135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

キアオラドッグフードの口コミ評判は?商品の安全性や評価も徹底解説

キアオラは、ニュージーランド産の自然放牧の良質な肉を可能な限り使用した高品質ドッグフードです。そんなキアオラの安全性や口コミ評判を徹底分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 450g、900g、2.7kg、5kg、9.5kg
価格 1,620円(450g)
2,700円(900g)
7,128円(2.7kg)
12,312円(5kg)
20,520円(9.5kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 264円
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
編集部からの評価

キアオラは、当サイトでAランクのドッグフードです。犬の健康に必要のない原料は一切含まれておらず、ニュージーランド産の良質な動物性タンパク質をたっぷり使った優秀なドッグフードであることが分かりました。配合比率まで明確だと尚良かったですが、植物原料を必要最低限に絞ったと説明があるので安心です。余計な添加物も入っていないので、当サイトも心からおすすめできるドッグフードです。

キアオラドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、キアオラの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「ベニソン」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

ベニソン生肉、乾燥サーモン、えんどう豆、タピオカスターチ、全粒亜麻仁、鶏脂、ポテト、キャノーラ油、天然フレーバー、乾燥ベニソン、フィッシュオイル、タウリン、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、ビタミンAサプリメント、チアミンモノニトレート(ビタミンB1)、リボフラビンサプリメント、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンB12サプリメント、ビタミンD3サプリメント、葉酸(ビタミンB9)、塩化コリン)、ミネラル類(塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、塩化カリウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物・グリーンティ抽出物・スペアミント抽出物)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ローズマリー抽出物・グリーンティ抽出物・スペアミント抽出物
粗タンパク質 30.0%以上 灰分 10.0%以下
粗脂肪 15.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 カロリー 約376kcal/100g

ベニソン生肉

屋外で自然放牧されながら牧草を食べて育った鹿の肉を使用(トレイサビリティが徹底した牧場のみと契約)。ベニソンは低脂肪・低カロリーのタンパク源です。

乾燥サーモン

サーモンには抗酸化作用の高いアスタキサンチンをはじめ、EPAとDHA(オメガ3脂肪酸)、そしてビタミン類が豊富に含まれています。

編集部からのひとこと

キアオラの原材料や安全性ですが、余計な添加物や原料が一切入っていない非常に良好なドッグフードであることが分かりました。原料はすべてヒューマングレイドです。

まずキアオラでは、すべて自然放牧されながら牧草を食べて育った鹿・羊・牛の肉が使われています。トレサビリティが徹底された牧場とのみ契約しているとのことなので、管理・安全面は問題ないと言っていいでしょう。

そして、これら動物性タンパク質を最大限に利用しています。全体の何%に動物性タンパク質を使用しているのか分かると尚良かったですが、植物原料は必要最低限に絞ったと説明があるので配合比率はかなり高めでしょう。

また炭水化物にはエンドウ豆やタピオカなどが使われているので、穀物アレルギーに配慮されているのが嬉しいですね。

ちなみにキアオラは、あの高級ドッグフード「ジウィピーク」と同じ会社で輸入販売されています。そのため、ジウィピークが高すぎる…という場合にはキアオラとの混ぜ使いが推薦されているほどです。

ただ当サイトがちょっと気になったのは、天然フレーバーの種類。天然原料なので気にする必要はありませんが、せっかく原料にこだわっているのだから何を使っているのか分かると良かったとは感じます。

当サイトが気になったのはそれくらいで、あとは本当に申し分ないくらいです。高栄養価な食事を必要とする犬には、ぜひおすすめしたいドッグフードと言えます。

キアオラドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、キアオラを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

