135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミ評判!安全性や評価は?

ナチュラルハーベストは、「安心・安全」を第一に考えて開発されたアメリカ産のドッグフードです。そんなナチュラルハーベストの口コミ評判や安全性は実際のところどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 5.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 5.0
内容量 3.1kg
※メンテナンスラムの場合
価格 4,700円
100gあたり価格 152円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ナチュラルハーベストは、当サイトでBランクのドッグフードです。ここではベーシックフォーミュラの「メンテナンスラム」を評価していますが、ナチュラルハーベスト全般が原材料や梱包にとてもこだわった良好なドッグフードであることが分かりました。人工添加物や副産物も使われていませんし、成分分析の結果もしっかり公開されているので安心です。栄養価が低すぎる場合は、何か他のもので補うといいでしょう。

ナチュラルハーベストドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ナチュラルハーベストの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは、ベーシックフォーミュラの「メンテナンスラム」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

ラム、ラムミール、精製白米、えんどう豆繊維、米ぬか、えんどう豆タンパク質、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)、亜麻仁、ビール酵母、加水分解チキンエキス、リン酸カルシウム、塩化カリウム、海塩、ブルーベリー、クランベリー、タウリン、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)、月見草油(低温圧搾)、塩化コリン、キレート亜鉛、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸塩、ビタミンE、キレート鉄、ベタイン、キレートマンガン、キレート銅、ビタミンA、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ベータカロテン、ビタミンB12、ビタミンD3、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、硝酸チアミン、ビオチン、ヨウ化カルシウム、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、葉酸

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ローズマリー抽出物
粗タンパク質 18.0%以上 粗灰分 6.0%以下
粗脂肪 8.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 4.0%以下 代謝カロリー 320kcal/100g

ラム

ラム肉は他の肉種よりも赤みが多く、高タンパクで低カロリーという特徴を持ちます。またビタミンA群やB群をはじめ、鉄分や身体を活性化するカルニチンが豊富です。

ラムミール

一般的に「〇〇ミール」と書かれた肉は、人間が口にしないような部位もすべて混ぜた肉類(副産物)のことを差します。しかしナチュラルバーベストでは、すべて人間が食べられる良質なミートミールを使用しているので安心です。

精製白米

米は、小麦やとうもろこしに比べるとアレルギー性がとても低い穀物です。栄養価は玄米より低くなりますが、玄米よりも消化が良いメリットを持っています。

編集部からのひとこと

メンテナンスラムの原材料を調査したところ、人工添加物や副産物、粗悪な原料が使われていない良好なドッグフードであることが分かりました。原料もすべて人間用の食品基準と同等のものなので安心です。

ただ、メンテナンスラムに限っては全体的に栄養価が低めです。あとはメンテナンススモールのラムとフィッシュも同様ですね。

これは意図的にそうなっているので、とくに体重や特定のトラブルが気にならない場合は「ビーフ&チキン」「プライムフォーミュラ(グレインフリー)」などを検討されるといいかもしれません。

それでもラム肉がいいという場合は、茹で肉や他の総合栄養食フードを混ぜたりして足りない栄養素を補うようにしましょう。

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ナチュラルハーベストを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ナチュラルハーベストドッグフードの良い口コミ

チワワ6歳 / オス
5.0
うちのワンコはアレルギー持ちなので、こちらの商品にはずっとお世話になっています。こちらを食べている間は体の調子もいいようで、毎日とても健康的な便です。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
5.0
獣医さんからもうちょっと体重を減らすよう注意されたので、数年前からこのフードに切り替えてます。おかげで今年初めて獣医さんに褒められました。
雑種犬14歳 / オス
4.0
14歳のおじいちゃん犬ですが、毎日美味しそうにパクパク食べています。そのおかげか今のところ病気1つしていません。これから先もこちらのフードにお世話になりそうです。

ナチュラルハーベストドッグフードの悪い口コミ

ヨークシャー・テリア11歳 / オス
1.0
食いつきは良いのですが、魚のニオイが結構キツイです(メンテナンススモールフィッシュ)。あと、ほんの少しだけウンチが柔らかくなりました。やっぱり前のフードに戻そうか検討中です。
トイ・プードル7歳 / メス
3.0
メンテナンスラムを食べさせると便秘気味になるので、他のドライフードに変えてみました。しかし便秘は治りません。体質に合わないのかも。
コーギー11歳 / オス
2.0
とてもいいフードなんですが、値上げがイタイです…。しかもメンテンナンスラムは、また値上げするんですね。他に何かあるか探してみようと思います。

