158商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【超高級】評判のいいプレミアムドッグフードおすすめランキング!

「高級(プレミアム)ドッグフード」と聞くと、あなたはどんなドッグフードを思い浮かべますか?1kg1000円越えのドッグフード?それとも高級食材を使った本格派ドッグフード?

確かに、これらは高級ドッグフードと呼ぶにふさわしいでしょう。しかし本当の意味での「高級ドッグフード」は、ただ良質な食材を使った高価なドッグフードではありません。

そこで当サイトは、高級ドッグフードのポイントについて詳しくまとめてみました。その上で、本当におすすめできる高級ドッグフード5選をランキング形式で紹介していきます!

【基本】犬の餌におすすめの最高級ドッグフードの選び方

まず初めに、ドッグフードは以下の2タイプに大きく分けられます。

  1. レギュラードッグフード
    比較的価格の安いドッグフード。ペットショップやホームセンター等でよく市販されている。
  2. プレミアムドッグフード
    比較的価格の高いドッグフード。高品質な原料を使い、主に通販で購入できる。

ところが、プレミアムドッグフードの定義は明確にはありません!

つまり「高級」の基準は各メーカに委ねられているので、私たちの基準で勝手に高級ドッグフードと決めつけている部分も少なからずあるのが現状になります。

だからこそ、実際に「これが本当に高級ドッグフードなの?」と疑ってしまうような商品も数多くありますよね。私たちは高級という言葉だけに惑わされているところもあるので、本当の意味での高級ドッグフードについてしっかり知っておく必要があります。

では、一体どのような高級ドッグフードを選べば間違いないのでしょうか?選び方のポイントを簡単にまとめてみました!

主原料が良質な動物性タンパク質(肉や魚)である

新鮮な肉や魚を使ったドッグフードは、必然的に価格も高くなります。その逆で、小麦やトウモロコシといった穀物を中心としたドッグフードは価格が安くなります。

ちなみに、一般的に市販されているドッグフードのほとんどは、原材料に多くの穀物が使われています。また正肉ではない肉(いわゆる副産物など)を使っているメーカーも多いので、全体的の仕入れコストが安い、つまり商品価格を安く設定できるメリットがあるのです。

そのため、主原料には良質な肉や魚が使われているドッグフードを選ぶようにしましょう。できれば、原材料の50~70%に肉や魚が使われているといいですね!

またこの他にも、オーガニック素材にこだわっていたり、産地や農家にこだわった野菜・果物を使っているドッグフードも価格が高くなります。

原材料がヒューマングレードである

「高級ドッグフード=高品質な食材を使っている」というのは言うまでもありませんが、果たしてどういった基準で「高品質」と言っているのでしょうか?

何の根拠もなしに「高品質」と謳っているドッグフードは避けておきたいもので、できることなら食材の産地・飼育環境(栽培環境)・グレードがしっかりと公表されているドッグフードを選ぶようにしましょう。

その中でも、人も食べれるほど安全性の高い食材が使われているドッグフードが理想的です。

人工添加物が使われていない

ドッグフードに使われている添加物は、化学合成天然原料の2タイプがあります。そしてできる限り、天然原料を使ったドッグフードを選ぶようにしましょう。

ちなみに、化学合成物質は効力が強くてコストが安いメリットを持っていますが、体に悪影響を及ぼすので避けておきたい成分です。長期的に摂取していると、内臓が蝕まれていきます。

それに対し天然原料は、効力は弱いものの安全性に優れている特長があります。その分コストも高くなるので、天然原料を使用しているドッグフードは必然的に価格が高くなります。

よく使われる化学合成物質

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、没食酸プロピル、エトキシン、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、セレン化合物、安息香酸類、ソルビン酸カリウム、ポリリジン、プロタミン、グリシリジンアンモニエート、ソルビトール、二酸化チタン、赤色〇号、黄色〇号、青色〇号など

人気の高級(プレミアム)ドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは人気の高級ドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「ヒューマングレイド」「安全性」の3つです。安全性に関しては、人工添加物不使用なのはもちろん、抗生物質・ホルモン剤・残留農薬・化学肥料などの危険性が少ないものほど評価が高くなります。

