135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬用ヒルズ「プリスクリプションダイエット」を購入した口コミ評判!

ヒルズのプリスクリプションダイエットは、ヒルズ社が獣医師と協力して開発した特別療法食です。ここでは人気の高い「消化ケア i/d」の口コミ評判や安全性を徹底分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Dランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 2.0
グレインフリー 1.0
無添加 5.0
安全性 3.5
コスパ 5.0
内容量 1kg、3kg、7.5kg
価格 2,597円(1kg)
5,150円(3kg)
9,450円(7.5kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 260円
対応年齢 全年齢対応
原産国 チェコ
編集部からの評価

ヒルズ「プリスクリプションダイエット」は、当サイトでDランクの療法食です。今回は「消化ケア i/d」をメインに調査していますが、他の商品も危険な添加物を使っていない良好な療法食であることが分かりました。口コミでの評判も非常に良いので、かなり信頼のできる療法食と言っていいでしょう。ただ、トウモロコシ動物性油脂が使われているため、アレルギー体質の犬に合わせにくいのがデメリットです。

実際にプリスクリプションダイエットを購入してみました!

それでは早速、プリスクリプションダイエットについてレビューしていきたいと思います!

今回レビューするのは「消化ケア i/d」です。プリスクリプションダイエットは、他にも「尿ケア」「腎臓ケア」「皮膚ケア」「体重管理」などがあります。

まずはパッケージ裏のチェックを。消化ケアの特徴と1日の給餌量がドドーンと書かれていますね。原材料などはパッケージ脇に記載されています。

次に、袋を開封していきましょう。

プリスクリプションダイエットは、1kgの容量でもちゃんとジッパーが付いています。これなら保管しやすいので安心ですね。

そしてフードの粒やニオイはというと…

まずニオイですが、穀物の香りが強めで臭いと感じることは全くありません。変な人工添加物が使われていないおかげかもしれませんね。粒はかなり小粒です。

分かりやすいように、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。消化ケアの小粒感がよく分かるかと思います。これなら小型犬や丸呑みしやすい犬でも安心して食べれるでしょう。

それでは次に、消化ケアの原材料と安全性を徹底分析していきます!

プリスクリプションダイエットの原材料と安全性を徹底分析!

次に、プリスクリプションダイエットの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも引き続き「消化ケア i/d」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

トウモロコシ、米、全卵、トリ肉(チキン、ターキー)、トリ肉エキス、コーングルテン、ビートパルプ、動物性油脂、ポークエキス、植物性油脂、亜麻仁、サイリウム、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

4D 香料
粗悪成分 動物性油脂 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 ビートパルプ 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・緑茶抽出物
タンパク質 25.2% 炭水化物 51.8%
脂質 14.6% カロリー 約360kcal
粗繊維 1.4%

トウモロコシ

とうもろこしはビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も多く含まれています。しかし犬にとっては消化にしにくく、アレルギー性も高めなので入っていない方が望ましいです。

ビートパルプ

ビートパルプは、甜菜)から砂糖を抽出した後に残ったカスのこと。製造過程に硫酸系の薬剤を使用している可能性があり、ヒルズ製品についてはその情報が公開されていないため不安が残ります。

動物性油脂

動物性油脂は、何の動物から抽出された油脂なのか分からない原料の1つです。良質な油よりもコストが安いため、低品質なドッグフードによく使われている特徴があります。

編集部からのひとこと

消化ケアの原材料を調査したところ、危険な添加物等は使われていない良好な療法食であることが分かりました。個人的には、周りが騒ぐほどヒルズ製品はそんなに悪くないと思ってます。

ただ、これは消化ケアに限らずなのですが、原材料に高アレルゲン食材が使われている傾向にあるんですね。とくにトウモロコシ。しかもコーンスグルテンまで使われていますから、アレルギー体質の犬に合わせづらいのがデメリットでしょう。

