135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【超大型犬】グレート・ピレニーズの性格・寿命・価格・飼い方まとめ

「ピレネー犬」という呼び名でも親しまれている超大型犬グレート・ピレニーズ。日本でお目にかかることは滅多にありませんが、ファンがとても多い人気の犬種です。

そこで当サイトは、グレート・ピレニーズの性格や特徴、寿命、値段、飼い方の注意点など、あらゆる情報をわかりやすくまとめてみました!この機会にぜひグレート・ピレニーズの魅力を知ってみましょう♪

グレート・ピレニーズの歴史について

まずは、グレート・ピレニーズの歴史について軽く触れておきたいと思います。

グレート・ピレニーズはアジアの「チベタンマスティフ」が祖先犬だと言われており、紀元前6世紀頃にヨーロッパに持ち込まれました。その頃からピレネー山脈で牧羊犬として活躍するようになり、時にはオオカミやクマなどから家畜を守る役割もしていたそうです。

やがてグレート・ピレニーズの白くて大きな姿は、ヨーロッパの貴族から注目を浴びるようになりました。中世のフランスでは、警備犬として使われていた記録も残っているそうです。

その後、グレート・ピレニーズは絶滅の危機を迎えますが、愛好家たちによって絶滅の危機を乗り越え、現在はフランスをはじめとする欧米諸国で高い人気を誇っています。

グレートピレニーズの基本的な特徴

一般的に言われているグレート・ピレニーズの特徴を紹介します。

原産国 フランス
名称 ピレニアン・マウンテン・ドッグ(ヨーロッパ地方)
グレート・ピレニーズ(北米や日本)
体高 オス:69~81cm
メス:60~75cm
体重 オス:45~60kg
メス:40~52kg
毛色 白(グレー、薄いイエロー、オレンジなどの斑が頭部、耳、尾の付け根にある白もいる)

体高や体重、それから画像を見ても分かる通り、グレート・ピレニーズは超がつくほどの大型犬です!ゴールデンレトリバーよりも大きいので、いかに貫禄のある犬種か想像できることかと思います。

そして彼らは骨格もしっかりしており、大きな頭、垂れ耳、ダブルコートの厚い被毛もグレート・ピレニーズならではの特徴です。

その他の特徴としては、後ろ足に「狼爪(ろうそう)」があることですね。ふつうの犬は前足にあるのですが、グレート・ピレニーズは後ろ足についています。

グレート・ピレニーズの基本的な性格

  • 穏やか
  • 愛情深い
  • 責任感が強い
  • 警戒心が強い
  • 独立心が強い
  • 勇敢で恐れ知らず

グレート・ピレニーズは穏やかでおっとりしていると一般的に言われていますが、防衛能力にも優れている犬種なので勇敢な性格も持ち併せています。

基本的には、飼い主さんの指示なしに危険な人や物に立ち向かうことはありません。しかし元は牧羊犬ですから、飼い主さんを守ろうと自ら判断して攻撃的になることもあるようです。

しかし性格には個体差があるから、ここでは「あくまでも一般的に言われているグレート・ピレニーズの性格」として参考にしておこう。

グレート・ピレニーズの平均寿命はどのくらい?

グレート・ピレニーズの平均寿命は、およそ10~12歳と言われています。大型犬は小・中型犬に比べると短命なので、この寿命は平均的と言えるでしょう。

ちなみに私が知っているグレート・ピレニーズの最高年齢は、14歳7ヶ月です。飼い主さんの献身的な介護と深い愛情があったからこそ、彼はここまで長生きすることができたんだと私は思います。

グレート・ピレニーズの子犬の平均価格

グレート・ピレニーズの子犬の価格は、およそ12~25万円と言われています。これはブリーダーさんから購入した場合の平均的な値段です。

基本的に、グレート・ピレニーズを取り扱っているペットショップはほとんどありません。もしも飼うことを検討している場合は、ブリーダーさんに直接尋ねるか、動物愛護センターやシェルターを確認してみましょう。

動物愛護法で、生後56日(生後8週)経過しない子犬の販売・展示・引き渡しは禁止されています。もしも生後56日以前のグレート・ピレニーズの引き渡しを行っているブリーダーを見かけたら、速やかに動物愛護センターや保健所に通報するようにして下さい。

グレート・ピレニーズの飼い方における注意点

グレート・ピレニーズを安易な気持ちで飼うと、犬と飼い主さんにとって不幸な結果となるので注意しましょう。

ゴールデンレトリバー以上の大きさの犬を飼うということは、ただ広いスペースを確保するだけではやっていけません。それなりに費用や時間、知識も必要になるので、かわいいからという安易な理由だけで飼うことはやめましょう。

そこで、グレート・ピレニーズの飼い方における注意点をまとめてみました!

