135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

チワワにおすすめの餌は?評判のいいドッグフード人気ランキング!

あなたの飼っているチワワにどんな餌を与えていますか?もしドッグフードを与えている場合、まずはそのドッグフードの原材料を見てみましょう。

そこに大量の穀物や正体不明の肉類、着色料や保存料といった化学合成物質などが書かれている場合は要注意!それはチワワの健康を脅かす危険なドッグフードである可能性が高いです。

とは言うものの、一体どんなドッグフードがチワワにいいのでしょうか?そこで当サイトは、チワワに人気の商品20種類を徹底比較し、本当におすすめできるドッグフード10選をランキング形式でまとめてみました!

【基本】チワワに合うドッグフードの選び方

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い穀物、粗悪な肉類、危険な添加物、犬に必要のない成分が使われているからです。

じゃあ、一体どんなドッグフードがチワワにおすすめなのか?これについては、3つの選び方ポイントがあるので紹介していきたいと思います!

主原料に良質な動物性タンパク源が使われている

チワワは体が小さいが故に「お肉ばかりを食べさせたら太る!」と思われやすいです。しかし実はその逆で、しっかり動物性タンパク質を食べさせてあげないと太りやすくなります。

犬にとって良質な肉や魚は、健康的な体を維持するために必要不可欠な食材です。不足すると体の機能がおかしくなるため、肥満やアレルギーなどを引き起こしやすくします。

新鮮な肉類が原材料の50%以上含まれているドッグフードが理想ですが、主原料にしっかり良質なお肉や魚が使われているドッグフードであれば問題ありません。

品質や安全性について言及されていない「〇〇ミール」「肉類」「〇〇エキス」「〇〇パウダー」などには要注意です。それは人間が口にできないような肉(または肉以外の部分)が使用されている場合があります。

低脂肪&低炭水化物である

チワワは太りやすい犬種としても有名ですよね。そのため、ドッグフードの脂肪や炭水化物の割合にも気を付けなければなりません。

とくに穀物をたっぷり使ったドッグフードは、高炭水化物なので肥満を招きやすいですできるだけ穀物の割合が少ないもの、あるいは低炭水化物の食材が使われたドッグフードを選ぶようにしましょう。

脂質の目安としては、子犬が17%程度、成犬・老犬なら14%程度が良いと言われています。ただし現在の体重・運動量によっても変わるので、あくまでも目安として参考にしていただければと思います。

合成保存料などが無添加である

これはチワワに限ったことではありませんが、ドッグフードは合成保存料などの化学合成物質が使われていない無添加のものを選んであげるようにしましょう。

合成保存料や着色料、香料、防腐剤、酸化防止剤といった成分は、涙やけやアレルギーのリスクを高めるだけでなく、敏感なチワワであれば下痢や嘔吐まで催してしまうこともあります。

不要な添加物を避けるだけでも病気やトラブルの予防対策へとつながりますので、できるだけ天然原料を使ったドッグフードを選択するようにしましょう。

チワワに評判のいいドッグフード20種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトではチワワに大人気のドッグフード20種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「粗脂肪」「無添加」の3つです。なお、人間用と同等基準の食材が使われている場合は主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 粗脂肪 無添加
アカナ(アダルトスモールブリード)
鶏肉12%・鶏肉ミール12%・七面鳥肉ミール12%(肉類含有量60%) 17%以上
アランズナチュラルドッグフード
ラム肉55%以上 12.5%以上
いぬはぐ
鶏肉・玄米・白米 6%以上
UMAKA
鶏肉・大麦・玄米 11.5%以上
カナガン
骨抜きチキン生肉26%・乾燥チキン25%・サツマイモ(肉類含有量60%) 17%以上
グラン・デリ
穀類(パン粉、小麦粉、トウモロコシなど) 10%以上
このこのごはん
鶏肉(ささみ・レバー)・大麦・玄米 7.5%以上
サイエンスダイエット
トリ肉(チキン・ターキー)・トウモロコシ・小麦 16.1%以上 >
シュプレモ
チキン(肉)・チキンミール・玄米 16%以上
スタイルズ(チワワ用)※半生
肉類(チキン・ビーフ)・糖類(砂糖・水あめ・イソマルトオリゴ糖)・豆類(脱脂大豆) 3.5%以上
Dr.ケアワン
鶏肉・大麦・玄米 7.5%以上
ドクタープロ(チワワフード)
チキンミール・ブリューワーズライス・玄米 15%以上
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなど(肉類含有量85%) 18%以上
ナチュロル
牛・鶏・馬・魚の生肉55% 7~9%
馬肉自然づくり
馬肉・鶏肉・玄米 11.1%以上
ファインペッツ
鹿肉・鶏肉・オートミール(肉類含有量80%) 16%
プロマネージ(チワワ専用)
チキンミール・とうもろこし・さとうもろこし 14%以上
ベストバランス(チワワ用)
穀類(トウモロコシ・小麦粉・パン粉・コーングルテンミール・玄米) 11%以上
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)53% 12%以上
ロイヤルカナン(チワワ)
米・とうもろこし・家禽ミート(鶏・七面鳥) 14%以上

