135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

安いグレインフリードッグフードおすすめ5選!犬の餌に安全なのは?

「できるだけ安全で安いグレインフリードッグフードはどれ?」とネットで検索をかけている飼い主さんはとても多いですね!

そこで今回は、本当におすすめできる安全で安いグレインフリードッグフード5選をランキング形式でまとめてみました!選び方のコツなども併せて紹介しています。

ちなみに、値段は多少高くても大丈夫!という方は「穀物不使用で安全な犬の餌は?おすすめグレンフリードッグフード5選」も参考にしてみて下さいね。

【基本】安全で安いグレインフリードッグフードの選び方

それではまず初めに、安全で安いグレインフリードッグフードの選び方です。以下の3つのポイント抑えておけば、基本的に変な商品を買わずに済みます。ぜひ押さえておきましょう!

主原料に良質な肉や魚が使われている

価格が安くなってくると、どこか手抜きされる傾向にあるのがペットフードの特徴です。とくに、コストのかかる肉や魚に低品質のものを使うグレインフリードッグフードも存在するので気をつけましょう。

主原料に肉や魚が書かれていると思わず安心してしまいそうですが、どんな状態の?どの部分の肉を使っているのか?が明確ではないドッグフードは基本的におすすめしません。

ちょっと高くても、できるだけ産地や飼育環境などが分かる肉類を使ったグレインフリードッグフードを選ぶようにしましょう。配合比率も明確だとより安心です。

素材の分かる油脂が使われている

次に油脂です。基本的に「動物性油脂」「植物性油脂」「魚油」など、何の動物あるいは植物を使っているのか分からない油脂が使われているものはおすすめしません。

価格が安くなると、どうしてもコストのかからない低品質な油脂が使われる傾向にあります。良質な油脂が使われている可能性は低く、ほとんどが粗悪な油や廃油となります。

そのため、ちゃんと素材の分かる油脂(バージンオイルだと尚良し)が使われているグレインフリードッグフードを選ぶことが大切です。犬の健康に良い「サーモンオイル」や「亜麻仁油」などがおすすめですよ。

合成保存料などが無添加である

グレインフリードッグフードは、一般的なドッグフードよりも品質の良いものが多いです。しかし中には、保存料や酸化防止剤などに化学合成物質を使ったドッグフードもあるので注意しましょう。

できるだけ安全な天然原料が使われていて、かつビタミンやミネラルの合成サプリメントの添加が多すぎないグレインフリードッグフードが好ましいです。

口コミで評判のいいグレインフリードッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで人気のグレインフリードッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「油脂の種類」「100gあたりの価格」の3つです。なおヒューマングレイドの原料が使われていて、かつ無添加で安全性の高いものは主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 油脂 100gあたり価格
ピッコロ
チキン&サーモン70%(生肉・乾燥肉) 238円
アカナ
鶏肉・七面鳥肉・鶏内臓などの肉類60% 鶏脂肪4%・タラ油2% 250円前後
プラチナムナチュラル(イベリコ+グリーン)
フレッシュポークミート70%(イベリコ豚) サーモンオイル・コールドブレスアマニオイル・コールドブレスオリーブオイル 147円
アーテミス「オソピュア」
フレッシュサーモン・ドライサーモン・ガルバンゾー豆 ヒマワリオイル・ココナッツオイル 215円
モグワン
チキン&サーモン53%(生肉・乾燥肉)53% サーモンオイル・ココナッツオイル 198円
フィッシュ4ドッグ「ファイネスト」
サーモン27.25%・ポテト21.05%・エンドウ20.33% サーモンオイル9.69%・サンフラワーオイル1.3% 205円
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなどの肉類85% 鶏肉脂肪・ニシン油 324円前後
ウェルネスコア
骨抜き七面鳥・七面鳥ミール・チキンミール 鶏脂・サーモン油 219円
ピナクル
チキン・乾燥チキン・ひよこ豆 鶏脂肪・サーモンオイル 144円
カナガン
チキン(生肉・乾燥肉)など肉類60% 鶏脂3.1%・サーモンオイル1.2% 178円
ナウフレッシュ
ターキー生肉・ポテト粉・エンドウ豆 キャノラ油・ココナツ油 220円
プラぺ
チキン&ターキー60%(生・乾燥) サーモンオイル・ココナッツオイル 190円
ロータス
ダック・ダックミール 大豆オイル・オリーブオイル・サーモンオイル 227円
go!
チキンミール・ターキーミール・サーモンミール 鶏脂肪・サーモン油・キャノラ油・ココナツ油 179円
ネルソンズ
乾燥チキン28%・チキン生肉20% 鶏脂・サーモンオイル 178円

