158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

フレンチブルドッグに合う餌は?評判のいいおすすめドッグフード5選

強面の顔とは裏腹に、フレンドリーで甘えん坊な性格を持つフレンチブルドッグ。そんなフレンチブルドッグは消化不良アレルギーを起こしやすい傾向にあるので、餌選びがなかなか難しい犬種だったりします。

そこで今回は、犬の管理栄養士である私がフレンチブルドッグに適したドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、フレンチブルドッグに合わせておきたいドッグフード5選を紹介していきます。

  • 【監修】ペットフードアドバイザー1級 / 犬の管理栄養士
    ドッグフードの神様 運営者
    Hitomi
    愛犬モコ・愛猫3匹と暮らしています。犬の食生活と健康を深く考えるなか、まずは犬の栄養学とドッグフードの正確な知識をちゃんと身につけたいと思い、ペットフードアドバイザー1級と犬の管理栄養士を取得。1匹でも多くの犬が体に合った食事をできるよう、フードの提案や情報発信を行っています。
    ペットフードアドバイザー1級:日本動物医療コンシェルジュが設立した、一般社団法人日本生涯学習協議会が監修・認定する資格。ペットの健康管理を根底にした正しいペットフードの知識や、技能をもった専門家が所持しています。
    犬の管理栄養士:犬の健康と命を守るためにしつけから病気の看護まで、基礎獣医学の遵守をもとに設立された全日本動物専門教育協会が認定している資格。栄養学に関する幅広い知識を有しています。

【基本】フレンチブルドッグに合うドッグフードの選び方

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い原料必要のない添加物が含まれているからです。

では一体、どんなドッグフードがフレンチブルドッグにおすすめなのか?選び方のポイントを3つ紹介していきたいと思います。

高タンパク・低脂肪・低カロリーである

フレンチブルドッグは骨量が多く筋肉質な体格をしていますが、実は脂肪が蓄積されやすい体質でもあります。

そんなフレンチブルドッグの体を脂肪でブヨブヨにしないためにも、質の良い肉や魚が使われた高タンパク・低脂肪・低カロリーの食事を心がるようにしましょう。

ドッグフードであれば、主原料に低脂肪の肉や魚がきちんと使われているもの、あるいは全体の約50%~70%が低脂肪の動物性原料で占めているものが望ましいです。

オメガ3脂肪酸が含まれている

フレンチブルドッグはもともと皮膚が弱く、細菌感染やアレルギーなどによる皮膚炎・皮膚病を抱えやすい犬種です。

皮膚病の原因には遺伝的なものやハウスダスト、花粉、ノミ・ダニなどいろんな要因が絡んでおり、中には食物に含まれるタンパク質に反応する食物アレルギーが原因で皮膚トラブルを起こす場合もあります。

そんなフレンチブルドッグの皮膚を健やかに保つためにも、オメガ3脂肪酸が含まれている亜麻仁油や魚油を使ったドッグフードを選ぶようにしてみましょう。

実際のところ、オメガ6脂肪酸を含んだドッグフードは多く存在しますが、オメガ3脂肪酸の元となる原料を含んでいるドッグフードはそう多くはありません。

オメガ6脂肪酸は皮膚のバリア機能を高める役割があり、オメガ3脂肪酸には炎症抑制作用があります。これらをバランスよく補うことで、皮膚トラブルの予防にも役立ちます。

神様
オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率は、10:1~5:1が望ましいぞ!

