135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

パピヨンにおすすめの餌は?評判のいいドッグフード人気ランキング!

気品あふれる容姿と大きな立ち耳がとても印象的なパピヨン。そんなパピヨンは小型犬の中でも比較的体が丈夫な犬種ですが、もともと骨が細いので骨折や関節トラブルが多く、さらに被毛や目のトラブルも起きやすい傾向にあります。

そこで当サイトは、パピヨンの健康維持に役立つドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、パピヨンに合わせやすいドッグフード5選をランキング形式で紹介していきます!

【基本】パピヨンに合うドッグフードの選び方

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い穀物、粗悪な肉類、危険な添加物、犬に必要のない原料が使われているからです。

じゃあ、一体どんなドッグフードがパピヨンにおすすめなのか?これについては3つのポイントがあるので紹介していきたいと思います!

主原料に良質な肉や魚が使われている

パピヨンは、絹のようになめらかに伸びた被毛がとっても魅力的ですよね。この美しい被毛を維持していくためには、良質な肉と魚から得られる動物性タンパク質が欠かせません。

良質な動物性タンパク質は、パピヨンの皮膚や被毛を健康的に保ちます。さらに筋肉や体のあらゆる機能を正常に保つ重要な役割もあるので、毎日の食事からちゃんと摂取しておくことが基本になります。

なのでドッグフードを選ぶ時は、まず良質な肉や魚が原材料の約半分は占めているかどうか?を確認しましょう。できれば、人も食べれるほど良質な素材が使われていると理想です。

肉や魚より炭水化物が多いもの、植物性原料がやたら多いもの、そして低品質な肉類や副産物が使われているドッグフードは、パピヨンをはじめとする全犬種の消化器官に負担をかけやすくします。

良質な脂肪酸が含まれている

パピヨンをはじめとするすべての犬は、体内で脂肪酸を合成することができません。とくに犬にとって重要なのはオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸で、これらが不足すると皮膚や被毛トラブルが増える原因となるので注意しましょう。

ただ、ほとんどのドッグフードはオメガ3脂肪酸の量が極端に少ないんですね。なので「油が入っているから大丈夫!」ではなく、使われている油の種類に注目することが大切です。

そこでおすすめしたいのが、サーモンオイルやイワシオイルなどの魚油と亜麻仁油。中でも、新鮮な魚油は犬がもっとも消化しやすい油になります。

危険な添加物が使われていない

パピヨンは、アレルギー性皮膚炎や涙やけが起きやすい犬種です。遺伝性や何らかの疾患によるものだと食事だけでの改善は難しいですが、食事が原因で起きているようであれば中身を見直すことで予防・改善に繋がりやすくなります。

そこで大事なポイントは、危険な添加物が使われていないドッグフードを選ぶことです。とくに保存料、着色料、香料、膨張剤、酸化防止剤などに危険な化学合成物質が使われているものは避けるようにしましょう。

パピヨンに評判のいいドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミでパピヨンに大人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「油の種類」「安全性」の3つです。主原料に関しては、人も食べられる良質な素材を使っているものは青文字で示しています。

商品名 主原料 油の種類 安全性
プロマネージ
チキンミール・とうもろこし・さとうもろこし 鶏油・サンフラワーオイル
シュプレモ
チキン(肉)・チキンミール・玄米 鶏油・亜麻仁・ひまわり油
ロイヤルカナン
米・肉類(鶏、七面鳥)・とうもろこし 動物性油脂・大豆油・魚油
モグワン
チキン&サーモン(生・乾燥肉)53% サーモンオイル・ココナッツオイル
アランズナチュラルドッグフード
生ラム肉55%以上 亜麻仁・ラム精製油
サイエンスダイエット
トリ肉(チキン、ターキー)・トウモロコシ 動物性油脂・植物性油脂・亜麻仁
カナガン
チキン(生・乾燥肉)50%以上 鶏油・サーモンオイル
ユーカヌバ
肉類(鶏、七面鳥)・小麦・とうもろこし 動物性油脂・魚油
ナチュロル
牛・鶏・馬・魚の生肉55% ひまわり油
ウェルケア
肉類(鶏肉、チキンミール)・米糠・小麦粉 動物性油脂・精製魚油・植物性油脂
ピュリナワン
チキン・米・コーングルテン 牛脂
アボダーム
乾燥チキン・玄米・白米 鶏脂肪・亜麻仁・アボカドオイル
ファインペッツ
鹿肉・鶏肉・鮭肉80% 鶏油・サーモンオイル
ドクターズチョイス
ラムミール・米・スチームオート麦 動物性脂肪・キャノーラ油・ひまわり油・亜麻種油・魚油
アイムス
肉類(チキンミール、家禽ミール)・とうもろこし・小麦 動物性油脂・ひまわり油

15種類のドッグフードを比較して分ったのは、やはり犬種別に分かれているドッグフードほど炭水化物や植物性原料の割合が多いということでした。

そして、何の動物から抽出されたのか分からない動物性油脂を使っているドッグフードもかなり多いですね。植物性油脂や魚油など、素材がハッキリしない油を使っている商品も多く見受けられました。

もちろんここで取り上げたドッグフードはほんの一部ですが、サーモンオイルや亜麻仁油を使っているドッグフードって意外と少ないですね。やはりコストが高い分、積極的に使うメーカーが少ないのかもしれません。

そこで次に、これらの比較を踏まえた上でさらに条件を絞り込み、自信を持ってパピヨンにおすすめできるドッグフード5選をランキング形式でまとめてみました!

