158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬の餌に安全な無添加缶詰ドッグフードは?おすすめランキング5選!

「缶詰のドッグフード=添加物が多くて安全ではない」と思われやすいのですが、実はちゃんと探せば無添加で安全性の高い缶詰ドッグフードに出会うことができます。

ただ、缶詰ドッグフードはドライフードよりも選び方が非常に難しいです。とりあえず食べれてくれるからこれ!という選び方は正直おすすめできません。

そこで当サイトは、安全な缶詰ドッグフードの選び方を3つのポイントでまとめてみました。その上で、本当におすすめできる缶詰ドッグフード5選を紹介していきたいと思います!

【基本】安全な無添加缶詰ドッグフードの選び方

まず初めに、安全な缶詰ドッグフードの選び方についてです。この3つのポイントさえ抑えておけば、基本的に変な缶詰ドッグフードを買わずに済みます。ぜひ押さえておきましょう!

素材を目で確認できる

缶詰ドッグフードの多くは、ペースト状になっていて素材を目で確認することができません。肉、魚、野菜、穀類などをすべて細かくして一緒に混ぜているため、個々の素材を目で確認することが極めて困難です。

もちろんこれは、缶詰ドッグフードだけに限ったことではありません。しかしウェットフードは、増粘剤やバインダーとして余計な原料(小麦グルテンや穀類など)をプラスαで配合し、そして商品を良く見せている傾向にあるためより注意が必要になります。

そのため、必ず素材を目で確認できる缶詰ドッグフードを選ぶようにしましょう。ペースト状や肉の塊になっている商品はできるだけ避けた方が無難です。

動物性タンパク質の割合が多い

良い缶詰ドッグフードの見極め方は、原材料のトップに高品質の肉や魚がたくさん使われているかどうかです。その中でも、原料が特定できる肉や魚が使われているものを選びましょう。

植物性タンパク質(穀物や野菜など)の割合が全体の半分以上を占めるものはおすすめしません。数で言えば2~3種類、脇役程度に使われているくらいが丁度いいです。

また、脂肪源も油の種類が特定できるもの(サーモンオイル、鶏脂肪、亜麻仁油など)を選ぶようにして下さい。

原材料名が曖昧な缶詰ドッグフードもおすすめしません。とくに肉類に関しては「肉」「魚肉」「肉副産物」「家畜肉」「家畜副産物」「動物脂肪」「魚油」などと表示されているもものは避けましょう。

増粘剤や合成保存料などが無添加である

缶詰のようなウェットフードは水分の含有量が大きいため(60~87%の水分を含む)、腐敗しないよう保存料防腐剤が用いられる場合がほとんどです。

また、旨味を出すために甘味料香料などが、さらに高水分中の余分な吸着水を固形化して容器内の遊離水を排除する目的で、ガムゲル化剤が用いられる場合もあります。

安全な天然原料ならまだいいのですが、明らかに化学合成物質が使われている缶詰ドッグフードは避けるようにしましょう。着色料や発色剤が使われている商品も避けた方が無難です。

原材料に「増粘多糖類」と表記されている商品も要注意です。これは2種類以上の増粘剤を使用しているという意味になり、必ずしも安全な増粘剤が使われているとは限りません。

口コミで評判のいい缶詰ドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで大人気の缶詰ドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「動物性タンパク質の割合」「添加物(ビタミンとミネラルは除く)」の3つです。なお、人間用食品と同等の基準で作られているものは、主原料を青文字で表示しています。

商品名 主原料 動物性タンパク質 添加物
デビフ
鶏肉・鶏ささみ・鶏レバー 不明 増粘安定剤(増粘多糖類)
アニモンダ
牛肉(心臓、肉、肺、レバー、乳房、腎臓) 90%以上
K9ナチュラル
子羊肉・血(子羊)・グリーントライプ(子羊) 90%以上
シーザー
肉類(チキン・ラム・ビーフ 不明 ガーリックパウダー・増粘安定剤(増粘多糖類・加工デンプン)・着色料(カラメル色素、二酸化チタン)
ネイチャーズバラエティ
チキン・ターキー・チキンレバー 95%
カナガン
骨抜きチキン生肉 65%
コストコ「カークランド」
ターキー・ターキーブイヨン・ベジタブルブイヨン 不明 天然香料・寒天
ヒルズ「サイエンスダイエット」
チキン・ポーク・トウモロコシ 不明 着色料(酸化鉄)
プレイアーデン
有機チキン・有機チキンその他の部位 (有機心臓・有機肺・有機肝臓・有機胃・有機首) 95%
ペディグリー
肉類(チキン・ビーフ 不明 増粘多糖類・増粘安定剤(アルギン酸Na)・pH調整剤・着色料(酸化鉄)・発色剤(亜硝酸Na)
いなば
鶏肉(ささみ)・野菜(人参・かぼちゃ・グリンピース) 不明 増粘剤(加工でん粉)・増粘多糖類・紅麹色素・カロテノイド色素
go!
チキン・チキンスープ・ターキースープ 不明 グァーガム
ヤラー
鶏肉・鶏内臓肉・ターキー 41%以上 カラギーナン
ソリッドゴールド
ラム・水(加工処理上必要な量のみ)・ラムレバー 不明 カッシアガム・キサンタンガム
ジウィピーク
ラム生肉・ラム肉汁・ラムレバー生肉 92%