骨・関節軟骨成分が含まれている

フレンチブルドッグは椎間板ヘルニアにもなりやすいので、できればドッグフードの中に骨や関節に良いとされる成分が含まれたものを選んであげるといいでしょう。関節リウマチの予防にも役立ちます。

代表的な成分であれば、関節軟骨成分のグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・ヒアルロン酸などがありますね。

あとは、関節痛の緩和も期待できるとされているMSM(メチルスルフォニルメタン)を配合したドッグフードもここ数年で増えてきています。

  • グルコサミン:軟骨の原料で、軟骨を再生したり修復したりする働きがある。
  • コンドロイチン硫酸:グルコサミンと一緒に摂取することで、軟骨のクッション性や柔軟性を保つ役目を果たす。
  • MSM:アミノ酸の構成要素の1つである硫黄の供給源で、骨や皮膚、コラーゲンの生成を補助。関節痛などを和らげる働きもある。

フレンチブルドッグに評判のいいドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトではフレンチブルドッグに選ばれやすい人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「オメガ3脂肪酸源(分かる場合は含有量も)」「骨・関節軟骨成分の配合」の3つです。

なお、人間用の食品と同等基準の原料が使われているものに関しては、主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 オメガ3脂肪酸源 骨・関節軟骨成分
アカナ(ライト&フィット)
鶏肉16%・鶏肉ミール14%・七面鳥肉ミール14%(肉類含有量65%) ニシンミール・ニシン油(0.9%以上) グルコサミン・コンドロイチン
アイムス(成犬用 体重管理用 チキン)
とうもろこし・小麦・肉類(チキンミール・家禽ミール) フィッシュオイル(0.3%)
いぬはぐ
鶏肉・玄米・白米 サーモンオイル グルコサミン・MSM・コンドロイチン
ウェルケア(フレンチブルドッグ専用)
肉類(鶏肉・チキンミール)・米糠・小麦粉 コラーゲン・グルコサミン
オリジン(6フィッシュ)
サバ・ニシン・カレイ(肉類含有量85%) サバやニシンなどの魚・ニシン油(2%以上) グルコサミン・コンドロイチン
カークランド(ラム・ライス・ベジタブル)
ラム・ラムミール・玄米 フィッシュミール(0.4%以上) グルコサミン・コンドロイチン
カナガン
骨抜きチキン生肉26%・乾燥チキン25%・サツマイモ(肉類含有量60%) サーモンオイル(0.9%) グルコサミン・MSM・コンドロイチン
シュプレモ(小型犬用 成犬用)
チキン(肉)・チキンミール・玄米 サーモンミール・亜麻仁(0.5%以上)
ナウフレッシュ(アダルト)
ターキー生肉・ポテト粉・エンドウ豆 サーモン生肉(0.5%以上)
ネルソンズ
乾燥チキン28%・チキン生肉20%・サツマイモ(肉類含有量48%) サーモンオイル(0.24%) グルコサミン・コンドロイチン
ピッコロ
骨抜きチキン生肉29%・骨抜き生サーモン20%・乾燥チキン13%(肉類含有量70%) 骨抜き生サーモン・乾燥サーモン(0.80%) グルコサミン・MSM・コンドロイチン
ブッチ(ホワイトレーベル)
チキン(生)80% 魚油
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)53% 生サーモン・乾燥サーモン・サーモンオイル(1.29%) グルコサミン・MSM・コンドロイチン
ユーカヌバ(スモールアダルト)
肉類(鶏・七面鳥)・小麦・とうもろこし 魚油
ロイヤルカナン(フレンチブルドッグ)
米・小麦・動物性脂肪 魚油(1.01%) 加水分解甲殻類(グルコサミン源)・加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)

フレンチブルドッグに選ばれやすい15種類のドッグフードを比較してみました。

そこで分かったのは、やはり犬種別カテゴリを設けているドッグフードほど原材料のラインナップに疑問の残る商品であるということです。

素材が明確ではない「動物性油脂」「植物性油脂」がふつうに使われていたり、また動物性油脂が原材料の3番目にきているものもありました。ということは、それ以下の原料よりも油脂が多く使われているということです。

そういった点を気にしない人は気にしないのかもしれませんが、個人的にはフレンチブルドッグのように皮膚が弱くて太りやすい犬種にはあまりおすすめしたくありません。

その点、赤文字が付いていないドッグフードは油脂の種類も原材料のラインナップも比較的良好ですね。できることなら、このようなドッグフードを選んでおきたいものです。

それでは次に、これらの比較を踏まえた上でさらに中身を掘り下げ、フレンチブルドッグに合わせておきたいドッグフード5選をまとめてみました!

