135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【決定】犬の肥満・ダイエット用におすすめドッグフードランキング!

飼っている犬が肥満気味になってくると、まず真っ先に行うのが「食事制限」ではないでしょうか?

食事量を減らすと確かに摂取カロリーは減りますが、実はそれが余計に肥満や病気のリスクを高めるので十分に注意しましょう。大事なのは、ちゃんと食べて減量してもらうことです!

そこで当サイトは、犬の体重を管理しやすくするドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、本当におすすめできるダイエット用ドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

【基本】犬のダイエット用にいいドッグフードの選び方

愛犬を健康的にダイエットさせるために大事なこと。それは、太りにくく、かつ体に良い原材料が使われているドッグフードを食べさせることです!

いくら「低脂肪」「低カロリー」と謳われていても、そこに体を壊すような原料が使われていたら意味がありません。これだけ肥満対応のドッグフードが溢れているのに、体重が減らず病気になってしまう犬が増え続けるのはそのようなフードを食べているからなんです。

とはいえ、どのようなドッグフードを選べば健康的に体重管理ができるのでしょうか?そこで、肥満対策にいいドッグフードの選び方のポイントを3つ紹介していきたいと思います!

高タンパク・低炭水化物のもの

犬の肥満を改善するためには、高タンパク&低炭水化物の食事をさせることが基本です。

ただし高タンパクと言っても、植物性タンパク質が中心となっているものはダメですよ!ちゃんと良質な動物性タンパク質を中心としているドッグフードを選びましょう。

犬は動物性タンパク質が不足すると筋力が落ち、同時に代謝も下がってしまいます。するとエネルギーを多く消費できなくなるので、余分なエネルギーが脂肪に変わってしまうのです。

だから犬の場合は「お肉=太る」ではなく「お肉=太りにくい」と覚えておくといいですよ!

炭水化物の摂り過ぎも肥満の原因になるので、炭水化物を減らして高タンパクな食事を心がけましょう。こうすることで筋肉の量が増え、脂肪が燃えやすくなります。

低脂肪・低カロリーのもの

高タンパクで低炭水化物のドッグフードを選ぶことも大事ですが、低脂肪・低カロリーであることも忘れずにチェックしましょう!

犬も人間同様、糖質や脂質を過剰摂取すると肥満を招きます。肥満だけでなく、高脂血症糖尿病などのリスクも高めるので十分に注意しましょう。

穀物・食物繊維の使用量が少ないもの

肥満対策用ドッグフードの多くは、大量の穀物や食物繊維が主役になっています。なぜなら食物繊維が多い食事は満腹感を得やすいため、食べ過ぎを予防することができるからです。

しかし食物繊維の過剰摂取は、エネルギーや栄養素を薄めます。健康に悪影響を及ぼすだけでなく、胃腸の機能障害アレルギーのリスクを高めるので十分に気をつけましょう。

また、穀物中心のドッグフードは犬に必要な栄養素が十分に含まれていません。しかも消化される前に皮下脂肪や中性脂肪という形で体に蓄積されるので、逆に太りやすくなります。

消化に良い2~3種の穀物が脇役で含まれている分には問題ありませんが、明らかに穀物が主役気取りをしているドッグフードは避けましょう。

犬のダイエット用に人気のドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは犬のダイエット用に人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「タンパク質/脂肪」「カロリー」「穀物の使用」の3つです。

ただしここに表示する数値だけで比較すると、中身が粗悪なドッグフードも良く見えてしまいます。混同しないためにも、基本的に赤文字が多いドッグフードはヤバイと思っていただければと思います。