口コミで人気のグレインフリードッグフード15商品を比較してみて分かったのは、市販では買えないドッグフードほど原材料のグレードや産地などがハッキリしており、動物性タンパク質の含有量が明確である商品が多いとうことです!

もちろん、気軽に買える市販のグレインフリードッグフードも中身は非常に良好です。しかし「高品質」と謳われているだけで、その根拠がない商品もいくつかありました。

ただ当サイトとしては、今回ピックアップした商品は基本的にどれもおすすめです。でも安くて安全、つまりコスパのグレインフリードッグフードを見つけたいなら、原材料の情報がきちんと開示されていないものは避けたい気もしますね…。

果たして、安くて安全なグレインフリードッグフードは一体どれなのか?本当におすすめできるグレインフリードッグフード5選をランキング形式で紹介していきます!

【決定】安全で安いグレインフリードッグフードおすすめランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「動物性タンパク質の割合」「原材料の品質」「安全性」にポイントをおいて評価しています。その上で、継続しやすい価格、栄養バランスを評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、主原料に良質なチキンとサーモンを53%も使用したドッグフードです。手作りレシピを再現した内容となっており、油には消化の良いサーモンオイルとココナッツオイルが使われています。野菜や果物もバランスよく入った、コスパ抜群のドッグフードです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
モグワンを見た当初の私は「1.8kgで3,564円(定期価格)は高い!」と率直に思いましたが、食べさせて初めて価格に納得した唯一の商品です。むしろ今ではすごく安いと感じます。とくにアカナやオリジンは高い…と感じる飼い主さんにはぜひ試してもらいたいですね!本当におすすめできるドッグフードです。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、主原料に良質なチキンを50%以上使用した高タンパクドッグフードです。市販のチキンドッグフードよりも必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、とくに筋力を維持したい犬や、運動量や散歩量が多い犬に向いていますよ。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは、チキンの生肉もたっぷり使ってこの価格です!これなら負担なく続けられるので、気軽にお肉たっぷりのドッグフードを愛犬に食べさせることができるでしょう。モグワンよりも野菜や果物の量は少なくなりますが、活動量の多い犬にはカナガンが向いています。
ネルソンズ
ネルソンズの特徴
ネルソンズは、生後7ヶ月~7歳までの子犬・成犬を対象にした高タンパクドッグフードです。主原料には良質なチキンを48%以上使用。粒がやや硬めで大きい三角形なので、しっかり粒を噛める犬に向いています。中型・大型犬にもおすすめできる内容です。
価格 【通常】7,800円
【定期】6,630円
内容量 5kg
評価 4.5
編集部からのコメント
ネルソンズはモグワンとカナガン同様に、定期購入・まとめ買いによる割引があります。なので中型・大型犬を飼っている家庭にとっては財布にも優しく、かつネットでポチっとすれば自宅に届くので重たい思いをせずに済むところがいいですね。噛むことが大好きない犬におすすめです!
プラぺ!
プラぺ!の特徴
プラぺは、主原料に良質なチキンとターキーを60%、そして13種類のスーパーフードを配合したドッグフードです。まだまだ認知度は低いですが、高品質なグレインフリードッグフードとして最近注目を浴び始めています。
価格 【通常】3,800円
【定期初回】無料
【定期】3,610円
内容量 2kg
評価 4.0
編集部からのコメント
プラぺはイギリス産のドッグフードで、肉・野菜・果物のバランスがとてもいいのにコスパがいいと話題です!粒は噛みやすいドーナッツ型で、これはモグワンとカナガンと同じになります。定期購入をすれば毎回5%割引になる上に、おもちゃまで付いてくるサービスが魅力です。
プラチナムナチュラル イベリコ+グリーン
プラチナムナチュラル イベリコ+グリーンの特徴
プラチナムナチュラルは、ドイツ生まれの高品質ドッグフードです。主要タンパク源にはイベリコ豚を70%も使用し、無水調理による加工なので素材本来の旨みと栄養価がギュッと詰まっています。イベリコ豚は低コレステロールで不飽和脂肪酸を豊富に含みます。
価格 【通常】2,037円~
内容量 1.5kg、5kg×1袋、5kg×3袋
評価 4.0
編集部からのコメント
プラチナムナチュラルは、動物愛護先進国のドイツで生産されているドッグフードとあって非常に信頼できる内容となっています。お値段も決して高くはないので続けやすく、かつイベリコ豚という珍しいタンパク源を使っているのでアレルギー対策にもおすすめです。

