135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

ブッチドッグフードを愛犬に試しました!口コミ評判や安全性も評価!

ブッチは、世界各国で高く評価されているチルドミートのドッグフードです。ニュージーランドの豊かな自然の中で作られているブッチですが、安全性や口コミや評判は実際のところどうなのでしょうか?あらゆる点を徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクはこちらで比較しています
主原料 5.0
グレインフリー 4.5
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.0
内容量 800kg、2kg
価格 1,263円(800g)
2,527円(2kg)
※定期コースの場合
100gあたり価格 158円
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
編集部からの評価

ブッチは、当サイトでAランクのドッグフードです!原材料には人間用の食材と同等のレベルのものが使われており、人工添加物や副産物が一切使われていない安全なドッグフードであることが分かりました。口コミでは「手作り食の代用になる!」「ブッチだと完食してくれる」といった好意的な声がとても多く、中でも噛む力が弱くなったシニア犬に購入を求める飼い主さんが多いようです。ただ、ブッチはお値段がちょっと高めになります。ドライフード単品を継続するよりもコスパがやや悪くなるため、価格が気にならなければぜひ活用していきたいドッグフードです!

目次

実際にブッチドッグフードを購入してみました!

さて、我が家でも早速ブッチを購入して愛犬モコに試してみることにしました!初めての犬用に「特別トライアルセット」が用意されているのでこちらを注文。3種類のブッチ(各800g)が入って3,000円とはかなり太っ腹です!

しかも、保存に便利なフレッシュキャップまで付いています。カットした部分にこのキャップを被せれば、わざわざラップなどする必要がないので助かりますね!

なんか、まるで人間用のハムソーセージみたいですね!とりあえず3種類の中身がすごく気になので、ひと通りカットすることにしました。

ブッチは冷凍保存も可能なので、すぐに食べきれない場合は冷凍でストックしておけますよ(Q&Aで詳細書いてます)。

まずこちらは、牛赤身肉、ラム肉、鶏肉が主原料(総量の76.5%)の「ブラック・レーベル」です。ソーセージのようないい匂いが食欲をそそります!

次にこちらは「ホワイト・レーベル」。肉類は鶏肉のみ(総量の80%)で、赤身肉が苦手なでわんちゃんにおすすめです。

そして最後は「ブルー・レーベル」。こちらは鶏肉と魚肉を主原料(総量の92%)としていて、犬だけでなく猫も食べられるフードです。あぁ~ほんといい匂い!!

さぁ、一番最初に何をあげようか迷いますね…。とりあえず、ブッチのベーシックでもある「ブラック・レーベル」を食べてもらいましょう!

食べやすい大きさにカットしていきま~す♪ブッチにはこのように大豆とうもろこしがゴロっと丸ごと入っていますが、大豆はしっかり処理されており、とうもろこしはグルテンが除去されているので安心です!

う~ん…。いきなりブッチだけを与えようか?でもうんちが緩くなるのもなんとなく嫌だなぁ…と思い、初日はいつものモグワンをちょっと減らしてそこにプラスしました。

もうね、さっきからモコはブッチの匂いに誘われてキッチンに張り付いてたの!あまりにも待たせるの可哀想だから早速出してみたところ、ご覧のとおり♪喜んで食らいついてあっという間に完食です!

モコにとってはかなり美味しかったようで、食べ終わった後はいつまでも器をペロペロしてました。そりゃあそうだよね、今まで半生フードなんて食べたことなかったもんね^^;

ちなみに気になるうんちですが、初めてブッチを食べた翌朝だけちょっと緩かったです。でも緩かったのは1回だけで、その後は軟便や下痢になることもなくずっと健康的なうんちでした!しかもうんちの量も少なかったので、ブッチがとても消化の良いフードであることが分かりました。

ブッチドッグフードを3本食べさせてみて分ったこと!

それから毎晩、ブッチを食べて続けてもらいました。モコにとってはどの味もお気に入りで、毎回冷蔵庫から取り出すたびに大喜び!

ブッチを食べたからといって太ることも嘔吐することもなかったし、むしろいい感じに体型をキープしてくれていました。それと歯垢がだいぶつきにくいですね!

ちなみに、我が家はトライアルセットだけで終了するつもりでした。でもモコが相当気に入っちゃったようで、食事になるとブッチを探す行動をしばらく繰り返したんです。

私はモコ本人が楽しく食事をすることが何より大事だと思っているので、結局「ホワイト・レーベル」を定期購入してベースのモグワンと一緒に食べさせています♪おかげでより食事を楽しんでもらえるようになりました!

