135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

パグにおすすめの餌はどれ?評判のいいドッグフード人気ランキング!

しわくちゃなお顔につぶれた鼻、そして大きな瞳がとっても印象的なパグ。そんなパグはムチっとした筋肉質な体の持ち主ですが、肥満皮膚病になりやすい犬種でもあります。

皮膚病に関しては遺伝的要因やハウスダストなどの外的要因も絡んできますが、肥満は毎日の食事で防ぐことが可能なのでぜひ努力しておきたいものです。

そこで当サイトは、パグに合うドッグフードの選び方や注意事項についてまとめてみました。その上で、本当におすすめできるドッグフード5選をランキング形式で紹介していきます!

【基本】パグに合うドッグフードの選び方

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い穀物、粗悪な肉類、危険な添加物、犬に必要のない成分が使われているからです。

じゃあ、一体どんなドッグフードがパグにおすすめなのか?これについては、3つの選び方ポイントがあるので紹介していきたいと思います!

高タンパク・低脂肪である

パグの肥満率は全犬種の中でもトップクラスです。パグは筋肉質な体をしているが故に、ちょっとでも運動をしない日が長く続くと筋肉が脂肪に変わりやすい傾向にあります。

また、ドッグショーでのパグの理想体型が「肥満体」の傾向があるため、やや太ったパグが本来の姿だと思われていることも肥満のパグが増えている原因だとも言われています。

そんなパグの体を脂肪でブヨブヨにしないためには、動物性タンパク質を中心とした食事を毎日心がけましょう。ドッグフードでは、人も食べれるほど良質な肉や魚が総量の50%以上占めているものが望ましいです。

オメガ3脂肪酸が含まれている

パグは、アレルギー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの皮膚病にもかかりやすい犬種です。

これらは遺伝的要因やハウスダスト、花粉、ノミ・ダニなどが原因の場合もありますが、中には食物に含まれる何らかの成分に反応して皮膚トラブルを起こす場合もあります。

そんなパグの皮膚を健やかに保つためには、必須脂肪酸(とくにオメガ3脂肪酸)が含まれているドッグフードを選ぶようにしましょう。必須脂肪酸は皮膚のバリア機能を高める役割があるので、不足すると皮膚トラブルが起きやすくなります。

オメガ3脂肪酸は亜麻仁油やエゴマなどの植物油にも含まれていますが、サーモンなどのフィッシュオイルに含まれているものの方が消化吸収抜群です。ちなみにオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率は、10:1~5:1が望ましいですよ。

グレインフリー/穀物の量が少ない

パグは肥満が多いというのは前述したとおりですが、気をつけておきたいのは炭水化物の摂り過ぎです。とくに原材料のトップ3に穀物が使われているドッグフード、肉や魚よりも穀物の量が多いドッグフードはパグを太らせやすいので注意しましょう。

ただし犬にとっても炭水化物はある程度必要ですから、全く抜きにするのは良くありません。ポイントは、できるだけ低GI値の炭水化物が使われているドッグフードを選ぶことです。

おすすめなのは、穀物の代わりにサツマイモが使われているグレインフリードッグフード、もしくは低GI値の玄米や大麦などが使われているドッグフードです。

パグに評判のいいドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミでパグに大人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「使用している動物性タンパク源」「オメガ3脂肪酸の含有量」「穀物の有無」の3つです。

