135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

半生タイプの無添加ドッグフードおすすめ5選!犬の餌に安全なのは?

「食いつきがいい」「歯がない犬でも食べやすい」といった理由から人気のある半生タイプのドッグフード。

しかし、半生タイプのドッグフードには何かと落とし穴が多いため、ドライフード以上にフードの特徴や添加物などを理解した上で商品を選ぶ必要があります。

そこで当サイトは、安全な半生タイプのドッグフードの選び方についてまとめてみました。その上で、本当に良質な半生タイプの無添加ドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

まずは半生タイプのドッグフードの種類を知っておこう!

半生タイプのドッグフードは、以下の2タイプのフードに分けられます。

フードのタイプ 特徴
ソフトドライフード ドライフードに気泡を入れて柔らかくしたタイプのフード(加熱発砲処理)。水分保持のために湿潤調整剤(主にプロピレングリコール)を使用している。
セミモイストフード 無発砲タイプのフード。粘土のような硬さがあって密度が高い。水分保持のために湿潤調整剤(主にプロピレングリコール)を使用している。

どちらも水分含有量が25~35%程度含まれており、しっとりとした質感が特徴です。食べることでドライフードよりも水分を多く摂れるというメリットもあります。

【基本】安全な半生タイプの無添加ドッグフードの選び方

それでは次に、安全な半生タイプの無添加ドッグフードの選び方についてです。

以下の3つのポイントを押さえておけば、基本的に変な半生ドッグフードを選ばずに済みます。ぜひこの機会に押さえておきましょう。

合成保存料などが無添加である

半生タイプのドッグフードは水分の含有量が25~35%程度と多いため、ドライタイプのドッグフードよりもカビが生えやすく腐敗しやすいというデメリットがあります。

そのため、多くの半生タイプのドッグフードには人工的な酸化防止剤合成保存料が使われているのが特徴。天然原料だと効力が弱いので、多くのメーカーでは化学合成物質を使って防カビ・防腐を行っています。

しかしこの酸化防止剤や合成保存料、実は犬にとって好ましくない成分ばかりが用いられています。代表的なものだと、ソルビン酸カリウムエリソルビン酸ナトリウムなど。

これらを長期的に摂取させるのは本当に望ましくないので、できるだけ安全な天然原料を使った半生タイプのドッグフードを選ぶようにしましょう。

第1主原料に動物性タンパク質が使われている

半生タイプのドッグフードによく見受けられるのは、主原料に穀物をビッシリ使ったドッグフード。とくにホームセンターやドラッグストアで販売されている安い商品に多いですね。

まずハッキリと言いますが、小麦粉やパン粉、とうもろこしなどを主原料に使ったドッグフードが犬の健康に良いわけがありません。なぜなら、犬は植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の消化を得意としているからです。

ちゃんとした役割をもってサブに穀物が2~3種使われている分には問題ありませんが、カサ増しのためだけに穀物を主原料に用いた半生タイプのドッグフードは避けましょう。

良い半生タイプのドッグフードの見分け方は、第1主原料に肉が使われているかどうかです。ただし、何の肉が使われているのかよく分からないようなものは避けておいた方が無難です。

小分け包装がされている

半生タイプのドッグフードは腐りやすくてカビが生えやすいからこそ、すぐに使い切れるよう小分け包装されている商品を選びましょう。

そのような商品ほど無駄な添加物(防カビ剤や湿潤調整剤など)がなく、また開封する度に酸素に触れて酸化していくというトラブルも防ぐことができます。

口コミで評判のいい半生タイプのドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで人気のある半生タイプのドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「使用されている添加物(化学合成物質)」「主原料」「小分け包装」の3つです。なお添加物に関しては、安全とは言い難い成分、そして何を使っているのか詳細が分からない成分だけ抜き出してみました。

