135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

スマック「ビストロ」ドッグフードの口コミ評判!安全性や評価は?

ビストロは、国産ビーフや小魚がミックスされたグルメな犬向けに開発されたドッグフードです。そんなビストロの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます。

項目 詳細
商品ランク Fランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 0.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 160g(4連パック)、600g
価格 531円(600g)
※楽天参考価格
100gあたり価格 89円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

ビストロは、当サイトでFランクのドッグフードです。犬にとって好ましくない原料がたくさん使われており、さらに合成着色料や4Dミートと思われる肉類も当たり前のように使われているドッグフードであることが分かりました。一体どんな食材が使われているのか?この辺りの情報も一切開示されていません。そのうえ価格も異様に安いので、当サイトは正直不安しか残りませんでした。

ビストロドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ビストロの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「ビーフ&小魚」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(とうもろこし、小麦粉、パン粉、コーングルテンフィード、小麦ふすま、コーングルテンミール、米糠)、肉類(ミートミール、チキンミール、ポークミール、角切りビーフジャーキー、チキンレバーパウダー)、魚介類(フィッシュミール、小魚、フィッシュエキス、フィッシュパウダー)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆、乾燥おから等)、ビール酵母、乳類(ミルクエキス、チーズ)、粉末セルロース、たん白加水分解物、アルファルファミール、酵母細胞壁(β‐グルカン源として)、コーヒー生豆抽出物、ゴボウパウダー、乾燥野菜、グルコサミン、シャンピニオンエキス、植物発酵抽出エキス、殺菌乳酸菌、クランベリーパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、塩化ナトリウム、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、 pH調整剤、着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号

4D ミートミール・チキンミール・ポークミール・角切りビーフジャーキー・チキンレバーパウダー・フィッシュミール・フィッシュエキス・フィッシュパウダー 香料
粗悪成分 着色料 赤色102号、黄色4号、青色1号
危険成分 pH調整剤 保存料
やや危険成分 脱脂大豆 酸化防止剤 ビタミンE?
タンパク質 25.0%以上 灰分 10.0%以下
脂質 10.0%以上 水分 12.0%以下
粗繊維 4.0%以下 エネルギー 340kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類

一般的に「〇〇ミール」などと呼ばれている肉類は、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、ビストロに関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

編集部からのひとこと

ビストロの原材料などを確認したところ、これといってメリットに感じる原料が使われていないドッグフードであることが分かりました。さらに合成着色料で色味まで出しています(犬は色で食事を楽しむ生き物ではありません)。

まず、主原料に穀物が7種類も使われている時点で疑問を感じますね。犬は植物性タンパク質の消化が得意ではないのに、なぜトップに穀類を大量に使う必要があるのでしょうか?

さらにその次は肉類。これらも良質なミートミールなら全く問題ないのですが、スマックはそれすらも言及されていません。なので、俗に言う「4Dミート」が使われていると思っても仕方がないでしょう。

そして動物性油脂脱脂大豆など、これらもコスト削減のために使われる低品質な原料です。そう思われないようきちんと素材を説明するメーカーもある中、スマックではこの辺りの説明も一切ありません。

ビストロはとても嗜好性の高いドッグフードでも評判です。実際に食べている犬も多いですから、もっと品質や原材料についてオープンにしていただきたいですね。せめて合成着色料の使用は避けてほしいです。

ビストロドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ビストロを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ビストロドッグフードの良い口コミ

パピヨン4歳 / メス
5.0
うちのパピヨンは好き嫌いが激しいのですが、このビストロだけは飽きずに食べてくれます。粒も小さく食べやすいようで、小型犬にはピッタリのフードだと思います。
シーズー6歳 / オス
5.0
60gずつに分かれているので、出かける際などにも持ち運びしやすい。忙しい時でも簡単にあげられます。ワンコも美味しいみたいで、毎回きれいに平らげます。うんちの状態も良くなりました。

ビストロドッグフードの悪い口コミ

現在調査中。

ビストロドッグフードの口コミ・評判まとめ

ビストロの口コミを調査したのですが、通販サイトで購入する人が少ないからなのか?商品に関する口コミがほとんどありませんでした。また見つけ次第、追記していきたいと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでビストロを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 -(160g)
1,390円(600g)
-円(160g)
531円(600g)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ビストロドッグフードの価格が安いのは楽天!