口コミで評判のいい缶詰ドッグフード15種類を比較して分かったのは、価格が安い商品ほど余計な添加物や原料が含まれている傾向にあるということです。

ちなみに余計な原料とは、大豆や小麦粉、それから品質の分からない肉副産物などを指します。とくに「小麦グルテン」と表示されているものは、間違いなく肉をひとつの塊にするバインダーとして使われていると思って間違いないでしょう。

前述したように、ウェットフードはドライフードよりも添加物が多く含まれる傾向にあります。そのため、より添加物の少ない安全な商品を見極めなければなりません。

ここで青文字のついた缶詰ドッグフードは、まず品質上なんら問題のないものです。本当に中身がしっかりしていて、かつ余計な添加物や原料が含まれていない安全なものになります。

そこで当サイトはさらに評価項目を増やし、本当に安全なおすすめ缶詰ドッグフード5選をランキング形式でまとめてみました!

【決定】安全でおすすめな無添加缶詰ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「原材料のラインナップ」「動物性タンパク質の割合」「安全性」を重視して評価しています。その上で、油の種類や価格なども評価項目に入れてみました!

カナガン ウェット
カナガン ウェットの特徴
カナガンのウェットは、総量の65%に骨抜きチキン生肉を使用した缶詰ドッグフードです。原材料はすべてヒューマングレイドで、油にはオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが、そして関節の動きを滑らかにする栄養素が豊富な緑イ貝も含まれています。
価格 【通常】3,200円
【定期】2,880円
内容量 400g×3缶セット
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
カナガンのウェットはガッツリお肉が使われているわけではないので、お肉を食べると体臭が出やすい犬や野菜のトッピングを好む犬などにおすすめです。素材が目で見て確認できること、そしてビタミンとミネラル以外の添加物が一切使われていない安全な缶詰ドッグフードになります。
アニモンダ「グランカルノ」
アニモンダ「グランカルノ」の特徴
アニモンダは、健康に問題のない人間の食用に適した動物の肉のみを使っている缶詰ドッグフードです。ウェットフードは心臓、肺、肉、肝臓などの新鮮な肉をたっぷり使っており、残りは必須ミネラルとビタミンが必要量付加されたのみとなっています。
価格 540円
内容量 400g
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
アニモンダはもともと信頼性の高いドイツ産ドッグフードとして親しまれているのですが、やはりウェットフードも非常に素晴らしい中身となっています。とにかくいろんな部位のお肉から栄養素を摂らせてあげたいと考えるのであれば、アニモンダのような缶詰がおすすめです。
K9ナチュラル
K9ナチュラルの特徴
K9ナチュラルは、ニュージーランド産の健康な動物の肉(人間食用)を使った缶詰ドッグフードです。成長ホルモン剤や抗生物質、サプリメント、増粘剤や安定剤なども一切含まれていません。缶はBPAフリー(錆止め不使用)になっているため、本当の意味で安心できる商品です。
価格 497円
内容量 180g
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
K9ナチュラルの良いところは、なんと言っても缶がBPAフリー(錆止め不使用)であることです。その分サビが出やすいデメリットはありますが、人体への悪影響が指摘されている成分が使われている商品に比べたらずっと安心安全でしょう。もちろんフードも申し分ありません。
プレイアーデン
プレイアーデンの特徴
プレイアーデンは、100%有機食材とヒューマングレイド素材のみを使用した缶詰ドッグフードです。農薬、化学肥料、保存料、抗生物質などは一切含まれていません。ドイツのBio認定機関「Biokreis(ビオクライス)」の審査に毎年合格しているウェットフードもあります。
価格 626円
内容量 200g
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
プレイアーデンの缶詰には4つのラインナップがあり、その上タンパク源もチキンやラムといったお肉以外に、鴨、馬肉、鱒、鹿肉、うさぎ肉などの珍しいタンパク源もあります。オーガニックにこだわりたい人や、愛犬のアレルギー対策を考えている人におすすめしたい商品です。
ジウィピーク
ジウィピークの特徴
ジウィピークは、自然放牧の生肉と内臓を92%も使用した缶詰ドッグフードです。天然の生肉、内臓、魚介類にはほとんど手を加えていないため、加工段階で余計な添加物がプラスされている心配はほとんどありません。トライプを配合した缶詰もあります。
価格 939円
内容量 390g
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ちょっと容量が大きい安全な缶詰が欲しいという場合にもおすすめできるのが、このジウィピークの缶詰です。価格も比較的良心的なので、気軽に購入できるのも魅力の1つと言えるでしょう。増粘安定剤にはひよこ豆が使われています。

迷ったらコレ!缶詰ドッグフードにカナガンウェットをおすすめする理由!

