135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ブラックウッドドッグフードの口コミ評判は?安全性や評価も徹底解説

ブラックウッドは、これまでに一度もリコール経験のない米国最高級のドッグフードです。そんなブラックウッドの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 3.5
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 980g、2.7kg、7.05kg、20kg
価格 2,052円(980g)
4,536円(2.7kg)
8,748円(7.05kg)
15,930円(20kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 168円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ブラックウッドは、当サイトでBランクのドッグフードです。危険な添加物や副産物などは一切含まず、ヒューマングレイドの原料のみを使用した良好なドッグフードであることが分かりました。ただし、使われている原材料について細かい情報はありません。あと商品によってはコーンがしっかり使われているものもあるので、アレルギー体質の犬に与える際は注意したほうが良いかもしれません。

ブラックウッドドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ブラックウッドの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは一番人気の「3000 ラム」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

ラムミール、玄米、チキンミール、キビ、グレインソルガム、オート麦、鶏肉脂肪(天然配合トコフェロールで保存)、乾燥てんさい、ニンジン、セロリ、ビート、パセリ、レタス、クレソン、ホウレン草、トマト絞りかす、ニシンミール、モノナトリウムリン酸塩、レシチン、キャノーラ油、DL-メチオニン、塩化カリウム、ニシン油、塩化コリン、L-リジン、乾燥乳酸桿菌発酵産出物、ガーリック塩、ユッカ・シディジェラ抽出物、炭酸カルシウム、ビタミンE補助物、ミネラルオイル、アスコルビン酸、ナイアシン補助物、天然乾燥海藻、d-カルシウムパントテン酸塩、リボフラビン補助物、ビオチン、ビタミンB12補助物、チアミン硝酸塩、ビタミンA酢酸塩、塩酸ピリドキシン、クエン酸、ビタミンD3補助物、葉酸、硫酸鉄、硫酸亜鉛、タンパク質含有亜鉛、タンパク質含有鉄、硫酸銅、酸化亜鉛、硫酸マンガン、タンパク質含有マンガン、タンパク質含有銅、酸化マンガン、セレン、ヨウ素酸カルシウム

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ビタミンE
タンパク質 24.5%以上 オメガ6(リノール酸) 2.5%以上
脂肪 14.0%以上 オメガ3(リノレン酸) 0.38%以上
粗繊維 4.2%未満 カロリー 392 kcal/100g
水分 10.0%未満

ラムミール

ラム肉は他の肉種よりも赤みが多く、高タンパクで低カロリーという特徴を持ちます。またビタミンA群やB群をはじめ、鉄分や身体を活性化するカルニチンが豊富です。

玄米

玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。また、リノール酸やオレイン酸なども豊富です。

編集部からのひとこと

ブラックウッドの原材料について調査したところ、余計な添加物や粗悪な副産物などは含まず、米国産のヒューマングレイド原料のみを使用した良好なドッグフードであることが分かりました。

お肉にはミートミールが使われていますが、どれも良質な肉を乾燥させて粉状にしたものと説明があるので安心です。このように説明があるだけ非常に良心的ですね。

ただ、ブラックウッドは穀物の使用がやや目立ちます。犬にとって穀物が絶対にダメではないのですが、お肉の配合比率が分からないので、もしかしたら穀物の含有量の方が多いのでは?とちょっと心配になったのが正直なところです。

あと、ブラックウッドは全商品にチキンミールが使われています。チキンアレルギーを回避するためにラムや珍タンパク源を食べさせる家庭も多いはずですから、ここはちょっと工夫してほしいところですね。

当サイトがブラックウッドで気になったのはそのくらいで、あとは本当に良好な内容だと感じます。とくにアレルゲンとなる原料がなければ、試してみる価値のあるドッグフードと言えるでしょう。

ブラックウッドドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ブラックウッドを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ブラックウッドドッグフードの良い口コミ

パピヨン6歳 / メス
4.0
すごくよく食べます。非常に食いつきがいいですよ。うんちも良好ですし、何よりお尻の毛にうんちがつきにくくなったのが嬉しい。
雑種犬5歳 / オス
5.0
我が家では、先代犬からブラックウッドを愛用しています。このフードは飽きることなく、毎回美味しそうに食べてくれます。今のところ病気という病気をしたことがありません。
ポメラニアン7歳 / オス
5.0
なかなかアレルギーが治らないので、3000からナマズの5000に変えてみました。するとアレルギーだけでなく、心なしか涙やけも良くなってきたような気がします!何が合わなかったのかは分かりませんが、しばらく5000を続けてみます。

ブラックウッドドッグフードの悪い口コミ

ゴールデン・レトリバー4歳 / メス
2.0
アレルギー対策にと、1000から3000に変更してみました。食いつきは良いのですが、下痢になってしまったためウチの子には合わないみたいです。
雑種犬8歳 / オス
1.0
食いつきはいいのですが、やはりチキンミールが合わなかったようでカイカイが出てしまいました。どれか1つでもチキンミールなしの商品を作って下さい!
ミニチュア・ダックスフンド1歳 / メス
2.0
残念ながら、まったく食べようとしてくれませんでした。粒が大きく食べにくいのか、匂いが苦手なのかは分かりません。

ブラックウッドドッグフードの口コミ・評判まとめ

ブラックウッドの口コミを調査したところ、とても評価の高いドッグフードであることが分かりました。同じアメリカ産のアーテミスやソルビダからの乗り換えも多いみたいです。

