135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【安全でおすすめ!】評判のいい国産無添加ドッグフードランキング!

日本では「外国産」よりも「国産」の食品がとても好まれています。ドッグフードもその1つで、最近は国産のドッグフードにこだわる飼い主さんがとても増えてきました。

しかし、国産だからといって必ずしも安全が保障されているわけではありません。「国産」という言葉だけに捉われると、どんなに低品質なドッグフードも良く見えてしまいます。

そこで当サイトは、本当におすすめできる国産ドッグフード5選をランキング形式でまとめてみました!国産ドッグフードの選び方や人気商品との比較もたっぷり紹介していきます。

【基本】本当に安全な国産ドッグフードの選び方

それではまず、本当に安全な国産ドッグフードの選び方について紹介していきましょう!

以下に当てはまらない国産ドッグフードは、基本的に当サイトではおすすめしません。できることなら、そのようなドッグフードを食べさせるのは今すぐやめていただきたいぐらいです。

とはいえ、一体どのような国産ドッグフードを選べばいいのでしょうか?選び方のポイントを3つまとめてみました!

グレインフリー/穀物の量が少ないもの

国産ドッグフードのほとんどは、穀物が主役になっています。お肉よりも穀物中心になっているものが大半で、そんなドッグフードほど「栄養バツグン」などと謳われていたりします。

とくによく使われている穀物は小麦とうもろこしで、これらはコストが安くカサ増しに丁度いいので多用されています。考えただけで恐ろしいですよね。

ちなみに、犬にとって穀物が絶対にダメではありません。基本的に犬は動物性タンパク源を主食にしなければ健康的に生きていけないため、穀物を主食にすることが望ましくないのです。

なので国産ドッグフードを選ぶ時は、グレインフリーのドッグフード、あるいは消化の良い穀物2~3種類(玄米など)が使われているドッグフードを選ぶようにしましょう。

とくに小麦のようにグルテンを含む穀物は犬にとって消化しにくく、さらにとうもろこしは芯や皮、ヒゲまでも一緒に使っているメーカーもあるので十分に注意して下さい。

人工添加物が使われていないもの(無添加)

これも国産ドッグフードにありがちなのですが、なぜか人工添加物が当たり前のように使われているんですよね。酸化防止剤や保存料、着色料、香料、挙句の果てには調味料など…。

正直、このようなものを毎日摂取したって何の得にもなりません。少量ならうんちと一緒に排出されますが、毎日継続的に摂取していればやがて体内に蓄積され、病気やアレルギー、そして涙やけや皮膚病などを招きます。

日本はまだまだドッグフードに対する規制が緩いです。海外では禁止されているような添加物も当たり前のように使われているので、この辺りも十分に注意しましょう。

避けるべき添加物の例

酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシン、没食子酸プロピル)、着色料(赤色〇号、青色〇号、黄色〇号)、保存料(ソルビン酸カリウム)、防腐剤(安息香酸類、ポリリジン、亜硫酸ナトリウム)香料、調味料、甘味料など

ヒューマングレイドの原料が使われているもの

日本でもようやく、ドッグフードに使用する食材等の品質にも細心の注意を払うようになってきました。が、それでもまだまだ原材料の品質と安全性は低レベルの国です。

ドイツやイギリス、カナダのようなペット先進国では、当たり前のように人間用の良質な食材をドッグフードに使っています。しかし国産ドッグフードのほとんどは、人間も口にできないような低品質な肉類(聞いただけでショックを受けるような肉類)が使われています。

犬を本当に愛している人なら、思わず「今までこんなの食べさせてごめんね」と何度も言いいたくなるような中身です。そのようなドッグフードを、日本では平気で生産しています。

なので国産ドッグフードを選ぶ時は、必ず人間も食べれる良質な食材(ヒューマングレイド)が使われているドッグフードを選びましょう!

こんな原材料が表記されていたら危険!