【決定】フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード5選!

評価の基準

ここで紹介する5つのドッグフードは、フレンチブルドッグの特徴や抱えやすいトラブルを踏まえた上で、私が個人的にドッグフードの原材料・栄養成分値・製造工程などあらゆる情報を調査した上で高く評価した商品です。完全さを保証するものではありません。

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、原材料の約半分が良質なチキンとサーモンでできたドッグフードです。肉・魚・野菜・果物のバランスがとても良く、腸が弱いフレンチ・ブルドッグでも食べやすいよう、油には消化の良いサーモンオイルとココナッツオイルが使われています。手作り食の代用にもなるレシピ内容が魅力です。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
太りやすい、お腹や皮膚が弱い、アレルギーが心配…など、フレンチ・ブルドッグのあらゆる悩みに対応しやすいのがこのモグワンです!モグワンはサーモンによるオメガ3脂肪酸が豊富なので、免疫力向上による皮膚トラブルの予防も期待できますよ。炭水化物源には低GI値食品のサツマイモが使われています。
いぬはぐ
いぬはぐの特徴
いぬはぐは、犬のお腹の健康を考えて乳酸菌やオリゴ糖を配合したドッグフードです。腸内環境を健康に保つことはフレンチブルドッグの免疫力向上にもつながるため、病気やトラブルの予防に役立つだけでなく、毎日のうんちにも良い影響を与えてくれます。
価格 【初回お試し】980円
【通常】6,980円
【定期】4,980円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを正常に保つことは、アレルギーや様々な病気の予防にも役立つことが報告されています。ふだんから腸の健康を意識しているのであれば、いぬはぐのようなドッグフードに切り替えてフレンチブルドッグの健康管理をしてみるのもいいでしょう。
ピッコロ
ピッコロの特徴
ピッコロは、総量の70%にチキンとサーモンを使用したシニア犬・肥満犬用のドッグフードです。脂質とカロリーを抑えたレシピなので、体重管理が必要、あるいはシニア期を迎えたフレンチブルドッグに合わせてあげるといいでしょう。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント

ピッコロは低脂肪の肉と魚をたっぷり使っているので、よく食べるフレンチブルドッグにも合わせやすいドッグフードです。日常的に散歩を20~30分ほどしているのであれば、ピッコロのような高タンパクドッグフードもおすすめです。
アカナ ライト&フィット
アカナ ライト&フィットの特徴
アカナのライト&フィットは、高タンパク・低炭水化物・低脂肪・低カロリー設計の、まさにフレンチブルドッグのような犬種に適したドッグフードです。血糖値が急激に上げ下げする炭水化物がほとんど含まれていないので、食べた後も満腹感が続きやすい特徴があります。
価格 891円(340g)
4,050円(2kg)
12,960円(11.4kg)
内容量 340g、2kg、11.4kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ここではアカナのライト&フィットを紹介していますが、フレンチブルドッグの体質や健康状態に合わせていろんな商品を選べるのもアカナの魅力です。姉妹ブランドのオリジンよりも合わせやすいという感想もよく耳にするため、高く評価してみました。
ブッチ
ブッチの特徴
ブッチは、肉含有量最大92%を誇るグルテンフリー&無添加のミートロールフードです。生肉と同じ70%の水分量を含んでいるので消化性が高く、低脂肪設計なので体重が気になるフレンチブルドッグにも安心して食べさせられます。
価格 【初回お試し】3,000円(3本セット)
【通常】1,404円~
【定期】1,263円~
内容量 800g、2kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ブッチはほぼお肉(生肉に近い肉)なので、手作りご飯に使うお肉の代わりにはもちろん、脂肪分が少なくて味気ない体重管理用ドッグフードのトッピングなどにも使えるマルチなドッグフードです。ブッチだけで栄養がまかなえるよう、総合栄養食になっています。

迷ったらコレ!フレンチブルドッグにモグワンドッグフードをおすすめする理由!