ブッチドッグフードを試して感じたことを3つのポイントでまとめてみました!

安全性がとても高くて新鮮!

ブッチの原材料はすべてニュージーランド産です。使われている食材は人間用と同等レベルのもので、人工添加物はもちろん、副産物やグルテンも一切含んでいません。

さらにブッチでは、第一次産業省の厳しい検査をクリアした生産農家からのみ原材料を仕入れています。これにより、安全性がかなり高いドッグフードであることが分かります!

ニュージーランドは、農産物に対する規制が非常に厳しい国じゃ。BSE(牛海綿状脳症)なども発生したことがないんじゃ!

肉の割合が76.5~94%と高含有量!

ブッチは新鮮な肉の割合が最大約90%を誇ります。しかも100℃未満の低温で15分以内に全体を加熱してすぐ包装されているため、肉本来の栄養素や風味がほとんど失われずに済んでいます。

犬にとって理想の水分量を含んでいる!

ブッチは水分含有度70%を誇り、通常の生肉とほぼ同等の水分量を含んでいます。食事から水分が補給できると消化吸収がスムーズになるので、消化機能が落ちているシニア犬におすすめです!

ブッチドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、ブッチの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「ブラック・レーベル」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤
粗タンパク質 10.5%以上 リン 0.53%
粗脂肪 8.0%以上 水分 70%以下
粗繊維 1.0%以下 塩分 0.3%以下
粗灰分 3.1% カロリー 121.4kcal/100g
カルシウム 0.67%

ビーフ(生)

牛肉には良質なたんぱく質をはじめとする、ビタミンB1やビタミンB2、鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

ラム(生)

高タンパクで低脂質なラム肉は、他の肉よりもカルニチンを多く含んでいます。最近はアレルギー対策用の肉として親しまれています。

チキン(生)

チキンはアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)

ブッチに使われているトウモロコシ種皮はグルテンを除去しているため、アレルギーの心配はほとんどありません。ちなみにトウモロコシ種皮は「ぶどう糖果糖液糖」を作る時に出るものです。

玄米(破砕・ゆで)

玄米は、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。また、リノール酸やオレイン酸なども豊富です。

凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)

ここで使用されている凝固剤は、すべて安全性の高いものです。「大腸がんのリスクが高まる」などと危険性を煽っているサイトもありますが、それはかなり昔の情報であり、現在は「発がん性はない」と報告されているので惑わされないようにしましょう。

編集者からのひとこと

調査した結果、ブッチは非常に品質と安全性の高いドッグフードであることが分かりました!気になる穀物類は、グルテンを含まないよう処理されているので安心です。

半生タイプのフードでここまで安全性の高いフードはなかなかないですから、食品の安全に気を配っている飼い主さんにはぜひ試してもらいたいですね。

それと、ブッチはこう見えて意外と低脂肪・低カロリーです。しっかりお肉を食べられる=太るのでは?と思われやすいのですが、むしろ肥満気味の犬や体重が気になる犬にも与えやすいフードになります。

ただ、大豆や穀物でアレルギーが起きやすい犬に食べさせる際は慎重に行いましょう。いくらアレルゲンにならないよう処理の仕方や配合量に工夫が施されていても、少量でもダメな犬もいるので注意が必要です。

とくに大豆や穀物の使用が気にならなければ、ブッチは本当に優秀なドッグフードなのでおすすめですね!肉本来の栄養素がギュッと詰まっていますから、ブッチだけでも必要な栄養素が十分摂れるようになっています。

ブッチドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

安全性も嗜好性も高いブッチですが、実際に愛犬へ食べさせている飼い主さんの感想はどうなのでしょう?口コミや評判をまとめてみました!

