135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

安い無添加ドッグフードおすすめ5選!安全で評判いい犬の餌はどれ?

今日、ペットフードの安全性について考える飼い主さんが増えてきています。中でも、価格の安い無添加ドッグフードの需要性は極めて高いですね。

しかし、本当に安全な無添加ドッグフードを見極められているでしょうか?「無添加」という言葉だけに安心しきってしまうと、意外な落とし穴に気付かないこともあります。

そこで当サイトは、本当に安全な安い無添加ドッグフードをランキング形式でまとめてみました!選び方のポイントや人気ドッグフードとの比較も併せて紹介していきます。

【基本】安全で安い無添加ドッグフードの選び方

まず初めに、安全で安い無添加ドッグフードの選び方についてです。変な無添加ドッグフードを買わずに済むよう、以下の3つのポイントをぜひ押さえておきましょう!

主原料に良質な動物性タンパク質が使われている

いくら無添加でも、お肉や魚の含有量が少ないドッグフードは基本的におすすめしません。できるだけ、動物性タンパク質の含有量が50%以上のドッグフードを選びましょう!

もともと犬は動物性タンパク質の消化を得意としていますから、植物性タンパク質の割合が多いドッグフードは消化しきれず胃腸に負担をかけてしまうこともあるのです。

ただし、高タンパク過ぎるのも好ましくありません。内臓に負担をかけて肝臓や腎臓の機能を悪くする恐れもあるので、目安としては50~70%の含有量が理想となります。

動物性タンパク質が豊富に含まれていても、低品質な肉や魚では意味がありません。できるだけ、ヒューマングレイド(人間用の食品と同等の基準)の肉類が使われているものを選びましょう。

素材の分かる油脂が使われている

価格の安い無添加ドッグフードになってくると、どうしても油脂に低品質なものが使われる傾向にあります。せっかく添加物に配慮しても、油脂に好ましくないものが使われていては意味がありません。

ちなみに、できるだけ避けておきたいのが「動物性油脂」「植物性油脂」「家禽油脂」「魚油」などです。素材が分からない油脂は、安全とは言い難いのでおすすめしません。

なるべく「サーモンオイル」や「鶏脂」など、何の油脂を使っているのか分かるドッグフードを選びましょう。中でもおすすめなのは、サーモンオイルなどの魚油です。

酸化防止剤に天然原料が使われている

ドライフードのような加工食品には、必ず油脂原料が使われています。そのため、酸化防止剤の添加は不可欠です。避けて通れません。

以前は、ペットフードの酸化防止剤にBHABHT(発がん性リスクを高める化学薬品)がよく使われていましたが、その危険性から使用に歯止めがかかり、代わりにビタミンEハーブなどが使われるようになりました。

ところが、今でも化学薬品の酸化防止剤を使っているメーカーは数多くありますね。とくに日本製の商品。ビタミンC・Eより効力ははるかに上ですが、その分リスクは大きいです。

なので、酸化防止剤には安全な天然原料が使われているドッグフードを選ぶようにしましょう。日持ちしないデメリットはありますが、ちゃんと保存すれば酸化を防げます。

酸化防止剤の表記がないもの、酸化を防止する工夫がされていないドッグフードにも注意しましょう!販売されている時点で油が酸化している可能性があります。酸化した油は肝臓に膨大なダメージを与えるので、酸化防止剤よりもはるかに危険です。

口コミで評判のいい無添加ドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで評判のいい人気の無添加ドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「使われている油脂」「酸化防止剤の種類」の3つです。なお、原料が人間用の食品と同等の基準であるものには主原料を青文字で表示しています。