当サイトは特定のドッグフードを強くおすすめするつもりはありません。ではなぜ、フレンチブルドッグにモグワンを選んだのか?その理由を簡単にまとめてみました。

モグワンをおすすめする理由
  1. サーモン由来のオメガ3脂肪酸が豊富。
  2. タンパク質・脂質・炭水化物・カロリーのバランスがいい。
  3. 低脂肪・低炭水化物だからフレンチブルドッグにも合わせやすい。
  4. 食材のもつ栄養素が生かされるよう丁寧に加工されている。
  5. 関節に良いグルコサミン・MSM・コンドロイチンが配合されている。
  6. 理想のうんちになるほど消化性が高い。

私がフレンチブルドッグにおすすめしたい餌としてモグワンを選んだ理由は、健康的な体を維持するために必要な5大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)をバランス良く含んでいるからです。

極端に動物性タンパク質が多いのも内臓への負担が心配だし、かといって低タンパク過ぎると筋力の衰えや被毛トラブルの誘発などが心配です。その点、モグワンは原材料の約半分が肉と魚で作られているという理想の配合量です。

また、手作りレシピを再現したドッグフードであること、そして何かトッピングをすることも考えて栄養バランスが調整されているのもモグワンの特徴になります。

もちろんすべてのフレンチブルドッグに合うわけではありませんが、どれを買ったらいいか迷ったら、一度モグワンのようなドッグフードを試されてみるといいかもしれませんね。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

【給餌量】フレンチブルドッグの餌の量は1日どれくらい?

フレンチブルドッグが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、今回おすすめしているモグワンの場合の給餌量を表にまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
3~3.5kg 93~102g
3.5~4kg 102~110g
4~4.5kg 110~119g
4.5~5kg 119~128g
5~6kg 128~145g
6~7kg 145~163g
7~8kg 163~180g
8~10kg 180~215g

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

餌の回数は、生後10週までは1日分を少量ずつ4回ほどに分けて、生後3ヶ月過ぎた頃から、その犬の予想される体重の50%近くになるまで1日3回に分けて与えましょう。生後5~6ヶ月頃から、餌の回数を1日2回程度にします。

成犬の場合

体重 1日の給与量
8~10kg 146~175g
10~12kg 175~203g
12~14kg 203~230g

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

犬は食餌と食餌の間隔が長くても大丈夫なので、餌の回数は1日2回で問題ありません。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。消化率や代謝率が低下するため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

餌の回数は、消化器への負担を軽くするためにも1日2~3回に分けて与える必要があります。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

フレンチブルドッグが餌を食べない時はどうすればいい?

フレンチブルドッグが餌を食べない場合、いろんな原因が考えられます。単純にドッグフードが食べづらいのかもしれませんし、あるいは苦手なものが入っているのかもしれません。

もしも2~3日食べない日が続いたら体の不調や病気が疑われますが、それ以外であれば「ドッグフードが食べづらい」「おやつの与えすぎ」などが考えられます。

詳しくは愛犬がご飯を食べない原因はわがまま?病気…?10の理由と対処法!で解説していますが、ここでも簡単に触れておきますね。

ドッグフードが食べづらい場合

ドライフードの場合、形状や硬さによっては食べづらい場合もあります。

そんな時はまず、ドライフードをふやかしてみましょう。こうすることで噛みやすくなる上に、風味が増して食欲が増すフレンチブルドッグは多いものです。

ドッグフードのふやかし方
  1. ドッグフードをぬるま湯に10~15分ほどつける(水の場合は20分ほど)。
  2. ふやかしたぬるま湯もそのまま食べさせる(栄養が溶け込んでいるため)。