それと動物性油脂ビートパルプ。これらについては公式サイトでも詳細がないため、どういった動物を使った油なのか?そしてどうやって製造したビートパルプなのか?が分かりません。なので不安が残ります。

でもこれだけは言えることがあって、ヒルズ社の療法食は某有名ブランドの療法食よりずっと中身がいいです。添加物の使い方からして違いますからね。

じゃあなんでDランクなのか?というと、他にもっと原料の品質にこだわった犬用の療法食があるからです。プリスクリプションダイエットは原料のグレードが明確ではない上に油の種類が良くないため、やはりここがマイナス点になります。

プリスクリプションダイエットの口コミや評判ってどうなの?

実際に、プリスクリプションダイエットを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

プリスクリプションダイエットの良い口コミ

柴犬5歳 / オス
5.0
3歳を過ぎた頃からずっと「消化・体重・糖尿の管理 w/d」です。尿管結石と診断されて病院で勧められたのがきっかけです。他の療法食だとアレルギーが出ますが、こちらは合っています。
チワワ7歳 / メス
4.0
嘔吐を繰り返すため病院で検査してもらったところ、消化ケアフードをおすすめされました。こちらを食べるようになってから嘔吐することがほとんどなくなり、やっと落ち着けそうです。食いつきもよく毎日完食しています。
トイ・プードル6歳 / オス
5.0
肥満気味のうちの子に、1年前くらいから「体重管理 r/d」を 購入しています。こちらを食べさせてから1kgほど痩せたので、体質にも合っているんだと思います。痩せすぎないように注意しなきゃですね(笑)

プリスクリプションダイエットの悪い口コミ

シー・ズー8歳 / オス
1.0
愛犬がシュウ酸カルシウム結石のため、病院から勧められた「尿ケア u/d」を食べさせていました。しかし、カロリーがかなり高く体重がみるみる増えてしまいました。もうちょっとカロリーが低かったら良かったのに…。
ミックス犬6歳 / メス
2.0
体重管理を食べさせてから3ヶ月で1kgも痩せました。ちょっとハイペースで痩せすぎてるので心配です。
ミニチュア・ダックスフンド10歳 / メス
1.0
痒みにいいとすすめられて「ダームディフェンス」を食べさせていたら、どんどん痒みが酷くなっていきました。おかしいと思って原材料を見たら、なんとトウモロコシが…。なぜトウモロコシを使われているのかよく分かりません。

プリスクリプションダイエットの口コミ・評判まとめ

ここでは、プリスクリプションダイエットの各商品の口コミを調査してみました。そこで分かったのは、全体的にとても評価の高い療法食であるということです。

中には「下痢や嘔吐をした」という口コミもありましたが、それは体質に合わない原料が含まれているからのケースがほとんど。品質どうのこうのという声はなかったように思います。

あとは「症状が落ち着いてきた」「安心して食べさせられる」といった好意的な声が多く、プリスクリプションダイエットに救われている犬と飼い主さんはすごく多いんだなという印象を受けました。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでプリスクリプションダイエットを買うのが安いのか?ここでも「消化ケア i/d」を基準に、公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,597円(1kg)
5,150円(3kg)
9,450円(7.5kg)
2,100円(1kg)
4,661円(3kg)
8,885円(7.5kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

プリスクリプションダイエットの価格はAmazonも楽天もほぼ一緒!