商品名 動物性タンパク源 オメガ3脂肪酸 穀物
ウェルケア
肉類(鶏肉、チキンミール) 不明 米糠・小麦粉・コーングルテンフィード・米コ・コーングルテンミール
ブッチ
チキン(生80%) 1.3% 穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)4%、玄米(破砕・ゆで)2%
シュプレモ
チキン・チキンミール・ラムミール・サーモンミール 0.5% 玄米・粗挽き米・米糠
ナチュラルチョイス
チキン・チキンミール・ラムミール 0.2% 玄米・粗挽き米・大麦・米糠
アイムス
肉類(チキンミール、家禽ミール) 0.3% とうもろこし・小麦
カナガン
チキン(生・乾燥)60% 0.90%
サイエンスダイエット
チキン 1.01% ・マイロ・小麦・大豆・大麦
ネルソンズ
チキン(生・乾燥)48% 0.24%
ブルー
鶏肉・チキンミール 0.5% 玄米・大麦・オートミール
モグワン
チキン&サーモン(生・乾燥)53% 1.29%
ロイヤルカナン
家禽ミート(鶏、七面鳥) 0.65% 米・とうもろこし粉・とうもろこし、小麦粉、コーングルテン
アランズナチュラルドッグフード
ラム(生・乾燥)55%以上 1.51% 玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦
ソルビダ
オーガニックチキン(生・乾燥) 0.3% オーツ・大麦・玄米(すべてオーガニック挽き割り)
アカナ
鶏肉・七面鳥・ニシン・カレイなど60% 1.0%
ピュリナワン
チキン・チキンミール 不明 米・コーングルテン・とうもろこし

この比較表をご覧いただいてすぐに分かると思うのですが、基本的に赤文字が多ければ多いものほどパグにとって好ましくないドッグフードになります。

とくにウェルケアとロイヤルカナンは、アレルギー性の高い小麦とうもろこしが大量に使われています。もともと皮膚トラブルを引き起こしやすいパグが積極的に食べる内容のドッグフードではないため、食べさせる場合は慎重になった方が良いでしょう。

では一体、どのドッグフードがパグにおすすめなのでしょうか?当サイトはさらに条件を絞り込み、その中から本当におすすめできるドッグフード5選をランキング形式で紹介していきます!

【決定】パグのドッグフードおすすめランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「主要タンパク源」「使用している油」「炭水化物源」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、消化の良さ、食べやすさなども評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
良質なチキンとサーモンを全体の53%も含んだモグワンは、炭水化物源にサツマイモを使用したグレインフリー&低GI値のドッグフードです。油には消化性の良いサーモンオイルとココナッツオイルを使っており、さらにサーモンによるオメガ3脂肪酸を効率よく吸収できるので皮膚トラブルの多いパグにもおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
太りやすいパグや皮膚トラブルが多いパグなど、あらゆるパグにおすすめしたいのがモグワンです!モグワンはチキンとサーモンがたっぷり使われているだけでなく、抗酸化作用のある野菜と果物もバランス良く入っています。さらにサーモンオイルによるオメガ3脂肪酸も豊富なので、皮膚が弱めのパグにはとくにおすすめですよ!
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、良質なチキンを60%使用した高タンパクドッグフードです。アレルギーの原因となる穀物や人工添加物を一切使わず、チキンと野菜&ハーブのみでシンプルに仕上げられています。カナガンはアミノ酸がとても豊富なので、よく散歩をするパグや活動的なパグにおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
よく動くパグや運動しながら体重を落としたいパグにほどおすすめしたいのが、このカナガンです!実際に我が家の愛犬モコがカナガンで引き締まった体型を手に入れ、体重も1kg落ちました。カナガンは動物性タンパク質が豊富なので筋力がつきやすく、同時に代謝も上がりやすいドッグフードと言えます。
ブッチ
ブッチの特徴
ブッチは、グルテンフリー&無添加のミートロールフードです。肉含有量が最大90%を誇り、生肉と同じ70%の水分量を含んでいます。低カロリーなので太りやすいパグにも毎日与えやすく、水分量が豊富なので消化性も抜群です!喉を詰まらせやすいパグやシニア期に入ったパグにもおすすめですよ。
価格 【初回お試し】3,000円(3本セット)
【通常】1,404円~
【定期】1,263円~
内容量 800g、2kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
ブッチは新鮮なお肉や魚をたっぷり使っているので、好き嫌いが激しいパグでもペロリと平らげてしまうほどの嗜好性の高さです!ふだん生肉や茹で肉をトッピングしたフードを食べているパグにもおすすめで、むしろブッチの方が栄養価も高く安全なので自信を持って推薦したいドッグフードです。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、良質なラム肉を全体の55%も使った低アレルギーのドッグフードです。原材料わずか10種類のみで、人工添加物はもちろん余計な成分も一切入っていません!食品アレルギーが起きやすいパグをはじめ、オメガ3脂肪酸が豊富なので皮膚トラブルが起きやすいパグにもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
アランズナチュラルドッグフードはラム肉を主要タンパク源としているので、チキンでアレルギーが出やすいパグ、高タンパクでよりヘルシーなお肉を食べさせてあげたい時などに向いています。原材料には3種類の穀物が使われていますが、どれもパグにとって消化吸収しやすい穀物なのでさほど心配はいりません。
アカナ アダルトスモールブリード
アカナの特徴
アカナのアダルトスモールブリードは、鶏肉、七面鳥、カレイなどの動物性タンパク源を総量の60%も使用した高タンパクドッグフードです。抗酸化作用のある野菜や果物もぎっしり詰まっており、パグをはじめとする1歳以上のあらゆる小型犬に対応した栄養バランスとなっています。
価格 【通常】891円~
内容量 340g、2kg、6kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ここではアダルトスモールブリードを紹介しましたが、アカナは種類が豊富なのでパグの体質や健康状態に合わせていろいろ選べるようになっています。また全体的に高タンパクなので、活動的なパグや毎日しっかり散歩をするパグなどに向いていますよ!もちろん低脂肪・低炭水化物です。