商品名 主原料 ヒューマングレイド 安全性
プラチナムナチュラル
フレッシュチキンミート70%
ヤラー
鶏肉・全粒オート麦・トウモロコシ(すべてオーガニック認定)
モグワン
チキン&サーモン(生・乾燥肉)53%
C&R
ラム肉・ひきわりミレット(黍)・ひきわり玄米
ジウィピーク
ベニソン生肉・ベニソン内臓・魚介類98%
ファインペッツ極
アヒル肉・ニシン肉90%
ティンバーウルフ
ニシンミール・ホワイトフィッシュミール・サーモン
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイなど85%
ナチュロル
牛・鶏・馬・魚の生肉55%
クプレラ
鶏肉・サツマイモ・タピオカ
アランズナチュラルドッグフード
ラム肉(生・乾燥肉)55%
ハロー
チキン正肉・全卵・エン麦
ドッグスタンス「鹿肉ベーシック」
鹿肉(生)・大麦(全粒粉)・牛肉/
カナガン
チキン(生・乾燥肉)50%以上
わんこのきちんとごはん
タラ・メギス・豚レバーの生肉

人気の高級ドッグフード、いわゆるプレミアムドッグフードと呼ばれる15商品を比較してみました!このことから分かるのは、やはり安全性の高いドッグフードが多いということです。

原材料の飼育環境や栽培環境について明確なのはもちろん、中には、包み隠さず製造工場や契約農家との関係性まで丁寧に伝えてくれている会社もありました。

その逆で「高品質」と謳っているわりには、それらの根拠がイマイチ掴めないドッグフードもあります。直接問い合わせても、曖昧な回答をした会社もあったのが事実です。

この比較表はとても簡易的ではありますが、必ずしも価格が高いドッグフードがいいとは言い切れないということが伝わるかと思います。

では一体、価格と中身がもっとも釣り合うドッグフードはどれなのでしょうか?さらに条件を絞り込み、その中からおすすめできる高級ドッグフード5選を紹介していきます!

【決定】犬におすすめの高級(プレミアム)ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、「動物性タンパク質の品質と量」「原材料のグレード」「安全性」にポイントをおいて評価しています。その上で、価格が高すぎないもの、消化率が良いもの、栄養バランスを評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、原材料の53%に良質なチキンとサーモンを使用した高品質ドッグフードです。チキンはイギリスで平飼いされている鶏の肉、そしてサーモンはスコットランド産の新鮮なものを使い、その他原材料も人が食べれるほど品質の良いものが使われています。高すぎない価格が魅力的です!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
高品質で続けやすい高級ドッグフードと言えば、やはりモグワンです!ペットフードへの規制が厳しいイギリスで生産されていることもあり、疚しい原料は何ひとつ入っていません。また、チキンとサーモンを同時にたっぷり食べれるのもモグワンの魅力ですね。高級ドッグフードに迷ったら、まずはモグワンを試してみることをおすすめします!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、主要タンパク源にチキンを50%以上も使用した高タンパクドッグフードです。イギリスで平飼いされているチキンのみを使用しているので、通常のチキンよりもアミノ酸が豊富で栄養価も高い特長があります。散歩量や運動量が多い犬にぜひおすすめしたいドッグフードです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは、チキンをしっかり食べたい犬におすすめの高級ドッグフードです。これだけ新鮮なチキンをたっぷり使って2kg3,564円(定期価格)ですから、ちょっと高価な市販のチキン系ドッグフードでは物足りなく感じるのも当然のことと思います。カナガンもモグワン同様イギリス産なので、曖昧な原料は何ひとつ入っていません。
ファインペッツ極
ファインペッツ極の特徴
ファインペッツ極は、主要タンパク源にフランス産アヒル肉とオランダ産ニシン肉を90%も使用したドッグフードです。消化率はなんと87%で、いかに消化に優れた高品質食材から作られているのかがよく分かります。人工添加物や副産物はもちろん、中国産原料も使われていません!
価格 【お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】5,701円~
【定期】5,701円~
内容量 1.5kg、4.5kg、9kg、18kg
評価 4.5
編集部からのコメント
ちょっと変わったお肉を食べさせたあげたい…そんな時はアヒル肉を使ったファインペッツ極がおすすめです!原材料の90%を肉類原材料で占める贅沢なドッグフードなので、活動的な犬にはもちろん、食後の血糖値の急上昇が気になる犬にも食べさせやすい商品です。
オリジン
オリジン
オリジンは、原材料の85%に新鮮な肉や魚を使った高タンパクドッグフードです。豆やジャガイモといった植物性タンパク質に頼るのではなく、ちゃんとした肉や魚を使って犬が本来食べるべき食事を再現しています。原材料と品質にとことんこだわるからこそ、お値段も少し高いのが特徴です。
価格 【通常】1,263円~
内容量 340g、2kg、5.9kg、11.3kg
評価 4.0
編集部からのコメント
高級ドッグフードと言えばオリジン!と言われるくらい、素材にとことんこだわった高価なドッグフードがオリジンです。犬が本体食べるべき食事を再現した内容になっているので、少々高くても良好なドッグフードを食べさてあげたいと考える飼い主さんにおすすめですよ。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、良質なラム肉を55%以上も使用したドッグフードです。原材料がわずか10種類なので、食物アレルギー対策としても活用させやすい特長があります。純粋にラム肉だけを食べさせたい時、余計なものを食べさせたくない時などにおすすめですよ!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.0
編集部からのコメント
アランズナチュラルドッグフードは、ラム肉をこれだけたっぷり使って2kg3,564円(定期価格)という良心的な価格を実現しています。これは中間マージン(輸入商社・卸問屋・販売店舗など)をカットしているから実現できる価格なので、中身が低品質とかそういう意味ではありません。

