135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

いぬのしあわせドッグフードを購入した口コミ評判!安全性や評価は?

いぬのしわせは、日清ペットフーズ株式会社から販売されているドッグフードです。2018年9月に一部のドライフードがリニューアルされていますが、口コミ評判や安全性は実際のところどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 1.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 1.3kg、2.6kg
※小粒1歳からの場合
価格 465円(1.3kg)
934円(2.6kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 36円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

いぬのしあわせは、当サイトでDランクのドッグフードです。酸化防止剤に天然合成原料を使ったり、危険な添加物をこれといって使用していない点は高く評価できます。しかし、消化の悪い穀物や4Dミート、好ましくない油などの使用が目立つため、正直犬にとってやさしいドッグフードとは言えないなと感じました。ただ、1.3kgをワンコインで買えるというのは魅力ですね。

実際にいぬのしあわせドッグフードを購入してみました!

それでは早速、いぬのしあわせについてレビューしていきましょう!

※ここでは、旧いぬのしあわせ「小粒 1歳からの成犬用(リニューアル後は「小粒 1歳から」)」についてのレビューになります。リニューアル版を購入したら、また新たにレビューさせていただきますね!

まずはパッケージ裏のチェックを。いぬのしあわせの特徴がザックリと書かれています。

次に、袋を開封していきましょう。

いぬのしあわせは小分けパックになっているので、当然ですが外袋にはジッパーが付いていません。外袋は光を通しにくいアルミ蒸着フィルムになっています。

中身はこんな感じ。1.3kgが4袋に分けられているってことは…1袋あたり325gですね!

そしてフードの粒やニオイはというと…

まずニオイですが、とくに臭いと感じることはありません。安いドッグフードってニオイがきついもの多いですから、いぬのしあわせは珍しいかもしれませんね。

ちなみに粒は、魚や骨(?)、ハートなどいろんな形があります。

粒の大きさが分かるように、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。1粒1粒がほんと小さいので、これなら小型犬や丸呑みしやすい犬でも負担なく食べれるでしょう。

それでは次に、リニューアル版のいぬのしあわせの原材料と安全性を徹底分析していきたいと思います!

いぬのしあわせドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、いぬのしあわせの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも、2018年9月にリニューアルした新しい「小粒 1歳から」を分析してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、コーングルテンミール脱脂米糠)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル(DHA・アラキドン酸含有)、米胚芽油)、大豆ミール、アルファルファ、魚介類(フィッシュミール、魚肉抽出物)、ビートパルプ、野菜類(パプリカ、キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、オリゴ糖、乳類(チーズパウダー、ミルクパウダー)、クロレラ、β‐グルカン、グルコサミン、クローブ、バジル、ローズマリー、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B2、B12、パントテン酸、コリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

4D ミートミール・チキンミール・チキンレバーパウダーフィッシュミール・魚肉抽出物 香料
粗悪成分 動物性油脂・フィッシュオイル 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 大豆ミール・ビートパルプ 酸化防止剤 ローズマリー抽出物
タンパク質 22.0%以上 灰分 8.0%以下
脂質 11.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 5.0%以下 エネルギー 345kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類・魚介類

一般的に「〇〇ミール」と呼ばれている肉類は、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、いぬのしわせに関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

油脂類

動物性油脂やフィッシュオイルは、何の動物・魚から抽出された油脂なのか分からない原料の1つです。低品質なドッグフードによく使われている特徴があります。

編集部からのひとこと

「いぬのしあわせ小粒・中粒がリニューアル!」と公式サイトにあったのでいろいろ期待していたのですが、とくにこれといって大きな変化はありませんでした。

強いて言えば、香料が使われなくなったことくらいですね。あとはとくに品質改良された様子もなく、今まで通りのいぬのしあわせでした。

改めて原材料をこうやって見てみると、好ましくない原料がたくさん使われていることが分かります。値段が安いだけあるな!というのが当サイトの第一印象ですね。

ちなみに、穀物、肉類、油脂類については上記で解説した通りです。それ以外の原料についてですが、まず大豆も高アレルギー食品なので避けておきたい原料になります。

そしてビートパルプですが、こちらは製造の過程で硫酸系の薬剤を使用している可能性があるため好ましくありません。一言説明があれば安心ですが、全く説明がないのでとても怖いなと感じます。

このように、いぬのしわせは原料について一切説明がありません。これって実はすごく怖いことなので、愛犬の健康を真面目に考えるなら長期的な常食はできるだけ避けておきたいドッグフードだなと当サイトは感じました。

いぬのしあわせドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、いぬのしあわせを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

いぬのしあわせドッグフードの良い口コミ

チワワ4歳 / メス
5.0
高級なドッグフードはいつも食べ残すのに、こちらの商品は食いつきがとても良いです。粒が小さくて食べやすいのかな?安いので助かります(笑)
パピヨン5歳 / メス
5.0
これ以外のドッグフードを食べるとウンチがゆるくなるため、ずっとこちらを愛用しています。よく食べてくれるし、今のところ病気1つしていません。
パグ6歳 / オス
4.0
いつも満足げに食べてくれます。これまでに病気らしい病気もしたこともありません。経済的で助かっています。

いぬのしあわせドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド11歳 / オス
1.0
原材料を見た時に消化の面で心配はしていたのですが、やはりうちの子には合いませんでした。下痢もするし吐くしで、本当に可愛そうなことをさせてしまったと反省です。もっと品質のいい商品に開発してくれることを願います。
雑種犬8歳 / メス
2.0
フードに粉っぽさがあるようで、食べながらたまに咳き込んでしまいます。食いつきも悪くないだけに残念です。改良に期待してます。
ミニチュア・シュナウザー12歳 / オス
2.0
我が家のワンコには合いませんでした。食いつきは悪くないのですが、ずっと下痢が続いてしまいました。やっぱり安いのはダメだ。

いぬのしあわせドッグフードの口コミ・評判まとめ

いぬのしあわせの口コミを調査したところ、全体的にとても評価の高いドッグフードであることが分かりました。

しかしながら、いぬのしあわせを食べたから何か良い変化が起きたとかそういった声はなかったように思います(見落としていたらすみません)。どちらかというと「安いから経済的」「食いつきがいい」といった声が一番多かったですね。

いぬのしわせは嗜好性を高めるためにチーズパウダーを使用していますから、恐らくこれが食いつきを良くしているのでしょう。

そして悪い口コミでは「体質に合わなかった」「下痢をした」といった声がチラホラありました。確かに消化面で不安が残るドッグフードだなと感じるので、お腹の弱い犬に食べさせる際は注意しましょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでいぬのしあわせを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 465円(1.3kg)
934円(2.6kg)
463円(1.3kg)
829円(2.6kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

いぬのしあわせドッグフードの価格はAmazonも楽天もほぼ一緒!

調査したところ、いぬのしあわせの価格はAmazonも楽天もほぼ同じであることが分かりました。これはいぬのしあわせのドライフードだけでなく、プッチーヌの商品も同様です。

ただ、いぬのしあわせはペットショップやホームセンターでも販売されています。意外とそちらで買った方が安い場合もあるので、よく調査した上で購入されることをおすすめします。

いぬのしあわせドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンといぬのしあわせにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン いぬのしあわせ
内容量 1.8kg 1.3kg
価格 3,564円 465円
100gあたりの価格 198円 36円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、コーングルテンミール、脱脂米糠)
穀物 グレインフリー 小麦粉・ホミニーフィード・とうもろこし・コーングルテンミール・脱脂米糠
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

いぬのしあわせとモグワンですが、まず価格も品質も原材料の使い方もまったく違う商品であることが分かります。

どちらが犬の健康に良いドッグフードなのかは、ここで細かく説明しなくてもよく分かるのではないでしょうか。

犬はもともと炭水化物の消化が苦手で動物性タンパク質の消化を得意としていますから、このことを踏まえるとモグワンの方が犬にやさしいドッグフードであることが分かります。

いぬのしあわせは、確かに価格が安いのでとても経済的です。しかし原材料の使い方や品質を考えると、長期的に常食させるのは好ましくないなと当サイトは感じてしまいます。

通常のいぬのしあわせと「プッチーヌ」は何が違うの?

通常のいぬのしあわせは全部で2タイプのドライフードがあり、さらに食いつきや食感などにこだわったワンランク上のシリーズ「プッチーヌ」というドッグフードがあります。

プッチーヌの主な特徴は、

  • 小さな口でも噛みやすい超小粒タイプ。
  • 小食・好き嫌いの多い犬でも好むよう工夫がされている。
  • ドライと半生タイプがある。

などで、主に小食・好き嫌いの多い犬でも喜んで食べれるよういろいろと工夫されているのがプッチーヌの特徴でしょう。とくにプレミアム感があるわけでもないように感じました。

あとは粒が超小粒なので、どちらかというと小型犬や超小型犬専用のドッグフードですね。

プッチーヌは商品によっては保存料(ソルビン酸カリウム)が使われているものもあるため、もしかしたら通常のいぬのしあわせの方がまだいいかもしれません。

いぬのしあわせ「ゴロっと具ルメ」の評判は?

まず結論から言いますと、いぬのしあわせ「ゴロっと具ルメ」の評判もとても良いです。

とくに多かったのは「これならよく食べる」といった声で、ネガティブな口コミだと「チーズとさつまいもが少ししか入っていなかった」という声が数件あったくらいですね。

ゴロっと具ルメは、野菜などの素材が大きくカットされてそのまま入っているので、これなら食欲のない犬でも喜んで食いつきそうだなというのがよく分かります。

ただ、ゴロっと具ルメもやはり主原料が穀類とミートミールなので、当サイトとしては胸を張って「おすすめ!」と言えるドッグフードではありません。

いぬのしあわせドッグフードのQ&A

いぬのしあわせドッグフードの賞味期限は?

いぬのしあわせの賞味期限は、製造より1年6ヶ月間となっています。小分けパックに脱酸素剤が入っているため、一般的なドッグフードよりも長めに保存できるようです。

いぬのしあわせドッグフードの取扱店や販売店は?

いぬのしあわせを取り扱っている店舗は、日清ペットフード株式会社の公式サイトで確認することができます。ぜひ参考にしてみて下さい。

いぬのしあわせドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 1.3kg、2.6kg
※小粒1歳からの場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 465円(1.3kg)
934円(2.6kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 36円
販売会社 日清ペットフード株式会社
公式サイト https://www.nisshin-pet.co.jp/shiawase/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る