チワワに選ばれやすい人気の人気ドッグフード20種類を比較してみて分かったのは、やはり「チワワ専用」と謳われているものは消化に負担のかかる原料や化学合成物質がたっぷり使われている傾向にあるということです。

また、粗脂肪の数値は一見良さそうでも、中身をよく見ると高炭水化物粗悪な油脂が使われている商品も数多くあることが分かりました。

正直、このようなドッグフードばかりを食べ続けていると、肥満どころかチワワの健康が心配になります。実際に質のいい食事をしている犬ほど、病気やトラブルを抱えにくいことも分かっています。

その点、青文字のついたドッグフードは原材料のラインナップも品質も良好です。できることなら、このようなドッグフードを毎日食べさせてあげたいものですね。

そこで次に、当サイトはさらに評価項目を増やし、チワワにおすすめできるドッグフード10選をランキング形式でまとめてみることにしました!

【決定】チワワのドッグフードおすすめランキング10選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「原材料のラインナップ」「低脂肪&低炭水化物」「安全性」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、消化の良さ、粒の大きさなども評価項目に入れてみました。

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、総量の53%に良質なチキンとサーモンを使ったドッグフードです。低脂肪のタンパク質をたっぷり使っているので室内で過ごすことの多いチワワに合わせやすく、また血糖値が急激に上がりにくい食材を取り入れているので肥満対策や体重管理にもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
栄養バランスの良いドッグフード、そしてチワワの体質に合わせやすいドッグフードと言えば、やはりモグワンでしょう。肉・魚・野菜・果物が理想の配合比率で含まれており、消化性にも優れているので涙やけや被毛トラブルの予防対策にも十分期待ができます。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、総量の50%以上に平飼いチキンを使った高タンパクドッグフードです。良質な必須アミノ酸が豊富に含まれているので、運動量の多いチワワにぜひ合わせてあげるといいでしょう。筋力をしっかりつけることは、関節や骨折などのトラブルの予防にもつながります。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
少量でしっかり栄養を摂らせてあげたい、あるいは運動量が多いのでちょっと高タンパクな食事をさせてあげたいといった場合は、カナガンのようなドッグフードがおすすめです。モグワンよりも全体的に栄養価が高めなので、給餌量にすれば太る心配もありません。
このこのごはん
このこのごはんの特徴
このこのごはんは、小型犬が抱えやすい悩み(涙やけ・体臭・毛並みのゴワつきなど)に特化した国産ドッグフードです。これらのトラブルを誘発しやすい原料はすべて排除し、またこれらが改善しやすいよう食材や栄養のバランスにも配慮されています。
価格 【通常】3,500円(1kg)
【定期初回】2,980円(1kg)
【定期】5,960円(1kg×2袋)
内容量 1kg
評価 4.5
編集部からのコメント

涙やけや被毛トラブルに効率よくアプローチできるよう、このこのごはんは低品質な食材や小麦グルテン、化学合成物質、オイルコーティングを一切使用していません。タンパク源には低脂肪の肉や魚をたっぷり使っているので、体重が気になるチワワにも合わせやすいですよ。
いぬはぐ
いぬはぐの特徴
いぬはぐは、犬のお腹の健康を考えて開発されたドッグフードです。腸活を促す乳酸菌やオリゴ糖をはじめ、健康な身体づくりをサポートするアミノ酸やEPA&DHAも豊富に含まれています。下痢や嘔吐が多いチワワ、免疫力や低下しているチワワなどにおすすめです。
価格 【通常】6,980円
【定期初回】2,980円
【定期初回】2,480円(クレジットカード決済の場合)
【定期購入】5,980円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント

いぬはぐを食べることでチワワの腸を健やかに保ち、また腸が健康になることで免疫力の向上や病気の予防も期待できます。原材料はすべてヒューマングレイドで、小麦グルテンや添加物は不使用、そしてタンパク源には良質な鶏肉をたっぷり使用しています。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、総量の55%以上にラム肉を使ったドッグフードです。原材料わずか10種類で構成されているので、食物アレルギーやアレルゲンを特定したいチワワにぜひ合わせてあげるといいでしょう。タンパク質は20%と低めです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
ラム肉の脂肪は犬の体内に吸収されにくい特徴があります。そのため、太りやすいチワワやダイエットをしているチワワにも合わせやすいのがアランズナチュラルドッグフードの良いところです。運動量の少ないチワワにもおすすめです。
UMAKA
UMAKA
UMAKAは、九州産の華味鳥を100%使用したドッグフードです。とても風味が豊かなので、好き嫌いが激しいチワワやドライフードに飽きているチワワに試してみるといいでしょう。ノンオイルコーティングで、小麦グルテンや副産物、化学合成物質は一切使われていません。
価格 【初回お試し】1,980円
【通常】4,980円
【定期】4,482円
内容量 1.5kg
評価 4.0
編集部からのコメント
さすがUMAKAは新鮮な華味鳥を100%使用しているだけあって、風味が本当に豊かです。偏食気味の犬でも喜んで食べるくらいなので、食べ残しが多いチワワや餌へのこだわりが激しいチワワなどにはぜひ食べさせておきたいドッグフードと言えます。
Dr.ケアワン
Dr.ケアワンの特徴
Dr.ケアワンは、主原料に鹿児島産の良質な鶏肉を使ったドッグフード(一般食)です。一般食なので原材料がとてもシンプルな構成になっており、添加物や余計な原料は一切含まれていません。消化性にも優れているので、涙やけが気になるチワワにもおすすめです。
価格 【通常】3,000円
【定期初回】2,400円〜
【定期】2,700円〜
内容量 800g
評価 4.0
編集部からのコメント

Dr.ケアワンは一般食ということもあり、とにかく分かりやすくてシンプルな原材料が特徴です。添加物を避けるために手作り食を食べているチワワや、食物アレルギーが気になるチワワ、またビタミン&ミネラルのサプリメントを補給しているチワワなどに適しています。
ナチュロル
ナチュロルの特徴
ナチュロルは、総量の55%に生肉(牛・鶏・馬・魚)を使った国産ドッグフードです。国産では珍しいグレインフリー&グルテンフリータイプのドッグフードなので、穀物やグルテンでアレルギーが起きてしまうチワワにも合わせやすい内容となっています。
価格 【初回お試し】100円(30g)
【通常】3,000円
【定期】4,980円~
内容量 850g
評価 4.0
編集部からのコメント
ナチュロルは100gあたり約400kcalとカロリーが高めなので、少量でしっかり栄養を摂りたい場合や、小食なチワワにも合わせやすいドッグフードです。また嗜好性も非常に高めなので、ドライフードへの食いつきが悪いチワワにもぜひ試してみるといいでしょう。
馬肉自然づくり
馬肉自然づくりの特徴
馬肉自然づくりは、馬刺し専門店で有名な株式会社利他フーズが開発した国産のドッグフードです。人間用の新鮮な馬刺しの切れ端をたっぷり使っているのが特長で、小型犬やシニア犬にも合わやすいよう高タンパク・低脂肪設計になっています。
価格 【通常】3,000円~
【定期初回】2,400円~
【定期】2,700円~
内容量 1kg
評価 4.0
編集部からのコメント
しっかりタンパク質は摂りたいけど脂肪の数値が気になる…というチワワにおすすめしたいのが馬肉自然づくりです。馬肉そのものがとてもヘルシーなお肉なので、太りやすいチワワやシニア期を迎えたチワワのカラダを健康的にキープしてくれるでしょう。
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、肉類原材料の割合が全体の80%(鹿肉・鶏肉・鮭肉など)を占めるドッグフードです。消化率が87%もあるので、食べたら食べた分だけしっかり栄養が吸収される内容になっています。子犬をはじめ、小食なチワワにもおすすめのドッグフードです。
価格 【初回お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ファインペッツのように消化率の高いドッグフードを食べることは、涙やけ、被毛トラブル、便トラブルなどの予防対策にもつながります。穀物の使用が気になる場合は、穀物不使用のファインペッツ極を検討されるといいかもしれません。

迷ったらコレ!チワワにモグワンドッグフードをおすすめする理由!

