135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【徹底比較】犬の食いつきがいい餌はどれ?おすすめドッグフード5選

「食いつきがいいドッグフードはどれ?」と頭を悩ませていませんか?食いつきが悪いということは、もしかしたらそもそもドッグフードに何か原因があるのかもしれません。

そこで今回は、犬が思わず食いつきたくなるドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、実際に「食いつきがいい!」と評判のドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

【基本】犬の食いつきがいいドッグフードの選び方

まず初めに、犬の食いつきがいいドッグフードの選び方です。食いつきが悪い餌にはそれなりの理由があるので、そういった理由も踏まえながら2つのポイントでまとめてみました!

良質な肉や魚がたっぷり使われている

犬はもともと肉食動物なので、植物性原料よりも肉や魚を好んで食べます。しかもそこに味付けなどは一切不要で、肉や魚の風味さえ良ければ喜んでガツガツと食べるものです。

なのにも関わらず、穀物や低品質な肉類を主原料にしたドッグフードが溢れていますよね。これでは、いくら食いしん坊の犬でも喜んで食べるわけがありません。

「でも、うちの犬はよく食べるよ?」という声が聞こえてきそうですが、それは嗜好性を高めるために油脂香料などがたっぷり振りかけられているからです。

脂が程よくのった良質な肉や魚がたっぷり使われていれば、そのようなものを入れなくても自然と食いつきます。なので、できるだけ原材料の約半分に良質な動物性タンパク質が使われたドッグフードを選んでみましょう。

化学合成物質が無添加である

犬がにおいを嗅ぎ分ける能力は人間のおよそ70倍!匂いを嗅いだだけで、その餌が危険か危険じゃないかを見極めることができると言われています。

とくに野生の感覚が残っている犬ほど、体に毒のある餌やうまく消化できない餌を「まずい餌」と判断して食いつきません。その逆で、体の栄養になる餌や消化しやすい餌は「おいしい餌」と判断して喜んで食いつくそうですよ。

そのため、化学合成物質や変な原料が使われていない安全なドッグフードを選んであげることも大切です。これだで食いつきが変わることも実際にあります。

口コミで評判!食いつきがいいドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで大人気の食いつきがいいドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「無添加(化学合成物質が不使用)」の2つです。なお主原料に関しては、人も食べられるほど良質な肉や魚(ヒューマングレイド)が使われていてものほど評価が高くなります。

商品名 主原料 無添加
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)53%
ロイヤルカナン
米・肉類(鶏、七面鳥)・とうもろこし
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなどの肉類85%
ハロー
チキン正肉・全卵・エン麦
UMAKA
鶏肉・大麦・玄米
ウェルネスコア
骨抜き七面鳥・七面鳥ミール・チキンミール
フィッシュ4ドッグ
サーモン26.39%・ポテト27.157%・エンドウ16.89%
ブッチ
鶏肉80%
ロータス
ダック(鴨)・ダックミール・タピオカ粉
Dr.ケアワン
鶏肉・玄米・大麦
アイムス
肉類(チキンミール、家禽ミール)・とうもろこし・小麦
カナガン
チキン(生肉・乾燥肉)50%以上
ビタワン
穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)
ナチュロル
牛・鶏・馬・魚の生肉55%
グラン・デリ
穀類(パン粉、小麦粉、トウモロコシなど)

口コミで評判の食いつきがいいドッグフード15選を比較して分かったのは、市販でよく見かける安いドッグフードほど何かしら人工的な風味づけがされているということでした。

あとは異様に油っぽいフードもあって、そのような商品に限って油脂がたっぷり使われています。代表的なもので言えば「動物性油脂」「植物性油脂」といった低品質な油脂ですね。

その点、青文字のついたドッグフードは原材料のラインナップも油脂の種類も文句なしです。もちろん危険な化学合成物質も使われていません。

できることならこのようなドッグフードを日常的に食べさせてあげたいということで、ドッグフードの神様視点ではありますが、本当に食いつきがいいドッグフード5選を絞り込んでランキング形式にしてみました!

