135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

プロマネージドッグフードを買った私の口コミ評判!安全性や評価は?

プロマネージは、ペット栄養学の最先端拠点であるウォルサム研究所と共同開発されたドッグフードです。目的別、犬種別、年齢別に分けられているプロマネージですが、安全性や口コミ評判は実際のところどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Eランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 1.0
グレインフリー 1.0
無添加 0.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 800g、1.7kg、4kg
※室内犬用の場合
価格 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 73円
対応年齢 全年齢対応
原産国 オーストラリア
編集部からの評価

プロマネージは、当サイトでEランクのドッグフードです。トップブリーダーや獣医師が推薦しているので期待はしていましたが、掘り下げると犬にとって好ましくない原料の使用がやや目立つドッグフードであることが分かりました。とくに「犬種別」は、消化器への負担が懸念されそうな中身です。あと商品によってニオイが非常にきついものもあり、当サイトはその強烈なニオイを知っているからこそ、この評価となりました。

実際にプロマネージドッグフードを購入してみました!

爽やかな水色が目をひくプロマネージを、レビュー用に我が家でも購入してみました!今回購入したのは、成犬用「室内犬用」の800g。

プロマネージは目的別、犬種別、年齢別の3つのラインナップに分かれていて、種類が本当に豊富だなぁと感じました。選ぶのが結構大変(笑)

まずはパッケージの裏チェック。プロマネージの特徴がザックリと書かれていますね。

ちなみに、原材料や保証成分値はパッケージ脇に書かれています(写真はこの後に解説する「原材料と安全性の分析」にて掲載)。

それでは次に、袋を開封していきましょう!

プロマネージは800gでもちゃんとジッパーが付いています。保存しやすくてありがたい♪と思いながら中を覗き込んでみると…

く、く、臭い!!私の嫌いなあのニオイが、プロマネージからも漂ってくるではありませんか~!

何て言うんだろ…。いわゆる薬品臭いというか、とにかく鼻に残るきついニオイ。私思うんだけど、BHAとBHTの酸化防止剤が使われているドッグフードに共通してこのニオイがするような気がします。

粒はこんな感じ。室内犬用の粒は8の字型をしています。結構平べったい粒なので、小型犬でも負担なく食べれそうですよ。

もっと分かりやすく伝えるために、我が家でいつも食べさせているモグワンの粒と比較してみました。プロマネージの粒は、長さ約1.5cmといったところですね。

噛みやすさは圧倒的にモグワンのドーナッツ型ですが、プロマネージはあまり厚みがないからそこまで問題なさそうです。

それでは次に、プロマネージの原材料と安全性を徹底分析していきましょう!

プロマネージドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

次に、プロマネージの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも引き続き「室内犬用」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

米、さとうもろこし、ターキー、チキンエキス、鶏脂、シュガービートパルプ、サンフラワーオイル、フラクトオリゴ糖、トマトパウダー、マリーゴールド、ベータカロテン、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 シュガービートパルプ 酸化防止剤 BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
タンパク質 20.5%以上 灰分 9.0%以下
脂質 12.0%以上 水分 9.5%以下
粗繊維 2.5%以下 代謝エネルギー 355kcal/100g

米は、小麦やとうもろこしに比べるとアレルギー性がとても低い穀物です。栄養価は玄米より低くなりますが、玄米よりも消化が良いというメリットを持っています。

さとうもろこし

甘味料として昔から利用されたイネ科の一年草。茎に糖分をたっぷり含んでいる特徴がありますが、ここではさとうもろこしのどの部分を使用しているのかは不明です。

シュガービートパルプ

ビートパルプは、甜菜)から砂糖を抽出した後に残ったカスのこと。製造過程に硫酸系の薬剤を使用している可能性があり、プロマネージについてはその情報が公開されていないため不安が残ります。

編集部からのひとこと

プロマネージ「室内犬用」を調査してみて、まず真っ先に思ったのはタンパク質が異様に低いということです。

AAFCO規定の分析試験では問題ないとされているようですが、穀物が主原料でタンパク質20.5%以上というのはちょっとやり過ぎな気もしますね…。

いくら室内犬でも、健康的に生きていくためにはある程度のタンパク質(しかも動物性タンパク質)は必要です。

ちなみに、お肉にはターキーを、油には鶏脂&サンフラワーオイルを使っている点は高く評価できます。動物性油脂を使う商品が多い中、素材がハッキリしている油を使うプロマネージはしっかりしているなという印象を受けました!

ただ残念ながら、酸化防止剤には当サイトで危険としているBHABHTが使われています。少量なら問題ないと煽る人もいますが、わざわざ害のある成分を口にさせることに私は疑問を感じます。

以上のことを踏まえると、当サイトではプロマネージ「室内犬用」の原材料や安全性を高く評価することはできません。実際にプロマネージのにおいも知っているからこそ、愛犬に食べさせたいとは正直思いませんでした。

プロマネージドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、プロマネージを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?目的別や犬種別から口コミをまとめてみました!