商品名 添加物 主原料 小分け包装
いぬのしあわせ「プッチ~ヌ」
プロピレングリコール・ソルビン酸カリウム 穀類(小麦粉・小麦グルテン・脱脂米糠)
EZO(エーゾー)
エゾシカ生肉・玄米・大麦
グランデリ
プロピレングリコール・乳化剤・ソルビン酸K・ソルビン酸・調味料・pH調整剤・二酸化チタン・赤色40号・赤色106号・黄色4号・黄色5号・青色1号・アスコルビン酸Na・亜硝酸Na 穀類(小麦粉・トウモロコシ・パン粉・小麦グルテン)
成犬用(主食)
砂肝・鶏ガラ・おから(大豆)
ゴン太のふっくらソフト
プロピレングリコール・ソルビン酸カリウム・pH調整剤・エリソルビン酸ナトリウム・二酸化チタン・黄5・赤106・黄4・青1 穀類(小麦粉等)・肉類(チキン等)・糖類
スタイルズ
プロピレングリコール・ソルビン酸カリウム・pH調整剤・エリソルビン酸ナトリウム 肉類(チキン等)・糖類・豆類
贅沢レシピ
鶏肉(鶏ミンチ・鶏ガラペースト・ササミ)
ドゥロイヤル
エリソルビン酸Na・ソルビン酸K・亜硝酸Na 牛肉・鶏肉・豚肉
ナチュラハオーガニック
肉類(チキン・ターキー)・エンドウマメ
ビタワン「もっちりふっくら」
ソルビン酸カリウム・デヒドロ酢酸ナトリウム・ポリリン酸ナトリウム・二酸化チタン・食用赤色106号・食用黄色4号・食用黄色5号・食用青色1号・香料 穀類(小麦粉・コーンフラワー・小麦グルテン)
ピュアロイヤル
ササミ・鶏肉・おから
Perro(ペロ)
鶏肉(国産若鶏)・鶏卵・ラード
ペッツルート「やさしいフード」
鶏肉・脱脂大豆・牛肉
モアソフト
プロピレングリコール・膨張剤・ソルビン酸K・エリソルビン酸Na 肉類(鶏・鶏ササミ・鶏レバー)
リモナイトラボ
プロピレングリコール・pH調整剤・ソルビン酸K・香料 肉類(鶏・鶏レバー)・小麦粉

口コミで人気の半生タイプのドッグフード15種類を比較してみて分かったのは、無添加の商品が極めて少ないということです。ほとんどの商品に危険性が疑われる品質保持剤や保存料などが使われていました。

そしてそのような商品に共通しているのが、ホームセンターやドラッグストアなどで気軽に購入できるということ。ほとんどが1,000円未満の激安フードです。

それに比べ、とくに化学合成物質が含まれていない半生タイプのドッグフードは、主原料にちゃんとお肉を使うなどして原材料面でも安定しています。

あと包装に関してですが、こちらはすべての商品がちゃんと50~100gずつ小分けパックされていますね!なのでこの辺りは、最近の半生タイプのドッグフードであれば心配しなくて良いかもしれません。

さて、半生タイプのドッグフードを選ぶならどれが比較的安全なのか?当サイト目線ではありますがさらに評価項目を増やし、おすすめの5商品をランキング形式でまとめてみました!

【決定】おすすめの半生タイプの無添加ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「無添加」「原材料のラインナップ」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、原材料の品質、安全性なども評価項目に入れてみました!

北の極「EZO(エーゾー)」
北の極「EZO」の特徴
EZOは、北海道に生息するエゾシカの生肉を使用した半生タイプのドッグフード(一般食)です。原材料はすべて国産で、私たち人間も食べれる新鮮で安全な食材のみが使われています。また、原材料の段階から添加物や着色料などが一切使われていません。
価格 4,104円
内容量 1kg(100gずつレトルトパック包装)
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
「北の極」はイオンペットでもよく見かけるブランドなので、すでにリピートしている飼い主さんも多いかもしれませんね。お値段は高めですが、北の極シリーズは余計な原料が含まれていないので本当の意味で安心できる商品です。ただしEZOは一般食なので、ビタミンやミネラルは個別で補いましょう。
ピュアロイヤル
ピュアロイヤルの特徴
ピュアロイヤルは、良質な生肉をたっぷり使った半生タイプの国産ドッグフードです。体内にゆっくり吸収されるミネラル酵母が配合されているほか、熱・酸・酸素に強い有胞子性乳酸菌やクマ笹エキスも配合。愛犬の腸活も期待できる内容です。
価格 3,000円
内容量 600g(100gずつ小分け ※エージレスアイ入り)
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
国産のセミモイストドッグフードで常に人気の高いピュアロイヤルは、新鮮な食材を低温の温風で長時間熟成・殺菌・乾燥させているのが特長です。同じ会社のドゥロイヤルには化学合成物質が使われているのに対し、ピュアロイヤルには保存料や発色剤などは一切使われていません。
贅沢レシピ
贅沢レシピの特徴
贅沢レシピは、良質な生肉をたっぷり使った半生タイプの国産ドッグフードです。成犬用とシニア犬用の2タイプがあり、成犬用はチキンとビーフ味、シニア犬用はササミ味のみとなっています。合成保存料や品質保持剤、発色剤などは一切使われていません。
価格 486円(100g)
1,000円(100g×2袋)
2,678円(100g×6袋)
内容量 100g
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
取り扱いショップがほとんどなく、主に楽天でしか購入できない贅沢レシピ。知る人ぞ知る、隠れ優秀セミモイストドッグフードと言っても過言ではないでしょう。ライフステージに合わせて配合成分(マリンコラーゲンや関節成分など)を変えているのも贅沢レシピの特徴です。
Perro(ペロ)
Perroの特徴
Perroは、シニア犬・老犬を対象に開発されたキュティアショップオリジナルの半生タイプドッグフードです。原材料は国産無添加の食材が中心となっており、フード自体は注文を受けてから1粒1粒丁寧に手作りしてくれます。食欲の落ちたシニア犬にぜひ試しておきたい商品です。
価格 1,690円(600g)
4,780円(1800g)
内容量 600g、1800g
評価 4.0
編集部からのコメント

