135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

マザープラスドッグフードの口コミ評判は?安全性や評価も徹底解説!

マザープラスは、8種類の雑穀と8種類の野菜を厳選ブレンドした国産のドッグフードです。そんなマザープラスの安全性や口コミ評判は実際どうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Cランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 3.5
グレインフリー 0.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 4.0
内容量 1kg
価格 【通常】2,700円
【定期】2,431円
※チキン 成犬用の場合
100gあたり価格 243円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

マザープラスは、当サイトでCランクのドッグフードです。人間用の国産食材のみを使用し、危険な添加物や副産物などを一切含まない良好なドッグフードであることが分かりました。ただし、マザープラスは小麦粉や大豆、とうもろこしなどの高アレルゲン食品が使われています。もちろん体質にもよりますが、何かしらアレルギーを持っている場合は十分に注意した上で常食させた方がいいかもしれません。

マザープラスドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、マザープラスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「チキン 成犬用」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

鶏肉、小麦粉、玄米、魚、菜種油、大根葉、大麦、ごぼう、にんじん、しいたけ、キャベツ、ハト麦、もちあわ、もちきび、玄ソバ、白菜、高菜、大豆とうもろこし、パセリ、青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ミネラル類(カルシウム、塩化ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅)、ビタミン類(B12、E、A、D、B2)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 大豆 酸化防止剤
粗タンパク質 19.8%以上 粗灰分 3.9%以下
粗脂肪 9.9%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 0.5%以下 カロリー 391kcal/100g

鶏肉

鶏肉はアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

小麦粉

小麦粉はグルテンの含有量が多いので犬にとって消化しにくく、アレルギーを引き起こしやすい穀物の1種です。また高GI値食品なので血糖値が急上昇しやすいデメリットもあります。

大豆

大豆には「トリプシンインヒビター」という、犬には有害な物質が含まれています。この毒性は長時間加熱しないと消えないのですが、ドライドッグフードの製造工程による加熱時間だけで毒性を完全に処理することはできないので注意が必要です。

編集部からのひとこと

マザープラスの原材料を確認したところ、国産の人間用食材のみを使用し、危険な人工添加物や副産物を一切含まない非常に良好なドッグフードであることが分かりました。

お肉の配合比率までは分かりませんが、同社から販売されているグリーンプラスよりも多く含まれているようです。犬猫自然食本舗の「よくある質問」に説明がありました。

ただ残念ながら、マザープラスには小麦粉、とうもろこし、大豆が使われています。もちろんカサ増し目的ではないと思いますが、説明がないうえに、やはり消化吸収に負担のかかる原料がたくさん使われているのはいただけないです。

しかも全体的に植物性タンパク質の割合が多いように感じられるので、もともとお腹の弱い犬や消化の悪い犬に食べさせる際は注意が必要と言えます。初めての場合はお試しセットを利用されるといいでしょう。

あとタンパク質が極端に低めなので、体質によっては毛質や皮膚の状態、筋肉量が不安定になってしまう犬もいるかもしれません。常食させる際は、今の愛犬に合っているかどうか?を専門家に相談されることをおすすめします。

マザープラスドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、マザープラスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

マザープラスドッグフードの良い口コミ

トイ・プードル1歳 / オス
5.0
うちのトイプーは、今まで食べさせていたフードよりもマザープラスの方が好きなようです。毎回食べ終わるまでよそ見することもありません。
チワワ10歳 / オス
5.0
グリーンプラスは小粒過ぎるのでマザープラスに変えてみました。こちらの方が食べやすいようで、口からポロポロこぼさず綺麗に平らげます。
コーギー6歳 / メス
4.0
ロイヤルカナンからマザープラスに切り替えました。初めはうんちの量が少なくてびっくりしましたが、これが正常だということを知り、なんで今までなんでロイカナを食べさせていたんだろう…と本当に申し訳なくなりました。

マザープラスドッグフードの悪い口コミ

ミックス犬4歳 / オス
3.0
油っぽさもなくとても安心のできる品質なのですが、タンパク質が低いので栄養が足りているのか不安になります。
パグ11歳 / メス
2.0
ドッグフード特有の嫌な匂いがしないので気に入っています。しかし、粒がどんどん細かくなってしまっているように思います。とても食べづらそうです。
ミックス犬8歳 / メス
3.0
品質は良いと思います。しかし価格が高い。他の国産フードに切り替えようか検討中です。