〇〇ミール、〇〇エキス、〇〇パウダー、肉粉、肉骨粉、ボーンミール、肉類、家畜肉、〇〇副産物、動物性油脂、獣脂、家畜油脂など

口コミで人気の国産ドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで人気の国産ドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「穀物不使用」「無添加」「ヒューマングレイド」の3つです。

商品名 穀物不使用 無添加 ヒューマングレイド
jpスタイル「和の究み」
犬心「糖&脂コントロール」
ウェルケア
Dr.ケアワン
ビオナチュール
プリモ
わんこのきちんとごはん
鹿肉ベーシック
ランミール
ナチュロル
ビタワン
馬肉自然づくり
いぬのしあわせ
ゲインズパックン
グラン・デリ

よく見かける有名なドッグフードがいかにヤバイか、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?同じ国産でも、見慣れないドッグフードの中身が全然違うことにお気づきかと思います!

見慣れないドッグフード、つまりお店では買えない通販限定のドッグフードです。愛犬に食べさせるなら、健康のためにもこのような国産ドッグフードを選んでいただきたいのです。

とはいうものの、どの商品を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで当サイトはさらに条件を絞り込み、その中から優秀な国産ドッグフード5選をランキングにしてみました!

本当に安全な国産無添加ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「穀物不使用(もしくは穀物の使用量が少ない)」「無添加」「ヒューマングレイド」にポイントをおいて評価しています。その上で、動物性タンパク源の含有量、低アレルギー、栄養バランスを評価項目に入れてみました。

ナチュロル
ナチュロルの特徴
ナチュロルは人間も食べれるほど良質な原料のみを使い、穀物や副産物、人工添加物を一切使っていません!しかも原材料の約半分(55%)は、新鮮な4種類の肉・魚で占めるという贅沢っぷり。世界で初めて「安定・持続型ビタミンC」を配合したドッグフードでもあります。
価格 【初回お試し】100円(30g)
【通常】3,000円(850g)
【定期】4,980円(850g×2袋)~
内容量 850g
評価 5.0
編集部からのコメント
無添加・穀物不使用・ヒューマングレイドの国産ドッグフードを選ぶなら、当サイトは自信を持ってナチュロルをおすすめします!そもそも穀物不使用の国産ドッグフードがほとんどないため、ナチュロルは非常に貴重な存在です。ちゃんと新鮮な生肉・生魚を使用している点も優秀ですね!
Dr.ケアワン
Dr.ケアワンの特徴
Dr.ケアワンは、動物栄養学博士とペット栄養管理士が直接開発に携わったドッグフード(一般食)です。人間も安心して食べれる原料のみを使用し、人工添加物や副産物は一切含まれていません!鹿児島産の良質な鶏肉をはじめ、新鮮な穀物や野菜がバランスよく配合されています。
価格 【通常】3,000円
【定期初回】2,400円~
【定期】2,700円~
内容量 800g
評価 4.5
編集部からのコメント
Dr.ケアワンは獣医師たちが開発に携わったこともあり、中身が本当にしっかりしているドッグフードです。4種類の穀物が使われていますが、どれも低アレルギーの消化しやすい穀物なので深く心配する必要はありません。一般食なので、必要に応じて総合栄養食やトッピングをプラスすると良いでしょう。
馬肉自然づくり
馬肉自然づくりの特徴
馬肉自然づくりは、馬刺し専門店で有名な株式会社利他フーズから誕生したドッグフードです。100%ヒューマングレイドの無添加で、余計なものが一切使われていないことが原材料を見ても分かります。油には、不飽和脂肪酸が63%も含まれた馬油が使われていますよ!
価格 【通常】3,000円~
【定期初回】2,400円~
【定期】2,700円~
内容量 1kg
評価 4.5
編集部からのコメント
国産の馬肉ドッグフードを探しているなら、当サイトでは迷わず馬肉自然づくりをおすすめします!なんといっても、馬肉専門店が製造・販売しているから安心なんです!穀物の量は5種類とちょっと多めにはなりますが、どれも犬の消化器に負担をかける穀物ではないので酷く心配する必要はありません。
犬心「糖&脂コントロール」
犬心「糖&脂コントロール」の特徴
犬心「糖&脂コントロール」は、高血圧や高脂肪によるトラブルと病気に対応した療法食フードです。ただし療法食といっても、日頃から体重が気になる犬や糖質・脂質を控えている犬も与えられるような内容になっています。犬心も100%無添加のヒューマングレイドです!
価格 【通常】2,600円(1kg)
【まとめ買い】6,500円(1kg×3袋)~
【定期】6,400円(1kg×3袋)~
内容量 1kg
評価 4.0
編集部からのコメント
犬心には全部で3種類の療法食があり、その中でも今回は「糖&脂コントロール」をおすすめしました!国産ドッグフードで、しかも無添加&ヒューマングレイドの低糖・低脂肪フードってなかなかありません。糖質や脂質の制限をしている犬にはもちろん、肥満対策をしている犬にもおすすめです!
PRIMO(プリモ)
PRIMO(プリモ)の特徴
プリモは、生食に限りなく近い食事ができるよう製造にかなりこだわったドッグフードです。比重が他のドッグフードよりも1.5倍あるため、腹持ちが良いというメリットもあります。プリモも食品レベルの新鮮な肉を使い、人工添加物や副産物は一切含んでいません!
価格 【通常】880円~
内容量 500g、1kg、3kg、6kg(3kg×2)
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
国産ドッグフードで人気の高いプリモ!素材本来の栄養素をできるだけ生かせるよう、低温・低圧製造を心がけている点が素晴らしいです。ただ、アレルゲンとなりやすい原料が他よりも多いのがデメリットです。とくに食物アレルギーが気にならなければ、プリモもおすすめのドッグフードと言えます。

