大粒のみ。
10歳以上 「成犬用」に比べると、たんぱく質・カルシウム・リンが約20%カット。コエンザイムQ10配合。小粒のみ。
低脂肪 「成犬用」に比べると、脂肪分が約50%カット、カロリーが約20%カットされている。やや肥満気味~肥満の犬におすすめ。
ダイエット 「成犬用」に比べると、脂肪分が約50%カットされている。やや肥満気味な犬(腰は少しくびれている)におすすめ。
食物アレルゲンに配慮 動物性タンパク源にを使用して食物アレルギーに配慮。
歯の健康 歯垢が落ちやすいよう特殊なギブルが特徴。また、口腔内環境を健康的に維持するためにグロビゲンPGが配合されている。
おなかの健康 食物繊維を強化しているため、うんちが緩くなるのを防ぐ働きが期待できる。

ビューティープロドッグフードのQ&A

ビューティープロドッグフードにお試しサンプルってある?

ビューティープロのサンプルですが、当サイトが調査した限りではサンプル配布に関する情報を見つけることができませんでした。あっても情報がとても古いため、現在は配布されていないのかもしれません。

ビューティープロドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 800g、3kg、6kg
※成犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 573円(800g)
1,128円(3kg)
2,146円(6kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 38円
販売会社 日本ペットフード株式会社
公式サイト https://beautypro.npf.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る