犬がチョコレートを食べたら本当に危険なの?致死量などを徹底解説!

毎年バレンタインデーが近づくと「愛犬にもチョコレートをあ~げよっ♡」とウキウキする飼い主さんが少なからずいるものです。

でも、チョコレートは犬にとって中毒性のある食べ物ってご存知ですか?玉ねぎと並ぶくらい危険な食べ物として知られているので、むやみに犬へ与えてはいけません!

ところが、チョコレートで必ずしも中毒が起きるとわけではないようなんです…。そこで、チョコレートが犬に対してどのような悪影響を及ぼすのかを詳しくまとめてみました。

チョコレートが犬にとって危険な理由

なぜ犬がチョコレートを食べて中毒を起こすのか?というと、チョコレートに含まれている「テオブロミン」という物質を分解する能力が低いからです。

テオブロミンとは?

テオブロミンとは、チョコレートやココア、コーラなどに含まれるアルカロイドの1種。カフェインと同等の働きがあり、利尿作用、覚醒作用、緊張緩和、血管拡張作用、中枢神経への刺激などの効果があります。

私たち人間は、チョコレートに含まれている程度のテオブロミンなら体内でうまく分解することができます。

しかし犬の場合はうまく分解することができないため、人間が食べる感覚でチョコレートを摂取すると中毒症状を起こす恐れがあるのです。

とは言っても、チョコレートすべてがダメという訳ではありません。チョコレートの種類によっては中毒症状の心配がないものもありますし、その逆で危険度が高いものもあります。

つまり、チョコレートを食べたから必ず中毒症状を起こすのではなく、テオブロミンが含まれているチョコレートを食べるから中毒症状の危険性が高まるということなのです。

こんな種類のチョコレートには要注意!

テオブロミンは、苦味が強いチョコレートほど多く含まれています。

言い換えれば、子供が食べるような駄菓子系のチョコレートには含まれておらず、大人が食べるような本格的なチョコレートに多く含まれている特徴があります。たとえば、

  • ビターチョコレート
  • カカオ〇〇%のチョコレート
  • 高級チョコレート
  • チョコレートパウダー
  • チョコレートシロップ
  • ココア

などは犬にとって危険な種類ですね。これらはカカオの量が多いので、それだけテオブロミンが多く含まれています。犬によっては少量を口にしただけでも中毒症状が起きるでしょう。

要するに、カカオの含有量が多いものほど気をつけた方がいいということです。

それに対して、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートはカカオの含有量が圧倒的に少ないので、犬がたとえ口にしてしまっても問題のない場合が多いと言われています。

犬にとって中毒症状が出る量と致死量は?

一般的には、チョコレートを一口食べただけでは中毒にならないと言わています。なぜなら少量であればテオブロミンが自然に排出されるため、それほど危険な量ではないからです。

じゃあ、犬にとってどのくらいのテオブロミンを摂取すると危険なのか?というと、

  • 中毒症状:体重1kgあたり90〜100mg
  • 致死量:体重1kgあたり100~200mg

だと言われています。ちなみに各チョコレートのテオブロミン量は以下の通りです。

  • ホワイトチョコレート:100gあたり3.7mg
  • ミルクチョコレート:100gあたり215mg
  • ダークチョコレート:100gあたり504mg

でもこれだけを見てピンとくる人は少ないと思うので、それぞれのチョコレートをどのくらい食べたら中毒症状が出てしまうのか?を表にまとめてみました。

中毒症状が出る量について

ホワイトチョコ ミルクチョコ ダークチョコ
体重5kgの犬 11,351g 209g 83g
体重15kgの犬 36,486g 627g 357g
体重20kgの犬 48,648g 103g 837g

これを見てすぐに分かるのは、ホワイトチョコレートで中毒になるのは非現実的ということです。実際に、ホワイトチョコレートでの中毒や死亡例は報告されていませんし、これだけの量を食べること自体あり得ません。

それに比べ、ミルクチョコレートはやや危険、ダークチョコレートはかなり危険であることが分かります。ミルクチョコレートも過剰に食べればの話ではありますが、溶かしたチョコならペロリと平らげてしまうこともあるので注意が必要です。

それと、子犬や老犬、肝臓や腎臓などの内臓に問題がある場合、少量のテオブロミンで中毒症状が出ることもあるため気をつけましょう。ひどい時は急性膵炎を引き起こすこともあります。

神様
ここで記した量はあくまでも目安量であって、犬種や個体差、チョコレートのメーカーによっても大幅に変わるので注意が必要じゃぞ。どんなチョコであれ、ちょっとの量でも中毒が起きる場合もある。あまり情報だけに頼ら切らないことも大切じゃぞ!

致死量について

致死量については、各量(上の表を参照)を5倍にした量が致死量の目安だと言われています。これもかなり非現実的なので、よほどのことがない限りあり得ません。

たとえば体重5kgの小型犬の場合、ダークチョコレートを約400g食べたら死に至る危険性があるということになります。

犬がチョコレート中毒を起こした時の症状

次に、犬がチョコレート中毒を起こした時の症状を見ておきましょう。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 痙攣・てんかん発作
  • 興奮
  • 頻尿
  • 尿失禁
  • 脱水症状
  • 発熱
  • あえぎ
  • 呼吸困難
  • 不整脈など

症状の出方には個体差があり、必ずしもここに記された症状が出るとは限りません。中には元気な犬も実際にいますから、あくまでも報告されている症状として参考にして下さい。

ただしテオブロミンそのものが大脳を刺激する作用を持つため、軽い興奮状態に陥る犬は多いようです。あとは、初期症状である嘔吐や下痢を見せる犬も多いですね。

そして症状が悪化すると、呼吸困難や痙攣、さらには心拍数の低下なども見られるようになります。こうなると死に至ることもあるため、非常に危険な状態に陥っていると言えます。

中毒症状が現れるまでの時間は?

