135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【チワワ子犬の値段まとめ】販売価格の違いや激安の理由って何?

ペットショップで必ずと言っていいほど販売されている犬種がチワワです。愛くるしい表情に思わず悩殺される人も多く、初心者でも飼いやすいことから安定の人気を誇っています。

そんなチワワの価格相場っていくら位なのでしょうか?ここではチワワの平均価格や値段の基準をはじめ、チワワを入手する際に気をつけたいことなどについてまとめてみました!

チワワを飼いたいと思ったら、まずはペットショップへ行く前に保護犬の里親になることを視野に入れてみましょう。犬の殺処分ゼロを目指して、私たちができることはたくさんあります。

チワワの平均販売価格はいくら?

チワワの平均販売価格はおよそ20万円前後です。基本的に20万円前後のチワワであれば、一般的な血統も持ち主であると思っていいでしょう。

値段の決め方はお店やブリーダーさんによって多少の違いはありますが、基本的にはどこも一緒のようです。チワワの子犬の価格は、だいたい以下の項目を基準にして変動します。

  • 血統
  • 顔・体型
  • 毛色
  • 毛の長さ
  • 体の大きさ
  • 月齢

一般的に、チワワという犬種スタンダードに近ければ近いほど価格は高くなります。とくに父犬と母犬がチャンピオン犬だった子犬となると、その価格は100万円を超えることも!

実際に私がとあるペットショップへ行った時、130万円ほどで販売されていたチワワがいてビックリしました。もちろん両親が優良な血統の持ち主であるチャンピオン犬だったことは言うまでもありません。あのチワワは今どこで何しているのか…気になりますね^^;

ちなみに参考までにですが、チワワ専門ブリーダー直販の子犬サイト「みんなのチワワブリーダー」では、平均価格が約20万円、最高価格64万円、最低価格が4万円だったと述べています(直近1年間のチワワの成約価格)。

価格の違いは何?チワワの値段を決める基準!

チワワの子犬価格を決める基準には、先ほどの項目以外にも性別などが関わってくる場合もあります。一体それぞれどんな要素が価格に反映されているのでしょうか?

血統

一般的な血統であれば20万円前後の値段がつけられますが、父犬か母犬のどちらか、もしくは両親がチャンピオン犬だったりすると100万円を超えることもあります。これはチワワに限ったことではなく、どの犬種も優良な血統であればあるほど価格は上昇します。

顔・体型

チワワには理想的な体型というものがあります。いわゆるスタンダードな顔・体型なのですが、その型に近ければ近いほど値段は高くなります。

ちなみにチワワの理想の顔・体型というのが、

  • 頭の形が丸い(アップルヘッド)
  • 目が大きい
  • 鼻が短い
  • 胴体と手足が短い(ドワーフ体型)
  • 耳がピンと立っている

などです。これらの要素がどれだけ反映されているかで、販売価格も変わってきます。

毛色

チワワの毛色は本当に多種多様です!ここまでバラエティ豊富な毛色を持つ犬種はなかなかいません。

毛色によっても値段が変わってくるのはやはりどの犬種も一緒で、チワワも珍しい毛色や人気色ほど値段が高くなります。とくに高い値段がつきやすい毛色は、

  • マール
  • チョコレートタン
  • ブラックタン
  • ブルータン
  • ホワイトソリッド
  • ブラックソリッド

などです。とくにマール、ホワイトソリッド、ブラックソリッドは希少カラーで人気も高いため、他の毛色よりも値段が高い傾向にあります。

毛の長さ

チワワには「スムースコート」「ロングコート」の2種類の被毛があります。とくに性格などの違いはありません。しかし日本では被毛の長いロングコートチワワの方が人気なので、スムースコートチワワよりも値段がやや高くなりやすい傾向にあります。

体の大きさ

チワワは世界で一番小さい犬種です。成犬になっても体重が1.5kg以下のままのチワワ(極小チワワ/ティーカップチワワ)もいて、そんなチワワほど値段が高くなります。

ただ、あまりにも小柄なチワワは膝の関節が外れやすいです。家に迎え入れる時は床を滑りにくくするなどの対策をし、膝に負担をかけないよう工夫してあげましょう。

月齢

基本的にどんな犬種も、生後3~6ヶ月ほどの子犬が人気で値段も高いです。そして飼い主さんが見つからずどんどん成長していくと、値段もどんどん下がっていくのが一般的です。

もちろん生後3~6ヶ月の子犬の方が、しつけをしやすいなどのメリットはあります。しかしそれ以降であっても、飼い主さんの意識と努力次第でしつけを行うことは十分に可能です。

動物愛護法で、生後56日(生後8週)経過しない子犬の販売・展示・引き渡しは禁止されています。もしも生後56日以前のチワワがお店で販売されていたら、速やかに動物愛護センターや保健所に通報するようにして下さい。

性別

チワワは性別によって値段が大幅に変わるということはありませんが、どちらかというとオスよりもメスの方が高い傾向にあります。一般的にメスのチワワの方が「おとなしい」「落ち着いている」とされているため、オスよりも飼いやすいことが理由にあるようです。

チワワはペットショップとブリーダーのどちらから入手するべき?