調査した結果、ビストロの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。

しかし、楽天には4連パックの取り扱いがありません。送料なども考えると、ビストロはホームセンターやスーパーで直接買った方がお得かもしれません。

ビストロドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとビストロにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ビストロ
内容量 1.8kg 600g
価格 3,564円 531円
100gあたりの価格 198円 89円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(とうもろこし・小麦粉・パン粉・コーングルテンフィード・小麦ふすま・コーングルテンミール・米糠)
穀物 グレインフリー とうもろこし・小麦粉・パン粉・コーングルテンフィード・小麦ふすま・コーングルテンミール・米糠
添加物 無添加 pH調整剤・着色料(赤色102号、黄色4号、青色1号)
当サイト評価 Sランク Fランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ビストロとモグワンですが、まず結論から言うと、原材料のラインナップも品質も安全性もすべてにおいて違いがあります。

ここですべてを比較すると1ページでは収まらないので、とくに比較しておきたい原材料のラインナップに注目していきたいと思います。

まずビストロは、主原料に穀物を7種類も使用していますね。しかもどれをとっても犬にとってアレルゲンとなりやすく、消化吸収しづらい穀物ばかりです。犬の栄養のためというよりは、カサ増し用に使われているといった感じです。

それに対しモグワンは、主原料に良質な生肉と乾燥肉を53%も使用しています。犬にとって炭水化物はそんなに必要ないので、もちろん炭水化物も少なめに配合されています。

犬の食事に詳しい人なら、この時点でどちらのフードが犬に好ましいのかすぐに分かるでしょう。もちろん正解はモグワンです。

もちろん、すべての犬にモグワンがふさわしいわけではありません。しかし、犬が健康的に生きていくために必要なのは植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質なので、やはりモグワンのようなドッグフードが本来適しているのです。

価格を重視するなら間違いなくビストロですが、犬の健康や長寿を意識したいならモグワンのようなドッグフードを選んでおきたいですね。

ビストロドッグフードの種類と特徴について

ビストロのドッグフードには、3種類の600gタイプ、4種類の160g(4連パック)があります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
ビーフ&小魚 国産ビーフと国産小魚が別々(各5袋ずつ)にミックスされている。
ビーフ&ささみ 国産ビーフと国産ささみが別々(各5袋ずつ)にミックスされている。
ささみ&ミルクチーズ 国産ささみと国産ミルクチーズが別々(各5袋ずつ)にミックスされている。
国産ビーフ添え 国産ビーフがミックスされている。
国産ささみ添え 国産ささみがミックスされている。
国産小魚添え 国産小魚がミックスされている。
国産ミルクチーズ添え 国産ミルクチーズがミックスされている。

ちなみに、タンパク質やカロリーなどの栄養成分値は全商品同じになります。

ビストロドッグフードのQ&A

ビストロドッグフードのお試しサンプルってある?

当サイトが調査した限りでは、ビストロにはお試しサンプルの取り扱いはないようです。初めての場合は、まず価格の安い4連パックから試されてみると良いでしょう。

ビストロドッグフードは子犬でも大丈夫?

一応ビストロは全年齢対応となっているようです。栄養成分値もそこまで低いわけではないので子犬にも適していますが、できればちゃんとしたお肉や魚が主原料であり、なおかつ危険な合成添加物が使われていないフードを食べさせることをおすすめします。

ビストロドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 160g(4連パック)、600g
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 531円(600g)
※楽天参考価格
100gあたり価格 89円
販売会社 株式会社スマック
公式サイト https://www.smack.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る