135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

プリモドッグフードを愛犬に試しました!口コミ評判&安全性も評価!

プリモ(PRIMO)は、生食に限りなく近い食事を提供してくれる国産のドッグフードです。そんなプリモの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきたいと思います!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.5
グレインフリー 4.0
無添加 5.0
安全性 4.5
コスパ 4.0
内容量 500g、1kg、3kg、6kg
価格 880円(500g)
1,657円(1kg)
4,491円(3kg)
8,546円(6kg)
100gあたり価格 166円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

プリモは、当サイトでBランクのドッグフードです。多種の生肉を全体の50%も使い、低温・低圧の製造方法を用いて素材本来の栄養素をしっかりと活かしています。油もフレッシュなバージンオイル(ひまわり油)を使用し、新鮮さにとてもこだわった良好なフードであることが分かりました!価格も国産にしてはリーズナブルです。しかし、アレルゲンとなりやすい原料がやや多いんですね。栄養面ではプラスですが、万が一アレルギーが出た時に原因が特定しにくいデメリットが発生するので注意しましょう。

プリモドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、プリモの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「ベーシック」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉)、玄米粉、押し麦、雑節、サツマイモ、ジャガイモ、ココナッツ種皮、煎りゴマ、ひまわり 油、グレインソルガム、コーングルテン、ビール酵母、ホエイタンパク、発酵大豆(納豆菌)、オートミール、海藻粉末、カルシウム粉末(卵殻カルシウム 、牛骨カルシウム)、L-リジン、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、DL-メチオニン、乳酸菌群

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 脱酸素剤
粗タンパク質 30%以上 粗灰分 5%以下
粗脂肪 10%以上 水分 10%以下
粗繊維 4%以下 カロリー 400kcal/100g

牛肉

プリモでは国産の牛肉(モモ、スネ、肩等、脂の少ない部位や北海道産の乳牛の仔牛のもも肉)を使用しているそうです。

鶏肉

兵庫県産のひね丸鶏を使用。鶏肉は犬の健康に必要なタンパク質を豊富に含んでいます。

馬肉

国内産の馬肉ではなく、南米産の馬肉を使用しているとのこと。どのような状態の馬肉なのか詳細はありませんでした。

魚肉

プリモでは青背の魚(ホキ、メルルーサが主)を混ぜて使っているそうです。他にどんな魚を使うことがあるのか?その辺りの情報はありませんでした。

編集部からのひとこと

プリモの原材料や安全性を調査したところ、これといって問題となるような原料は含まれていませんでした。製造工程も非常にこだわっていますし、どんな素材を使っているのか公式サイトで丁寧に解説されているので、とても良心的なドッグフードです!

まず気になる「コーングルテン」ですが、これは犬の腸内細菌を効率的に増やすために含まれた良質なコーングルテンミールです。カサ増し用に使われているわけではないので、この辺りは安心ですね。

ただし、もともとコーンやグルテンにアレルギー反応が出てしまう場合は避けた方が良いでしょう。「穀物」に対しても同様です。

そしてプリモで使っている生肉ですが、これらは全体の50%を占めています。犬が必要とする動物性タンパク質をしっかり補えるフードなので、栄養価もそれだけ高くなっていますね。

カロリーも100gあたり400kcalと高めなので、プリモのベーシックはとくに成長期の子犬や活動犬に向いているでしょう。ただし、1つでも食肉アレルギーの原因となる素材が入っている場合はおすすめしません。

プリモドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、プリモを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

プリモドッグフードの良い口コミ

柴犬4歳 / オス
5.0
去勢手術してから太りぎみなので、こちらのダイエット用にしています。すぐにお腹が空いてしまうようで茹で野菜と魚のトッピングは欠かせませんが、とても安心できるフードです。
トイ・プードル4歳 / オス
4.0
そのままでも喜んで食べますが、おやつの干し肉をハサミで細かく切ってふりかけてあげるとほぼ毎回完食します。うんちの調子も良いですよ。喜んでくれるドッグフードに巡り会えて良かったです。
ビーグル9歳 / メス
5.0
こちらのシニア用を食べ始めて2~3ヶ月が過ぎました。ウンチの状態はいつも良く、毛が滑らかになって触り心地がとても良いです。また、食べた後の食器がぬめらなくなりました。これもこのフードのおかげだと思ってます。

プリモドッグフードの悪い口コミ

チワワ1歳 / オス
2.0
プリモ単品では食べてくれず…。クンクンにおいを嗅いだだけでプイします。試しにふやかしてみましたが、それも駄目でした。プリモは香りも良いし、安全なフードだと思えるだけに残念です。
雑種犬11歳 / メス
3.0
500gのお試しを試してからこちらを購入しました。これ単独ではなかなか食べませんが、缶詰やお肉など混ぜると喜んで食べてくれます。魚の香りがしていいフードだと思うんだけど、何が合わないのかな?
ミニチュア・シュナウザー10歳 / メス
1.0
魚のニオイがキツいですね。こちらを食べさせるようになってからうんちの量が増え、お腹の調子もあまり良くないようなので1日で食べさせるのをやめました。よさげなフードだったのにとても残念です。