【決定】パピヨンにおすすめのドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「主原料」「油の種類」「安全性」を重視して評価しています。その上で、炭水化物の種類、栄養バランス、食べやすさなども評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、総量の53%に良質なチキンとサーモンを使ったドッグフードです。油にはサーモンオイルとココナッツオイルが、さらに抗酸化作用のある野菜や果物もバランスよく含まれた贅沢な内容となっています。サーモンオイルによるオメガ3脂肪酸が豊富なので、皮膚や被毛の健康維持にもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 2kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
室内で過ごすことの多いパピヨン、毛質が気になるパピヨン、食べムラが多いパピヨンなど、あらゆるパピヨンに対応しやすいドッグフードがこのモグワンです。消化性も良いので、涙やけや便トラブルの改善にも期待できますよ。手作り食派の飼い主さんからも支持率が高いおすすめのドッグフードです。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、総量の約60%に良質なチキンを使った高タンパクドッグフードです。モグワン同様、油にはオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが使われており、消化の妨げとなる原料や添加物は一切使われていません。カナガンはアミノ酸がとても豊富なので、運動量が多いパピヨンにおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
カナガンは良質なアミノ酸が豊富なので、しっかり運動をすることで筋肉がつきやすくなるドッグフードです。これはもともと骨が細いパピヨンにはありがたい存在で、関節トラブルや膝蓋骨脱臼を完全に予防するとまではいきませんが、運動しながら丈夫な体づくりをするには最適なドッグフードです。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、総量の55%にラム肉を使ったドッグフードです。原材料がわずか10種類というシンプルさが特徴で、食物アレルギーや添加物アレルギーが心配なパピヨンにも食べさせやすい内容になっています。オメガ3脂肪酸も豊富に含まれていますよ。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
チキンが食べられないパピヨン、室内で過ごすことの多いパピヨンにもぜひおすすめしたいのがアランズナチュラルドッグフードです。ラム肉は低脂肪・低カロリーなので、体重をコントロールしたい時にも食べさせやすいタンパク源になります。また低タンパク食が必要な場合におすすめですよ。
ナチュロル
ナチュロルの特徴
ナチュロルは、総量の55%に牛・鶏・馬・魚の生肉を使用した国産ドッグフードです。そして国産で唯一、グレイン&グルテンフリーのドッグフードになります。原材料はすべて人間用レベルの食材が使われており、加齢とともに体内合成しにくくなるビタミンCが安定・持続型になって配合されているのが特長です。
価格 【初回お試し】100円(30g)
【通常】3,000円(850g)
【定期】4,980円(850g×2袋)
内容量 850g
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ナチュロルは100gあたり400kcalとカロリーが高めなので、小食なパピヨン、太りたいパピヨン、運動量の多いパピヨンなどにおすすめです。高栄養価な食事を必要とする犬に向いています。また初回に限り30gのサンプルを100円でお試しできるので、安心して食いつきや体質との相性を見ることもできますよ。
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、肉類含有量の割合が80%の高タンパクドッグフードです。消化吸収率が87%を誇るため、食べたら食べた分だけ栄養素が体内にしっかりと吸収される特徴があります。少量でしっかり栄養を摂りたいパピヨンや、おなかの調子が悪くなりやすいパピヨンにおすすめです。
価格 【初回お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ファインペッツは多種の肉や魚から栄養を効率よく補えるドッグフードです。また消化吸収率が非常に良いので、少量でもしっかり栄養を摂りたいパピヨンや太りたいパピヨンにもおすすめの内容となっています。穀物の使用が気になる場合は、グレインフリーのファインペッツもありますよ。

迷ったらコレ!パピヨンにモグワンドッグフードをおすすめする理由!

数あるドッグフードの中でも、なぜモグワンがパピヨンにおすすめなのでしょうか?その理由をまとめてみました!

パピヨンにモグワンをおすすめする理由
  1. 原材料の約半分が良質な肉や魚である。
  2. 高タンパク・高脂肪・高カロリー過ぎない。
  3. 野菜と果物もバランスよく含まれている。
  4. 消化に良い食材のみが使われている。
  5. サーモンオイルによるオメガ3脂肪酸が豊富。
  6. 少量でもしっかり栄養が摂れる。

パピヨンにモグワンをおすすめする理由は、これ1つで肉・魚・野菜・果物をバランス良く補える総合栄養食だからです!しかも、動物性タンパク質は原材料の53%を占めています。

これは長い被毛が魅力のパピヨンにとって嬉しい内容であり、さらにサーモンオイル由来のオメガ3脂肪酸が豊富なので皮膚と被毛の健康をより維持しやすくなります。

また、モグワンはタンパク質・脂質・カロリーが高すぎないところもポイントです。パピヨンは室内で過ごすことが比較的多いですから、モグワンのようなドッグフードはパピヨンのライフスタイルに合わせやすいメリットがあるんですね。

パピヨンは体が華奢だからこそ、モグワンのようなちゃんとしたドッグフードに切り替えてあげることはとても大切です。食べ続けることで、きっと体や被毛に良い変化が現れることでしょう。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

【給餌量】パピヨンの餌の量は1日どれくらい?

