158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

馬肉ドッグフードの選び方とおすすめ5選!犬の餌に安全なのはどれ?

馬肉は犬にとって良好なタンパク源。栄養価が高く低脂肪なお肉なので、馬肉をメインに使ったドッグフードはシニア犬やダイエットをしている犬にも合わせやすいメリットがあります。

まだまだ馬肉を使ったドッグフードは数少ないのですが、その中からどういった商品を選べばいいのか?何がどう違うのか?

時折そんな相談を受けるので、今回は良質な馬肉ドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で犬の餌におすすめしたい馬肉ドッグフード5選を紹介していきたいと思います!

  • 【監修】ペットフードアドバイザー1級 / 犬の管理栄養士
    ドッグフードの神様 運営者
    Hitomi
    愛犬モコ・愛猫3匹と暮らしています。犬の食生活と健康を深く考えるなか、まずは犬の栄養学とドッグフードの正確な知識をちゃんと身につけたいと思い、ペットフードアドバイザー1級と犬の管理栄養士を取得。1匹でも多くの犬が体に合った食事をできるよう、フードの提案や情報発信を行っています。
    ペットフードアドバイザー1級:日本動物医療コンシェルジュが設立した、一般社団法人日本生涯学習協議会が監修・認定する資格。ペットの健康管理を根底にした正しいペットフードの知識や、技能をもった専門家が所持しています。
    犬の管理栄養士:犬の健康と命を守るためにしつけから病気の看護まで、基礎獣医学の遵守をもとに設立された全日本動物専門教育協会が認定している資格。栄養学に関する幅広い知識を有しています。

【基本】良質な馬肉ドッグフードの選び方

まずはじめに、失敗しない馬肉ドッグフードの選び方です。

以下に紹介する3つのポイントを抑えておくことで、基本的に変な馬肉ドッグフードを買わずに済みます。ぜひ押さえておきましょう。

馬肉が第1主原料に使われている

え?馬肉を使ったドッグフードなんだから馬肉が主役なのは当然でしょ?

こんな声が聞こえてきそうですが、実は国内外を見ても、主要タンパク源に馬肉だけを使ったドッグフードはほとんどありません。

どちらかというと牛肉、鶏肉、魚肉など他の動物性タンパク源も混ざっているものが多く、使われていても馬肉はほんのちょこっとといった商品の方が多いです。

神様
そもそも馬肉の生産量が少ないから、大量に生産できる牛肉・豚肉・鶏肉よりも値段が高くなるんじゃ。他の肉を混ぜることで価格のバランスを図っているんじゃろうな。

もしも馬肉メインのドッグフードを探すのであれば、第一主原料に馬肉が使われている商品を選ばれることをおすすめします。とくにこだわらないのであれば、主原料に他のお肉が色々ミックスされたものでも構わないでしょう。

原材料や製造工場などの情報が開示されている

原材料の品質を調べることも大事ですが、その馬肉ドッグフードに関する情報がどこまで開示されているか?これを見極めることも失敗しない選び方のポイントです。

とくに原材料の仕入れ先、原材料の品質、製造工場、製造過程、販売会社など、この辺りの情報が細かく開示されていると安心ですね。

ドッグフードに関する細かい情報の開示については義務付けられていませんが、どんな原料を使ってどんな風に調理されているのか分からない商品ほど怖いものはありません。

合成保存料などが無添加である

これは馬肉ドッグフードに限らずですが、合成保存料、着色料、香料、酸化防止剤などの化学合成物質が添加されていないドッグフードを選ぶことが大切です。

ドッグフードの品質や見た目を保つためには必要な成分かもしれませんが、犬が健康的に生きていく上でこれらは必要ありません。

入っていると好ましくない添加物については【全30商品】無添加ドッグフードの選び方と安全な犬の餌ランキング!を参考にしていただき、その上で、これらが含まれてないドッグフードを選ぶようにしましょう。

犬の餌に評判のいい馬肉ドッグフード10種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで評判のいい人気馬肉ドッグフード10種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「情報の質」「無添加」の3つです。