ただし、ふやかしたフードばかり食べていると歯の弱体化が懸念されます。

歯や顎の力が健全なのであれば、フレンチブルドッグの口にあったドライフードを選び、ストレス解消の意味も込めてカリカリのフードを与えるようにしましょう。

おやつを与えすぎている場合

あなたのフレンチブルドッグにおやつを与え過ぎていませんか?おやつを与え過ぎていると、当然お腹が空きにくくなるのでドッグフードを食べてくれません。

おやつの与え過ぎは肥満や栄養の偏りの原因などにもなりますから、まずは栄養のあるドッグフードをちゃんと食べてもらうようしつけましょう。

おやつが欲しくてワンワン鳴かれた時は、無視するのが一番です。毎回フレンチブルドッグの要求に応えてしまうと、吠えれば要求が通ると学習してしまいます。

フレンチブルドッグにかかる年間の餌代はいくら?

フレンチブルドッグは食欲旺盛な子が多いためか、餌代を気にする飼い主さんがとても多いですね。

これは個体差によって大きな差が出てしまうため、必ずしも「〇〇〇円!」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでも当サイトがおすすめしているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬フレンチブルドッグ(体重10~12kg)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり3,960円
  • 成犬フレンチブルドッグ(体重10~12kg)の1日あたり給与量175~203g

体重およそ10~12kgの成犬フレンチブルドッグであれば、1ヶ月あたり約3袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,366円(税抜)で購入することができます。さらに送料無料です。

以上を踏まえて計算してみると、

10,098円(モグワン3袋分代)×12ヶ月=121,176円

となるので、もしモグワンをフレンチブルドッグに食べさせてあげるとなると、年間約121,176円の餌代がかかるということになります。

これだけ聞くとすごく高いように感じるかもしれませんが、はっきり言って手作りするよりも安いです!しかも同じ価格帯の市販ドッグフードよりも給与量がやや少なくて済むので(モグワンは栄養価が高いから)、実は市販品よりもコスパが良いというメリットもあります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

フレンチブルドッグの餌選びに困ったらモグワンドッグフードがおすすめ!

もう一度お伝えしますが、私はすべてのフレンチブルドッグにモグワンをおすすめするつもりはありません。

フレンチブルドッグの生理状態・ライフスタイル・健康状態によって合うドッグフードが変わってきますので、ここはあくまでも犬の管理栄養士の私が選んだおすすめのドッグフードとして参考にしていただければ幸いです。

犬に必要な栄養素については「【犬の栄養に関する基礎知識】必要な栄養素とその役割・注意点は?」で詳しくまとめています。

実際にフレンチブルドッグを飼っている友人や知人に話を聞いたところ、みんな口を揃えて「餌選びが難しい」と答えました。

これはドッグフードを食べてくれない云々ではなく、フレンチブルドッグが皮膚病を抱えやすかったり、腸が弱くて下痢や軟便になりやすいことが主な理由になっているようです。

私が感じる範囲ではありますが、フレンチブルドッグの飼い主さんは意識の高い人が多いですね。変なドッグフードを食べさせている人が少ないように感じます。

そういった背景もあるため、私はここでモグワンを高く評価してみました。手作りレシピを再現しているドッグフードなので、手作り食やトッピングご飯を意識している家庭にも合わせやすい内容ですよ。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード5選!

  

この記事のURLをコピーする
【監修】ペットフードアドバイザー1級 / 犬の管理栄養士
ドッグフードの神様 運営者
Hitomi
当サイトでは、記事の監修と執筆の両方を私が一人で行っています。1記事1記事しっかりと時間をかけてリサーチし、間違いがないかどうか入念に吟味した上で公開しています。具体的なプロフィールやサイト運営にかける私の想いについては、以下より詳しく書いていますので、ぜひこちらもご覧いただけたら幸いです。