マザープラスドッグフードの口コミ・評判まとめ

マザープラスの口コミを調査したところ、全体的にとても評判の良いドッグフードであることが分かりました。グリーンプラスよりも口コミが多めでしたね。

とくに多かったのが「国産だから安心」「品質が良い」「香りがいい」といった声で、体への変化に関する口コミというよりは、マザープラス製品の品質などに関する好意的な声が多かったように思います。

その一方で「価格が高い」「粒が細かい」「粒が粉々」といった声もありましたね。価格に関しては、それだけ良い素材を使っている証拠なので仕方ない部分ではあるかと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでマザープラスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 2,431円
通常購入 2,700円 2,570円 2,160円
送料 8,000円以上は無料 無料 店舗により異なる

マザープラスドッグフードの価格は楽天がもっとも安い!

調査した結果、マザープラスの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ただしこれに送料は含まれていないので、場合によってはAmazonの方が安いこともあります。

あと、継続してマザープラスを購入する予定があるなら、公式サイトだと定期購入割引や会員割引もあるのでお得ですよ。

マザープラスドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとマザープラスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン マザープラス
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 2,431円
100gあたりの価格 198円 243円
メイン食材 チキン&サーモン53% 鶏肉
穀物 グレインフリー 小麦粉・玄米・大麦・ハト麦・もちあわ・もちきび・玄ソバ・大豆とうもろこし
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Cランク
※定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

マザープラスとモグワンですが、どちらも人間用の食材のみを使った良好なドッグフードです。また、危険な人工添加物や副産物を使わない点も共通です。

この2つの商品でもっとも比較すべき項目は、まず何と言っても穀物でしょう。表から見ても分かるとおり、マザープラスには非常に多くの穀物が使われています。

犬にとって穀物が絶対にダメではないのですが、やはり消化吸収面を考えた時に小麦粉・とうもろこし・大豆の3種はできるだけ避けておきたいですね。

あと植物性タンパク質の摂り過ぎも犬の消化器に負担をかけてしまいますから、ちゃんと動物性タンパク質の配合比率が分かるモグワンのようなドッグフードを選ぶことも知識の1つとして頭に入れておくといいかもしれません。

どちらが愛犬に適してるのかは、愛犬の体質や健康状態、そしてライフスタイルなどと上手に向き合いながら決められることをおすすめします。

マザープラスドッグフードの種類と特徴について

マザープラスには3種類のドッグフードがあり、その中でも「チキン」だけは幼犬・成犬・シニア犬用の3つのライフステージ別に分かれています。

商品名 特徴
チキン 幼犬用 栄養価が高めに設定されているので、成長期の子犬、授乳・妊娠期の母犬、活動犬などに向いている。
チキン 成犬用 室内犬や活動量が少なめの成犬に向いている。
チキン シニア犬用 全体的に栄養価が低めに設定されているので、活動量が減ったシニア犬などに向いている。
ポーク 成犬用 主要タンパク源に豚肉を使用。チキンが合わない犬におすすめ。
まぐろ 成犬用 主要タンパク源にまぐろとにぼしを使用。チキンよりはやや高めのタンパク質。

マザープラスドッグフードのQ&A

マザープラスドッグフードにお試しサンプルってある?

マザープラスには50gの試供品があるようで、当サイトが知る限りでは楽天で購入することが可能のようです。あとは犬猫自然食本舗のサイトに「愛犬のためのお試しセット(500円)」というものがあるので、そちらを利用して食べ比べさせてみるのもいいかもしれません。

マザープラスとグリーンプラスの違いは?

マザープラスは総合栄養食で、グリーンプラスは一般食になります。マザープラスはグリーンプラスよりもお肉の配合量が多いという特長はありますが、やはりこちらも小麦粉、とうもろこし、大豆が使われています。穀物アレルギーの犬には注意しましょう。

マザープラスドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 1kg
初回購入価格
定期購入価格 2,431円
通常価格 2,700円
※チキン 成犬用の場合
100gあたり価格 243円
販売会社 株式会社ミンシア
公式サイト https://www.inunekosyokuken.com/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る