ブッチドッグフードの良い口コミ

柴犬7歳 / メス
4.5
夏バテして食欲がない時、ホワイト・レーベルをよく与えています。カリカリフードだったら絶対食べないのに、こちらは夏バテ気味でも喜んで食べてくれるんです。もうちょっと安かったら嬉しいけど、個人的にはかなり満足です!
トイプードル8歳 / メス
5.0
我が家では毎日手作り食を与えているのですが、忙しい時はブッチを代用しています。食いつきもいいし栄養価も高いので、ドライフード単品よりも安心して与えられます。ただブッチだけだと顎の運動にならないので、ドライフードもプラスするようにしています。
チワワ10歳 / オス
4.0
好き嫌いの激しい我が家のチワワですが、こちらを出した途端すごい勢いで食いつきました!それから飽きずに毎日ちゃんと食べてくれるので、ブッチはなくてはならない存在です。便通が良くなったし、涙やけも収まっているように感じます。
ゴールデンレトリバー3歳 / メス
5.0
とにかく匂いがいい!人間でも食べたくなるような匂いです。温めても臭くなりません。うちではドライフードと一緒に食べさせています。食べるのがすごく楽しみのようで、毎回本当に嬉しそうです。毛並みもいいし口臭もしない。これからも続けてみようと思います。

ブッチドッグフードの悪い口コミ

マルチーズ8歳 / メス
3.0
残念ながらうちのワンコはすぐに飽きてしまいました。最初はすごい食いつきぶりだったのに、2週間目くらいから残すように…。恐らく、人間が食べるようなものを与えてきたからかもしれません。もうちょっと粘ってみます!
ミニチュアダックスフンド12歳 / オス
3.5
ブッチなら栄養価も高いし、シニア犬でも食べやすいだろうと思い購入。よく食べてくれるし体質にも合っているんですが、価格がちょっと高いですね…。せめて送料無料になる金額がもうちょっと低かったらいいのになぁ。

ブッチドッグフードの口コミ・評判まとめ

ブッチの口コミを調査したところ、かなり評判のいいドッグ―フードであることが分かりました!食いつきの良さはうちのモコだけではなく、やはりどの犬も同じのようです(笑)

これといって悪い口コミはありませんでしたが、やはり価格に言及している飼い主さんはチラホラいましたね。原材料の約8割は新鮮な肉や魚なので仕方ないのですが、生肉やその他の食材を購入して手作りするよりかはずっとお得だと思います!

恐らく、手作り食にする方が高くなるのではないでしょうか?そう考えると、ブッチは決してコスパが悪いわけではないんですよね。

ちなみにブッチの使い道はその家庭ごとに異なり、ダイエット用、手作り食の代用、食欲が落ちた時用、噛む力が弱くなったシニア犬用、ご褒美用など目的が実にさまざまでした。目的に合わせて使いやすいのもブッチの魅力と言えますね!

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでブッチを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入 3,000円
(3本セット/キャップ付)
定期購入 1,263円(800g)
2,527円(2kg)
通常購入 1,404円(800g)
2,808円(2kg)
1,404円(800g)
2,808円(2kg)
送料 6,480円以上で無料 5,000円以上で無料

ブッチドッグフードは公式サイトで買うのが一番お得!

ブッチは楽天でも購入可能ですが、公式サイトで購入するのが一番お得で安全です。

その理由は、公式サイトなら初回限定の「特別トライアルセット」があるからです。3種のブッチ(各800g)を3,000円で、しかもフレッシュ・キャップ付の送料無料でお試しできるのはかなりお得だと思います!

しかもトライアルセットを頼んだからといって、その後に勧誘の電話や手紙などは一切ありません。それっきりです。これも安心してトライできる理由となります。

定期コースで10%OFFは公式サイトだけ!

公式サイトでは、通常購入のほかに定期コースでの購入も可能です。

ちなみに定期購入を利用すると、毎回10%OFFで購入できます。6,480円以上じゃないと送料が発生してしまいますが、株式会社ブッチ・ジャパン・インクから直接発送されるので非常に安心です。

定期コースは解約・休止・変更がいつでも可能!

ブッチの定期コースには、煩わしい縛りが一切ありません。お届け予定日や周期、数量などはもちろんのこと、解約や休止も飼い主さんのタイミングでいつでも可能です。

ちなみにお届け周期は、2週間、1ヶ月、2ヶ月から選べます。

ブッチドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとブッチ「ブラック・レーベル」にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ブッチ
内容量 1.8kg 800g
価格 3,564円 1,263円
100gあたりの価格 198円 158円
メイン食材 チキン&サーモン53% 牛赤味肉&ラム肉&チキン76.5%
穀物 グレインフリー コーン・トウモロコシ種皮(グルテン除去)・玄米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

人気ドッグフードのモグワンとブッチを比較したところ、品質や消化の良さはどちらも同じくらい良好であることが分かりました!唯一気になるのが「コスパ」です。

まず、価格はブッチの方が高いです。でも新鮮な肉類を70%以上も使ったチルド・ミートフードなので、これを高いと考えるかどうかは人によっても異なってくるかと思います。