チワワを飼う時、ペットショップとブリーダーのどちらで購入するのがいいの?と迷うこともあるかと思います。そこで、それぞれの特徴をまとめてみました!

ペットショップで購入する場合

ペットショップでのチワワの販売は、15~25万円ほどが相場です。ちなみについ先日、私の近所にあるペットショップでチョコレートタン&ホワイトのチワワが209,000円で販売されていました。

もしもペットショップで10万円以下の値が付けられている場合、もしかしたらすでに生後6ヶ以上が経っている、あるいは何らかの疾患を持ってるなどが考えられます。

とくに病気を患っているチワワには追い追い治療費などが発生してきますから、その分値段を安くして販売しているといったショップもあるようです。

あまりにも相場価格から金額がかけ離れている場合は、必ず販売員に値段が安い理由を聞きましょう。ちゃんと具体的に答えてくれる販売員であれば良心的なペットショップですが、言葉を濁すような答えが返ってくる場合は何か隠していると思って下さい。

ブリーダーから購入する場合

ブリーダーから購入する場合は、チワワ専門のブリーダーか、実績のある優秀なブリーダーから購入することをおすすめします。価格相場は20~30万円ほどです。

とくにチワワ専門のブリーダーは、チワワに対する知識がとても豊富です!気になるチワワの疑問や病気のことも親身になって答えてくれるので、初心者にもおすすめですよ。

ただし中には悪質なブリーダー(繁殖屋)もいますから、購入する際は必ずブリーダーを訪問するようにして下さい。購入を検討している犬だけでなく、そこで現在暮らしている他の犬たちのこともしっかりと見学しましょう。

犬舎の環境が良くなかったり他の犬たちの様子が妙におかしい場合は、健全なブリーダーではありません。十分に気をつけましょう。

チワワを激安販売するブリーダーにはご注意を!

先ほども触れたように、世の中には良心的なブリーダーばかりが存在しているわけではありません。チワワを近親交配で繁殖させ、金儲けしようとしているブリーダーも実際にいます。

近親交配をさせられたチワワは遺伝疾患を持ちやすくなるため、奇形、あるいは病気を患った状態で生まれてくることが多いです。するとそんなチワワをペットショップに委託しにくくなるので、自らの手で一般人に格安で販売しようとします。

また、チワワの生育にお金をかけず利益だけ求めようとするブリーダーもいます。粗悪な餌や不衛生な環境でチワワを育て、ちゃっかり高値をつけて黒字にしようとするパターンです。

つい先日も、福井の「子犬工場(パピーミル)」が大きく報道で取り上げられました。営利を目的とした悪徳ブリーダーたちが、犬などの愛玩動物を劣悪な環境下で大量に繁殖・飼育して大問題となりましたね。

もちろんこの福井の子犬工場も問題ですが、もっと問題なのはこのような悪徳ブリーダーが全国各地に存在していることです。なので価格に左右されるのではなく、まずはブリーダーさんとその環境をしっかり調査するようにしましょう。

チワワの里親になることも視野に入れてみよう!

チワワは人気犬種が故、保護される件数も圧倒的に上位を占めています。こんなことってあっていいのでしょうか?絶対に起きてはならないことが日本では普通に起きています。

私たち人間が好き勝手にチワワを繁殖させ、買い手が見つからなくて保健所行きになるチワワ。チワワが欲しくて飼ったものの、思い通りに育てられなくて手放されるチワワ。甘やかされて育てられしまったがために、吠え癖や噛み癖がひどくなって捨てられてしまうチワワ。

実は、こんな理由で保健所に連れて行かれるチワワが後を絶たないのです。どれもこれも人間の勝手なワガママです。チワワたちは全く悪くありません。

日本はペットショップで犬が販売される国ですが、欧米ではまずあり得ないことです。そろそろ日本も、犬に値段をつけて販売するやり方を廃止してほしいものです。

そうすることで殺処分される犬が減るか?といったら「減る!」とは言い難いですが、でも絶対に減ると思うんですよ。少しでも多くの人が犬の里親になることを決心すれば、意味もなく殺される犬は確実に減っていきます。

チワワを飼う時、ぜひ里親になることも検討してみてはいかがでしょうか?里親の募集は公共施設だけでなく、民間のボランティア団体などでも行われています。

まとめ

チワワの販売価格を気にすることも大事ではありますが、本当に大事なのは愛情をもって生涯きちんと育てられる気持ちを持てるかどうかです。

もしペットショップではなく保健所でチワワを引き取ることを選択肢に入れれば、購入する時の費用が他のことに回せます。餌代、ケージ代、リードや首輪代、ワクチン代など…これからチワワに発生する費用の負担が少し楽になるのです。

ちなみにペットショップで買われたチワワほど、飼い主の勝手な都合で捨てられる確率が高いと言われています。まるで衝動買いしたブランド物に飽きたかのような感覚で、あっさり捨てていくのだと保健所の方から聞きました。

ここではチワワの販売価格や価格の違いなどをまとめさせていただきましたが、当サイトは保護犬の里親になることを推薦いたします。

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る