商品名 主原料 油脂の種類 酸化防止剤
アカナ
鶏肉・七面鳥肉・鶏内蔵など肉類原料70% 鶏脂肪4% ビタミンE
ロータス
ダック(鴨)・ダックミール・タピオカ粉 大豆オイル・オリーブオイル・サーモンオイル ビタミンE・クエン酸
GO!
チキンミール・ターキーミール・サーモンミール 鶏脂肪・サーモン油・キャノラ油・ココナツ油 ビタミンE
ソルビダ
オーガニックチキン生肉・乾燥チキン・オーガニック挽き割りオーツ 鶏脂肪・オーガニックひまわり油・サーモオイル ビタミンE
ヤラー(グレインフリードッグフード)
鶏肉・グリーンピース・イエローピース(肉類原料36%) 鶏脂 ビタミンE・ローズマリー抽出物
カナガン
骨抜きチキン生肉26%・乾燥チキン25%・サツマイモ(肉類原料60%) 鶏脂3.1%・サーモンオイル1.2% ビタミンE
ナウフレッシュ
ターキー生肉・ポテト粉・エンドウ豆 キャノラ油・ココナツ油 ビタミンE
ファインペッツ
鹿肉・鶏肉・オートミール(肉類原料80% 鶏脂・サーモンオイル ビタミンE
ブルー
骨抜き鶏肉・チキンミール・玄米 鶏脂 ビタミンE・ローズマリー抽出物
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)53% サーモンオイル2%・ココナッツオイル ビタミンE
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなど肉類原料85% 鶏肉脂肪・ニシン油 ビタミンE
いぬはぐ
鶏肉・玄米・白米 鶏脂・サーモンオイル ビタミン類
ニュートロ「シュプレモ」
チキン(肉)・チキンミール・玄米 鶏脂・ひまわり油 ビタミンE・ローズマリー抽出物
アランズナチュラルドッグフード
生ラム肉55%以上 ラム精製油 自然のハーブ
アーテミス「オソピュア」
フレッシュサーモン・ドライサーモン・ガルバンゾー豆 ひまわりオイル・ココナッツオイル ビタミンE・天然ハーブ

人気の無添加ドッグフード15種を比較して分かったことは、どれも原材料のラインナップが良く、さらに炭水化物や油脂の種類が良好だということでした。酸化防止剤もすべて天然原料が使われています。

ただ動物性タンパク質の配合比率に関しては、値段が比較的安いドッグフードほど不明です。どれくらい肉や魚が使われているか明確だと、もっと高く評価できたのになと感じますね。

ちなみに、当サイトとしてはどれもおすすめできるドッグフードばかりです。しかし、この中から「安い」「安全」の2拍子がそろった無添加ドッグフードを絞り込む必要があるため、さらに評価項目を増やして厳選してみました!

