犬はりんごを食べていいの?りんごジュースやリンゴ酢は大丈夫?

「りんごって犬に与えても大丈夫そうじゃない?」そんな声がよく聞こえてきます。

確かにりんごは、犬にとって危険な果物ではありません。しかし犬に何か新しい食べ物を与える時は、必ず効果や注意点などを事前に把握しておく必要があります。

そこで、りんごと犬の関係性や基本的な知識などを詳しくまとめてみました!よく質問にあがるりんごジュースとリンゴ酢についても、詳しく解説しています。

犬にとってりんごは食べても大丈夫な果物!

まず結論から言いますと、りんごは犬が食べても問題のない果物です。

むしろ栄養が豊富なので、おやつとして与えたり手作りレシピの餌に加えておきたい果物としても広く知られています。

しかしそんなりんごも、与えすぎにはやや注意が必要です。まずはりんごを与える際の注意点を知った上で、犬にもたらす効果を見ていききましょう。

犬にりんごを与える際に注意しておきたいこと!

りんごは犬にとって食べていい果物ですが、与える際に人間と同じ感覚で与えてはいけません。そこで、犬にりんごを与える時の注意点をまとめてみました。

りんご、または果物アレルギーがある場合は慎重に!

りんごでアレルギーを起こす犬はほとんどいませんが、稀に果物にアレルギー反応を起こしてしまう犬がいるようです。

症状としては嘔吐、下痢、元気がなくなるなど。万が一、いつもと様子が違うと感じた時はすぐに病院へ連れていきましょう。

りんごに限らずですが、初めての食材を与える時は慎重に、かつ少量を食べさせて様子を見ることが大切です。与えっぱなしは避けるようにして下さい。

りんごの皮を食べさせる時はよく洗う!

りんごの皮にはポリフェノールが豊富に入っているとお伝えしましたが、皮を与える際に注意しておきたいことがあります。

それは、皮に農薬やニスなどが付着している可能性があるため、与える前にちゃんと洗うようにすることです。有機栽培のりんごなら、特にその辺りを心配する必要はありません。

また、りんごの皮は犬にとって消化しにくいと言われています。与える時はそのままではなく、細かく刻んだり、すりおろしたりして与えるようにしましょう。

りんごの種・茎・葉は取り除くこと!

りんごの種・茎・葉は、犬にとって中毒性があります。

これらには「アミグダリン」という物質が含まれており、犬がこれを摂取すると体内で青酸毒が発生して深刻な中毒症状を起こしてしまいます。

しかも、この中毒に対しての解毒剤がありません。もしも中毒を起こしてしまったら、命を落としてしまう危険性があると言われています。

喉に詰まらせない大きさにカット!

人間が食べるような大きさでりんごを与えると、噛み切れずにそのまま喉につまらせてしまう危険性があります。

与える時は必ず粗みじん切りにし、たとえ噛まずに飲み込んでも大丈夫な大きさにしてあげましょう。すりおろしてフードにトッピングする方法もおすすめですよ♪

神様
もしりんごをすりおろして与える時は、すぐに食べてもらうよう促すか、あるいは冷蔵庫で冷やしておくようにすると良いぞ。つまり、茶色に酸化しないよう工夫することが大切じゃ。

肥満傾向の犬には与えすぎない!

りんごはブドウ糖の他に、果糖が多く入っています。意外と糖分が多いので、肥満傾向のあるわんちゃんにへの与えすぎには注意しましょう。

食べ過ぎると下痢や消化不良の原因に!

先ほどもお伝えした通り、りんごは食物繊維が豊富です。そのため食べ過ぎるとお腹が緩くなり、下痢や消化不良の原因となるので注意しましょう。

神様
中型犬なら、1日に約20gのりんごは大丈夫だそうじゃ。小型犬の場合は、その半分くらいの約10gにとどめておこう。

【りんごの栄養素】どんな効果が期待できるの?

それでは次に、りんごの栄養素と期待できる効果について説明していきたいと思います。

栄養素については「五訂日本食品標準成分表」を参考にしています。すべて皮つきのりんご100gあたりで計算されています。

肝臓病や便秘にいい「ペクチン」が豊富!

エネルギー 61kcal 灰分 0.2g
水分 83.1g 飽和脂肪酸 0.02g
タンパク質 0.2g 不飽和脂肪酸 0.05g
脂質 0.3g コレステロール 0
炭水化物 16.2g 食物繊維 1.9g

このように見ると、りんごは水分や食物繊維が豊富であることがわかります。とくに水分においては、夏の果物スイカと同レベル!適度な水分補給にはピッタリの果物です。

ペクチン(食物繊維)

りんごには水溶性の食物繊維「ペクチン」が豊富に含まれているため、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を排除する効果が期待できます。なので、便秘気味のわんちゃんにはぜひ与えておきたい果物と言えますね!

また整腸作用以外にも、血液中の毒素やコレステロールを取り除く働きもあります。つまり肝臓での解毒作用に負担がかかりにくくなるため、肝臓をいたわる効果も期待できます。

神様
ただし、消化機能が落ちている時のりんごはおすすめできん。さらにお腹が緩くなり、下痢が悪化する恐れがあるから要注意じゃ。

ビタミンがバランスよく含まれている!

カロテン 27μg ビタミンB6 0.04mg
ビタミンE 0.4mg 葉酸 3μg
ビタミンB1 0.02mg パントテン酸 0.05mg
ビタミンB2 0.01mg ビタミンC 6mg
ナイアシン 0.1mg

りんごはビタミン類が豊富に含まれていることでも有名ですよね!ビタミンCはもちろんのこと、カロテンやビタミンE・B群がバランスよく含まれています。

神様
犬は体内でビタミンCをつくることができるんじゃが、老犬や体調を崩している犬はそれがなかなかできん。なので食事からビタミンCを補う必要があるんじゃ!

