135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬の食いつきがいい餌はどれ?嗜好性の高い安全なドッグフード5選!

犬の食いつきがいいドッグフード選びは本当に難しいものです。すべての犬が同じドッグフードを好むわけではありませんし、犬によって好き嫌いが分かれるので特定のドッグフードばかりをおすすめすることはできません。

ただ、気をつけておきたいのは、嗜好性を高めるために余計な添加物や原料を混ぜたり吹きかけたりしているドッグフードはできるだけ避けておきたいということ。

その点も踏まえながら、今回は嗜好性の高い安全なドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、犬の管理栄養士である私が実際に食いつきがいいと感じた安全なドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います。

【基本】犬の食いつきがいい安全なドッグフードの選び方

まず初めに、嗜好性の高い安全なドッグフードの選び方です。食いつきが悪い餌にはそれなりの理由があるので、そういった理由も踏まえながら3つのポイントでまとめてみました。

良質な動物性タンパク質が使われている

犬はもともと肉食動物です。植物性原料よりも肉や魚を好んで食べる生き物であるため、良質な肉や魚が丁寧に調理されたドッグフードであれば食いつきはほぼ間違いなく良いです。

実際に私はこれまでたくさんのドッグフードに触れて、そして愛犬モコや友人・知人の犬のドッグフードに対する反応を間近で見てきたからこそ分かる話でもあります。

ところが、栄養学的な話にかこつけて穀物や低品質な肉類を主原料にしたドッグフードが多く販売されていますよね。犬は穀物や低品質な肉も食べることは食べますが、そのようなドッグフードを喜んで毎日食べ続けるでしょうか?

先ほどもお伝えしたように、良質な肉や魚が丁寧に調理されたドッグフードであれば大抵の犬は喜んで食べてくれます。主原料、もしくは原材料の50%以上に良質な動物性タンパク質を使ったドッグフードを選ばれてみるといいでしょう。

良質な脂肪が含まれている

犬の嗜好性に影響を及ぼすのは、食物中に含まれる脂肪のタイプと量です。犬は主にタンパク質の量で嗜好性を決めているため、人間のように砂糖や塩などの「甘い」「しょっぱい」で美味しさを決めていません。

とくに、肉や魚などのタンパク質に含まれる脂肪は食物になめらかな舌触りと芳香を与え、動物の食事に対する嗜好性を高めてくれる重要な役割を果たしています。

ただし、「動物性油脂」「家禽脂肪」「獣脂」など素材が曖昧な油脂が使われていたら注意しましょう。

これらはレンダリング(廃肉処理)の過程で抽出された可能性が極めて高い油脂で、非常に酸化しやすいことから強力な酸化防止剤が使われている傾向にあります。

このような油脂はいくら嗜好性が高くても、品質上好ましくありません。「サーモンオイル」「鶏脂」といったように、油脂名が明確なドッグフードを選ぶようにしましょう。

香料や調味料などが無添加である

ドッグフードの嗜好性を高めるために、香料、酸味料、調味料、甘味料などの嗜好性増進添加物を配合しているドッグフードがあります。

犬が好む味や匂いに近づけるためと言えば仕方のないことかもしれませんが、本当に良い素材を丁寧に調理したドッグフードであれば本来このような添加物は必要ありません。

なぜなら、素材が本来持つ良質な脂肪や風味がきちんと生かされているからです。それができていないドッグフードには、先ほど挙げた油脂や上記のような添加物が使われます。

犬の体へのやさしさを考えたら、できるだけ素材の旨味と風味が生かされたドッグフードを選ぶべきでしょう。香料などの添加物が入っていないかなどを確認するだけではなく、素材の品質や製造過程などもチェックすることが大事です。

犬の食いつきがいいと評判のドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで食いつきがいいと人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました。

比較する項目は以下の3つです。

  • 主要タンパク源(肉や魚の配合比率が不明な場合は主原料のみを記載)
  • 使われている油脂
  • 無添加(ビタミンとミネラルを除く化学合成物質が無添加という意味)

