135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ドッグフード「ランミールミックス」の口コミ評判!安全性や評価は?

ランミールミックスは、日清ペットフードが製造販売を手掛ける国産のドッグフードです。そんなランミールミックスの安全性や口コミ評判はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Fランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 0.0
グレインフリー 0.0
無添加 0.0
安全性 0.0
コスパ 5.0
内容量 3.2kg
※小型犬 1歳からの成犬用の場合
価格 752円
※楽天参考価格
100gあたり価格 24円
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
編集部からの評価

ランミールミックスは、当サイトでFランクのドッグフードです。天然原料の酸化防止剤を使ったり、野菜などもバランスよく配合している点はとても良かったのですが、残念ながら犬にとって好ましくない原料がかなり使われているドッグフードであることが分かりました。合成着色料で色まで出しています。非常時を除いて、できるだけ常食は避けたい内容のドッグフードだなと当サイトは感じました。

ランミールミックスドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ランミールミックスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!

当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

穀類(小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、中白糠、小麦ふすま、コーングルテンミール、脱脂米糠)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー、ビーフパウダー、ささみパウダー)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル、植物性油脂)、ビートパルプ、魚介類(フィッシュミール、他)、大豆ミール、オリゴ糖、野菜類(パプリカ、キャベツパウダー、にんじんパウダー、ほうれん草パウダー、かぼちゃパウダー)、でんぷん、乾燥全卵、馬鈴薯たんぱく、乾燥おから、アルファルファ、ビール酵母、ミルクパウダー、ミルクカルシウム、クロレラ、β-グルカン、グルコサミン、クローブ、バジル、ローズマリー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、銅、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、B2、B12、パントテン酸、コリン)、食用黄色4号、食用青色1号、食用黄色5号、食用赤色3号、食用赤色102号、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

4D ミートミール・チキンミール・チキンレバーパウダー・ビーフパウダー・ささみパウダー・フィッシュミール・他 香料
粗悪成分 動物性油脂・フィッシュオイル・植物性油脂 着色料 食用黄色4号・食用青色1号・食用黄色5号・食用赤色3号・食用赤色102号
危険成分 保存料
やや危険成分 ビートパルプ・大豆ミール 酸化防止剤 ローズマリー抽出物
タンパク質 20.0%以上 灰分 9.0%以下
脂質 10.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 5.0%以下 エネルギー 340kcal/100g

穀類

ここで使われている穀物(小麦やとうもろこし)は、犬にとってアレルゲンとなりやすく、また消化しづらい穀物になります。長期的な摂取は控えた方が賢明です。

肉類

一般的にミートミールやミートパウダーなどは、肉副産物(内臓・爪・羽・トサカ・骨など)をすりつぶしたものになります。つまり可食部以外の栄養価が低い部分です。

中には肉副産物を使っていないメーカーもありますが、ランミールミックスに関しては一切言及されていません。よって、好ましくない肉副産物が使われているとみていいでしょう。

編集部からのひとこと

ランミールミックスの原材料などを確認したところ、犬にとって好ましくない原料が数多く使われているドッグフードであることが分かりました。赤文字のオンパレードです。

実は、当サイトでFランクとしたドッグフードはほとんどが同じような原材料のラインナップなんですよね。なのにそれぞれキャッチコピーが異なるので、これがちょっと不思議だなぁ…と感じています。

ちなみにですが、これらがヒューマングレイドのような良質食材であればさほど問題ありません。第1主原料に穀類がガッツリ使われているのはちょっと問題ですが、たとえばこれがオーガニックとかであれば当サイトもそれなりに高く評価できます。

しかし、ランミールミックスに使われている原材料に関する情報は一切ありません。検査を徹底的に行っているのは公式サイトからも伺えますが、素材までは情報が開示されていません。

「検査をしているから安心」と思われやすいこの商品。しかし実際は、動物性油脂や合成着色料が使われていたりと、何かと安全面で矛盾している点が多い商品です。

ランミールミックスドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ランミールミックスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ランミールミックスドッグフードの良い口コミ

チワワ6歳 / オス
5.0
残さずよく食べます。粒もちょうどいい大きさで食べやすいようです。価格が安いので経済的で助かってます。
柴犬8歳 / メス
5.0
ランミールから切り替えてみました。こちらの方が食いつきいいです。しかもだんだん毛艶も良くなり、大変気に入りました。