高級(プレミアム)ドッグフードにモグワンをおすすめする理由!

数ある高級ドッグフードの中で、なぜモグワンがおすすめなのでしょうか?その理由をまとめてみました!

高級ドッグフードにモグワンをおすすめする理由
  1. 販売会社がイギリスの生産工場から直輸入して、直接私たちに届けてくれる。
  2. 原材料のラインナップが理想的。
  3. 原材料の53%が良質な動物性タンパク質。
  4. 低コストの食材でごまかしていない。
  5. 油にはサーモンオイルとココナッツオイルを使用。
  6. 穀物不使用で低炭水化物。
  7. 人工添加物、副産物不使用。

モグワンは、高級ドッグフード、いわゆるプレミアムドッグフードと呼ばれるドッグフードの中で、もっとも価格が良心的で充実した中身になっています!

他にもランキングに入れたい高級ドッグフードもたくさんあるのですが、はっきり言って続けやすい価格ではないため今回は省きました。

その点、モグワンは品質・安全性が高いのに1.8kgで3,564円(定期価格)と比較的リーズナブルです。もちろんこれでも高いと感じる飼い主さんも多いですが、これだけしっかりしていて3,564円は本当にお得だと思いますよ!

実はこれだけリーズナブルなのには理由があって、モグワンの販売会社であるレティシアンが直接イギリスの生産工場から仕入れているからなんです。

しかも、間に輸入商社・卸問屋・販売店舗などを挟まずモグワンを直接販売しています。こうすることで余計な経費を発生させずに済むため、できる限り商品を安くして販売することが可能となっています。

だから一概に、価格が高いドッグフードが良質!とは言い切れないんですね。モグワンは価格と内容がちゃんと比例している高品質ドッグフードなので、自信を持っておすすめできます!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

犬用の国産高級ドッグフードは何がおすすめ?

ここでは主に外国産の高級ドッグフードを紹介しましたが、もし国産にこだわるのであれば、当サイトではナチュロルDr.ケアワンをおすすめします!

どちらもヒューマングレイドの食材を使用したドッグフードで、人工添加物はもちろん、副産物や中国産原料なども一切使用していません!本当に安心して食べさせられる内容です。

国産ドッグフードは外国産ドッグフードよりも割高になるのがデメリットですが、何かあったら直接製造会社に出向くことができるのは最大のメリットとも言えるでしょう。

ちなみに、ナチュロルもDr.ケアワンもそれぞれ私の愛犬が試食してみました。その感想などは以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

犬用の高級缶詰ドッグフードは何がおすすめ?

缶詰のドッグフードは長期保存を目的としている商品でもあるため、ドライフードよりも保存料などの人工添加物が多く使われやすい傾向にあります。

そのためいくら値段が高くて高級感があっても、危険性のある添加物が使われているようでは「高級缶詰」とは言えません。

また犬用の缶詰は猫用と違い、素材をかなり細かくして混ぜています。つまりペースト状になっているものがほとんどなので、原材料だけを信用するのはとても危険なのです。

だから本当の意味での高級缶詰ドッグフードを探しているのであれば、当サイトではカナガンのチキンウェットタイプをおすすめします。

こちらは骨抜きチキン生肉を65%も使用した贅沢な内容となっており、どんな素材を使っているのか目で見てちゃんと分かるようになっています。何かと災害が多い日本にいるからこそ、このような安全な缶詰を常備しておくことも大切かもしれませんね。

  

この記事のURLをコピーする