プロマネージドッグフードの良い口コミ

柴犬5歳 / オス
4.0
今までロイヤルカナンを与えていました。そろそろ飽きてきているように感じたのでこちらに変えた結果、おいしそうに毎回完食しています。うんちの臭いもロイヤルカナンより匂わないです。
パピヨン9歳 / メス
5.0
他のメーカにはパピヨン専用がないので助かります。毛づやにいい成分、骨格の栄養素が入っているのはありがたいですね。本犬も喜んで食べています。

プロマネージドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド6歳 / オス
1.0
ダックス専用を買いました。このドッグフードを食べると下痢になるので、元のフードに戻したら下痢も収まりました。どうやら合わないようです。
チワワ8歳 / メス
1.0
ふだんロイヤルカナンを食べているチワワにあげてみました。しかしプロマネージは食べませんでした。試しにロイヤルカナンと混ぜましたが、プロマネージだけしっかり残します。うちのチワワには合わなかったみたいです。
トイ・プードル13歳 / オス
2.0
臭すぎてビックリです!あまりにも臭いからか、うちのワンコも食べませんでした。成犬用はあまり匂いが気にならなかったんだけどなぁ…。
ミックス犬4歳 / オス
1.0
においがキツイ。臭過ぎてエサ入れのフタを開けるのも嫌になりました。とにかく吐き気を催すにおいです。もう買わないと思います。

プロマネージドッグフードの口コミ・評判まとめ

プロマネージの口コミを調査して分ったのは、まず全体的に評価が高めだということ。とくに「よく食べる」といった声が多いように感じました。

今回は目的別と犬種別を均等に見たのですが、どちらかというと犬種別が人気ですね。とくに柴犬、ミニチュア・ダックス、チワワ、コーギーが人気だったように思います。

あとパピヨンなど、他のメーカーではほとんど見かけることのない犬種別のフードもあるので、そういったところもプロマネージが高く評価されているなと感じました。体質改善系の口コミはあまりなかった印象です。

それと、やはりプロマネージのニオイについて言及している飼い主さんは多いですね。あのニオイはちょっとひどいので、せめてニオイだけでも何とか改善してほしいなと思います。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでプロマネージを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
730円(800g)
1,385円(1.7kg)
2,894円(4kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

プロマネージドッグフードはAmazonが安い!

公式サイト、Amazon、楽天の3サイトを調査したところ、プロマネージはAmazonでの購入がもっとも安いことが分かりました。ちなみに公式サイトでは購入できません。

ただし、プロマネージはペットショップやホームセンターでも購入することが可能です。必ずしもAmazonが激安とは限らないので、その辺りはよく検討した上で購入しましょう。

プロマネージドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとプロマネージにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン プロマネージ
内容量 1.8kg 1.7kg
価格 3,564円 1,245円
100gあたりの価格 198円 73円
メイン食材 チキン&サーモン53% 米・さとうもろこし・ターキー
穀物 グレインフリー 米・さとうもろこし
添加物 無添加 BHA・BHT
当サイト評価 Sランク Eランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

プロマネージとモグワンですが、まず原材料のラインナップや成分値が大幅に異なります。

どちらが愛犬に適しているのかは、愛犬の体調や健康状態、それからライフスタイルなどをよく観察して決められるといいでしょう。

ちなみに単刀直入にお伝えすると、犬の体や健康のことをよく考えているのはモグワンになります。なぜなら、モグワンは総量の53%に良質なチキンとサーモンを使っているからです。

犬にとって良質な動物性タンパク質をちゃんと補えるということは、病気をしにくい体づくりができることを意味します。犬はもともと肉食動物ですから、植物性タンパク質や炭水化物の消化を得意としていないのです。

なので、犬にふさわしい食事をお探しでしたらモグワンを、とりあえず価格やラインナップを優先するならプロマネージを選ばれるといいでしょう。

プロマネージドッグフードの犬種別の口コミや評判ってどうなの?

