135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬へのヨーグルトはNG⁉下痢やアレルギー、安全な量などを徹底検証!

「犬はヨーグルトを食べるといいんだって!」最近こんな話題があちらこちらで飛び交っていますね。

ヨーグルトは犬にとって比較的相性のいい食べ物ではありますが、正しい知識がないと犬の体調を崩しかねないため注意が必要です。

そこで当サイトでは、ヨーグルトが犬にもたらす効果や与える量、アレルギーの心配などさまざまな疑問に着目してみました!気になるアレコレをたっぷり解説していきたいと思います!

そもそも犬はヨーグルトを食べても大丈夫?

犬にヨーグルトがいいとは言え、そもそも食べさせて大丈夫なの?と気になりますよね…。だって、犬には人間用の牛乳を飲ませないよう注意が出ているくらいですからね。

ズバリ結論を言いますと、犬は人間用のヨーグルトを食べても大丈夫です!

その理由は、ヨーグルトに含まれる「乳糖(ラクトース)」が牛乳よりも少ないから。ヨーグルトは発酵する際に乳酸菌が乳糖の一部を分解するため、牛乳よりも乳糖が少なくなります。

ちなみに牛乳には乳糖が多く含まれているため、乳糖を消化する酵素を持たない犬が飲むと下痢の原因になるので注意しましょう。

犬にヨーグルトを与える際の【4つの注意点】

ヨーグルトは犬にとっても健康的な食べ物です。しかしだからと言って、人間と同じような食べ方をすると体調を崩し兼ねないので注意が必要です。

愛犬の健康を守るためにも、これからお伝えする注意点を必ず守るようにしましょう。

【注意点1】乳製品のアレルギーがある場合は控える

ヨーグルトも牛乳と同様、乳製品です。なので、もともと牛乳に対してアレルギー反応がある場合は、少量でもヨーグルトを与えるのは控えるようにしましょう。

【注意点2】お腹がゆるくなりやすい犬には控える

またお腹がゆるくなりやすい犬にも、積極的にヨーグルトを食べさせるのは控えた方が賢明です。ほんのわずかな乳糖でも下痢をする場合があるので注意しましょう。

【注意点3】1日に食べてもいい量を守る

人間感覚で犬にも大量のヨーグルトを食べさせると、逆にそれがになることもあります。

犬に食べさせていい量は、1日にティースプーン1~2杯分。体の大きさによっても若干異なるので、以下を参考にしていただけたらと思います。

1日に食べてもいい目安量
  • 小型犬・・・ティースプーン半分~1杯
  • 中型犬・・・ティースプーン1~2杯
  • 大型犬・・・ティースプーン2~3杯

これはあくまでも目安量なので、初めて与える際は必ず少量から様子を見るようにしましょう。食べた直後の様子だけでなく、翌日のうんちの状態も確認しながら量を調整して下さい。

【注意点4】冷えすぎたヨーグルトを与えない

ヨーグルトは冷えていた方がもちろんおいしいのですが、犬にとって冷え冷えのヨーグルトは体を冷やす原因となります。

とくに夏の暑い時期にはヨーグルトを凍らせ、冷凍のまま与える飼い主さんも少なくありません。決してダメなことではありませんが、犬にとっては刺激が強いので注意しましょう。

与える時はできるだけ室温に戻し、それが難しいようなら軽く電子レンジで温めることをおすすめします。

これはすごい!ヨーグルトが犬にもたらす【5つの効果】

それでは次に、ヨーグルトが犬にもたらす効果を見ていきましょう!まず簡単にまとめると、以下の5つの効果が期待できます。

  1. 腸内環境の改善による免疫力UP
  2. うんち全般の改善(下痢、便秘、軟便など)
  3. 酵素による消化機能の改善
  4. 口臭・虫歯・歯石の予防
  5. カルシウムやビタミンの補給

これは人間に対しても同じことが言えるので、飼い主さん自身がヨーグルトを食べながら愛犬にもお裾分けすれば一石二鳥ですね♪

それでは、それぞれの効果をひとつひとつ紹介していきたいと思います。

【効果1】腸内環境の改善による免疫力UP

ヨーグルトの乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えていく、というのはもう周知の事実ですよね。

犬も人間同様、腸に善玉菌と悪玉菌が住みついています。なので、日頃から悪玉菌を増やさないよう何かしら努力をしないと、腸内環境が悪化して便秘下痢に悩まされやすくなります。

そんな犬の腸内環境にもヨーグルトは良い影響を与えるので、決められた用法と用量を守って積極的に食べさせてあげたいものです。

腸内環境が整うと免疫力がUPするから、夏バテや風邪、感染症予防にもおすすめじゃぞ!