チョコレートを食べてすぐに嘔吐する犬もいますが、多くの場合は食べてから6~12時間後に中毒症状が出ると言われています(ただし個体差があります)。

最初に見られる症状としては、軽い興奮状態、嘔吐、下痢が多いようです。重症の場合は6~24時間以内に死に至ることもあるため、量に関わらずチョコレートを食べてしまった時は必ず動物病院へ連絡をして指示をもらいましょう。

神様
テオブロミンはカフェインよりも吸収が緩やかという特徴を持つ。だからもし中毒症状が出るとしたら、チョコレートを食べた数時間後の場合が多いと言われておるぞ!

チョコレートケーキやチョコクッキーも意外と危険!

犬にとって危険なチョコは、板チョコや高級チョコばかりではありません。

基本的にカカオ入りのチョコレートが使われている食べ物であれば、犬にとってはどれも注意が必要な食べ物になります。たとえば、

  • チョコレートケーキ
  • チョコクッキー
  • チョコパン
  • チョコアイス

などですね。これらは意外にも大量のチョコレートが使われていたりするので、そのまま食べるよりもテオブロミンを多く摂取してしまうことが考えられます。

それに、テオブロミン以外にも砂糖や小麦粉、人工添加物などもたくさん使われていますよね。そこを踏まえると、敢えて犬に食べさせるものではないことが分かります。

犬がチョコレートを食べてしまった時の対処法

もしも愛犬が大量のチョコレートを食べてしまったら、私たち飼い主はどうすればいいのでしょうか?

そこで、獣医さんも推薦する基本的な対処法を紹介したいと思います。ただしこれはあくまでも応急処置なので、緊急度が高い場合はすぐに動物病院へ連絡しましょう。

吐かせる方法がもっとも有効的!

犬の場合はテオブロミンの代謝速度が遅いため、チョコレートを食べて3時間以内であれば吐き出させる方法で対処します。

その時に手を突っ込んで吐かせるのではなく、オキシドールを用いて吐き出させることをおすすめします。この方法は何か誤飲誤食した時にも有効ですよ。

オキシドールを使って吐かせる方法
  1. 3%溶液のオキシドール(体重5kgに対して1ml)をぬるま湯で薄める。
  2. 薄めたオキシドールを、ティースプーン1~2杯飲ませる。
  3. 吐くまで2番を3回ほど繰り返す。

もしもチョコレートを食べて3時間以上が経過している場合、すでに腸までたどり着いている可能性があります。そうなると催吐してもチョコレートを吐き出すことが困難なため、速やかに動物病院へ連れていきましょう。

また、ミルクチョコレートのような中毒性が低いものを一口食べてしまった場合、このような場合は命に関わる可能性が低いので無理に吐かせる必要はありません。

むしろ、自己流で吐かせる方がよっぽど愛犬に負担をかけてしまいます。明らかに危険なものを口にした時や、大量に食べてしまった時などに実行するようにして下さい。

また初めて犬を吐かせる人、吐かせることに不安な人は、必ず動物病院へ連絡してから判断するようにましょう。そして獣医さんの指示に従うようにして下さい。

神様
よく「塩水で吐かせる」といった方法を推薦している人もおるが、塩を大量に飲み込むことによる塩中毒の恐れがあるからおすすめせんぞ。

犬がチョコレートを食べてしまった時の治療法

犬が明らかに危険な量のチョコレートを食べてしまった時、あるいはチョコレートを食べて3時間以上が経過している場合は、動物病院にて治療が行われます。

一般的に行われる治療法
  • 温水を用いた胃の洗浄
  • 活性炭と塩類下剤の投与
  • 酸素吸入
  • 静脈の確保
  • 心電図など

状況にもよりますが、チョコレート摂取後4~6時間であれば催吐を試み、それでもダメな場合は温水を用いた胃の洗浄が行われるようです。

また、発作や痙攣、呼吸困難、心拍数の低下など他の症状が見られる場合は、まず先にそれに合った治療法が行われます。

病院へ行く際に確認するべきこと

愛犬がチョコレートを大量に食べてしまったら、飼い主さんはまず冷静になりましょう。そして病院へ行くのであれば、以下の情報を獣医さんに伝えられるように準備しておきます。

  • 食べたチョコレートの種類や名称(あれば持参)
  • いつ食べたのか?
  • どのくらいの量を食べたのか?
  • 嘔吐していたら嘔吐物を持参

これらは検査を受ける際の重要な資料となります。あるないでは検査方法も変わってきますから、できるだけ最低限の情報を持っていけるようにしておきましょう。

まとめ

「犬にとってチョコレートは危険」とだけ聞くと、すべてのチョコレートがダメなんだと誰もが思いますよね。でもよくよく調べてみると、チョコレートの種類によってはさほど危険性はないということが分かります。

意図的にチョコレートを食べさせる人はまずいないと思いますが、もしも愛犬に食べさせてみようと思っている人がいるのなら…私はおすすめしませんね。

だってチョコレートには糖分たっぷりですし、犬が食べたところで何のメリットがあるのでしょうか?それを考えたら、むやみに与えるものではないことが分かるはずです。

中毒の心配をするよりも前に、チョコレートが犬にとってプラスになる食べ物ではないと考えた方が早いのかもしれませんね。

この記事のURLをコピーする
最新の記事