プロマネージの犬種別ドッグフードはとても人気ですよね!でも実際、安全性や口コミ評判はどうなの?と気にされている飼い主さんも少なくありません。

まず、犬種別にはどんな種類があるのかザックリ見ておきましょう。

  • ミニチュアダックスフンド
  • チワワ
  • トイプードル
  • 柴犬
  • シーズー
  • ヨークシャーテリア
  • パピヨン
  • コーギー

全部で8犬種用のドッグフードが取り揃えられていて、中でも柴犬、チワワ、ミニチュアダックスフンドはズバ抜けて人気がありますね。

これらの口コミを実際に調査してみて、全体的に評価が高いこなという印象は受けました。中には「下痢になった」「食べない」といった声もありましたが、どちらかというと「よく食べる」といった声が多かったように思います。

ただ当サイトから言わせていただくと、犬種別フードはとうもろこしの使用が目立つので好ましいフードではありません。さらに「家禽類」といった、素材が分からない肉類も使われています。

当サイトでFランク評価したドッグフードよりはまだ良好ですが、やはりBHAとBHTの酸化防止剤の使用はいただけませんね。

プロマネージドッグフードの種類と特徴について

プロマネージのドッグフードは、大きく分けて「目的別」「犬種別」「年齢別」の3つのラインナップがあります。

目的別シリーズ

商品名 特徴
12ヶ月までの子犬用(パピー) 成長期にある子犬向けの商品。タンパク質が32.0%以上、カロリーが410ckal(100gあたり)と栄養価も高めになっている。
24ヶ月までのすこやかサポート 成長期が落ち着いてきた子犬向けの商品。タンパク質が28.0%以上、カロリーが385ckal(100gあたり)と栄養価が子犬用よりもやや低めになっている。
室内犬用 口臭ケアと便臭ケアができる商品。タンパク質が20.5%以上、カロリーが355ckal(100gあたり)で、脂質が12.0%以上と低脂肪設計になっている。
美味しさにこだわる犬用 チキンを第一主原料にして旨味をアップさせた商品。食べやすい小型粒になっている。
皮膚・毛づやをケアしたい犬用 アレルゲンになりにくい米とサーモンを主原料にした商品。食物アレルギーにも配慮している。
避妊・去勢している犬用 脂質が7.5%以上、カロリーが340kcal(100gあたり)の低脂肪&低カロリー設計になっている。
体重管理用 関節ケアにいい緑イ貝を配合した商品。脂質が9.0%以上、カロリーが345kcal(100gあたり)の低脂肪&低カロリー設計になっている。

犬種別シリーズ

商品名 特徴
ミニチュアダックスフンド 関節ケアと体重管理に配慮している。
チワワ 骨格の健康をサポートし、胃腸と関節の健康維持にも配慮している。
トイプードル 皮膚と被毛の健康維持に配慮している。
柴犬 皮膚の健康維持のために、オメガ3脂肪酸を含む魚を使用している。低アレルゲン性主原料。
シーズー 目と被毛の健康維持に配慮している。低アレルゲン性主原料。
ヨークシャーテリア 皮膚・被毛・関節の健康維持に配慮している。低アレルゲン性主原料。
パピヨン 骨格と関節の健康維持に配慮している。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 理想の体重を維持できるよう、低脂肪設計になっている。腰・関節・下部尿路の健康維持にも配慮。

年齢別シリーズ

商品名 特徴
7歳からの室内犬用 通常の「室内犬用」よりもやや低カロリー(350kcal/100g)になっている。
7歳/11歳からのミニチュアダックスフンド専用 骨と筋肉、関節の健康維持に配慮している。
7歳からのチワワ専用 胃腸と関節の健康維持に配慮している。心臓の機能をサポートするためにタウリンを強化。
7歳からのトイプードル専用 目の健康をサポートするためにブルーベリーを配合している。皮膚と耳の健康維持にも配慮。
7歳からの柴犬専用 理想の体重を維持できるよう低脂肪・低カロリー設計になっている。
7歳からのシーズー専用 食物アレルギーに配慮している。目の健康をサポートするためのブルーベリーも配合している。
※「12ヶ月までの子犬用」と「24ヶ月までのすこやかサポート」は、目的別のところを参考にして下さい。

プロマネージドッグフードのQ&A

プロマネージドッグフードの取扱店や販売店は?

プロマネージは、ペットショップやホームセンターでも購入することが可能です。オンライン購入であれば、プロマネージの公式サイトから直接プロマネージの取り扱いオンラインショップへ飛ぶことができますよ。ぜひ参考にしてみて下さい。

プロマネージドッグフードにはお試しサンプルってあるの?

プロマネージにはお試しサンプルがあるようなのですが、どこで手に入るのかまでは分かりません。お近くのペットショップに問い合わせてみるといいでしょう。

プロマネージドッグフードとアイムスって同じ販売会社なの?

プロマネージとアイムスは、マースジャパンリミテッドが販売を手掛けるペットフードです。他にもシーザー、ペディグリー、ニュートロ、グリーニーズもマースジャパンリミテッドのブランドになります。

プロマネージドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 800g、1.7kg、4kg
※室内犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 722円(800g)
1,245円(1.7kg)
2,751円(4kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 73円
販売会社 マースジャパン リミテッド
公式サイト http://www.promanage-pet.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る