その上で、本当に安全で安い無添加ドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

本当におすすめな無添加ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、ここでは「原材料のラインナップ」「油脂の種類」「安全性」にポイントをおいて評価しています。その上で、栄養バランス、価格(コスパ)などを評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワン
モグワンは、総量の53%にチキンとサーモンを使用した無添加ドッグフードです。原材料も栄養バランスも文句なしなのに、1kg2,000円以内というコスパの良さが自慢!油にはオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが使われているため、被毛・皮膚トラブルの予防対策も期待できます。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
モグワンは、無添加ドッグフードの中でもっともコスパの良いドッグフードと言えるでしょう。手作りレシピを再現して作られているため、無添加にこだわって手作り食を与えている家庭にも自信を持っておすすめできる内容です。また極端に高タンパク過ぎないので、室内犬にも合わせやすいメリットがあります。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、総量の約60%に良質なチキンを使用した無添加ドッグフードです。これだけチキンが使われていて1kgあたり2,000円以内は、本当にコスパが良いとしか言いようがありません。タンパク質が33%とやや高めなので、活動犬や散歩量が多い犬などにおすすめですよ。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
チキンをベースにした無添加ドッグフード、または無添加の高タンパクドッグフードをお探しなら、当サイトは迷わずカナガンをおすすめします!カナガンも定期購入を利用すると価格が非常に安くなるので、市販のちょっといいドッグフードを継続するよりもずっとお得です。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、まさに「無添加」という言葉がふさわしいドッグフードです!原材料はわずか10種類(どれもヒューマングレイド)で、全体の55%に新鮮なラム肉が使われています。添加物アレルギーが気になる犬や、食物アレルギーを抱えている犬にもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
とにかく余計なものは食べさせたくない!という人におすすめなのがアランズナチュラルドッグフードです。原材料がとてもシンプルなので、アレルゲンを特定する時や手作り食のベースにも重宝しますよ。これだけ新鮮なラム肉が使われていてこの価格は、本当に良心的です!
いぬはぐ
いぬはぐの特徴
いぬはぐは、犬のお腹の健康を第一に考えて開発された無添加ドッグフードです。とくに下痢や嘔吐をしやすい犬、お腹が緩くなりやすい犬などにおすすめの栄養バランスとなっています。いぬはぐは初回価格がとにかく安いので、気になる方はぜひ一度試されてみるといいでしょう!
価格 【通常】6,980円
【定期初回】2,980円
【定期初回】2,480円(クレジットカード決済の場合)
【定期購入】5,980円
内容量 1.5kg
評価 4.0
編集部からのコメント
いぬはぐはビックリするほど初回価格が安いので、気軽にお試しして様子を見やすいのが魅力と言えるでしょう。これまでお腹の調子が安定しなくてドッグフード選びに困っていたのであれば、乳酸菌やオリゴ糖が配合されたいぬはぐを試されてみるといいかもしれません。
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、総量の80%に鹿肉・鶏肉・鮭肉などの肉類を使用した無添加ドッグフードです。消化吸収率が87%と非常に良く、カロリーも100gあたり440kcalと高めなので、少量でしっかり栄養を摂りたい犬などにおすすめです。中国産原料などは一切使われていません。
価格 【お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg(小粒・大粒共通)
評価 4.0
編集部からのコメント
ファインペッツは、初回お試し価格がとにかく安いです!さらに継続すればするほど割引率も上がってくるので(100回購入すると無料)、実は無添加ドッグフードの中でもっともコスパのいいドッグフードとも言えます。粒のサイズも小粒と大粒の2タイプあるのが嬉しいですね。

安い無添加ドッグフードにモグワンをおすすめする理由!

安い無添加ドッグフードは山ほどあるのに、なぜモグワンがもっともおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました!

無添加ドッグフードにモグワンをおすすめする理由
  1. 総量の53%に良質な動物性タンパク質が使われている。
  2. 日本に住む犬に合わせやすい栄養バランス。
  3. オメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが使われている。
  4. 抗酸化性のある野菜・果物がバランスよく入っている。
  5. 穀物不使用で低炭水化物。
  6. 定期購入だと1kgあたり2,000円以内というコスパの良さ。

当サイトが安い無添加ドッグフードにモグワンをおすすめする理由は、ずばり1kgあたり2,000円以下とは思えないほど内容が充実しているからです!

これだけ安いと何かしら大雑把になりやすいのがペットフードの特徴でもあるのですが、モグワンの場合は原材料のラインナップや栄養バランスにとてもこだわっているんですね。

また、動物性タンパク質の配合比率もはっきりしています。原材料のどれくらいにお肉や魚が使われているのかすぐに分かるので、今の愛犬の体質に合うかどうかも見分けやすいのがメリットと言えるでしょう。

ちなみに、モグワンは室内で過ごすことの多い犬やシニア犬にも合わせやすい無添加ドッグフードです。低炭水化物なので、肥満気味な犬にもぜひ利用されてみるといいでしょう。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

国産(日本製)で安い無添加ドッグフードってないの?

ここではペット先進国(海外)から届けられる安全性の高い無添加ドッグフードを紹介していますが、実はここ数年で、国産の無添加ドッグフードも一気に増えてきています。

そのため当サイトでは、おすすめの国産無添加ドッグフードについては【安全でおすすめ!】評判のいい国産無添加ドッグフードランキング!で大きくまとめさせていただきました!

紹介しているドッグフードが必ずしも「安い」とは言い切れませんが、初回価格が安かったり、あるいは定期購入を利用することで思いのほか安く続けられる国産ドッグフードもいくつかあります。ぜひ参考にしてみて下さいね。

ちなみに、最近の国産無添加フードは品質も安全性もだいぶレベルが高くなりましたよ!まだまだ穀物を多用する一面はありますが、昔に比べたらだいぶ良くなりました。

  

この記事のURLをコピーする