なお、人も食べられる良質な原料(ヒューマングレード)が使われていてるものは主要タンパク源を青文字で示しています。

商品名 主要タンパク源 油脂 無添加
アイムス
肉類(チキンミール・家禽ミール)・とうもろこし・小麦 動物性油脂・ひまわり油
ウェルネスコア
骨抜き七面鳥・七面鳥ミール・チキンミール 鶏脂・サーモン油
UMAKA
鶏肉・大麦・玄米
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなどの肉類85%
カナガン
肉類60%(骨抜きチキン生肉26%・乾燥チキン25%・鶏脂3.1%・乾燥全卵3.1%・チキングレイビー1.6%・サーモンオイル1.2%) 鶏脂・サーモンオイル
グラン・デリ
穀類(パン粉・小麦粉・トウモロコシ) 動物性油脂
シュプレモ
チキン(肉)・チキンミール・玄米 鶏脂・ひまわり油
Dr.ケアワン
鶏肉・玄米・大麦
ナチュロル
生肉55%(牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉) ひまわり油
ハロー
チキン正肉・全卵・エン麦 鶏脂・サーモンオイル・油脂
ビタワン
穀類(トウモロコシ・脱脂米糠・コーングルテンフィード・小麦ふすま) 油脂類(動物性油脂・γ-リノレン酸)
フィッシュ4ドッグ
サーモン26.39%・ポテト27.157%・サーモンミール11.94% サーモンオイル・サンフラワーオイル
ブッチ
チキン(生)80% 魚油
モグワン
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%・生サーモン11%・乾燥チキン11%・乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%) サーモンオイル・ココナッツオイル
ロータス
ダック(鴨)・ダックミール・タピオカ粉 大豆オイル・オリーブオイル・サーモンオイル

口コミで評判の食いつきがいいドッグフード15選を比較して分かったのは、市販でよく見かける安いドッグフードほど何かしら人工的な風味づけがされているということでした。

また、そのようなドッグフードほど動物性油脂や好ましくない添加物が使われています。脂肪は糖質やタンパク質よりも効率良くエネルギーを供給できる栄養素で、嗜好性を高める役割もありますが、このような油脂だけはなるべく避けておきたいですね。

その点、青文字のついたドッグフードは原材料のラインナップも品質も良好です。公式サイトなどを確認したところ、素材や製造工程などについてもきちんと情報が開示されているものがほとんどでした。

そこで次に、この比較表を基にしてさらに評価項目を増やし、ドッグフードの神様目線で嗜好性の高い安全なドッグフード5つを厳選してランキング形式にしてみました!

【決定】犬の食いつきがいい安全なドッグフードおすすめランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「動物性タンパク質の割合の品質」「脂肪源のタイプと品質」「安全性」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、原材料のラインナップ、嗜好性の高さなども評価項目に入れてみました。

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、チキンとサーモンの旨味がたっぷり詰まったドッグフードです。余計な風味付けがないのに食いつきがいいと評判なのは、サツマイモやリンゴなど甘味のある食材もバランスよく使ていること、そして新鮮な素材をすべて丁寧に低温加工されていることにあります。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
私も愛犬モコにいろんなドッグフードを試してきましたが、モグワンは本当に食いつきのいいドッグフードだと実感してしています。まずアップダウンがないですね。サーモン独特の匂いが突出していないので使いやすく、何よりトッピングもしやすい栄養バランスが魅力的です。
ブッチ
ブッチの特徴
ブッチは、ニュージーランド産の安全な食材が使われたミートロールドッグフード(総合栄養食)です。ブッチだけを毎日食べさせるのは歯の健康を考えると良くありませんが、ドライフードが食べられない時や手作り食のプラスαに活用するといいでしょう。
価格 【初回お試し】3,000円(3本セット)
【通常】1,404円~
【定期】1,263円~
内容量 800g、2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
恐らく、ブッチを食べないという犬はほとんどいないと思います。そもそもウェットフードは嗜好性が高いので、上手に活用することでドッグフードそのものへの食いつきも安定してくるでしょう。実際に我が家のモコが手術による食欲不振でご飯を食べてくれなかった時、ブッチが本当に活躍してくれました。
UMAKA
UMAKAの特徴
UMAKAは、九州産の華味鳥を100%使用した国産ドッグフードです。さすが新鮮な華味鳥を丁寧に低温調理しているだけあって、一粒一粒に詰まっている旨味が他のフードと違うのがよく分かります。カツオ節のいい香りも犬たちの食欲をさらに掻き立てるのでしょう。
価格 【初回お試し】1,980円
【通常】4,980円
【定期】4,482円
内容量 1.5kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
質の良い鶏肉を使っているドッグフードは、やはり香りも味も違います。これまで多くの国産プレミアムドッグフードを見てきましたが、余計な原料が入っていないのにここまで風味がよいのはUMAKAくらいではないでしょうか。お値段はやや高めですが、試してみる価値のあるドッグフードです。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、平飼いされている良質なチキンをたっぷり使った高タンパクドッグフードです。袋を開けるとチキンの香ばしい匂いがふわっと漂ってきて、私たち人間でも美味しそうと感じるほど旨味が凝縮されているのが分かります。チキン好きの犬にはぜひおすすめしたいです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
カナガンはよくモグワンと比較されるドッグフードなのですが、サーモンがちょっぴり苦手…という犬には、純粋にチキンだけを使ったカナガンのようなドッグフードを選ばれるといいでしょう。タンパク質やカロリーが高めなので、運動量の多い犬にも適しています。
ナチュロル
ナチュロルの特徴
ナチュロルは、総量の55%に牛・鶏・馬・魚の生肉を使った国産ドッグフードです。多種の生肉に含まれる脂肪が食欲を掻き立てるのはもちろん、原材料に含まれるチーズなどがナチュロルの嗜好性を高めています。
価格 【初回お試し】100円(30g)
【通常】3,000円(850g)
【定期】4,980円(850g×2袋)~
内容量 850g
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ナチュロルは、肉や魚の生肉以外にチーズの旨味も詰まったドッグフードです。多種のタンパク源が使われているため食物アレルギーには注意が必要ですが、とくに心配がなければお試しなどでナチュロルの食いつきの良さを実感されてみるといいでしょう。