【決定】犬の食いつきがいいドッグフードおすすめランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「動物性タンパク質の割合」「無添加」「安全性」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、油脂の種類、嗜好性の高さなども評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、チキンとサーモンの旨味がたっぷり詰まったドッグフードです。さらにサツマイモやリンゴなど甘味のある食材もバランスよく使われているため、フードには余計な風味づけが一切されていません。モグワンに切り替えたら残さず食べるようになったという口コミも多数あるほどです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
私も愛犬モコにいろんなドッグフードを試してきましたが、モグワンは本当に食いつきのいいドッグフードだと実感してしています。食べ終わった後にいつまでも口の周りをペロペロしているのもモグワンですね。サーモンの匂いが突出していないところも非常に使いやすいです!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、総量の60%に良質なチキンを使った高タンパクドッグフードです。チキンの旨味がギュッと詰まっているため、袋を開けた瞬間から香ばしい匂いがふわっと漂ってくるほど。チキンが大好きな犬にはもちろん、グルメな犬にもぜひ試してほしいドッグフードと言えます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
カナガンもモグワンと同様、「毎日喜んで餌を食べてくれるようになった」という口コミがとても多いドッグフードです。こちらも実際に愛犬モコに食べてもらっていますが、市販のチキンドッグフードよりも断然食いつきは良いいですね!途中で飽きることがありませんでした。
ブッチ
ブッチの特徴
ブッチは、肉類含有量が最大92%を誇るグルテンフリー&無添加のミートロールフードです。さすがウェットフードとあって嗜好性が非常に高く、好き嫌いが激しい犬や食欲がない犬でも喜んで食べてくれるおすすめの一品です。ドライフードのトッピングにも活用できます。
価格 【初回お試し】3,000円(3本セット)
【通常】1,404円~
【定期】1,263円~
内容量 800g、2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
恐らく、ブッチを食べないという犬はほとんどいないと思います。それくらい嗜好性がとても高いウェットドッグフードです!ドライフードへの食いつきが悪い時にも使えますし、食欲が低下している時でもブッチなら喜んで食べるという口コミも多数存在しています。
ナチュロル
ナチュロルの特徴
ナチュロルは、総量の55%に牛・鶏・馬・魚の生肉を使った国産ドッグフードです。多種の生肉を使っているので嗜好性がとても高く、噛みやすい粒の形状がさらに犬の食欲を増進させてくれます。ちなみに、ナチュロルは国産で唯一、穀物もグルテンも含まないドッグフードです。
価格 【初回お試し】100円(30g)
【通常】3,000円(850g)
【定期】4,980円(850g×2袋)~
内容量 850g
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
食いつきのいい国産ドッグフードをお探しであれば、当サイトはぜひナチュロルをおすすめします!まず香りがすごくいいので、その香りにつられて犬が「早くちょーだい!」と興奮し始めることは間違いないでしょう。一度試すと、市販の国産ドッグフードには戻れなくなるほどです。
UMAKA
UMAKAの特徴
UMAKAは、九州産の華味鳥を100%使用した国産ドッグフードです。さすが新鮮な華味鳥が使われているだけあって、私たち人間が試食しても美味しいと感じるほど旨味がギュッと詰まっています!香りはカツオ節の匂いが強めなので、それもまた犬たちの食いつきがいい理由の1つです。
価格 【初回お試し】1,980円
【通常】4,980円
【定期】4,482円
内容量 1.5kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
やはり良い鶏肉(華味鳥)を使っているUMAKAは、香りも味も他の国産プレミアムドッグフードとは比べ物にならなにほどいいですね!余計な原料も入っていないからこそ、華味鳥の旨味がより引き立っています。鶏肉が大好きな犬にはぜひ試されてみるといいでしょう。

迷ったらコレ!食いつきがいいドッグフードにモグワンをおすすめする理由!

当サイトは実際に数多くのドッグフードを直接見て調査したのですが、なぜその中でもモグワンがいいのでしょうか?その理由をまとめてみました!

モグワンをおすすめする理由
  1. チキンとサーモンの旨味がしっかりと生かされている。
  2. 野菜や果物の甘味が残されている。
  3. 危険な添加物が一切含まれていない。
  4. 油にはサーモンオイルとココナッツオイルが使われている。
  5. 食べやすいドーナッツ型の粒である。
  6. 人も食べれるほど良質な原料のみが使われている。

当サイトが食いつきのいいドッグフードにモグワンをおすすめする理由は、ずばり食材の旨味がしっかりと生かされているからです!

余計な風味付けをしなくてもこんなに旨みが深いのは、それだけ素材の選び方や調理の仕方にもこだわりがあるからでしょう。また、原材料の約半分に良質なチキンとサーモンが使われていることも食いつきがいい理由の1つです。

これはペットフードに限らずですが、やはり新鮮な素材をフルに生かした食べ物は何でも美味しいです。味付けをしなくても、素材本来の旨味だけで十分に美味しさを感じられます。

だからもしあなたの愛犬がドッグフードになかなか食いつかない場合、まずはドッグフードのクオリティを見直してみましょう。モグワンのようなドッグフードを選ぶだけで、愛犬の食いつきがグッと良くなることもありますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

【知らないと怖い!】食いつきがいいドッグフードに隠れたワナ!

純粋にお肉や魚がたっぷり使われたドッグフードなら、犬の食いつきがいいのも分かります。

しかし、犬が好んで食べないような食材(穀物や粗悪な肉類、副産物など)をたっぷり使ったドッグフードなのに食いつきがいいって…よくよく考えたら怖いと思いませんか?

実はこのようなドッグフード(いわゆる粗悪なドッグフード)ほど、嗜好性を高めるための原料や油脂が敢えて使われています。つまり素材の質が悪いから、食欲をそそる原料を添加して風味を誤魔化しているということなのです。

とくに、以下の原料が含まれていたら要注意です。

  • 動物性油脂
  • 獣脂
  • 家禽油脂
  • 調味料
  • 砂糖
  • 〇〇フレーバー
  • 香料

基本的に、これらの原料は犬にとって必要ではありません。ドライフードである以上「油」は必要ですが、本当に犬のことを考えているメーカーなら「動物性油脂」「獣脂」「家禽油脂」といった粗悪な油は使わないです。

あなたがいつも与えているドッグフードは本当に安全ですか?添加物で誤魔化されていませんか?今一度、原材料をしっかり確認されることをおすすめします。

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る