ナチュラルハーベストドッグフードの口コミ・評判まとめ

口コミを調査した結果、ナチュラルハーベストは全体的にとても評判の良いドッグフードであることが分かりました。とくにメンテナンスラムが人気のようですね。

良い口コミで多かったのは「アレルギー対策に重宝している」「シニア犬に丁度いい」「原材料が安心できる」「体重の管理がしやすくなった」という声です。あとは獣医さんから勧められてという声も多かったような気がします。

悪い口コミはそこまでありませんでしたが、目立っていたのは「価格が高い」でしたね。確かに価格を重視する人にとっては、少々痛い価格かもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでナチュラルハーベストを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 4,536円 4,536円
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ナチュラルハーベストドッグフードの価格はAmazonも楽天も同じ!

調査した結果、ナチュラルハーベストの価格はAmazonも楽天も同じであることが分かりました(メンテナンスラムの場合)。

ナチュラルハーベストドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとナチュラルハーベストにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ナチュラルハーベスト
内容量 1.8kg 3.1kg
価格 3,564円 4,700円
100gあたりの価格 198円 152円
メイン食材 チキン&サーモン53% ラム・ラムミール
穀物 グレインフリー 精製白米・米ぬか
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ナチュラルハーベスト「メンテナンスラム」とモグワンですが、ちょっと内容や目的が異なるので細かい比較は避けておきたいと思います。

一応どちらもAAFCOの成犬用栄養基準を満たした総合栄養食ですが、メンテナンスラムは意図的に低脂肪・低カロリー設計にした特別なフードです。

ちなみに、一般的な健康な犬であればモグワンのような総合栄養食が適しています。しかし、体重の増加が気になる犬や高タンパク食を避ける必要がある犬にとっては、メンテナンスラムのようなドッグフードが向いている場合もあります。

ただ、メンテナンスラムは極端に低タンパク・低脂肪なので、食べさせる際は事前に獣医さんに相談された方がいいでしょう。定期的に愛犬の体重や体の調子を伺いながら食べさせていくことをおすすめします。

ナチュラルハーベストドッグフードの種類と特徴について

ナチュラルハーベストのドライフードには、全部で4つのラインナップがあります。それぞれの特徴などを簡単にまとめてみました。

ベーシックフォーミュラ

アレルギーに配慮し、タンパク源を限定した総合栄養食。低カロリー・低アレルギー設計になっている。

  • メンテナンス(ビーフ&チキン)
  • メンテナンス(ラム)
  • メンテナンススモール(ラム)
  • メンテナンススモール(ターキー)
  • メンテナンススモール(フィッシュ)
  • ナーサリー ※在庫限りで販売終了
  • ナーサリー(大袋) ※在庫限りで販売終了
  • メンテナンススモール(ローテーションセット)

プライムフォーミュラ

グレインフリーの総合栄養食。穀物の代わりに、ワイルドボアー生肉やターキー生肉などの動物性タンパク質を多く取り入れている。

  • マイリトルダーリン
  • シュープリーム

セラピューティックフォーミュラ

食事療法食シリーズ。キドニア以外は、AAFCO栄養基準を満たした総合栄養食になっている。食べさせる際は、必ず獣医師に相談した上で食べさせましょう。

  • レジーム(ダイエット用食事療法食)
  • レジーム(ダイエット用食事療法食・大袋)
  • シニアサポート(ハイシニア用食事療法食)
  • フラックス(結石ケア用食事療法食)
  • キドニア(腎臓ケア用食事療法食)
  • カロン(スキン&コートケア用食事療法食)

パウダーフード

パウダータイプの総合栄養食。水やぬるま湯を加えて食べさせたり、いつものフードに振りかけて食べさせる。原産国は日本。

  • レバエイド
  • ハートエイド

ナチュラルハーベストドッグフードのQ&A

ナチュラルハーベスト「ナーサリー」は販売中止になるの?

ナチュラルハーベストの公式サイトに載っている情報によると、近年のラム肉価格高騰の影響により、ラム肉を多く使用しているナーサリーに限っては在庫限りで販売を終了するとのことです。代わりの幼犬用フードが新しく出るようですが、まだ情報がないので分かり次第追記したいと思います。

ナチュラルハーベストドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 3.1kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 4,700円
100gあたり価格 152円
販売会社 株式会社バンガードインターナショナルフーズ
公式サイト https://www.natural-harvest.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る