数あるドッグフードの中で、なぜチワワにモグワンがおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

チワワにモグワンをおすすめする理由
  1. 室内で過ごすチワワにも合わせやすい栄養価。
  2. 消化に良いので下痢・軟便・便秘になりにくい。
  3. 関節に良いグルコサミン、MSM、コンドロイチンが配合されている。
  4. 穀物・副産物不使用で、合成保存料などが無添加。
  5. 肉・魚・野菜・果物がバランスよく含まれている。
  6. 原材料はすべてヒューマングレイド。

当サイトがチワワにモグワンをおすすめする理由は、ずばり室内で過ごすことの多いチワワにも毎日食べさせやすい栄養バランスだからです。

最近はやたら高タンパクドッグフードが流行っていますが、チワワのように比較的室内で過ごすことの多い犬種にはモグワンくらいが丁度良いバランスと言えます。

また、炭水化物には血糖値が急激に上昇しにくい低GI値食品が使われているので、高血糖症や肥満予防対も期待できるでしょう。

そして、関節が弱いことでも有名なチワワには嬉しいグルコサミンやコンドロイチン、さらにコンドロイチンの生成を助けるMSMも配合されています。

このようにいろんな面をひっくるめると、モグワンのようなドッグフードはチワワに合わせやすいなと感じます。体質に合わない食材が入っている場合はおすすめできませんが、そうじゃなければぜひ一度試されてみるといいでしょう。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

チワワにおすすめの国産ドッグフードはどれ?

チワワにおすすめの国産ドッグフードは、体質や健康状態、ライフスタイルなどによっても変わります。

ただし、どんなチワワであれ、当サイトはホームセンターやドラッグストアなどで購入できる安い市販の国産ドッグフードはおすすめしません。

これらにはカサ増し目的で必要のない穀類がたっぷり使われていたり、得体のしれない肉類や粗悪な副産物、さらに危険とされる化学合成物質が多く使われている傾向にあるからです。

チワワに限らずですが、このようなドッグフードを食べ続けると涙やけやアレルギー、さらに被毛トラブルや軟便も誘発しやすくなるので注意しましょう。

ここで紹介したこのこのごはんDr.ケアワンもおすすめですが、さらに良好な国産ドッグフードについては以下の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

子犬のチワワにはどんなドッグフードがおすすめ?

子犬のチワワには、栄養価の高いドッグフードを与えましょう。子犬は毎日どんどん成長していますから、成犬以上に栄養やエネルギーが必要になります。

子犬だからと質素な食事ばかり与えていると、大きくなった時に体の異常やトラブル(アレルギー、涙やけ、被毛がパサパサなど)を抱えやすい体質になるため気をつけましょう。

また、子犬の消化器官はまだまだ未熟です。犬にとって消化しにくい食材が使われているドッグフード(穀物がたっぷり使われたフードや添加物だらけのフードなど)は避け、できるだけ産地の分かる良質な食材が使われたドッグフードを選んであげましょう。

シニア犬や高齢犬のチワワにはどんなドッグフードがおすすめ?

よく「シニア犬には低タンパク食を」と言われますが、実はその逆で、シニア期を迎えた犬には良質な動物性タンパク質をたっぷり含んだ低脂肪&低カロリー食を与える必要があります。

そのため、7歳になったからシニア犬用に切り替えるという決まりはありません。まだまだ成犬並みに健康で活発であれば、給餌量を10~20%ほど減らして成犬用のドッグフード(あるいはオールステージ用)を与えても基本的には問題ありません。

低タンパク食ばかりを食べると、筋力や骨が衰えて老化が促進されやすくなります。とくにチワワは関節トラブルが多いので、この辺りは十分に気を付けましょう。

そして、高齢犬になったら今度は低タンパク・低脂肪・高カロリー食に切り替えます。活動する時間もだいぶ減るので、少量でしっかり栄養を補給できるフードに切り替えましょう。

チワワの体臭はドッグフードで改善できるの?

チワワの体臭で悩んでいる飼い主さんも少なくありません。基本的に、体臭が気になる場合は今現在食べているものに原因があると思った方がいいでしょう。

ちなみに体臭の主な原因となるものは、皮脂の酸化です。きれいな皮脂なら酸化してもそこまで臭くないのですが、老廃物が多く混ざった皮脂は酸化すると異臭を放ちます。

これは、私たち人間にも同じことが言えるので分かりやすいのではないでしょうか。毎日インスタント食品や消化の悪いものばかりを食べている人の汗や皮脂、おならは臭いですよね。

体臭を少しでも和らげるためには、良質な油脂が使われているドッグフード、そして良質な食材を使った消化率の高いドッグフードを選ぶようにしてみましょう。

チワワの涙やけはドッグフードで治るの?

