135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【子犬がドッグフード・餌を食べない!】考えられる6つの理由と対処法

犬が餌を食べない時の理由や対処法については「【犬が餌を食べない10の理由と対処法】元気ならワガママが原因かも!」で紹介しましたが、こちらでは子犬がドッグフードを食べない理由について解説していきたいと思います。

子犬がドッグフードを食べない6つの理由と対策方法

それでは早速、子犬がドッグフードを食べない主な理由と対策方法を紹介していきます。

犬全般の餌を食べない理由と対処法については「犬が餌を食べない10の理由!元気な場合は?子犬や老犬は何が原因?」で解説していますので、併せて見ていただくとより理解が深まるかと思います。

【理由1】ドッグフードが食べづらい

子犬がドッグフードを食べない理由で一番多いのが、この食べづらいです。

離乳食からパピー用のフードに変えた時、パピー用から成犬用に変えた時など、食べるフードが変わると途端に食いつきが悪くなることもあります。

とくに成犬用は粒が大きい場合もあるので、噛みづらいと分かっただけで食べないことも。中には、フードが変わったことへのストレスで食いつきが悪くなることもあります。

対策方法

この場合の対処法はいくつかあるので、状況に合わせて以下の方法を実践してみましょう。

ドッグフードを切り替える時は少しずつ行う

新しいフードに切り替える時は、まず全体量の20%をいつものフードに混ぜます。そして1週間かけて100%にしていくと、すんなり切り替えられることが多いです。

  • 1日目・2日目・・・新しいフード25%:従来のフード75%
  • 3日目・4日目・・・新しいフード50%:従来のフード50%
  • 5日目・6日目・・・新しいフード75%:従来のフード25%
  • 7日目・・・新しいフード100%

こうすることで、子犬もストレスなく新しいフードに慣れることができます。

硬くて食べづらい場合はふやかしてみる

フードが硬い時は、ぬるま湯に10~15分ほどつけてふやかします。まずはこれを数日間続け、徐々に慣れてきたらふやかす時間を短縮して硬いフードに慣れてもらいましょう。

ただしひとつ注意点があり、それはいつまでもふやかしたフードを与え続けないようにすることです。ふやかしたフードに慣れ過ぎると、ドライフードへの食いつきがさらに悪くなることもあります。

粒が大きい場合は砕いてみる

ドッグフードの粒が大きい場合は、ビニール袋に入れて綿棒などで軽く砕いてあげましょう。細かく砕くことで食べやすくなることもあります。

【理由2】ストレスを感じている

子犬はなにかと初めてのことが多いので、ストレスを感じて食欲をなくしてしまいがちです。とくに初めて家に迎え入れた時は、新しい環境に慣れず体調を崩してしまう子犬もいます。

もし元気がない様子も見られたら、かなりストレスを感じている可能性があるでしょう。ひどい時は、下痢や嘔吐などの症状を伴う場合もあるので注意して下さい。

対策方法

まずはストレスの原因となっているものを見つけ出し、すぐに改善しましょう。とくに環境の変化は犬にとってかなりのストレスなので、なるべく大きな変化を感じさせないよう工夫をし、常に安心できる空間をつくることが大事です。

それと子犬を引き取る際は、必ずどんな餌を与えていたのかを相手側に確認するようにしましょう。引き続き同じ餌を与えることで、変にストレスを感じさせずに済みます。

ストレスの原因には運動不足コミュニケーション不足などもあるから、日頃からよく観察して原因を見つけることが大事じゃ。

【理由3】反抗期を迎えている

犬種や個体差によってかなりバラつきはありますが、だいたい生後6ヶ月頃~1歳の間に犬は反抗期を迎えます。

この時期になると主従関係を意識し始めたり、飼い主さんを困らせる態度をとることが増えます。時には反抗期が原因で、しつけがうまくいかなくなることもあるようです。

反抗期の間は食に対しても反抗心を見せるので、わざと食べずに飼い主さんを試そうとすることもあります。

対策方法

反抗期の間は甘やかさないことが何より大事です。ここで何でもかんでも許してしまうと上下関係がおかしくなり、確実に飼い主さんが下位になるでしょう。

飼い主さんは、とにかく毅然とした態度で振る舞うこと。ドッグフードを食べないからと、おやつやトッピングを与えるようになると「食べなければもっといいものが貰える」と学習してしまいます。

【理由4】誤飲誤食

子犬にありがちなのが、誤飲誤食です。子犬はなんでも口にしてしまうので、飼い主さんが見ていないところで変なものを食べたり飲んだりすることはよくあります。

すると食道や胃腸の調子がおかしくなり、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状が見られます。

対策方法

もし子犬が誤飲誤食をしてしまったら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。すでに吐き出しているのならば、それを持参していくことも忘れないようにして下さい。