商品名 タンパク質/脂質 カロリー(100gあたり) 穀物
サイエンスダイエット(減量サポート)
28.3%/12.4% 316.7kcal 小麦・コーングルテン・トウモロコシ・米
シュプレモ(体重管理用)
24.0%以上/10.0%~13.0% 335kcal 玄米・米糠・粗挽き米・オーツ麦
アカナ(ライト&フィット)
35.0%以上/11.0%%以上 307kcal
ブッチ
10.5%以上/8.0%以上 123.3kcal 穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)・玄米(破砕・ゆで)
モグワン
28%/12% 344kcal
ロイヤルカナン
25.0%以上/14.0%以上 396kcal とうもろこし・とうもろこし粉・コーングルテン・小麦・米
オリジン(フィット&トリム)
42%/13% 353kcal
ナチュラルバランス(リデュースカロリー)
16.5%以上/6%以上 306kcal 玄米・オートミール・大麦
カナガン
33.0%/17.0% 361kcal
アイムス(体重管理用)
21.0%以上/8.0%以上 360kcal とうもろこし・小麦
ブルー「体重管理用」
20.0%以上/9.0%以上 327kcal 玄米、大麦、オートミール
犬心「糖&脂コントロール」
23~27%/5~9% 325kcal 玄米・大麦・とうもろこし
ソルビダ「室内飼育肥満犬用」
19%以上/8%以上 320kcal オーツ・大麦・玄米(すべてオーガニック挽き割り)
ドクターズダイエット(体重管理)
26.0%以上/7.5%以上 332kcal トウモロコシ・コーングルテンミール・ウィートブラン・
ビューティープロ(ダイエット)
25.0%以上/6.0%以上 290kcal 穀類(コーンフラワー、コーングルテンミール、ライスブラン、小麦粉、小麦ブラン)

まず定番の安いドッグフードを見てびっくりしたのですが、穀物や食物繊維がびっしり…!これでは減量どころか、先に体調を崩してしまうのでは?と心配になるほどです。

それに比べて、ちょっといいドッグフードになってくると原材料のラインナップが全然違います。ちゃんとそれなりのお肉を使って、栄養価の高いドッグフードになっています。

しかし、一体どのドッグフードがもっとも犬の肥満対策に向いているのでしょうか?このままでは分かりにくいので、当サイトではさらに評価項目を絞り込んでみました。その上で、本当におすすめできるドッグフード5選を紹介していきたいと思います!

【決定】犬のダイエット用おすすめドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり「高タンパク・低炭水化物・低脂肪・低カロリー」をまず基本的な評価項目にしています。その上で穀物の少なさ、無添加に重点を置き、さらに良質なお肉が使われていること、栄養バランスがいいことも評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは栄養バランスにとても優れた総合栄養食で、新鮮なチキンとサーモンを主要タンパク源としています。炭水化物源には低GI値のサツマイモを使用し、穀物は一切使われていません!また、油には脂肪になりにくいサーモンオイルやココナッツオイルが使われています。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
とにかく健康的に体重を管理させてあげたい!と考えている飼い主さんにおすすめなのがモグワンです。モグワンは肉・野菜・果物のバランスが良く、その上、低GI値食品の使用や脂肪の質にもこだわっています。しっかり食べても余分な糖と脂が体内に吸収されにくいため、脂肪が筋肉に変わりやすい特長があります!
犬心「糖&脂コントロール」
犬心「糖&脂コントロール」の特徴
犬心「糖&脂コントロール」は、低糖・低脂肪の国産療法食です。高血糖・高脂血がもたらす7大疾患&トラブルをケアするフードで、もちろん「メタボ肥満」にも対応しています。太ったことにより何かしら病気を抱えてしまった犬、糖と脂の制限をしている犬におすすめです!
価格 【通常】2,600円(1kg)
【まとめ買い】6,500円(1kg×3袋)~
【定期】6,400円(1kg×3袋)~
内容量 1kg
評価 4.5
編集部からのコメント
犬心「糖&脂コントロール」は、国産で唯一おすすめできる肥満に対応した無添加フードです!肥満対策のみならず7つの疾患もケアできる療法食なので、愛犬が膵炎やクッシング症候群などで悩んでいたらぜひ検討してみるといいでしょう(獣医師の指示の元で)。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは良質なチキンを50%以上使用した高タンパクドッグフードです。炭水化物源にはサツマイモやジャガイモを使用し、穀物を一切使っていません。全体的に栄養価が高めなので、運動をしながら体重管理をしている犬やしっかりと筋肉をつけたい犬にもおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
「カナガンを食べると太る」なんて口コミでよく見かけますが、実はその逆で、運動(あるいは散歩)をする犬ほど体格が良くなるドッグフードなんです!それだけエネルギーになりやすい新鮮な食材が使われているという証拠ですね。実際に我が家の犬も、カナガンで脂肪が筋肉に変わりましたよ!
ブッチ
ブッチの特徴
ブッチは、グルテンフリー&無添加のミートロールフードです。肉含有量が最大90%を誇り、生肉と同じ70%の水分量を含んでいます。低カロリーなので毎日与えても太りにくく、水分量が豊富なので消化率も抜群です!シニア犬や好き嫌いが激しい犬の体重管理にもおすすめですよ!
価格 【初回お試し】3,000円(3本セット)
【通常】1,404円~
【定期】1,263円~
内容量 800g、2kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ブッチを食べない犬はいないと言われるほど、本当にどんな犬も喜ぶドッグフードです!肉の含有量が多いから太るのでは?と思われがちですが、むしろ低カロリーで消化吸収が良いのでダイエットにも向いています。初回限定で3本セットを3,000円で試せるので、ぜひブッチの良さをこの機会に知ってみてはいかがでしょうか?
アカナ ライト&フィット
アカナ ライト&フィットの特徴
タンパク質を35%使用したアカナの「ライト&フィット」は、運動をさせながら肥満対策をしている犬におすすめのドッグフードです!低炭水化物・低脂肪・低カロリー設計なので毎日食べても太りにくく、野菜や果物が豊富なのでバランスよく必要栄養素も補給できます。
価格 【通常】891円~
内容量 340g、2kg、11.4kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ドッグフードだけに頼るのではなく、運動や散歩もしっかりした上で体重管理をしている犬にアカナはおすすめです!かなり高タンパクなので筋肉がつくられやすく、より健康的な体づくりを目指すことができますよ。無添加で、すべて人間が食べれるほど新鮮な食材が使われています。