調査したところ、まずプリスクリプションダイエットの価格は楽天の方が安いことが分かりました。しかし、Amazonはプライム会員になると送料無料になるため、結局のところはAmazonも楽天も価格はほぼ変わりません。

プリスクリプションダイエットと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとプリスクリプションダイエット「消化ケア i/d」にはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン プリスクリプションダイエット
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 2,597円
100gあたりの価格 198円 260円
メイン食材 チキン&サーモン53% トウモロコシ・米・全卵
穀物 グレインフリー トウモロコシ・米・コーングルテン
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Dランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

プリスクリプションダイエットとモグワンですが、それぞれカテゴリや目的が異なるため、ここでは細かい比較は避けておきたいと思います。

とりあえず、何かしら疾患やトラブルがあって療法食を勧められているのであればプリスクリプションダイエットを、とくにトラブルなどがない健康な体であれば総合栄養食のモグワンを検討されるといいでしょう。

プリスクリプションダイエットの種類と特徴について

プリスクリプションダイエットには本当にいろんな種類の療法食があるため、ザックリと簡単に特徴などをまとめてみました。

商品名 特徴
肝臓ケア l/d 高L-カルニチンと高品質なたんぱく質を使用。健康的な肝臓機能をサポートする療法食。
腎臓ケア k/d リンやナトリウムなどを調整。健康的な腎臓をサポートする療法食。
消化ケア i/d 食物繊維を調整し、消化管に負担をかけない栄養バランスになっている。
消化ケア i/d ローファット 低脂肪の消化ケア療法食を必要とする犬向け。
尿ケア u/d 膀胱結石の原因となる結晶化を阻止しながら、膀胱内の健康をサポートする療法食。
尿ケア c/d 下部尿路のケアを目的とし、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の再発リスクを低減する療法食。
尿ケア s/d ストルバイト結石の溶解の管理に役に立つ療法食。
消化・体重・糖尿の管理 w/d 低脂肪・低カロリー・高食物繊維に調整された、繊維反応性疾患に対応している療法食。
関節ケア j/d オメガ-3脂肪酸などが調整された、関節のサポートに役立つ療法食。
体重管理 r/d 低脂肪と低カロリーに調整されていて、健康的な減量に役立つ栄養バランスになっている。
メタボリックス 低カロリー設計。60日間で11%の減量に役立つことが科学的に証明されている療法食。
メタボリックス+モビリティ 食べ続けることで、関節のケアと体重の減量を同時に行える療法食。
メタボリックス+ユリナリー ストルバイト尿石の溶解時の管理、ストルバイトとシュウ酸カルシウム尿石の形成抑制、そして体重の減量を同時に行える療法食。
食物アレルギー&皮膚ケア d/d 食物アレルギーの原因となりにくい新奇動物性たんぱく質(ダック)を使用した療法食。
食物アレルギー&皮膚ケア z/d 食物アレルギーの原因となりにくい加水分解たんぱく質と単一の炭水化物源を使用した療法食。トウモロコシ不使用。
食物アレルギー&皮膚ケア z/d ULTRA 食物アレルギーの原因となりにくい加水分解たんぱく質と精製された単一の炭水化物を使用した療法食。
ダームディフェンス 皮膚のバリア機能を整えるために、タンパク質、必須脂肪酸、ビタミンEをバランスよく含んだ療法食。
歯と歯ぐきのケア t/d 特殊な粒になっており、噛むことで歯垢と歯石の蓄積を低減する療法食。

  

プリスクリプションダイエットのQ&A

プリスクリプションダイエットは店舗で販売されていないの?

プリスクリプションダイエットは、一部のペットショップでも販売されています。ただし、獣医師の指示なしに療法食に切り替えたり継続し続けるのはおすすめしないので、必ず専門家のアドバイスを受けた上で適切な療法食を、適切な期間食べさせるようにしましょう。

プリスクリプションダイエットのトリーツって何?

プリスクリプションダイエットのトリーツは、犬用の「c/d」「マルチケア」「j/d」 「k/d」 「l/d」 「r/d」 「w/d」の療法食を食べている犬向けに作られたおやつです。こちらも獣医師の指示のもとで食べさせるようにして下さい。

プリスクリプションダイエットの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 1kg、3kg、7.5kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,597円(1kg)
5,150円(3kg)
9,450円(7.5kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 260円
販売会社 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
公式サイト https://www.hills.co.jp/prescription-diet
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る