【量やアレルギーに要注意⁉】梨は犬が食べても大丈夫か徹底検証!

水々しくてシャリっとした梨は本当においしいですよね!犬に食べさせてあげたい果物としても人気の梨ですが、果たしてふつうに犬へ与えても大丈夫なのでしょうか?

そこで、梨が犬に与える効果などを踏まえながら、食べさせる際の注意点や与え方についてを詳しくまとめてみました!梨を与える前にぜひ参考にしていただけたらと思います。

梨は犬が食べても大丈夫な果物!

梨は犬が食べても問題のない果物です。我が家のモコも梨が大好きなので、秋になると適切な量を食べさせています(上の写真がまさにその瞬間)。

梨にはリンゴ酸、クエン酸、カリウム、ビタミン、アスパラギン酸などの栄養素が含まれているほか、90%が水分でできているので水分補給にも効果的です。

ただし与えすぎには注意が必要な果物でもあるので、次に紹介する注意点を必ず抑えるようにしましょう。

犬に梨を与える際に注意しておきたいこと!

梨を犬に与える時は、人間が食べる感覚で与えてはいけません。そこで犬に与える際の注意点についてまとめてみました。

1日に食べてもいい量は20g程度

とくに健康を害する成分が入ってないからとはいえ、必要以上に梨を与えると犬の消化に負担をかける恐れがあります。

その理由は、梨に「石細胞」という成分が含まれているから。この石細胞は梨の実に多く含まれており、梨独特のあのシャリシャリとした食感を生み出しています。

適度に食べると便通を良くする効果を得られますが、胃腸で消化されない成分なので過剰に摂りすぎると下痢を引き起こすこともあります。

そのため、犬が1日に食べてもいい梨の量は20g程度に留めておきましょう。

神様
ただし犬の大きさによっても量が変わるから、1日の食事量の10%程度を目安にすると良いぞ。100gの食事なら10g程度の梨といった感じにな。

梨アレルギーの犬もいるので要注意!

ほんと稀にですが、梨にアレルギー反応を起こす犬がいます。その時の症状としては、嘔吐、下痢、目の充血、体のかゆみ、湿疹などが挙げられます。

これは梨に限らずですが、はじめての食材を犬に与える際は必ず少量を食べさせて数時間様子を見るようにして下さい。異変を感じた場合はすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

未熟な梨は危険なので食べさせないこと!

スーパーや市場で買うような梨はすでに熟しているので大丈夫ですが、梨狩りなどで手に入れたような梨は未成熟の場合もあります。

犬にとって未成熟の梨は大変危険なので、必ず熟している梨を与えるようにしましょう。

なぜかというと、未成熟の梨には「アミグダリン」と呼ばれる青酸配糖体が含まれているからです。これが体内で分解されると、青酸毒が発生して中毒を起こすこともあります。

梨の皮・種・芯は消化されないので取り除く

梨の皮・種・芯は消化されにくいため、犬に与える際は必ず取り除くようにしましょう。

とくに、種にも「アミグダリン」が含まれているので注意が必要です。

消化しやすいように細かくカットする

梨そのものが犬にとっては消化されにくい果物なので、細かくカットしたりすりおろして与えるようにしましょう。

間違ってもゴロっと与えないようにだけ気をつけて下さい。消化できないうんぬんより、喉に詰まらせる危険性があります。

【梨の栄養素】どんな効果が期待できるの?

それでは次に、梨の栄養素と期待できる効果から解説していきたいと思います。

栄養素については「五訂日本食品標準成分表」を参考にしています。すべて100gあたりで計算されています。

全体の90%が水分!

エネルギー 43kcal 灰分 0.3g
水分 88g 飽和脂肪酸
タンパク質 0.3g 不飽和脂肪酸
脂質 0.1g コレステロール 0
炭水化物 11.3g 食物繊維 0.9g

ご覧の通り、梨は約90%もの水分が含まれています。ちなみにスイカリンゴにもこれくらいの水分が含まれています。

塩分や老廃物を排出する「カリウム」が豊富!

カロテン ビタミンB6 0.02mg
ビタミンE 0.1mg 葉酸 6μg
ビタミンB1 0.02mg パントテン酸 0.14mg
ビタミンB2 Tr ビタミンC 3mg
ナイアシン 0.2mg
ナトリウム Tr マグネシウム 5mg
カリウム 140mg リン 11mg
カルシウム 2mg

梨にはビタミン類が多く含まれていないため、ビタミン補給としての役割はあまり期待できません。

その代わりカリウムが豊富に含まれているのが最大の特徴!その含有量はスイカとリンゴよりも多めになります。

カリウム

カリウムには利尿作用があり、体内にある余分な塩分や老廃物を外に排出する働きがあります。そのため、高血圧や腎臓病の予防にもいいと言われています。

神様
ただしカリウムは熱に弱いのが欠点じゃ。食べる時は加熱せず、そのまま食べることをおすすめするぞ。

消化を促す「プロテアーゼ」が含まれている

梨には、タンパク質を分解する消化酵素「プロテアーゼ」が含まれています。

このプロテアーゼは消化の手助けをする働きがあるため、食後に消化不良を起こしやすい犬にとってはうれしい効果が期待できます。

ただし劇的な効果は望めないので、あくまでも補助として活用するようにしましょう。

「アスパラギン酸」が疲労回復をサポート

梨には、アミノ酸の1つである「アスパラギン酸」が含まれています。ちなみにその含有量は、100gあたり140mgほど。

アスパラギン酸にはタンパク質の合成を助ける働きがあるほか、疲労回復をサポートする働きがあります。

乳酸を排除してくれる「リンゴ酸」と「クエン酸」

梨もリンゴ同様「リンゴ酸」「クエン酸」が含まれています。

これらは体に溜まった乳酸を排除してくれる働きがあるため、夏バテ対策疲労回復の心強い味方になってくれます。

まとめ

こうやってみると、犬が梨を食べることに何か大きなメリットがあるわけではないんですよね。とりえず水分補給になるということが、唯一際立ったメリットと言えます。

愛犬が梨を食べたそうに見ていたら、決められた量を守って与えてみてはいかがでしょうか?とくに残暑が残る秋口には、犬にとっていい夏バテ対策になるかもしれません。

この記事のURLをコピーする