なお、馬肉の安全性が確保されているもの、そして人間用の食品と同等基準の原料が使われているものに関しては主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 情報の質 無添加
A-WAN(馬肉)
馬肉・馬肺・玄米粉(馬肉60%使用)
テラ(馬肉ベース)
馬肉・小麦・米
ドッグフード工房(馬肉)
馬肉・うるち米・小麦
ナチュロル
生肉(牛・鶏・馬・魚)55%
馬肉自然づくり
馬肉・鶏肉・玄米
プリモ
生ミンチ肉(牛・鶏・馬・レバー・魚・豚) 50%
フレッシュファクトリー(馬肉&フィッシュ)
生肉(馬・白身魚肉・青背魚肉・アナゴ)・大麦全粒粉・玄米
PERORI(馬肉)
馬肉・砂肝・玄米
みちのくファーム(馬肉ドッグフード)
馬肉・うるち米・小麦
無添加ドッグフード安心
生肉(牛・豚・鶏・馬・魚肉・牛レバー)・穀物(大麦・玄米・小麦・燕麦・はと麦)
YumYumYum!(馬肉ドライタイプ)
馬肉・大麦・玄米

口コミで評判のいい馬肉ドッグフード10種類を比較してみて、すべて余計な化学合成物質や副産物を使わない優良なドッグフードであることが分かりました。

どれも素材と製法にかなりこだわっており、合成サプリメントの添加も最小限なので、いかに栄養のある食材を丁寧に調理しているかが伺えるほどです。

もしお肉の種類やアレルギーなどが気にならないのであれば、基本的にどれを選んでも問題ないと私は判断しています。

ただし、複数のタンパク源を同時に摂取することを控えていたり、あるいはアレルギーが心配な場合は、できるだけお肉の種類が少ないもの、またはグルテンを含まない馬肉ドッグフードを選ばれるといいでしょう。

そこで次に、これらの比較を踏まえた上でさらに中身を掘り下げ、犬の餌におすすめしたい良質な馬肉ドッグフード5選をまとめてみました!

【決定】犬の餌におすすめな馬肉ドッグフード5選!

評価の基準

ここで紹介する5つの馬肉ドッグフードを決めるにあたり、「どんな馬肉が使われているか?」「安全性は確保できているか?」「原材料のバランス」「価格」にポイントをおいて評価してみました。感じ方には個人差があり、完全さを保証するものではありません。