【効果2】うんち全般の改善(下痢、便秘、軟便など)

腸内に善玉菌が増えて環境が整うということは、外に排出されるものにも変化があらわれます。とくに、うんちの状態や臭いが改善されているのは目に見て分かるほどです。

しかも下痢、便秘、軟便の改善にも効果が期待できるため、日頃からこれらに悩んでいるのであればヨーグルトを継続してみるのもおすすめです。

【効果3】酵素による消化機能の改善

ヨーグルトは発酵食品なので、いろんな酵素が含まれています。そしてこの酵素には消化を助ける働きがあるため、食べた後に消化不良を起こしやいわんちゃんの消化機能をいたわる効果も期待できます。

【効果4】口臭・虫歯・歯石の予防

これは意外!と思われたかもしれませんが、実はヨーグルトで口臭、虫歯、歯石などを予防する効果が期待できます。

その理由は、腸内環境が整うことで悪玉菌が減って有害物質(臭いの元)がつくられにくくなるからです。すると血液もきれいになるので、次第に口臭などが抑えられるようになります。

さらに虫歯や歯石については、乳酸菌が口内の細菌や雑菌の繁殖を抑える働きがあるからになります。口の中を清潔に保つ効果もあるなんてすごいですよね♪

最近はヨーグルトを使った歯磨きが流行っているらしいのぅ。しかしヨーグルトは酸性なので、やり過ぎると犬の歯をダメにする恐れもあるからあまりおすすめできん。ほどほどにな。

【効果5】カルシウムやビタミンの補給

「ヨーグルト=乳酸菌」というイメージですが、実はタンパク質やカルシウム、それからビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素も豊富なんです。

とくにカルシウムは、乳酸菌と一緒に摂ることで吸収率が大幅にUP!より体内に吸収されやすくなるので、骨折をしやすい犬種にはとくにおすすめです。

またビタミンも、乳酸菌のおかげで牛乳の4倍も多く含まれています。ビタミン不足を感じる時に、ぜひヨーグルトをフードにプラスしてみるといいかもしれませんね!

犬が食べていいヨーグルトの種類はズバリこれ!

さて次に、犬が食べてもいいヨーグルトの種類についてです。

犬に与えるヨーグルトは、必ずノーマルな「無糖タイプ」を選ぶようにしましょう。何か特別な機能が付いているヨーグルトじゃなく、いたってシンプルなものでOKです。

ただし、その中でも2つの注意点があります。

  • 低脂肪や無脂肪のものを選ぶ
  • 添加物が多いヨーグルトは避ける

基本的には低脂肪・無脂肪のものがおすすめですが、とくに体重が気にならないのであれば普通のタイプでも大丈夫です。

あと、できるだけ添加物の量が少ないものは絶対ですね。人間用の添加物が犬に合わないこともしばしばですから、しっかり原材料を確認するようにしましょう。

個人的におすすめなのは「明治ブルガリアヨーグルト」「ナチュレ恵」のプレーンですね。原材料がいたってシンプルなので、安心して与えられます。

犬にとっておすすめの食べ方やレシピについて

それでは最後に、犬にとっておすすめなヨーグルトの食べ方やレシピを紹介していきたいと思います!

ヨーグルトを温める

実は、ヨーグルトを少し温めるだけでも犬にとっては十分なごちそうになります!

やり方はすごく簡単で、電子レンジで1分ほどチンするだけ。こうすることで、ヨーグルトの乳酸菌やカルシウムなどの栄養素が体内に吸収されやすくなるのです。

いつものフードにトッピング

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱いです。なので空腹時のタイミングでヨーグルトを食べさせると、乳酸菌が胃酸でダメになりやすいと言われています。

そこでおすすめなのが、いつものフードにトッピングすること!こうすることで、菌が生きたまま腸にたどり着きやすくなります。

フルーツと混ぜる

ヨーグルトとフルーツを組み合わせることで、酵素による消化不良の改善効果がより期待できます。

ただしフルーツは犬が食べてもいいものに限るので、与えるとしたら「りんご」「バナナ」「梨」などがおすすめです。

まとめ

ヨーグルトは犬にも良い影響を与えてくれますが、いつもの餌で十分栄養が足りている場合は無理にヨーグルトを食べさせる必要はありません。

たとえば下痢、便秘、軟便が続くといった場合や、食欲が落ちて何も食べてくれないという時などにうまく活用するといいかもしれませんね!

うちのモコの場合は手術後から食欲が落ちてしまったので、それから定期的に食べさせています。おかげでうんちも健康的だし、いつものフードも喜んで平らげるので安心の毎日です。

ぜひヨーグルトをうまく活用して、愛犬の健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る