良好な缶詰ドッグフードがいくつもある中、なぜカナガンウェットがおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました!

カナガンウェットをおすすめする理由
  1. 全体の65%に骨抜きチキン生肉が使われている。
  2. お肉を食べ過ぎたくない犬にも合わせやすい。
  3. 関節の痛みを和らげる働きのある緑イ貝が含まれている。
  4. オメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが使われている。
  5. ビタミンとミネラル以外は無添加。
  6. 子犬~シニア犬まで対応している。

当サイトがカナガンウェットをおすすめする理由は、動物性タンパク質と野菜・果物のバランスが良いからです。

もちろんお肉の含有量が多ければ多いほど良いのですが、そうなると逆に体臭などが気になって合わせにくくなる子も実際にいるんですね。でもカナガンウェットはお肉の量が65%とやや控えめなので、全犬種に合わせやすいメリットがあります。

また、なんと言っても緑イ貝が含まれているのはポイント高いですね。緑イ貝は食べるサプリメントと言われているほどで、タンパク質やムコ多糖類、そしてグルコサミンやミネラルなどが豊富に含まれているのです。

とくに「関節の違和感や痛みを和らげてくれる」と定評があり、ここ最近犬にとっては欠かせない食材の1つとなってきています。

お肉や魚をたっぷり使っているだけが良い缶詰ではありません。サブ原料にもこだわっているからこそ、当サイトは缶詰ドッグフードにカナガンウェットをおすすめしたいです!

シニア犬(老犬)には缶詰ドッグフードを食べさせた方がいいの?

よく「シニア犬は柔らかいものを食べさせた方がいいんですよね?」という質問を受けます。

これに対しての答えは個体差によって異なるため、必ずしもシニア犬だからウェットフードを食べさせた方がいいという決まりはありません。

でも、シニア犬には缶詰のようなウェットフードが良いとよく言われますよね。なぜそう言われるのか?その理由を簡単にまとめてみました。

  • 歯や歯茎が弱って噛む力がなくなってくるから。
  • 消化機能が衰えてくるから。
  • 食べる量が自然と減ってくるから。
  • 水分を摂取できるから。

愛犬がすでにシニア犬の方はなんとなく想像つきやすいかと思いますが、やはり犬も人間と同じで、加齢とともに今まで食べれたものが食べれなくなったり、あるいは思うように噛めなくなることが出てきます。

その変化に気づかずずっとカリカリのドライフードだけをあげていると、次第に食べ残すことが増え、やがて代謝や体重がどんどん落ちて老化を促進させてしまうこともあるでしょう。

だからと言って、ウェットフードだけを食べさせるのもおすすめできません。少しでも噛めるうちはなるべくドライフードを食べさせ(噛む行為は脳にも良い働きをもたらします)、ウェットフードはトッピング用として活用することが望ましいですね。

どうしてもウェットフードだけを食べさせたい場合は、栄養過多にならないよう十分注意しましょう。あとはドライフード以上に、食後の歯磨きも忘れてはいけません。

【缶詰ドッグフードの与え方】ドライフードに混ぜるがおすすめ?

缶詰ドッグフードも「総合栄養食」「一般食(間食)」「目的食」とカテゴリが豊富です。

私はいまだに「缶詰ドッグフード=一般食(間食)」というイメージが強いのですが、実は総合栄養食の缶詰ドッグフードの方が種類増えてきているんですよね。

だからなのか、総合栄養食の缶詰ドッグフードだけを毎日与え続ける人がいます(もちろん歯がない、胃腸が弱いなど特別な理由がある場合は別で「健康な犬に」ということです)。

これはこれで決して否定しませんが、缶詰ドッグフードだけを与え続けるのは犬にとってデメリットが大きすぎるので当サイトはおすすめしません。

缶詰ドッグフードのもっとも良い与え方は、ドライフードなどの主食に添えてあげる方法です。ただトッピングするだけでもいいですし、ドライフードと混ぜてあげてもいいでしょう。

缶詰ドッグフードは、あくまでも嗜好性に合わせて補う副食として利用することを強くおすすめします。その方が犬の歯の健康、そして脳の健康のためにもなりますよ。

缶詰ドッグフード開封後の正しい保存方法は?

缶詰ドッグフードは水分含有量がとても大きいです。なので開封した後はすぐに使い切らないと、あっという間に腐敗して食べられない状態へと変化してしまいます。

缶詰ドッグフードを開封した後の正しい保存方法は、中身を別の容器に移し替えて冷蔵庫で保管する方法です。ただし1~2日で使い切らなければならないため、1日以上保管したい場合は冷凍保存がおすすめです。

もし冷凍保存する場合は、その都度食べる分だけを解凍できるよう小分けにしておくといいでしょう。あまり長期間保存しておくと冷凍庫の匂いなどが移るので注意して下さい。

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る