135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【致死量は意外と低い!?】犬が玉ねぎで中毒症状を起こす理由と量!

玉ねぎは犬にとって危険な食べ物であり、中毒性も致死量も非常に高い野菜であることはもう有名な話ですよね。

しかし中には「犬が玉ねぎを食べても問題ない」「少量なら大丈夫」といった情報も紛れ込んでいるため、飼い主さんの多くは何が正しくて間違っているのか困惑している状態です。

そこで当サイトは、犬と玉ねぎの関係性についてあらゆる情報を徹底的に調査してみました!その上で分ったことをまとめ、分かりやすく解説していきたいと思います。

犬にとって玉ねぎがダメな理由

玉ねぎが犬にとって中毒性のある食材だということは分かっていても、なぜ危険なのか?までをしっかり把握している飼い主さんは少ないと思います。

そこでまずはじめに、玉ねぎが犬にもたらす作用についてお話しします。

玉ねぎに含まれる「有機チオ硫酸化合物」が原因

「玉ねぎ 犬」とネットで検索すると、玉ねぎに含まれる「アリルプロピルジスルフィド」が犬にとって中毒物質であると多くのサイトで書かれています。

確かにちょっと前までは「アリルプロピルジスルフィド」が原因で中毒症状を起こすと報告されていました。しかし最近になって、本当の中毒物質は「有機チオ硫酸化合物」であることが判明したようです。

有機チオ硫酸化合物とは

タマネギに含まれる成分の一つ。人間に対しては抗がん作用、血栓症予防、免疫力アップなどの効果が期待できますが、犬にとっては有毒となる物質です。

玉ねぎには少なくとも3種類の有機チオ硫酸化合物が含まれており、加熱してもなくなることありません。

犬にとって有機チオ硫酸化合物がなぜ有毒なのか?というと、この物質を消化する酵素を持っていないからです。これは犬だけでなく猫にも同じことが言えます。

しかもこの物質自体が酸化作用を持っているため、体内に入ると赤血球のヘモグロビン(赤い色素)を酸化させ、赤血球内に「ハインツ小体」という病変を作ってしまうのです。

赤血球内にハインツ小体が作られるってどういうこと?

ハインツ小体をもった赤血球は血管の中で破裂しやすくなり、「溶血」を引き起こします。そして溶血が繰り返されると赤血球の数が減るため、最終的に「溶血性貧血」「ハインツ小体性貧血」などを引き起こします。

つまり犬が玉ねぎを食べると、赤血球が破壊されて重症の貧血になる危険性があるということです。しかもひどい時には命を落としてしまうこともあるほど。

また、破裂した赤血球のヘモグロビンがそのまま腎臓へ流れることもあります。すると尿に血が混ざるため、血尿を引き起こす原因ともなります。

「有機チオ硫酸化合物」は何をしても消えない!

実はこの物質、加熱しても消えません。もちろん加工してもです。そのため、玉ねぎが入った料理すべてには必ず有機チオ硫酸化合物が含まれていると考えるようにしましょう。

代表的なもので言えば、

玉ねぎの入った味噌汁、スープ、ハンバーグ、煮物、コロッケ、シチュー、カレー、野菜炒め、牛丼、かき揚げ、お菓子など。

ですね。これらには玉ねぎのエキスや煮汁が含まれているので、敏感な犬は少量口にしただけでも反応を起こす恐れがあるため注意が必要です。

「生じゃないから大丈夫!」という保証はどこにもないから気をつけるんじゃぞ。

「有機チオ硫酸化合物」が含まれている野菜

有機チオ硫酸化合物は、玉ねぎ以外のヒガンバナ科ネギ属の植物にも含まれています。

身近なもので言えば、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウ、ワケギなど。

それぞれ毒性成分の含有量が違うため、危険度は異なります。しかし含まれていることに違いはないので、わざわざ食べさせる必要はないと言えるでしょう。

犬が玉ねぎを食べてしまった時の中毒症状

犬が玉ねぎを食べてしまった時の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

貧血、黄疸、元気がない、食欲不振、下痢、嘔吐、痙攣、震え、頻脈、血尿、血便、吐血、呼吸困難など。

これらは実際に報告されている症状なのですが、実はすべての犬にこのような中毒症状が現れるわけではありません。

玉ねぎを食べてケロッとしている子もいれば、ペロッと舐めただけで深刻な中毒症状を起こす子もいます。つまり、症状の出方は個体差によってバラバラだということです。

ただ一つだけ分かっていることは、肝臓や腎臓が弱っている犬、柴犬、秋田犬は他の犬よりも中毒症状が出やすい傾向にあることです。※柴犬と秋田犬については後述で解説しています。