キアオラドッグフードの良い口コミ

シェルティー4歳 / メス
5.0
もともとドライフードをあまり食べない子でしたが、キアオラにしてから毎日残さず食べてくれるようになりました。よっぽど美味しいんだと思います。値上がりしたのは残念ですが、安心・安全を買っていると思えば安いもんです。
ビーグル7歳 / オス
4.0
涙やけがひどくていろいろ試したところ、うちの子にはキアオラが一番合っていることが分かりました。キアオラを食べている間は涙がボロボロと出ることがなく、何より今までのフードより一番よく食べてくれます。時々うんちが硬くなってしまうためマイナス1です。
柴犬6歳 / オス
5.0
アレルギー体質の柴犬です。こちらのフードに切り替えてからカイカイがなくなり、体調良好な状態をキープできています。毛色も濃くなってきたのでうれしいです。また購入したいと思います。
マルチーズ9歳 / メス
5.0
アレルギーで赤くなっていた皮膚が、こちらを食べるようになってから薄いピンク色になりました。また涙やけもすこぶる改善しました。体臭もほぼなくなっているような気がします。

キアオラドッグフードの悪い口コミ

雑種犬3歳 / オス
2.0
評判がすごくいいので買ってみたのですが…うちの子は好みじゃないのか全然食べなくて残念。他のフードと混ぜると何とか食べる感じです。
ラブラドール・レトリバー10歳 / メス
1.0
最近、ラムのキアオラにカビが発生したとメーカー側から発表されました。信頼していただけにすごく残念です。

キアオラドッグフードの口コミ・評判まとめ

キアオラの口コミを調査したところ、非常に評判の良いドッグフードであることが分かりましました!ほとんどの飼い主さんが絶賛しています。

とくに多かったのは「食いつきがいい」「涙やけが良くなった」「アレルギーが改善した」という声です。中でも、涙やけとアレルギーの症状が緩和したという声は本当に多かったような気がします。

それだけキアオラに使われている原料の質が良く、犬にとって消化吸収しやすいドッグフードという証拠でしょう。安心して愛犬に食べさせられますね。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでキアオラを買うのがもっとも安いのか?ここでも「ベニソン」を基準に、公式サイト、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,456円(450g)
3,059円(900g)
7,128円(2.7kg)
12,311円(5kg)
18,468円(9.5kg)
1,620円(450g)
2,700円(900g)
7,128円(2.7kg)
12,312円(5kg)
20,520円(9.5kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

キアオラドッグフードの価格はAmazonも楽天ほぼ同じ!

調査した結果、キアオラの価格はAmazonも楽天もほぼ同じであることが分かりました。ただし小さい容量に関しては楽天が安いので、何kg購入するかで購入先を決められると良いでしょう。

キアオラドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとキアオラにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン キアオラ
内容量 1.8kg 2.7kg
価格 3,564円 7,128円
100gあたりの価格 198円 264円
メイン食材 チキン&サーモン53% ベニソン生肉・乾燥サーモン
穀物 グレインフリー テキスト
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Aランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

キアオラとモグワンですが、どちらも厳選されたヒューマングレイドの原料を使った高品質ドッグフードです。無添加でグレインフリーという点も共通です。

当サイトとしては正直どちらもおすすめできるドッグフードなので、最終的には愛犬の好みや体重、そして運動量やライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

ちなみにこれはあくまでも当サイトの案ですが、キアオラとモグワンをローテーション使いされてみるのも1つの方法です。その方が食物アレルギー対策にもなりますし、各タンパク源からそれぞれ違った栄養素を補えるので健康にも良い影響を与えます。

またキアオラはお値段が高いですから、間にリーズナブルなモグワンを入れることで価格のバランスが比較的とりやすくなることでしょう。

ただし、キアオラの方がモグワンよりも栄養価がやや高めです。高タンパク・高カロリー食を避けている場合は、ややヘルシーなモグワンを選ばれた方が良いかもしれません。

キアオラドッグフードは犬の涙やけにいいの?