ランミールミックスドッグフードの悪い口コミ

ビーグル9歳 / メス
4.0
うちのワンコには合いませんでした。うまく消化できなかったみたいで、固形物のまま何度も嘔吐しました。かわいそうなのでもう二度とあげません。
7歳 / オス
1.0
こちらを食べるようになってから体を掻きむしることが増え、うんちも緩くなって肛門が赤く腫れてしまいました。フードの何が合わなかったのかはまだ分かっていませんが、粘膜系にかなり反応してしまったようです。結膜炎も起きてしまいました。
パグ4歳 / メス
2.0
うちの子には小粒すぎました。食べにくそうで、口から頻繁に餌をこぼしています。食べにくいからなのか、味が嫌なのかは分からないけど、全然食べてくれません。
ポメラニアン5歳 / オス
1.0
お肉の匂いではなくハミガキのような匂いがします。残念ながら、うちのワンコには合いませんでした。

ランミールミックスドッグフードの口コミ・評判まとめ

ランミールミックスの口コミを調査したところ、商品に関する良い口コミはそこそこ多いドッグフードであることが分かりました。

とくに多かったのが「よく食べてくれる」という声で、ランミールミックスを食べたから毛質や皮膚が良くなったといった体質改善系の口コミはこれといってなかったように思います。

それに対し「食べない」「痒みが出た」「軟便になった」という声も一定数ありましたね。添加物に反応しているのか何なのかは分かりませんが、不安な場合は合成添加物を使っていないフードを与えるようにしましょう。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでランミールミックスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 765円 752円
送料 2,000円 店舗により異なる

ランミールミックスドッグフードの価格は楽天が安い!

調査した結果、ランミールミックスの価格がもっとも安いのは楽天であることが分かりました。ただしAmazonのプライム会員になっている場合、Amazonで購入した方が安いかもしれません。

ランミールミックスドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとランミールミックスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ランミールミックス
内容量 1.8kg 3.2kg
価格 3,564円 752円
100gあたりの価格 198円 24円
メイン食材 チキン&サーモン53% 穀類(小麦粉・ホミニーフィード・とうもろこし・中白糠・小麦ふすま・コーングルテンミール・脱脂米糠)
穀物 グレインフリー 小麦粉・ホミニーフィード・とうもろこし・中白糠・小麦ふすま・コーングルテンミール・脱脂米糠
添加物 無添加 食用黄色4号・食用青色1号・食用黄色5号・食用赤色3号・食用赤色102号
当サイト評価 Sランク Fランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ランミールミックスとモグワンですが、原材料のラインナップや品質、そして安全性など、あらゆる点が異なります。

あくまでも当サイトの意見ですが、犬の健康をより意識したいならモグワンのようなドッグフードを選ばれるといいでしょう。なぜかというと、生物学的に見てもモグワンのようなフードが犬に適してるからです。

犬はもともと植物性タンパク質の消化を得意としていませんから、穀類をメインに食べること自体好ましくありません。もちろん、栄養のためにほんの少し摂取する分には構いませんよ。

それと、犬には食べ物の色など関係ありません。わざわざ合成着色料で色を出したものを食べさせるのは不自然な行為なので、この辺りも危険な添加物を使わないモグワンの方が安全と言えます。

ランミールミックスドッグフードにはどんな種類があるの?

ランミールミックスには小粒タイプと大粒タイプがあり、それぞれ取り扱う種類が異なります。

タイプ 商品名
小粒
  • 小型犬 1歳からの成犬用
  • 小型犬 1歳からの成犬用 低脂肪・低カロリー
  • 小型犬 7歳からの高齢犬用
大粒
  • 成犬用
  • 7歳からの高齢犬用
  • 11歳からの高齢犬用

見たところ小粒も大粒も栄養成分値に違いはないので、小型犬・大型犬などに捉われず、食べやすさで決められてみると良いかと思います。

ランミールミックスドッグフードのQ&A

「ランミール」と「ランミールミックス」の違いは?

ランミールはビーフベースとチキンベースの2タイプがあり、それぞれにミルクパウダーが配合されています。それに対しランミールミックスは、キャベツやホウレンソウなどの野菜パウダーが配合されている特徴があります。タンパク質やカロリーなどは、ランミールの方がやや低めのようです。

ランミールミックスドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード
内容量 3.2kg
※小型犬 1歳からの成犬用の場合
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 752円
※楽天参考価格
100gあたり価格 24円
販売会社 日清ペットフード株式会社
公式サイト https://www.nisshin-pet.co.jp/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る