135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

【雑種犬のかわいい画像20選】オンリー・ワンの魅力に癒されよう!

純血種の犬を飼う家庭が増えてきている中、何年経っても変わらない人気を誇るのが「雑種犬」です。

そこで当サイトでは、もっともっと多くの人に雑種犬の魅力を知ってもらえたらと思い、かわいい画像と一緒に雑種犬の魅力や特長を紹介することにしました!

いまいち雑種犬の良さが分からなかった人も、雑種犬を飼うことに抵抗があった人も、この機会に雑種犬の魅力をぜひ知っていただけたらと思います♪

雑種犬あるある!こういうところが魅力的!

「どうせ雑種だし」という先入観から、雑種犬の魅力をこれっぽっちも知ろうとしない人すごく多いですよね…。しかも、なぜか雑種であることを隠す飼い主さんもいます。

でも最近の日本は少しずつ変わりつつあるようで、雑種犬の魅力に気づいて雑種犬を飼い始める人が再び増えてきました!まさに雑種犬ブーム到来と言っても過言ではないでしょう。

それに伴い、インスタグラムなどのSNS上で雑種犬の良さを発信する飼い主さんも増えてきたように思います。いろんな雑種犬を見ていると、みんな個性があって本当にかわいいですよ♪

そこでまず初めに、雑種犬ならではの魅力を3つまとめてみました!

寿命が比較的長い!

雑種の犬は、純血種の犬と比べると比較的長生きしやすい傾向にあります。これはただの偶然とかではないようで、ちゃんと根拠も存在しているので間違いはないでしょう。

ちなみにその根拠とは、雑種の犬は遺伝的な病気にかかるリスクが低い上に、体が丈夫で日本の気候に対応しやすいことにあるようです。中でも、日本犬の雑種はその傾向が強いと言われています。

その逆で、純血種の犬は改良の過程で遺伝的なリスクを抱えやすい傾向にあります。さらに原産国の気候に合った体質をしているので、日本の気候に馴染みにくいことも寿命が短くなってしまう要因のひとつだと言われています。

オンリー・ワンになりやすい!

これは雑種犬ならではの魅力だと思います!純血種の犬は、同じ犬種ならだいたい同じ顔をしてますよね(表情や目の形などはもちろん個体差ありますが)。

しかし雑種犬は、親兄弟じゃない限り同じ顔や形をしている犬に出会うということは滅多にありません。そのため個性が出やすい、まさに「オンリー・ワン」という特徴をもちます。

どんな姿になるか成長を楽しめる!

雑種犬はいろんな犬種が混ざっていて、標準というものがありません(体重・体高など)。そのため、成長するまでどのくらいの大きさになるか予測できないところがあります。

毛色や顔立ちがどんな風になるのかな?あとどれくらい大きくなるのかな?とワクワクさせてくれるのも、雑種犬ならではの魅力と言えるでしょう。

癒される~!【雑種犬のかわいい画像20連発!】

それでは早速、私がインスタグラムで見つけた雑種犬のかわいい画像20枚をお届けしていきたいと思います♪

高岩泰代さん(@yasyo1592)がシェアした投稿

暁さん(@akiko_0306)がシェアした投稿

kazue.Sさん(@kazueko23)がシェアした投稿

saekoさん(@saeko1978)がシェアした投稿

mikacoさん(@soma0158)がシェアした投稿

yumi tkgさん(@ymtkg326)がシェアした投稿

mihoさん(@cocoamama0830)がシェアした投稿

クロさん(@roku.69)がシェアした投稿

まみおさん(@melicojp)がシェアした投稿

くろさん(@kurochan0813)がシェアした投稿

みんな本当に可愛くて癒されますね~!どのわんちゃんも、すごく愛されながら育てられている様子が写真からも伝わってきます♡

まとめ

たくさんの雑種犬を拝見した時に、みなさん「里親」として保健所や動物愛護センターからわんちゃんを引き取っているんだなということが分かりました。

実際に、捨てらてしまう犬のほとんどは雑種犬やミックス犬です。「純血種ではないから」という人間の勝手な理由で捨てられてしまうことも多々あります。

この事実を聞いた時、私はひとりの飼い主として許せないというか…本当に本当に残念な気持ちでいっぱいになりましたね。日本はなぜ、純血種の犬にこだわる人が多いのか?と。

日本では、まだまだ犬をブランド品のようにしか見ていない人が多いような気がします。犬の立場を利用して、自分自身のステータスを高めようとする。そんな感じです。

しかし人間のそんな勝手な都合は、犬たちには関係はありません。純血種だろうがミックスだろうが雑種だろうが、彼らは「一匹の犬」として精一杯毎日を生きています。

私はこの記事を通して「雑種犬を飼って下さい」と懇願しているわけではありません。雑種犬だって同じ犬であることを忘れないでほしい…それが伝わればいいなと思っています。

この記事のURLをコピーする