135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ベストバランスドッグフードの口コミ評判!安全性や評価を徹底解析!

ベストバランスは、ユニチャーム株式会社が販売を手掛ける犬種別ドッグフードです。そんなベストバランスの口コミ評判や安全性はどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Fランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 0.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 800g、2kg
価格 533円(800g)
1,620円(2kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 81円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

ベストバランスは、当サイトでFランクのドッグフードです。犬種別に分けられているのでとても魅力的に感じるのですが、実は犬にとって好ましくない原料がやたら使われているドッグフードであることが分かりました。人間用の食品でも使用が控えられている合成着色料、保存料、酸化防止剤が使われていますし、さらに消化に悪い穀物、4Dミートと思われる肉類、動物性油脂、大豆が使われているためこの評価となりました。

ベストバランスドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ベストバランスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは人気の高い「トイプードル用 成犬用」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)、肉類(チキンミール、鶏ミンチ、家禽エキス)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆エキス)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ビール酵母、チーズ、オリゴ糖、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、ソルビトール、グリセリン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、グルコサミン塩酸塩、保存料(ソルビン酸K)、フマル酸、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス)、コンドロイチン硫酸

4D チキンミール・鶏ミンチ・家禽エキス・フィッシュミール 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料 二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号
危険成分 保存料 ソルビン酸K
やや危険成分 ビートパルプ 酸化防止剤 エリソルビン酸Na・ミックストコフェロール・ハーブエキス
タンパク質 21.0%以上 粗灰分 8.5%以下
脂質 11.0%以上 水分 12.0%以下
粗繊維 4.5%以下 代謝エネルギー 約360kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類

一般的に「〇〇ミール」などと呼ばれている肉類は、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、ベストバランスに関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

ソルビン酸K

発ガン性の恐れのある成分。とくに亜硫酸塩を含む食べ物(ハムやソーセージなど)と一緒に摂取すると、化学反応を起こして強力な発ガン性物質をつくり出します。

エリソルビン酸Na

摂取し過ぎると、下痢や遺伝毒性(突然変異や染色体異常)を引き起こす恐れのある成分。発ガン性はないと言われています。

編集部からのひとこと

ベストバランスの原材料を確認したところ、当サイトがもっとも良くないと判断している原料がズラリと並ぶ内容であることが分かりました。

まず、現代の人間用食品にもなるべく使用が避けられている添加物がガッツリと使われています。人間用には使用を控えているのに、犬用には平気な顔で使うという神経が私には本当に分かりません。

これも、日本ではドッグフードがまだまだ雑貨扱いで、かつペットフードに関する規制がゆるゆるなことも理由にあるでしょう。

そしてこの製品に関しては添加物もそうですが、あとは犬にとってメリットと感じられない穀類、肉類、魚介類、油、豆類が使われています。

これらもちゃんと素材や製造工程に関して情報が開示されていて、尚且つ、人も食べれるほど良質な副産物を含んでいるならまだいいのです。しかし残念ながら、ベストバランスに関しては情報がまったくありません。

せっかく犬種別専用という強みを持っているのだから、少し高くなってもいいので誰もが安心して買える内容にいつか変わってほしいですね。日本のペットフード事情を率先して変えていただきたいです。

ベストバランスドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ベストバランスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ベストバランスドッグフードの良い口コミ

トイ・プードル4歳 / メス
4.0
これに変えてから、ウンチが固すぎず緩すぎずでちょうどいい硬さになりました。他のフードを食べさせるとお腹が緩くなります。
ミニチュア・ダックスフンド11歳 / オス
5.0
これを食べ出してから毛並みがフワフワになりました。他に何も与えていないのでベストバランスしか考えられません。食いつきもいいです。

ベストバランスドッグフードの悪い口コミ

柴犬6歳 / オス
1.0
やっぱり安いフードは安いなりにコスパを考えて作られているようで、犬の体に悪い成分がたくさん入っています。なぜこのようなドッグフードに対して誰も声を上げないのか不思議でなりません。大切な家族のために、ちゃんとしたフードを買ってあげてください。
チワワ5歳 / オス
2.0
ベストバランスはよく食べるのですが、排泄物のにおいがきつくなりました。
シー・ズー9歳 / メス
1.0
うちの子には合わないようで、まったく見向きもしませんでした。気に入ってもらえなかったようです。
トイ・プードル3歳 / メス
2.0
なかなか食べてくれなくて、結局破棄しました。今度はもうちょっと高いフードを買ってみようと思います。