迷ったらコレ!パグにモグワンドッグフードをおすすめする理由!

パグに向いているドッグフードはいくつもありますが、その中でもなぜモグワンがおすすめなのでしょうか?理由をまとめてみました!

パグにをモグワンをおすすめする理由
  1. サーモンによるオメガ3脂肪酸が豊富。
  2. 極端に高タンパク過ぎないから食べさせやすい。
  3. 低脂肪・低炭水化物だからヘルシー。
  4. 肉・魚・野菜・果物のバランスが良い。
  5. 穀物・人工添加物不使用。
  6. パグでも食べやすい小粒。

パグにモグワンをおすすめする1番の理由は、肉・魚・野菜・果物のバランスが良く、栄養価も高いのでちょっとの量でしっかり栄養を摂れるドッグフードだからです!

とくに太りやすいパグやガツガツ食べるパグには、なるべく給与量を減らして回数を増やすなどの工夫をとりたいですよね。でも栄養価の低いドッグフードだと、結局1回あたりの給与量が多くなってしまうので一度にたくさん食べさせなければなりません。

でもモグワンなら、炭水化物源に腹持ちのいいサツマイモが使われています。体内で緩やかに消化吸収されるので血糖値も急上昇しにくく、かつ低アレルギー食品なので安心です。

そして何より、サーモンによるオメガ3脂肪酸が豊富なのは嬉しいですね。植物油より圧倒的に消化性がいいので、胃腸の弱いパグや皮膚が弱いパグにも自信を持っておすすめできます!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

パグの餌の量は1日どれくらい?

パグが1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、当サイトでおすすめしているモグワンの場合の給餌量を表にまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
2.5~3kg 84~93g
3~3.5kg 93~102g
3.5~4kg 102~110g
4~4.5kg 110~119g
4.5~5kg 119~128g
5~6kg 128~145g
6~7kg 145~163g

成犬の場合

体重 1日の給与量
6~7kg 118~132g
7~8kg 132~146g

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

パグが餌を食べない時の対処法は?