それに対しモグワンは、どの家庭でも無理なく継続できる価格です。これはドライフードだからっていうのもあります。もしモグワンもブッチのようなタイプだったら、恐らくブッチ並みの価格、あるいはそれ以上になっているはずでしょう。

あとは、穀物の有無でも選び方が変わってきます。穀物を完全に使っていないのはモグワンで、少しばかりですがブッチは穀物を使っています。もしも穀物アレルギーが心配であれば、グレンフリーのモグワンを選ばれるといいかもしれません。

ブッチドッグフードは子犬やシニア犬にも大丈夫?

ブッチは子犬やシニア犬でも大丈夫なのでしょうか?それぞれの対象年齢について表でまとめてみました。

商品名 子犬 成犬 シニア犬
ブラック・レーベル
ホワイト・レーベル
ブルー・レーベル

ブッチは新鮮な肉類や魚を主原料とした総合栄養食なので、子犬~シニア犬のすべての年齢ステージに対応しています。また、妊娠期・授乳期の犬に与えても大丈夫ですよ!

子犬に与える時はフォークなどでよく潰し、そこに水を加えて少しゆるくしてから食べさせるといいぞ。

ブッチドッグフードは肥満犬やダイエット中の犬でも大丈夫?

ブッチは新鮮な肉類を最大90%使用しているため、一般的なドライフードよりも高タンパクです。しかも低脂肪・低カロリー設計になっているので、体重の管理をしている犬にもおすすめのフードになります。

ただし!いくら低カロリーとはいえ、安心しきって運動をサボってしまうと太りやすくなります。愛犬の体調に合わせながら、適度な運動も取り入れるようにしましょう。

ブッチドッグフードの1日の給与量はどれくらい?

ブッチは1日にどれくらい与えるといいのでしょうか?こちらも公式サイトを参考にしながら表にまとめてみました。

体重 給与量 体重 給与量
1kg 100g 8kg 360g
2kg 135g 9kg 400g
3kg 180g 10kg 450g
4kg 225g 15kg 600g
5kg 265g 20kg 750g
6kg 285g 25kg 975g
7kg 325g 30kg 1245g

この給与量はあくまでも目安量なので、愛犬の年齢、運動量、体調などに合わせて量を調整するようにしましょう。

ちなみに、ブッチはドライフードよりもカロリーが低めにつくられています。そのため、給与量の目安より多少オーバーしても問題ありません。

ブッチドッグフードのQ&A

ブッチドッグフードの保管はどのようにすればいいの?

ブッチは要冷蔵商品です。2~8℃の冷蔵庫内で保管をするようにし、開封後は7〜10日を目安に消費するようにしましょう。

ブッチドッグフードを冷凍保存する時の注意点は?

ブッチは冷凍保存も可能なのですが、そのまま1本冷凍するのではなく、1食分ずつに小分けしてから冷凍するようにしましょう。そうすることでスライスする手間が省けます。

冷凍する際はブッチをしっかりとラップし、余分な空気を中に入れないようにします。すると品質が保持されるので、賞味期限までの約6ヶ月ほど冷凍保存が可能になるようです。

解凍する時は自然解凍(冷蔵庫での解凍)、もしくは電子レンジ(500~600W)で30~40秒ほど加熱します。温めすぎるとフードが溶けてしまうので注意して下さい。

ブッチドッグフードは焼いても大丈夫?

ブッチは、調理せずそのまま与えることをおすすめします。なぜなら焼いてしまうと、水分が蒸発してブッチ本来の消化吸収率が下がってしまうからです。フードを温めたい時は、500~600Wで30秒ほど温めることをおすすめします。

ブッチドッグフードに切り替える時はどうすればいい?

いつものフードからいきなりブッチに変えてしまうと、消化器がうまく対応できなくて軟便下痢を引き起こすことがあります。初めて与える時は従来のフードに少し混ぜ、5~7日かけて徐々にブッチの量を増やすようにしましょう。

ブッチドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 チルド・ミートフード
内容量 800g、2kg
初回購入価格 3,000円(3種セット)
定期購入価格 1,263円(800g)
2,527円(2kg)
通常価格 1,404円(800g)
2,808円(2kg)
100gあたり価格 158円
販売会社 株式会社ブッチ・ジャパン・インク
公式サイト http://www.butch-japan.jp/
この記事のURLをコピーする