パピヨンが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、当サイトでおすすめしているモグワンを食べさせる場合の給餌量をまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
3~3.5kg 93~102g
3.5~4kg 102~110g
4~4.5kg 110~119g

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

体重 1日の給与量
4~4.5kg 89~96g
4.5~5kg 96~104g

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

パピヨンが餌を食べない時の対処法は?

パピヨンは、食事の選り好みをしやすい傾向にあります。私の周りでパピヨンを飼っている人に聞くと、ほとんどの人が「ドッグフードを食べてくれない」と言いますね。

もしも2~3日食べない日が続いたら体の不調や病気が疑われますが、それ以外であれば「ドッグフードが食べづらい」「おやつの与えすぎ」などが考えられます。

詳しくは犬が餌を食べない10の理由!元気な場合は?子犬や老犬は何が原因?で解説していますが、ここでも簡単に触れておきますね。

ドッグフードが食べづらい場合

ドライフードの場合、形状や硬さによっては食べづらい場合もあります。

そんな時はまず、ドライフードをふやかしてみましょう。こうすることで噛みやすくなる上に、風味が増して食欲が増すパピヨンは多いものです。

ドッグフードのふやかし方
  1. ドッグフードをぬるま湯に20分ほどつける(水の場合は30分ほど)。
  2. ふやかしたぬるま湯もそのまま食べさせる(栄養が溶け込んでいるため)。

ただし、ふやかしたフードばかり食べていると歯垢や顎が弱る原因に繋がりやすくなります。とくに歯垢は放置すると口臭や歯石の原因となるため、食べた後はできるだけ歯磨きを行いましょう。本来なら、口に合ったドライフードを毎日食べさせるのが理想です。

おやつを与えすぎている場合

パピヨンはとても賢い犬種です。なので「今日くらいいいや~」という気持ちでドッグフードの代わりにおやつを与えてしまうと、それが完全に癖になるので注意しましょう。

ドッグフードを食べないパピヨンにとても多いのが、このおやつの与えすぎです。飼い主さんはパピヨンに求められるがままにおやつを与えてしまう傾向があり、すると当然パピヨンはお腹が空かなくなるのでドッグフードを食べません。

もちろん、ドッグフードの代わりに人間の食べ物やトッピングだけを与えるのもNGですよ!これらは肥満や病気を招く原因となりますから、まずは栄養のあるドッグフードをちゃんと食べてもらうようしつけましょう。

おやつが欲しくてワンワン鳴かれた時は、無視するのが一番です。毎回パピヨンの要求に応えてしまうと、吠えれば要求が通ると学習してしまいます。

パピヨンの餌代は年間いくら?

パピヨンの餌代は個体差によって大きな差が出てしまうため、必ずしも「〇〇〇円」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでも当サイトがおすすめしているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬パピヨン(体重4~5㎏)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり3,960円
  • 成犬パピヨン(体重4~5㎏)の1日あたり給与量89~104g

体重およそ4~5kgの成犬パピヨンであれば、1ヶ月あたり約1.5~2袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,366円(税抜)で購入することができます。さらに送料無料です。

また、定期購入の場合はお届け周期を1週間~13週間まで1週間単位で選べます。なのでここでは、6週間おき(1ヶ月半おき)にモグワンが3袋届く設定で計算してみましょう。

10,098円(モグワン3袋分代)×8回(年間)=80,784円

となるので、もしモグワンをパピヨンに食べさせてあげるとなると、年間約80,784円の餌代がかかるということになります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

パピヨンの美しさと健康のためにもモグワンドッグフードがおすすめ!

「プレミアムドッグフード」と言われるドッグフードは数多くありますが、モグワンのように肉・魚・野菜・果物をバランス良く含むドッグフードはそう多くありません。

また油の素材にもこだわり、かつ炭水化物には低GI値のサツマイモを使っているので、パピヨンの栄養管理を意識している飼い主さんにはぜひ試していただきたいドッグフードです。

それに、モグワンは肉と魚の質が良いので匂いもいいです。これは食ムラの多いパピヨンにはありがたいことで、モグワンで偏食が改善されたという子も実際にいるくらいです。

もしも「今すぐ良いドッグフードに切り替えたい!」と考えているのであれば、あれこれ試すよりまずはモグワンから始めてみましょう。食事内容がしっかり整えば、パピヨンの表情や被毛がより一層輝いてくるはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

パピヨンにおすすめのドッグフードランキングをもう一度見る!

  

この記事のURLをコピーする