パグはとても食いしん坊な子が多いのですが、なぜか急にドッグフードや与えられた餌を食べなくなることもあります。

2~3日食べない日が続いた場合は体の不調や病気が疑われますが、それ以外であれば「ドッグフードが食べづらい」「おいしい匂いがしない」などが考えられます。

そこで、それぞれの対処法を簡単に紹介したいと思います。詳しくは犬が餌を食べない10の理由!元気な場合は?子犬や老犬は何が原因?で解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さいね。

ドッグフードが食べづらい場合

パグはガツガツと勢いよく食べる子が多いので、粒を噛まずにそのまま飲み込んでしまいやすいんですよね。なのでドッグフードの粒がやたら大きいと喉に詰まらせたり、あるいは形状によっては喉を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

対策としては、小粒タイプに変える、食べやすい大きさに粒を砕く、そしてドライフードをふやかすなどがあります。

ドッグフードのふやかし方
  1. ドッグフードをぬるま湯に20分ほどつける(水の場合は30分ほど)。
  2. ふやかしたぬるま湯もそのまま食べさせる(栄養が溶け込んでいるため)。

ただしふやかしたフードに関しては、こればかりを食べさせていると歯垢がつきやすくなったり顎の力が弱る原因にもなるため気をつけておきたいところです。

できるだけドライフードをそのまま食べれるようにしつけをし、ふやかしたフードはいざという時だけ食べさせるようにしましょう。

おいしい匂いがしない場合

前述したように、パグはとても食いしん坊です。そのため、与えられたドッグフードからおいしい匂いがしないと喜んで食いつかないこともしばしばあります。とくに、

  • 人工添加物がたっぷり使われているもの。
  • 何の肉や魚が使われているのかよく分からないもの。
  • 穀物だらけ。

といったドッグフードは、途中で食いつかなくなることが多いドッグフードです。これはパグだけに限ったことではありません。

犬は危険な食べ物かそうじゃないかを嗅ぎ分けられる生き物なので、よっぽど粗悪なドッグフードに食べ慣れていない限りは、自ら「危険」と察知して食べないこともあります。

なのでパグがドッグフードを全然食べてくれないと思ったら、まずは良質な肉や魚がたっぷり使われていて化学合成物質が使われていない安全な商品に切り替えてみましょう。

パグの年間の餌代はいくら?

パグの餌代ですが、これは個体差によって大きな差が出てしまうため、必ずしも「〇〇〇円」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでも当サイトがおすすめしているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬パグ(体重6~8㎏)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり3,960円
  • 成犬パグ(体重6~8㎏)の1日あたり給与量118~146g

体重およそ6~8kgの成犬パグであれば、1ヶ月あたり約2~3袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,366円(税抜)で購入することができます。さらに送料無料です。

以上を踏まえて計算してみると、

10,098円(モグワン3袋分代)×12ヶ月=121,176円

となるので、もしモグワンをパグに食べさせてあげるとなると、年間約121,176円の餌代がかかるということになります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

パグは太りやすいのでモグワンドッグフードがおすすめ!

パグはどんな食べ物も美味しそうに見つめるので、その見つめる姿にノックアウトされて人間の食べ物やおやつをたくさん与えてしまう飼い主さんは少なくありません。

しかしそれは、もともと太りやすいパグをさらに肥満にさせるので十分に気をつけましょう。肥満はいろんな病気を招いて寿命を縮めるので、油断は禁物です。

そんなパグたちの体を健康的に保つためには、嗜好性と栄養価の高い安全なドッグフードをちゃんと食べてもらい、その上で適度な運動をさせることが何より大事です。ちゃんとした食事と運動がセットになっているパグほど、健康な体を維持できています。

その点モグワンならパグに必要な栄養素がギュッと詰まっているので、太りやすいパグにはぜひおすすめしたいドッグフードです!

動物病院へ行くたびに「もうちょっと体重を減らそうね」と獣医さんから指摘を受けないよう、モグワンでパグの健康をしっかり維持してみてはいかがでしょうか?

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

パグにおすすめのドッグフードランキングをもう一度見る!

  

この記事のURLをコピーする