国産ドッグフードにナチュロルがおすすめな理由!

数ある国産ドッグフードの中でも、なぜナチュロルがおすすめなのか?その理由をまとめてみました!

国産ドッグフードにナチュロルをおすすめする理由
  1. 新鮮な生肉・生魚を55%も使用している。
  2. 人間も食べれるほど良質。
  3. 必須脂肪酸が豊富なひまわり油が使われている。
  4. 高濃度のビタミンCが配合されている。
  5. 穀物不使用(穀物アレルギーにも配慮)
  6. 人工添加物不使用(無添加)
  7. 副産物不使用

当サイトがナチュロルをおすすめする理由は、なんといっても新鮮な肉と魚をたっぷり使ったヒューマングレイドのドッグフードだからです!

犬が健康的に生きていくためには、良質な動物性タンパク源を主食にする必要があります。ナチュロルならそこをクリアしているので、敢えてお肉をトッピングする必要もありません。

また、アレルギーに配慮して穀物を一切含んでいないところもいいですね。何かしら穀物を使用してしまうところが国産ドッグフードの特徴なのですが、ナチュロルはグレインもグルテンも含まないので非常にありがたい存在です!

さらに、高濃度のビタミンCも安定・持続型という形で配合されています。犬も免疫力が低下すると体内でビタミンCが合されにくくなりますから、わざわざサプリメントを買う必要もないところがナチュロルの良さとも言えるでしょう。

アレルギー対策にいい国産ドッグフードの選び方は?

最近は、国産ドッグフードにも「アレルギー対策」と謳った商品が数多く出てきました。確かに響きはいいですが、ここで注意しなければいけないことが1つあります。

それは、いくらアレルギー対策になるからとはいえ、そのドッグフードにアレルゲンとなってしまう原料が入っていたら意味がないということです。

ちなみにアレルゲンとなる原料は、個体差によってバラバラです。しかしアレルゲンとなりやすい代表的な原料というものはあるので、念のため見ておきましょう。

  • 牛肉・豚肉・ささみ
  • 穀物(とうもろこし、小麦、大豆など)
  • 化学合成物質(保存料、香料、酸化防止剤など)
  • 低品質な肉類・副産物・穀物・食材全般
  • 乳製品

国産・外国産問わず、ドッグフードでアレルギー対策をするなら、まずはこれらの原料が含まれているドッグフードを避けることが大切です。

ただしお肉に関しては、必ずしも牛肉や豚肉がダメというわけではありません。犬によっては鶏肉やラム肉がダメな子もいますし、鹿肉や馬肉に反応してしまう子だっています。

一般的に食肉アレルギーを起こしやすい犬は、すでにアトピー性皮膚炎や遺伝的にアレルギー体質で生まれてきた犬に多く見られます。心配な場合は、アレルギー性の低い鹿肉・馬肉・魚を使った国産ドッグフードから選んでみましょう。

犬によってアレルギーの原因は様々じゃ。必ずしも食事が原因とは限らないから、まず最初に動物病院で検査してもらうことをおすすめするぞ!中には、アトピーやノミ・ダニ、ハウスダストが原因になっている場合もあるんじゃ。

  

この記事のURLをコピーする