中毒症状があらわれるまでの時間

玉ねぎを食べたからといって、すぐに中毒症状が現れるわけではありません。

これも個体差があるのではっきりとは断言できませんが、症状が出るまで半日~数日ほどかかることが多いようです。もちろん摂取量によっても異なります。

なので愛犬が玉ねぎを食べてしまった場合は、必ず数日間様子を見るようにしましょう。少しでも様子がおかしいなと感じた時は、すぐに動物病院へ連れて行くようにして下さい。

中毒症状が出た時はどんな治療をするの?

中毒症状が見られた場合、動物病院では血液検査をして数値を確認することが一般的のようです。検査をすれば、赤血球が破壊されているかどうかが判明します。

そして治療については、玉ねぎを摂取したのが1時間以内であれば催吐、2~4時間以内であれば胃の洗浄ビタミンCの点滴などを行います。

ほかにも、利尿剤などを投与して毒素を尿から排出させる方法、貧血が起きているなら輸血するなどの方法もあるようじゃぞ。

致死量はどのくらい?何グラム食べたら危険なの?

犬における玉ねぎの中毒量は、一般的に体重1kgあたり15~20gと言われています。

たとえばうちのモコだったら、体重が14kgなので約210g(約1個分)の玉ねぎを食べたら危険という計算になります。

そして致死量なのですが、これについては明確な量が示されていません。恐らく目安量、あるいはそれ以上を摂取した場合に危険を伴うのではないかと思われます。

というのも、玉ねぎを食べて死亡したという例がほとんどないからです。そもそも半分~1個の玉ねぎを食べること自体、犬にとっては珍しいことですからね。

しかしこれはあくまでも目安量なので、あまり当てにしない方が賢明かもしれません。なぜなら、犬によっては微量でも危険な場合があるからです。

実際、どのくらいの玉ねぎを食べたらダメなのか?というのは今でも謎のベールに包まれています。だから現時点では「〇g食べたらダメ」という根拠たるものが存在しません。

たぶんこれが「玉ねぎが危険は嘘」とか「デマ」と言われる原因となっているのかもしれませんね。

とは言うものの、犬にとって中毒性のあるものを進んで食べさせるのは好ましくないぞ。人間で言えば、お酒をガンガン飲みなさいと言われているようなものじゃ。

玉ねぎを食べてしまった時の応急処置

よく「塩水を飲ませて吐かせて下さい」と推薦している人を見かけますが、現在はその方法は推奨されていません。なぜなら、大量の塩分摂取による塩中毒の危険性が伴うからです。

自宅でできる応急処置としては、消毒などに使われる「オキシドール」で吐かせる方法が有効的で安全です。

オキシドールを使った応急処置

薬局などで手に入るオキシドール(3%溶液)を水で2倍に薄め、ティースプーン1~2杯分を口に入れて飲ませる。吐くまで3回ほどこれを続ける。

ただし胃が弱っている時、玉ねぎを食べてから1時間以上が経過している時にこの方法はおすすめしません。この場合は、速やかに動物病院へ連れて行きましょう。

とくに柴犬と秋田犬は玉ねぎ中毒に注意!

どんな犬においても注意は必要ですが、中でも柴犬と秋田犬は玉ねぎ中毒を発症しやすい犬種だと言われています。

これは、遺伝的に「高カリウム赤血球」を持っていることが理由になります。つまり「有機チオ硫酸化合物」に対する感受性が高いということ。

もしも柴犬と秋田犬が玉ねぎ中毒を発症した場合、高カリウム血症を引き起こして命を落とす危険性が高まるので十分に注意しましょう。

まとめ

玉ねぎと犬の関係性については本当にたくさんの賛否両論が出ているため、何が正しくて間違っているのかを証明するのは現時点で極めて難しいです。

ちなみに私は、中毒性のあるものは絶対に食べさせないようにしています。だって「ダメかもしれない」と言われているものを、わざわざ大切な家族に与えることなんでできません。

よく「うちの犬は大丈夫だったのよ~だから玉ねぎは大丈夫!」というブログも時々見かけますが、他のすべての犬が大丈夫とは限らないので注意して下さいね。「私はワイン1本飲んでも大丈夫なんだから、あなたも大丈夫よ~。」と言っているようなものです。

情報が錯乱しているうちは安易に与えないようにし、愛犬の健康と大切な命を守りましょう。

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る