腎臓病や高血圧にいい「カリウム」が豊富!

ナトリウム Tr マグネシウム 5mg
カリウム 120mg リン 12mg
カルシウム 4mg 0.1mg

表から見ても分かる通り、りんごにはカリウムが豊富に含まれていることがわかります。ちなみにこれも、スイカに含まれるカリウムとほぼ同等の量です。

カリウム

りんごに含まれるカリウムは、体内の不要な塩分を排出する働きがあります。また利尿作用もあるため、腎臓病や高血圧の予防にも役立つと言われています。

ただし摂り過ぎると高カリウム症のリスクが高まるため、他の餌に含まれるカリウムの量を確認しながら与えるようにしましょう。

ちなみに成犬は、約132mg x 体重(kg)が一日の目安量となっています。

「ポリフェノール」や「酸味」にも注目!

ビタミンやミネラル以外にも、りんごには以下のような栄養素や働きがあります。

ポリフェノール

りんごの「皮」にはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールにはすぐれた抗酸化作用があるため、適度に摂ることで活性酸素による体へのダメージを予防。よって、老化防止や病気を予防する効果があると言われています。

また最近になって、りんごのポリフェノールには筋肉を強化する働きや、心臓病のリスクを下げる働きがあることも発見されたようですよ!

神様
このポリフェノールは酸化しやすいから、犬に与える時はできるだけ金属でできていない容器を使用すると良いぞ。

りんごの酸味

実はりんごの酸味も、体にいい影響を与えてくれます。

そもそもりんごの酸味の元は、有機酸の「リンゴ酸」「クエン酸」。これらが体内にたまった乳酸を取り除いてくれるため、疲れにくい体づくりをサポートしてくれるのです。

犬って疲れなさそうに見えますが、実は意外と疲労がたまる生き物なんですよ。しかも疲れが溜まり過ぎると免疫力が落ちるため、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。

またりんごの有機酸は、腎臓や泌尿器系の疾患の予防にも効果があると言われています。とくに「シュウ酸カルシウム結石」の予防にいいそうですよ。

シュウ酸カルシウム結石とは、尿中のカルシウムが結石になってしまう疾患のこと。強い痛みを伴い、尿が出にくくなる、膀胱が傷つくなどの症状が特徴です。

りんごジュースやりんご酢は与えても大丈夫なの?

犬にりんごを与えても大丈夫となると、ついついお試し感覚で与えたくなるのが「りんごジュース」「りんご酢」です。

これらは生のりんごとはまた違った成分や効果があるため、与える前に必ず中毒性のあるものは入ってないか?犬が飲んでも問題ないか?を確認しましょう。

そこで、簡単にそれぞれの特性と犬との関係性をまとめてみました!

りんごジュースは種類によって大丈夫!

りんごジュースには生のりんごほど食物繊維が含まれていません。その代わりカテキンが豊富に含まれています。犬にとっては害のない成分なので、適度に与えても大丈夫です。

  • カテキンには優れた抗酸化作用があり、さまざまな病気や老化を予防してくれます。

ところが、すべてのりんごジュースが犬にとって大丈夫なわけではありません。

たとえば「果汁50%」「濃縮還元」などと書かれたりんごジュース。これには砂糖などの甘味料が大量に入っているので、犬に与える飲み物としてふさわしいものではありません。

一方で「ストレート」などと言われているりんごジュースは、絞り出したりんごの果汁をそのまま使用しています。つまり犬が飲んでもとくに問題はないため、与えるならストレートのりんごジュース、あるいは手作りのものを飲ませるようにしましょう。

ただし人間向けの保存料などが入っている場合は、避けるようにして下さい。

りんご酢は飲むよりも活用するのがおすすめ!

健康にいいと言われるりんご酢ですが、犬が口にしても問題はありません。

しかし積極的に飲ませるものではないため、犬に与える時は飲み水にティースプーン1杯分くらいを混ぜて飲ませるようにしましょう。決して原液では与えないことです。

それと、慢性酵母菌感染症(カンジダ)や腸に何かしらの病気を持っている犬には、たとえ薄めたりんご酢でも与えないようにして下さい。症状が悪化する恐れがあります。

このように、りんご酢は意図的に犬に飲ませるものではないことが分かりますよね。その代わり、犬の表面的なケアに役立つのでぜひ活用してみましょう!

ノミ除けスプレー

りんご酢を使ってノミ除けスプレーを作ることができます。犬の全身に使ってもいいし、カーペットや犬のベッドにスプレーをしても効果的ですよ。

ただし犬に使用するときは、傷口に触れないよう注意して下さい。

つくり方

りんご酢5:水5の割合で混ぜ、スプレーボトルなどに入れて使用する。

シャンプー後のリンス

いつものシャンプーのあとに、リンゴ酢をリンスとして使用することができます。この時、最後に洗い流さず、そのままタオルドライして乾かすことがコツです。

使用する際は、犬の目に入らないよう十分に気をつけて下さい。

つくり方

水1リットルに対し、大さじ2杯のりんご酢を入れて混ぜる。

まとめ

りんごは犬の体に悪影響を与える成分は入っていません。ただむやみに何でもかんでも与えるのはよくないので、必ず注意事項を把握した上で与えるようにしましょう。

上手に活用すれば、りんごで適度な水分補給やビタミン補給ができます。食欲が落ちてそれでも何かを食べてもらいたいとき、少量のりんごを与えてみるのもひとつの方法です。

犬の体調やドッグフードとのバランスを図りながら、おやつとして時々与えてみてはいかがでしょうか。

この記事のURLをコピーする