「ドッグフードで涙やけが治る」とは言い切れませんが、ちゃんとしたドッグフードは老廃物が溜まりにくい健康的な体づくりをサポートしてくれます。

できるだけ高品質の肉や魚、そして犬が消化しやすい原料のみを使っているドッグフードに切り替えてみましょう。化学合成物質や消化に悪い食材が使われているものはNGです。

犬にとって良好なドッグフードを食べ続ければ、基本的に皮脂や涙などの排出物が汚くなることはありません。もちろん目の周りが涙で汚れにくくもなるので、結果として涙やけが起こりにくくなります。

また、涙の通り道でもある「涙道管」にも老廃物が詰まりにくくなるでしょう。すると、目から涙が大量に溢れる予防も期待できます。

ただし、遺伝性鼻涙管の異常などが原因で起こる涙やけの場合は食事で改善することはできんぞ!必ず動物病院で検査を受け、その上で適切な対処法をとるようにしよう。

チワワが餌を食べない時の対処法は?

チワワは好き嫌いの激しい子が多いです。そのためドッグフードをまともに食べないことも日常茶飯事で、むしろまったく食べないこともあります。

2~3日食べない日が続いた場合は体の不調や病気が疑われますが、それ以外であれば「ドッグフードが食べづらい」「お腹が空いていない」などが考えられます。

そこで、それぞれの対処法を簡単に紹介したいと思います。詳しくは犬が餌を食べない10の理由!元気な場合は?子犬や老犬は何が原因?で解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さいね。

ドッグフードが食べづらい場合

ドライフードの場合、形状や硬さによっては食べづらい場合もあります。

そんな時はまず、ドライフードをふやかしてみましょう。こうすることで噛みやすくなる上に、風味が増して食欲が増すチワワは多いものです。

ドッグフードのふやかし方
  1. ドッグフードをぬるま湯に10~15分ほどつける(水の場合は20分ほど)。
  2. ふやかしたぬるま湯もそのまま食べさせる(栄養が溶け込んでいるため)。

ただし、ふやかしたフードばかり食べていると歯垢や顎が弱る原因に繋がりやすくなります。とくに歯垢は放置すると口臭や歯石の原因となるため、食べた後はできるだけ歯磨きを行いましょう。本来なら、口に合ったドライフードを毎日食べさせるのが理想です。

お腹が空いていない場合

運動量が足りていない、あるいはおやつを与えすぎている場合、当然お腹が空かないのでドッグフードを食べてくれません。

とくにチワワは運動不足になりやすい犬種ですから、毎日20~30分は散歩をするように心がけておきたいものです。運動をすれば必然的にお腹が空きますので、ドッグフードもちゃんと食べてもらいやすくなります。

また、おやつの量もほどほどにして下さい。これは栄養のあるドッグフードを食べてもらうためにも大切なことです。

【給餌量】チワワの餌の量は1日どれくらい?

チワワが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、当サイトでおすすめしているモグワンの場合の給餌量を表にまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
1~1.5kg 41~55g
1.5~2kg 55~68g

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

体重 1日の給与量
1~1.5kg 33~45g
1.5~2kg 45~56g
2~2.5kg 56~68g
2.5~3kg 68~76g

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

チワワにかかる年間の餌代はいくら?

チワワの餌代は個体差によって大きな差が出てしまうため、必ずしも「〇〇〇円」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでも当サイトがおすすめしているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬チワワ(体重1~3㎏)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり3,960円
  • 成犬チワワ(体重1~3㎏)の1日あたり給与量33~76g

体重およそ1~3kgの成犬チワワであれば、1ヶ月あたり約1~1.5袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,366円(税抜)で購入することができます。さらに送料無料です。

また、定期購入の場合はお届け周期を1週間~13週間まで1週間単位で選べます。なのでここでは、8週間おき(2ヶ月おき)にモグワンが3袋届く設定で計算してみましょう。

10,098円(モグワン3袋分代)×6回(年間)=60,588円

となるので、もしモグワンをチワワに食べさせてあげるとなると、年間約60,588円の餌代がかかるということになります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

好き嫌いが激しいチワワにもモグワンドッグフードはおすすめ!

好き嫌いが激しいことで有名なチワワですが、犬が本来求めている食事やそれに近い食事を用意してあげると大抵の問題は解決します。

要は「おいしい匂いがしない」と感じるドッグフードを出しても、喜んで食いつくチワワは少ないのです。人間の私たちでも「うっ…」となるような食事を出されても、喜ぶチワワは正直少ないと思います。

基本的に、良質なお肉や魚がたっぷり使われたドッグフードならどんな犬も喜びます。もちろん好みの種類はそれぞれ異なりますが、食いつきは間違いなく良くなるでしょう。

どんなドッグフードを選んだらいいのか分からないと悩んだら、まずは半額で試せるモグワンで愛犬チワワの反応を見てみるといいかもしれません。相性が良ければ、ぜひしばらく続けて様子を見てみることをおすすめします。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

チワワにおすすめのドッグフードランキングをもう一度見る!

  

この記事のURLをコピーする