馬肉自然づくり
馬肉自然づくりの特徴
馬肉自然づくりは、馬刺し専門店で有名な株式会社利他フーズから誕生したドッグフードです。私たち人間用にさばかれた馬刺しの切れ端が使われており、油には不飽和脂肪酸が63%も含まれた馬油を使用しているのが特徴です。
価格 【通常】3,000円~
【定期初回】2,400円~
【定期】2,700円~
内容量 1kg
評価 5.0
編集部からのコメント
馬肉自然づくりは原材料がシンプルで、アレルギーの原因となりやすい食品があまり含まれていないため高く評価しました。ただし、鶏肉や穀物が合わない犬は控えるようにして下さい。やはり馬刺し専門が作っているドッグフードということもあり、価格がとても良心的です。
YumYumYum!(馬肉ドライタイプ)
YumYumYum!(馬肉ドライタイプ)の特徴
ヤムヤムヤムの馬肉ドライタイプは、GREEN DOGオリジナルのドッグフードです。お肉にはカナダ産の馬赤身肉だけを使用しているので、純粋に馬肉だけを使ったドッグフードを必要としている犬にはとてもおすすめできる内容です。ドライフードの他にソフトタイプもあります。
価格 【通常】2,115円(500g)~
【定期】2,115円(500g)
内容量 500g、500g×2、2kg、2kg×2
評価 4.5
編集部からのコメント
お肉に馬肉だけを使ったドッグフードが欲しかった!こんな声に応えるかのように登場したのが、ヤムヤムヤムの馬肉ドライタイプです。アレルゲンとなりやすい原料が含まれていないだけでなく、穀物と一部の野菜は九州にある契約農家で作られた新鮮なものだけを使用しています。
PERORI(馬肉)
PERORIの特徴
PERORIの馬肉は、南米産の馬肉を使用したドッグフードです。きちんと食品衛生検査工程を経た新鮮な馬肉だけを使っており、野菜や穀物に関しては国内の契約農家で栽培されたものだけを使用しています。小麦が含まれているので、アレルギーが心配な場合はおすすめできません。
価格 【初回】1,609円(800g)/1,825円(1kg)
【通常】1,966円(800g)~/2,322円(1kg)~
内容量 800g、1kg、1.6kg、3kg、5kg、10kg
評価 4.5
編集部からのコメント
PERORIは保存料などを一切使用していないため、賞味期限が未開封で3ヶ月とかなり短めになっています。本当に新鮮なフードを求める飼い主さんでも安心して使える商品です。またタンパク質が20%と低めなので、必要に応じてお肉や魚をトッピングして栄養バランスを調整しましょう。
A-WAN(馬肉)
A-WANの特徴
A-WANの馬肉は、総量の60%に国内肥育の馬肉を使用したドッグフードです。油にはグレープシードオイル、菜種油、ひまわり油が使われており、腸内の乳酸菌を増やすためにコーングルテンが使われています。
価格 【初回お試し】2,980円(1kg)
【通常】3,218円(1kg)~
内容量 1kg、1kg×3、1kg×6
評価 4.0
編集部からのコメント
ここまでしっかり馬肉を使ったドッグフードはとても珍しいですね!コーングルテンによるアレルギーが大丈夫であれば、ぜひおすすめしたい馬肉ドッグフードです。A-WANは他にも鹿肉ドッグフードがあります。
Terra(テラ)
Terra(テラ)の特徴
Terra(テラ)は、国産無添加ペットフードなどを取り扱う「ann.」のオリジナル馬肉ドッグフードです。原材料はすべて生の素材だけを使用し、馬肉はニュージーランド産かメキシコ産を使用しています。
価格 【通常】998円(300g)~
【定期】12,240円(5kg)~
内容量 300g、1kg、5kg、10kg
評価 4.0
編集部からのコメント

Terra(テラ)は乳酸菌が配合されているので、腸内環境を整えたい犬にも嬉しい馬肉ドッグフードです。初めての場合は、まず300gをサンプルとして試されるといいでしょう。ただし第2主原料に小麦が使われているので、アレルギーが心配な場合はおすすめしません。

迷ったらコレ!馬肉ドッグフードに馬肉自然づくりをおすすめする理由!

当サイトは特定のドッグフードを強くおすすめするつもりはありません。

ここはあくまでも私が選んだ馬肉ドッグフードとして参考にしていただきたいのですが、そもそもなぜ馬肉自然づくりを選んだのか?その理由を簡単にまとめてみました。

馬肉自然づくりをおすすめする理由
  1. 馬刺しを専門に扱う会社が製造販売しているから信頼性がある。
  2. 熊本で丁寧に育てられた馬の肉を使用。
  3. 注文を受けた後にさばいた馬刺しを使用。
  4. アレルゲンとなりやすい食材が少ない。
  5. 食べやすい小粒サイズ。
  6. オメガ3脂肪酸が豊富な馬油が使われている。

おすすめの馬肉ドッグフードに馬肉自然づくりを選んだ理由は、馬刺しを専門に扱う利他フーズが製造販売をしている馬肉ドッグフードからです。

やはり馬肉に特化した会社が責任もって販売しているという点がすごく安心できますし、人間用の馬刺しの切れ端を、それも注文を受けた後にさばいてドッグフードに使用するのは馬肉自然づくりだけだからです。

詳しくはこの後に解説しますが、利他フーズでは馬肉の生肉(ミンチ)も販売しています。

馬肉自然づくりと組み合わせて使用することで適度に水分も摂れますし、何より新鮮な生肉は消化が良いので、消化機能が低下している犬の胃腸への負担も和らげてくれます。

もちろん他に紹介した馬肉ドッグフードも、非常に安全性が高くて品質も良いものばかりです。あくまでも私の意見ですが、どれを選んでも失敗はないでしょう。

必ずしも馬肉自然づくりだけにこだわる必要性はありませんが、馬肉自然づくりくらい徹底されたドッグフードを選んでおくと間違いはないかと思います。

生の馬肉が好きな犬には「馬肉パラパラミンチ」がおすすめ!