犬のダイエット用にモグワンドッグフードがおすすめな理由!

数あるドッグフードの中でも、なぜモグワンがダイエット用におすすめなのでしょうか?その理由はこちらです。

モグワンドッグフードをおすすめする理由
  1. 良質なチキンとサーモンが総量の53%(高タンパク)。
  2. 穀物不使用。
  3. 低GI値食品が使われている。
  4. 脂肪になりにくい油が使われている。
  5. 消化吸収が良い。
  6. 人工添加物不使用。

そうなんです。モグワンは決して「ダイエット」「肥満対策」向けのドッグフードではないのですが、太りやすい犬にも欠かせない食材や栄養素が自然と盛り込まれているのです!

モグワンはタンパク質や炭水化物などのバランスも良く、かつ使用する油の質にもこだわっていますよね。これは犬の健康を維持するために大切なことであり、もちろん太りにくい体質をキープするためにもすごく大事なことなのです。

その上、使われている食材がすべて人間も食べれるほど良質です!毎日食べても消化器官にダメージを与えることがないので、整腸作用による免疫力のUPも期待できます。

もちろん獣医さんから療法食などの指示が出た場合は別ですが、それ以外で体重や脂肪のつき具合が気になる場合、まずはモグワンを試してみてはいかがでしょうか?ちゃんと適度な運動も心がければ、少しずつ脂肪が筋肉へと変化していくことを実感するはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

犬のダイエットにいい食事の量や与え方は?

まず、犬の食事量を極端に減らす方法だけは避けましょう。これまでに自身で食事制限をされたことがある人なら分かると思いますが、正直ツライの一言ですよね。

極端な食事制限は、犬にもストレスを与えてしまうので逆効果です。また、肉や魚を一切与えないベジタリアンフードもおすすめしません。こちらも体調を崩す原因となります。

では、体重が気になる犬にはどのように食事を与えればいいのでしょうか?

答えは、1日のエネルギー摂取量を減らし、代わりに食事の回数を増やしてあげることです。しかしいくら低脂肪・低カロリーでも、食べ過ぎれば太ります。十分に注意して下さい。

そして、運動をして消費カロリーを増やしてあげることも非常に重要です。ここで運動を一切せず食事だけに頼ると、体脂肪はなかなか落ちてくれません。

とは言え、肥満度が高い犬の激しい運動は控えるようにして下さいね。太り過ぎていると心臓に負担がかかりやすいので、少しずつ散歩の距離を増やすなどの工夫をしましょう。

犬のダイエットは、ゆっくりと時間をかけて行うことが重要です。なんでも極端にやってしまうと必ずリバウンドします。ちゃんと定期的に体重や体脂肪を測り、その上で適切なダイエットを行っていきましょう!

  

この記事のURLをコピーする