  1. 大型犬に見合った飼育環境を用意する。
  2. しつけは手を抜かない。
  3. 健康管理をしっかり行う。
  4. 1日約2時間の散歩を目安にする。
  5. 定期的にトリミング&シャンプーをする。
  6. 暑い環境で飼育しない。

大型犬に見合った飼育環境を用意する

超大型犬を飼うためには、広いスペースを確保しなければなりません。狭い家屋では息苦しい思いをさせてしまうので、十分に広い部屋や庭がある家庭で飼うのが望ましいです。

また、超大型犬というだけで怖がる人もいます。もしも住宅が密集している地域で飼う場合は、まず先に近所の理解を得るのがマナーと言えます。

しつけは手を抜かない

グレート・ピレニーズのしつけに関しては、専門的な知識と経験が必要です。なので、大型犬を飼うことに慣れている人やしつけが得意な人には向いてる犬種と言えます。

大型犬は小型犬と違って、力がとても強いです。ちゃんとしつけがされていないと、家族のみならず他の犬や人にも危害を加える恐れがあるので注意しましょう。小さな子供は一瞬で倒されます。

少しでもしつけに不安がある場合は、ドッグトレーナーのもとで訓することをおすすめするぞ。

健康管理をしっかり行う

グレート・ピレニーズは、股関節形成不全膝蓋骨脱臼などの関節疾患に気をつけなければなりません。これは大型犬全般に言えることでもあります。

また、骨肉腫を発症しやすい犬種としても知られており、グレート・ピレニーズの場合は中年齢くらいから発症しやすい傾向があるようです。

定期的な健康診断はもちろんのこと、毎日の食事管理やボディチェックも欠かさないようにしましょう。

1日約2時間の散歩を目安にする

グレート・ピレニーズのような超大型犬は、1日約2時間の散歩が理想と言われています。あまりサボってしまうと、筋肉や骨が衰えて体を支える力が弱くなるので気をつけましょう。

ただし足早に歩くのではなく、ゆったりとした速さで歩かせることがポイントです。

グレート・ピレニーズは暑さにものすごく弱いから、夏は陽が暮れたあとに散歩するなどの工夫が必要じゃ!

定期的にトリミング&シャンプーをする

グレート・ピレニーズの被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色が白なので汚れが目立ちやすい特徴をもちます。そのため、定期的なシャンプーとトリミングは欠かせません。大型犬なので料金は高めになりますが、ケチっていると皮膚病などを引き起こすので注意が必要です。

できれば、シャンプーは月1回、トリミングは1~2ヶ月に1回のペースでしておきたいものですね。あとは自宅で毎日ブラッシングをしてあげましょう。

暑い環境で飼育しない

もともと寒冷の山岳気候に適応している犬種なので、日本のような湿度の高い暑い夏を大の苦手としています。なので、日本の温暖な地域で飼育するのはかなり難しいと言えます。できるとしたら、エアコンをフル稼働(目安温度15~21度)させられる家庭のみです。

被毛がダブルコートであるが故に、暑さで熱中症になりやすいので気をつけて下さい。

まとめ

グレート・ピレニーズを飼うためには経験・知識・良い飼育環境・経済的余裕の4拍子が揃っていることが条件と言っても過言ではありません。

初めて犬を飼う人には正直おすすめできないため、どうしても欲しい場合はブリーダーさんとよく相談してから決めるようにしましょう。良心的なブリーダーさんなら、向いているか向いていないかちゃんと教えてくれます。

街中で見かけることはないに等しいですが、もし遭遇したら飼い方のコツなどを飼い主さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね!

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る