「ドライフードよりも馬肉の生肉を食べさせてあげたい!」と考えている飼い主さんは多いですよね。馬は牛や豚よりも体温が高いですから、寄生虫の心配がないので安心です。

また、馬の内臓そのものがとてもデリケートです。そのおかげで抗生物質やホルモン剤などの薬剤の心配がほとんどないため、これも馬肉を生で食べられる理由の1つになります。

だから生牛肉や生鶏肉などを愛犬に与えるよりも、実は生馬肉を食べさせた方がずっと安全だったりします。

ただ「生馬肉だから何でもいい!」は大変危険なので、必ず実績と信頼性のある販売会社を利用するようにしましょう。

そこでおすすめしたいのが、こちらも利他フーズが販売を手掛ける「馬肉パラパラミンチ」です。正確に言うと、利他フーズが運営する「熊本馬刺しドットコム」が販売をしています。

「馬肉パラパラミンチ」は、人間食用の馬刺しの切れ端をミンチにしているため鮮度も質も非常に高いのが特徴です。実際に私たちも食べることは可能ですが、「馬刺し」ではないので食べる際は必ず加熱するようにしましょう。

犬用「馬肉パラパラミンチ」のおすすめポイントは?

馬肉パラパラミンチのおすすめポイントを簡単にまとめると、

  1. 食材のもつ酵素をしっかりと摂れる。
  2. 良質な馬の脂身が食欲をそそる。
  3. 消化バツグン!
  4. トッピングなどアレンジが効く。
  5. 累計販売数100万食突破!

などがあります。それとこの馬肉パラパラミンチ、やはり専門店が直接販売をしているので価格がとってもリーズナブルです!

ちなみに、900g(300g×3袋)で2,500円、1,800g(300g×6袋)で5,000円ってかなり太っ腹ですよね。お肉屋さんで買うよりもずっと経済的だと思います。

犬が馬肉を食べることにどんなメリットがあるの?

最後に、馬肉が犬の健康にもたらすメリットをまとめてみました。

なぜそんなに馬肉がいいのか?その理由を簡単に紹介したいと思います。

  • 高タンパク・低脂肪。
  • 鶏もも肉よりも低カロリー。
  • カルシウム・鉄分が豊富。
  • 牛肉に比べて体脂肪になりにくい。
  • 不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が豊富。
  • グリコーゲン(旨みの元)が豊富。

実は、馬肉は牛肉や鶏肉よりもずっとヘルシー。運動量が少ない室内犬やシニア犬にも合わせやすく、低脂肪であることから肥満気味な犬にもおすすめのタンパク源になります。

しかも、馬肉には高血圧の予防にもいい「ペプチド」が含まれているほか、抗原度が非常に低いタンパク源なのでアレルゲンになりにくいとされています。

まだまだ犬にとっては馴染みのない馬肉ですが、愛犬の体質や健康状態に合わせて、定期的に馬肉を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

  

この記事のURLをコピーする
【監修】ペットフードアドバイザー1級 / 犬の管理栄養士
ドッグフードの神様 運営者
Hitomi
当サイトでは、記事の監修と執筆の両方を私が一人で行っています。1記事1記事しっかりと時間をかけてリサーチし、間違いがないかどうか入念に吟味した上で公開しています。具体的なプロフィールやサイト運営にかける私の想いについては、以下より詳しく書いていますので、ぜひこちらもご覧いただけたら幸いです。

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全158商品】ドッグフードの総合ランキングを見る