安全で安いグレインフリードッグフードにモグワンがおすすめな理由!

安全で安いグレインフリードッグフードはたくさんありますが、なぜモグワンがおすすめなのでしょうか?簡単に理由をまとめてみました!

安いグレインフリードッグフードにモグワンをおすすめする理由
  1. 肉と魚の含有量が全体の53%を占めるのに安い。
  2. 野菜や果物がバランスよく入っている。
  3. ヒューマングレイドの良質食材が使われている。
  4. 低炭水化物・低脂肪・低カロリーなので室内犬にも合わせやすい。
  5. 化学合成物質・副産物不使用。
  6. 定期購入割引、まとめ買い割引がある。

当サイトが安いグレインフリードッグフードにモグワンをおすすめする理由は、これだけ品質が良いのに続けやすい価格が魅力だからです!正直、市販のグレインフリードッグフードよりもコスパ優秀です。

「でも、安いってことは低品質なんじゃないの?」と思われる人もいるかもしれません。

しかし実は、モグワンのように通販限定販売にしているドッグフードは価格を安くできるある秘訣があります。

それは、間に輸入商社・卸問屋・販売店舗などを挟まず販売していること。こうすることで余計な経費が発生しない上に、過剰に商品を輸入して廃棄商品を出さずに済むことが商品を安くできる秘訣になります。

つまり、普通ならお金をかけるであろうところには敢えてかけず、自分たちの力だけで販して消費者に貢献しよう!という企業の姿勢があるから価格を安くできるということ。

だから「モグワンは怪しい」などといった根拠のない情報は鵜呑みにせず、必ず自身の目でモグワンの良さを確認してみることをおすすめします!良いか悪いかは、実際に使ってみて初めて分かるものですよ。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

【激安】グレインフリーでおすすめのブリーダーパックドッグフードは?

ドッグフードによっては、10kg以上の大袋、通称「ブリーダーパック」と呼ばれるものもあります(中には「業務用」と呼ばれる人もいます)。

多頭飼いや大型犬を買っている人にとっては非常にありがたい商品で、メーカーにもよりますが、Amazonや楽天などでも購入することが可能です。

そんなブリーダーパックですが、もし買うならどこの商品がいいのか?ここでは、当サイトが安全だと感じるグレインフリーのブリーダーパックドッグフードをまとめてみました!

ちなみに、コストコのカークランドドッグフード「サーモン&ポテト」も人気ですが、原材料に調味料が使われている時点で良好とは言えないなと当サイトは判断しました。

また、原材料に使われているミートミールがどんな肉類なのか説明がありません。動物性油脂などを使っていない点は高く評価できますが、品質にやや不信感が残ります。

  

この記事のURLをコピーする