物によっては食道や胃の粘膜を傷つけている可能性があります。検査をスムーズにするためにも、どんなものを飲み込んだのか説明できるようにしておきましょう。

【理由5】体調不良・病気

なんだか元気がない、ぐったりしているなどの様子がある場合、もしかしたら体調不良や病気が原因でドッグフードを食べない可能性があります。

基本的に犬は1~2日間食べなくても平気だったりしますが、食べ盛りの子犬が2~3日間食べないとなると体の不調が考えられます。すぐに病院で検査してもらうようにしましょう。

対策方法

餌を3~4日間食べないといった様子以外にも、下痢、嘔吐、高熱、震えなどの症状が見らる場合はすぐに獣医さんへ相談しましょう。

子犬は消化器官がまだまだ未熟じゃ。食べ過ぎ消化の悪いフードが原因で消化不良を起こすこともよくあるから、1回の餌の量やドッグフードの質もこの機会に見直すと良いぞ。

【理由6】子犬の成長期が終わりを迎えている

子犬は成犬よりもエネルギー量を必要とします。そのため成犬よりもタンパク質や食事の量が多くなり、摂取するカロリーも高めになります。これはごくごく自然なことです。

なぜなら子犬は骨や筋肉がどんどん成長しますから、その成長を妨げないためにも十分な栄養量を補給する必要があるからなんですね。

しかしこれは、一般的に生後4~6ヶ月目くらいまでです。もちろん個体差はありますが、だいたい生後4~6ヶ月目くらいを目処に食への落ち着きを見せるようになります。

すると「前よりも食べなくなった」と感じることはよくあるでしょう。これは食べ盛りの時期が過ぎようとしているだけのことなので、とくに心配する必要はありません。

対策方法

この場合は、自然の流れに沿って温かく見守っていきましょう。むしろ意図的に少しずつ餌の量やカロリーを減らしてあげないと、今度は肥満や栄養過多の原因となります。

パピー専用のドッグフードは、せいぜい生後7~8ヶ月頃まで。その頃を目安に成犬用のドッグフードへと切り替え、与える量も少しずつ減らしていきましょう。

ある程度成長してきて以前ほどドッグフードを食べなくなったら、それは子犬が無意識のうちに「これ以上は食べる必要ない」と体で反応している証拠です。とくに心配する必要はありません。

ドッグフードの代わりに子犬へおやつを与えてもいいの?

ドッグフードを食べないからといって、代わりにおやつや人間の食べ物を与えるようなことは避けておきたいところです。

何度もこれを繰り返してしまうと、子犬は「ドッグフードを食べなければもっといいものが貰える」と学習します。するとドッグフードを食べずに、おやつを待ち続けるようになります。

おやつや人間の食べ物は、子犬の成長に必要なものではありません。むしろ栄養が偏る、偏食、歯垢・歯石などの原因となってしまうので十分に注意しましょう。

コツは「食べなかったら下げる」を繰り返す!

ドッグフードを出して食べなかったら、一度下げるという作業を行うことが大切です。

なぜ「食べなかったら下げる」が大切なの?

いつまでもドッグフードが出しっぱなしになっていると衛生的に良くありません。とくに無添加のドッグフードは、空気に触れている時間が長いと酸化してしまうので注意が必要です。

下げるタイミングは、出してから20分が目安となります。中には「10分」と言う人もいるので正確な決まりはありませんが、だいたい10~20分が目安でしょう。

定期的に子犬の体重チェックをして栄養管理を!

基本的に、いつも決まった量を食べることができて、かつ体重が減ったりしていないのであればとくに心配する必要はありません。

子犬の食事量は個体差があるため、食が細い子もいれば、食欲旺盛な子もいます。すべての子犬が同じように食べるわけではないです。

今の食事の量が合っているのかどうかは、体重を測ると分かりやすいですよ。合っていれば少しずつ体重が増えていき、合っていなければ体重に変化がない、あるいは減っています。

あまりにもドッグフードへの食いつきが悪いようなら工夫をし、それでも改善できない場合はかかりつけの獣医さんに相談しましょう。もしかしたら何か不調があるのかもしれません。

まとめ

子犬が急にドッグフードへの食いつきが悪くなることは、決して珍しいことではありません。まずは「なぜ食べないのか?」をいろんな角度から考えてみましょう。

その度にドッグフードをコロコロ変えたり、トッピングしたり、代わりのおやつを与えることは子犬にとって良くないので、そのような工夫だけはなるべく避けるようにして下さいね。

体質に合った栄養のあるドッグフードをきちんと食べてもらうためにも、飼い主さんが上手にリードして管理を行いましょう。

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る