キアオラで涙やけ対策ができるとは言い切れませんが、食べ続けることで涙の質が良くなったり、涙が目から溢れ出てくるといった症状が改善されやすい傾向にはあるようです。

実際に「涙やけが良くなった」「涙がボロボロ出にくくなった」という口コミも一定数あるほどですから、何かしら良い変化が起きやすいのは確かなのでしょう。

それについて考えられる理由はちゃんとあって、それはキアオラが犬にとって消化しやすく、涙やけの原因となる添加物や低品質な食材が一切含まれていないからです。

基本的に、品質の良い原料を使ったドッグフードは犬にとって消化吸収が良いです。毎日食べても体内に老廃物が溜まりにくいため、結果として涙にも良い変化が起きやすくなります。

つまり、涙は食べる物の影響を受けやすいということ。キアオラのようなまともな食事をしている犬ほど、涙やけが起きにくい傾向にはあるようです。

神様
ただし、涙やけは必ずしも食事が原因とも限らないぞ!中には遺伝や鼻涙管などの異常が原因の場合もある。必ず動物病院で検査を受け、その上で適切な対策をしよう。

キアオラドッグフードの種類と特徴について

キアオラドッグフードは全部で3種類あります。それぞれの特徴を、栄養成分値の比較も含めながら簡単にまとめてみました。

栄養成分 ベニソン ラム グラスフェッドビーフ
粗タンパク質 30.0%以上 30.0%以上 30.0%以上
粗脂肪 15.0%以上 15.0%以上 15.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下 4.0%以下
灰分 10.0%以下 10.0%以下 10.0%以下
水分 10.0%以下 10.0%以下 10.0%以下
カロリー 約376kcal/100g 約382kcal/100g 約363kcal/100g

まず栄養成分値を比較してみると、カロリー以外はすべて同じであることが分かります。

なので、どれを選んだらいいのか迷った場合は、とりあえずカロリーと愛犬の体質や好みで決めると良いでしょう。ただしラムとビーフでは約20kcalの差がありますから、ビーフからラムへ切り替える際は給餌量に気をつけるようにして下さい。

そしてこちらは、ベニソン・ラム・グラスフェッドビーフそれぞれの特長です。

ベニソン(鹿肉) ベニソンは低脂肪・低カロリーで、食物アレルギーになりにくいタンパク源。10種類の必須アミノ酸がすべて含まれているだけでなく、必須ビタミンのB1・B12・B6・B3や鉄分が豊富に含まれている。
ラム(羊肉) ラムは他の肉種よりも赤みが多く、高タンパクで低カロリー。10種類の必須アミノ酸がすべて含まれているだけでなく、ビタミンA群やB群、鉄分や身体を活性化するカルニチンが豊富に含まれている。
グラスフェッドビーフ(牛肉) グレインフェッドビーフと比べ、低脂肪・低コレステロールで飽和脂肪酸の量も少ないのが特徴。鉄分、ビタミンE、ビタミンC、βカロチン、共役リノール酸が豊富に含まれている。

それぞれ異なる栄養素を含んでいるので、3種類をローテーションして食べさせるといろんな栄養素を補給することができますよ。

キアオラドッグフードのQ&A

「キアオラ」の意味って何?

「キアオラ」は、ニュージーランド原住民族のマオリ語で「Be healthy(健康でね)/Be well(元気でね)」という意味を持つそうです。そこから派生して「Hello(こんにちは)」というような挨拶の言葉としても使用されていると公式サイトに説明がありました。

キアオラドッグフードにはお試しサンプルってある?

キアオラには60gのサンプルがあるようで、キアオラ正規品を取り扱うペットフード専門店(「PET DINING」や「UG pet.com」など)で入手することが可能です。

キアオラドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 450g、900g、2.7kg、5kg、9.5kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,620円(450g)
2,700円(900g)
7,128円(2.7kg)
12,312円(5kg)
20,520円(9.5kg)
※楽天参考価格
100gあたり価格 264円
販売会社 レッドハート株式会社
公式サイト http://backtobasics.jp/kiaora
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る