迷ったらコレ!食いつきがいいドッグフードにモグワンをおすすめする理由!

犬の食いつきがいい安全なドッグフードは本当にたくさんあります。なので特定のドッグフードをおすすめするつもりはありませんが、ではなぜモグワンを1位にしたのか?その理由を簡単にまとめてみました。

モグワンをおすすめする理由
  1. どれくらい肉や魚が使われている明確である。
  2. 野菜や果物の自然な甘味が活かされている。
  3. 油にはサーモンオイルとココナッツオイルが使われている。
  4. 危険な添加物が一切含まれていない。
  5. 日本で暮らす現代の犬に合わせやすい栄養バランス。
  6. 人も食べれるほど良質な原料のみが使われている。

嗜好性の高い安全なドッグフードにモグワンをおすすめする理由は、食材の旨味がしっかりと生かされているだけでなく、日本で暮らす現代の犬に合わせやすい栄養バランスだからです。

まずモグワンの原材料を見ていただくと分かると思うのですが、余計な風味付けどころか、余計な原料が一切含まれていないんですね。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、かぼちゃ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

さらに、モグワンは各家庭で何かトッピングもできるよう栄養バランスも調整されています。

ある日突然モグワンへの食いつきが悪くなることも少なからずあると思うので、そのような時に何かトッピングできるよう栄養素が調整されているのもモグワンの魅力の1つです。

ちなみに私は、ドッグフードへの食いつきが悪い犬すべてにモグワンを強くおすすめするつもりはありません。なぜなら、犬によって合う合わないがあるからです。

ただ1つだけ言えるのは、口コミやネットの情報だけに惑わされて判断してはいけないということ。必ずご自身の目で、気になるドッグフードといつものドッグフードへの食いつきや消化の良さなどを比較して判断すようにしましょう。

すると、愛犬にとってどんなドッグフードなら食いつきがいいのか?こういった部分がだんだん見えてくるようになりますよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

「犬の食いつきがいいドッグフード=安全な餌」とは限らない!

犬の食いつきがいい安全なドッグフードの選び方でも触れましたが、犬の食いつきがいいドッグフードはすべて安全だと思い込むのは危険です。

私たち人間は、毎日同じものを食べ続けるとさすがに飽きてしまいますよね。しかし犬の場合は、毎日同じものを食べ続けても飽きることはありません。

なのにも関わらず、途中で食いつきが悪くなってしまうのはなぜなのか?そこにはこんな理由が隠れています。

  • これを食べなければ人間の食べ物やおやつがもらえると学習している。
  • 体にとって害のあるものが入っていると察知している。
  • うまく消化できない原料が入っていると察知している。

ドッグフードを残せばもっといいものがもらえると学習している場合、これは飼い主さんの問題と責任です。

甘やかしたが故に招いている結果なので、愛犬の健康のためにも栄養のあるドッグフードを食べてもらえるよう早めにしつけましょう。

そして体にとって害のあるもの、あるいはうまく消化できないものが入っていると察知して食いつかない場合、これは犬の本能によるものなのでとても自然な流れです。

匂いだけでドッグフードの善し悪しを嗅ぎ分けることができたら、むしろその時は褒めてあげるべきでしょう。なぜなら、犬は自分の体を守るために体の栄養となるものや消化しやすいものを本能で選んで食べる習性があるからです。

とはいえ、消化しにくい原料が使われたドッグフードでも喜んで食べる犬はたくさんいますよね?これはなぜでしょうか?

その答えは、嗜好性を高める目的で嗜好性増進添加物や油脂が使われているからです。これらを利用すれば、どんな原料を使っても誤魔化しがきいてしまいます。

いつも与えているドッグフードは本当に安全かどうか?愛犬の食いつきだけで判断するのではなく、原材料や安全性も今一度しっかり確認されることをおすすめします。

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る