ベストバランスドッグフードの口コミ・評判まとめ

ここでは、トイプードル以外のほかの犬種の商品の口コミも調べてみたのですが、全体的にとても評価の高いドッグフードであることが分かりました。

しかしちょっとデメリットがあって、それは価格や販売店についての口コミがあまりにも多すぎて、肝心のドッグフードと愛犬の相性についての口コミが見つけづらかったことです。

だから見落としもたくさんあると思いますが、それでも皆さん結構満足していらっしゃるのはとてもよく分かりました。食いつきに関する口コミも多かったですね。

ただ、中にはベストバランスの製品そのものに低評価をしている飼い主さんもチラホラいらっしゃいます。こういった方の口コミもしっかり読んでおいた方が良いでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでベストバランスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 533円(800g)
1,620円(2kg)
492円(800g)
1,058円(2kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ベストバランスドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、ベストバランスの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ただし、これは商品だけの価格です。そこにプラス送料がかかるので注意しましょう。

ベストバランスドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとベストバランスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ベストバランス
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 1,620円
100gあたりの価格 198円 81円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)
穀物 グレインフリー 穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)
添加物 無添加 あり
当サイト評価 Sランク Fランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ベストバランスとモグワンですが、原材料に使われている原料とその品質、また添加物の有無が大きく異なります。

どちらも総合栄養食という点では共通ですが、生物学的により適正な食事を選びたいのであればモグワンを、とりあえず中身よりも価格を重視したいのならベストバランスを選ばれると良いでしょう。

ここでいろいろと細かく比較しても仕方がないので、実際に両方を食べ比べてみて、その上で愛犬のうんちを確認することを当サイトはおすすめします。うんちは絶対に嘘をつきませんから、どちらが愛犬にとって良いフードか一発で分かりますよ。

ベストバランスドッグフードの種類について

ベストバランスの総合栄養食には、ドライフードとソフトフードの2つのタイプのドッグフードがあります。

ドライタイプ(カリカリ仕立て)

犬種 ラインナップ
ミニチュアダックスフンド(コーギーにも)
  • 成犬用
  • 7歳以上用
  • 10歳以上用
  • 13歳以上用
トイプードル(マルチーズにも)
  • 成犬用
  • 7歳以上用
  • 10歳以上用
チワワ(パピヨン、ポメラニアンにも)
  • 成犬用
  • 7歳以上用
  • 10歳以上用
シーズー(キャバリア、パグ、フレンチブルドッグ、狆にも)
  • 成犬用
  • 10歳以上用
ヨークシャーテリア
  • 成犬用
柴犬
  • 成犬用
  • 7歳以上用

ソフトタイプ(ふっくら仕立て)

犬種 ラインナップ
ミニチュアダックスフンド
  • 7歳が近づく頃から始める低脂肪
  • 10歳以上用
  • 13歳以上用
トイプードル
  • 7歳が近づく頃から始める低脂肪
  • 10歳以上用
チワワ
  • 7歳が近づく頃から始める低脂肪
  • 10歳以上用
柴犬
  • 7歳が近づく頃から始める低脂肪

ベストバランスドッグフードのQ&A

ベストバランスと愛犬元気は何が違うの?

ベストバランスは犬種別専用なのに対し、愛犬元気はライフステージ別に加え、大型犬用、肥満犬用、柴犬用など特徴別に合わせた内容になっています。

ベストバランスのパウチってどうなの?

ベストバランスのパウチは、国産厳選鶏肉を100%使っているという点では非常に魅力的な商品です。しかし原材料を確認すると、しょうゆ、植物性油脂、砂糖、増粘多糖類など、犬にとって好ましくない原料が含まれています。

ベストバランスドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ソフトフード
内容量 800g、2kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 533円(800g)
1,620円(2kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 81円
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
公式サイト http://pet.unicharm.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る