プリモドッグフードの口コミ・評判まとめ

プリモのドッグフードを調査したところ、非常に評価の高いドッグフードであることが分かりました!マイナス評価は全体の2割くらい。それくらい評判が良かったです。

他のドッグフードサイトでよく取り上げているのですが、悪い口コミに「オレンジ色の糸がくっついていた」といった内容の声があるんですね。これ恐らく、お肉の筋だと思うんです。

この手の粒のドッグフードによくありがちで、私が今まで試してきた同じような粒のフードにもやはりこのような糸くずが付いてました。でもこれらは、全部お肉の筋なんです。

だからもし、この悪い口コミにフォーカスしてプリモを評価しているドッグフードサイトがあったら、そういったところまで確認していない証拠と捉えていいと思います。

ちなみに、公式サイトでもフードに含まれる糸くずのようなものについて説明しています。気になる場合はそちらをしっかりと確認してみるといいでしょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでプリモを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
お試し 1,080円(500g) 1,080円(500g)
定期購入
通常購入 880円(500g)
1,657円(1kg)
4,491円(3kg)
8,546円(6kg)
950円(500g)
1,789円(1kg)
4,850円(3kg)
14,550円(9kg)
950円(500g)
1,790円(1kg)
4,850円(3kg)
9,230円(6kg)
送料 5,400円以上は無料 商品により異なる 5,400円以上は無料

プリモドッグフードの購入は公式サイトが一番お得!

プリモは公式サイト、Amazon、楽天の3つのサイトで購入できますが、もっともお得なのは公式サイトからの購入であることが分かりました。

楽天は、直接「株式会社PRIMO」が販売しているので購入先は同じです。しかし価格がやや高めになっているので、ちょっと損をした気分になりますね。

また、Amazonではなぜか6kg(3kg×2袋)の販売はなく、9kg(3kg×3袋)の販売となっていました。

初めてプリモドッグフードを試すなら、まずは500gを!

プリモでは、初めてプリモを試すわんちゃん専用に「お試しパック(500g)」が用意されています。送料込みで1,080円なので、まずは500gから試してみるといいでしょう。

プリモドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとプリモにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン プリモ
内容量 1.8kg 1kg
価格 3,564円 1,657円
100gあたりの価格 198円 166円
メイン食材 チキン&サーモン53% 生ミンチ肉(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉)50%
穀物 グレインフリー 玄米粉・押し麦・グレインソルガム
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

プリモとモグワンは、まず主要タンパク源となるお肉類の種類が大きく異なります。

プリモは、贅沢に多種の生ミンチ肉を50%も使っています。いろんな肉や魚から様々な栄養素を補うことができるのがプリモの魅力でもあるので、日頃からバランスよくいろんな動物性タンパク源を摂取したい場合はプリモを選ばれるといいでしょう。

それに対し、モグワンはチキンとサーモンを全体の53%使用しています。乾燥肉も含まれてはいますが、タンパク源が2種類と少ないので食肉アレルギーが心配な犬には非常におすすめできるドッグフードです。

それと、モグワンには穀物が一切含まれていません。またオメガ3脂肪酸が豊富なので、アレルギーだけでなく、皮膚や被毛トラブルで悩まされている犬にもモグワンはおすすめです。

愛犬にとってどちらがいいのか?は、最終的に食いつきやうんちの状態などを見て判断されると良いかと思います。

プリモの「ダイエット・シニア」はどんな犬におすすめなの?

プリモは「ベーシック」以外に「ダイエット・シニア」と呼ばれるドッグフードもあります。

基本的には、シニア犬にも「ベーシック」をおすすめしているようです。じゃあ一体どんな犬に「ダイエット・シニア」がおすすめなのか?それを簡単にまとめてみました!

  • 避妊・去勢手術後の体重管理がどうしても難しい犬。
  • ダイエットしても体重が減らない犬。
  • エネルギー量が格段と減った高齢犬。
  • 高カロリー食を避ける必要のある犬。

つまり、どうしても体重の管理ができない時や、あるいは高カロリー食を避ける必要がある時などに「ダイエット・シニア」を活用するといいようです。

とくに愛犬に問題がないようであれば、普段からベーシックの給餌量を減らして食べさせてあげるようにと、公式サイトでは推薦されています。

プリモドッグフードのQ&A

プリモドッグフードの賞味期限は?

プリモの賞味期限は、未開封で6ヶ月開封後は1ヶ月となります。遮光性の高いアルミパックとエージレス(脱酸素剤)を使っているのがプリモの特長です。

プリモドッグフードにはお試しサンプルってある?

公式サイトでは販売されていませんが、プリモのお試しパック(50g)がAmazonや一部のペットフード通販サイトで販売されています。送料や購入条件などサイトにより異なるので、詳しくはそちらをご覧いただけたらと思います。

プリモドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
(円柱状:長さ約5mm~15mm×直径約6mm)
内容量 500g、1kg、3kg、6kg
お試し価格 1,080円(500g)
定期購入価格
通常価格 880円(500g)
1,657円(1kg)
4,491円(3kg)
8,546円(6kg)
100gあたり価格 166円
販売会社 株式会社PRIMO
公式サイト http://www.primofood.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る