活動量が減って代謝も穏やかになるシニア犬・老犬にぜひ試しておきたいのがPerroです。栄養価が高いのに100gあたり310kcalというヘルシーな設計になっており、繊維量も1%以下なので胃腸に負担をかけにくい内容となっています。関節をサポートする成分もたっぷり含まれています。
成犬用(主食)
成犬用(主食)の特徴
成犬用(主食)は、食材通販「生活クラブスピリッツ」で購入できる半生タイプのドッグフードです。国産の冷凍肉をたっぷり使っているのが特長で、原材料はすべて提携生産者から仕入れた食材が使われています。着色料や保存料は一切使われていません。
価格 840円
内容量 100g×3
評価 4.0
編集部からのコメント

こちらも取り扱いショップがほとんどないので知る人ぞ知る半生ドッグフードですが、それだけ管理も行き届いた安全性の高い商品です。成犬用以外にもシニア犬用があり、またドライフード派の犬のためにドライドッグフードの取り扱いもあります。

迷ったらコレ!半生タイプの無添加ドッグフードにEZOをおすすめする理由!

今回紹介した半生タイプのドッグフードの中で、なぜEZOがもっともおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

EZOをおすすめする理由
  1. 余計な添加物が一切入っていない。
  2. ハンターから直接購入した北海道さんのエゾシカ生肉を使用。
  3. 真空状態で加熱殺菌処理されている(栄養素の破壊が極めて少ない)。
  4. お試しサンプル(30g)があるのでトライしやすい。

当サイトが半生タイプのドッグフードにEZOをおすすめする理由は、ずばり着色料、調味料、防腐剤、酸化防止剤などのあらゆる添加物が一切入っていないからです。

ビタミンやミネラルのサプリメントも入っていないので「一般食(総合栄養食ではない)」にはなってしまいますが、本当の無添加を求める飼い主さんに自信をもっておすすめできるドッグフードになります。

また、加圧加熱殺菌処理(レトルトパック)が行われているため、素材の風味と栄養素がしっかり生かされているのが特長です。

なぜ半生タイプのドッグフードは犬によくないの?

「半生タイプのドッグフードは犬によくない」といった声をよく耳にします。

恐らくこれは、半生タイプのドッグフードには添加物がたっぷり含まれているというイメージがすっかり定着してしまっているからでしょう。

しかし、半生タイプのドッグフードや使われている添加物、そして犬が消化しやすい食材などについてよく理解していれば、犬にとってよくない半生タイプのドッグフードを手にすることはほとんどないかと思われます。

神様
半生タイプのドッグフードすべてが犬にとってよくないと括ると、せっかく良質なセミモイストやソフトドライを生産しているドッグフードメーカーに失礼じゃぞ。

ちゃんとインターネットや書籍を利用して調べ上げれば、今回当サイトで紹介したような良質な商品に出会うことができますよ。

あともう1つ。半生タイプのドッグフードが良くないと言われる理由には、噛む力が衰えるからというのもあるでしょう。

これについては私も同感で、ふつうに噛むことのできる犬にセミモイストやソフトドライのみを常食させるのはおすすめしません。

歯がない・弱っている、あるいは噛む力が衰えているなどの場合を除いては、できるだけドライフードを常食させて顎の筋肉や歯を鍛えさせてあげるようにしましょう。

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る