とくに多かったポジティブな口コミは「食いつきがいい」「涙やけが良くなった」「ローテーションができる」「安いし安全」という声でした。

それに対し、「チキンミールなしの商品を作ってほしい」「食べない」というマイナスな口コミもチラホラありましたね。たしかに、チキンミールなしの商品も1つぐらいあっていいんじゃないかな?とは思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでブラックウッドを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,900円(980g)
4,200円(2.7kg)
8,100円(7.05kg)
14,750円(20kg)
2,052円(980g)
4,536円(2.7kg)
8,748円(7.05kg)
15,930円(20kg)
2,052円(980g)
4,536円(2.7kg)
8,748円(7.05kg)
15,930円(20kg)
送料 5,000円以上は無料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ブラックウッドドッグフードの購入は公式オンラインショップが安全!

調査したところ、ブラックウッドの価格は3サイトともすべて同じであることが分かりました(※上記の価格は、Amazonと楽天だけ税込価格です)。

ただし、5,000円以上のお買い物をされるのであれば、確実に正規品を送ってくれる公式オンラインショップでのお買い物が安全です。

ブラックウッドドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとブラックウッドにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ブラックウッド
内容量 1.8kg 2.7kg
価格 3,564円 4,536円
100gあたりの価格 198円 168円
メイン食材 チキン&サーモン53% ラムミール
穀物 グレインフリー 玄米・キビ・グレインソルガム・オート麦
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ブラックウッドとモグワンですが、どちらもヒューマングレイドの原料を使用した良好なドッグフードです。危険な添加物や粗悪な副産物を含まない点も共通です。

選ぶ際は、主要タンパク源や穀物などに注目するといいでしょう。生肉や乾燥肉を使ったドッグフードがいいならモグワンを、粉末状にしたお肉がいいならブラックウッドをといった感じで比較してみるといいと思います。

ちなみに、栄養価は生肉や乾燥肉を低温調理したモグワンの方が高めです。粉末状にするとどうしても栄養価が下がるため、それだけブラックウッドは栄養素の添加が目立っています。

ただしブラックウッドは、低温調理法を採用することでビタミン・ミネラル・リンをはじめとする大切な栄養素を損わずに済んでいると説明があります。なので、素材本来の栄養素もしっかり生かされていることは間違いないでしょう。

当サイトとしてはどちらもおすすめできる内容なので、最終的には愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルと照らし合わせながら決めてみるといいと思います。

ブラックウッドドッグフードの種類と特徴について

ブラックウッドには、ドライフードとミルフードの2タイプのドッグフードがあります。さらに「リアルミルク」という商品もあるので、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

ドライフード

商品名 特徴
パピー(チキン) コーン不使用。超小粒タイプ。高栄養価を必要とする全年齢の犬が対象。
1000(チキン) コーンの使用あり。中粒タイプ。「パピー」では栄養価が高すぎる犬におすすめ。
2000(チキン) コーンの使用あり。やや中粒タイプ。「パピー」と同じくらいの栄養価。
3000(ラム) コーン不使用。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
5000(なまず) コーン不使用。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
ローファット(チキン) コーン不使用。低脂肪・低カロリーなので、体重を管理したい犬におすすめ。
アデロンダック21 コーンの使用あり。粒は四角形タイプ。不必要な油分添加がない。
アデロンダック26 コーンの使用あり。粒は四角形タイプ。ブラックウッドのドッグフードの中でもっとも高カロリー。

ミルフード(粉末状)

商品名 特徴
パピー コーン不使用。チキンミールがベース。高栄養価が必要な全年齢の犬が対象。
3000 コーン不使用。ラムミールがベース。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
5000 コーン不使用。ナマズミールがベース。チキンミールも入っているのでチキンアレルギーの犬は要注意。
ローファット コーン不使用。チキンミールがベース。低脂肪・低カロリーなので体重管理したい犬におすすめ。

サプリメントミルク

子犬の哺乳食としてはもちろん、成犬~シニア犬の栄養補給としても使えるサプリメント。

商品名 特徴
リアルミルク 100%天然由来成分。良質な牛ミルクタンパクから作られていて、ケフィアヨーグルト、ラクトフェリン、ミルクセラミドなども配合されている。

おやつ

商品名 特徴
鹿ミンチバーグ 鹿ミンチを100%使用。栄養価が非常に高いので与えすぎには注意が必要です。
鹿しかクッキー 国産の鹿肉を50%以上使用。小麦粉の代わりに大麦粉と米粉が使われている。

ブラックウッドドッグフードのQ&A

ブラックウッドドッグフードのブリーダーパックって何?

ブラックウッドには20kgという大容量タイプもあるので、これがいわるゆ「ブリーダーパック」と呼ばれているようです。大型犬や多頭飼いには嬉しいサイズですよね。

ブラックウッドにはお試しサンプルってないの?

ブラックウッドには試供品があるようで、当サイトが知る限りでは、ペットフード専門通販サイトの「UGペットドットコム」で販売されています。気になる方はそちらを確認してみるといいでしょう。

ブラックウッドドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ミルフード
内容量 980g、2.7kg、7.05kg、20kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,052円(980g)
4,536円(2.7kg)
8,748円(7.05kg)
15,930円(20kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 168円
販売会社 株式会社レシアン
公式サイト http://www.leschiens.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る