135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

アレルギー対策にも!犬の餌におすすめのサーモンドッグフード3選!

犬のアレルギー対応食材として親しまれているサーモン。チキンやラム肉にアレルギーを持つ犬が増えてきたため、最近はサーモンを使ったドッグフードの人気がとても高まっています。

そこで当サイトは、良質なサーモンドッグフードの選び方をまとめてみました。その上で、本当におすすめできるサーモンドッグフード3選をランキング形式で紹介していきます!

【基本】良質なサーモンドッグフードの選び方

まず初めに、サーモンドッグフードの選び方についてです。この3つのポイントさえ抑えておけば、基本的に変なサーモンドッグフードを買わずに済みます。ぜひ押さえておきましょう!

動物性タンパク質にはサーモンのみが使われている

サーモンのドッグフードを食物アレルギー対策用として愛犬に食べさせる場合、動物性タンパク質にはできるだけサーモンのみが使われているものを選ぶようにしましょう。

チキンやターキーなどが含まれていても構わないのですが、複数のタンパク源が含まれているとアレルギーを発症した時に原因を特定しにくくなります。

そしてその中でも、サーモンの産地や種類などがちゃんと開示されているドッグフードをおすすめします。基本的な情報がないドッグフードは候補から外してしまいましょう。

抗生物質やホルモン剤が無添加である

ドッグフードに使われるサーモンには、主にきれいな海や川から獲れる天然サーモンと、人の手によって育てられる養殖サーモンの2種類があります。

本当ならば天然サーモンを使ったドッグフードがもっとも望ましいのですが、やはりコストが高くなることもあって実際に使用しているドッグフードはほとんどありません。

よって、必然的に養殖サーモンのドッグフードを選ぶことが多くなります。そこで気をつけなければならないのが、抗生物質やホルモン剤、遺伝子組み換え成分などが使用されている養殖サーモンです。

養殖サーモンにはこれらの物質が使われていることが非常に多いため、抗生物質など使われていないことがきちんと証明されているドッグフードを選ぶようにしましょう。

グレインフリーである(穀物不使用)

サーモンのドッグフードを利用する犬のほとんどは、やはり何かしらのアレルギーを抱えている子が多いです。そこで意識してチェックしておきたいのが、炭水化物の種類になります。

とくに穀物全般にアレルギー反応を示してしまう犬が多いため、穀物の代わりにエンドウ豆やサツマイモなどの豆・野菜類が使われているドッグフードを選ばれるといいでしょう。

炭水化物に低GI値食品がバランスよく組み込まれているかどうかもポイントです。高GI値食品は血糖値が急激に上昇しやすいため、糖尿病や肥満、心臓病などのリスクを高めてしまいます。

口コミで評判のいいサーモンドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つの選び方ポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで人気のサーモンドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「使用している動物性タンパク質」「サーモンの安全性」「グレインフリー」の3つです。

商品名 動物性タンパク質 安全性 グレインフリー
コストコ「カークランド」
サーモン・フィッシュミール
go!
サーモン生肉・サーモンミール
フィッシュ4ドッグ(ファイネスト)
サーモン・サーモンミール
ピナクル
サーモン・乾燥サーモン
ウィッシュ
サーモン・サーモン粉
プラぺ
ドゥアート湖の天然サーモン・エイボン川の天然トラウト
アーテミス「オソピュア」
フレッシュサーモン・ドライサーモン
アディクション
太平洋の天然サーモン
ハロー
サーモン・チキンレバー・チキン正肉
ウェルネス(シンプル)
サーモン・サーモンミール
アルモネイチャー
サーモン(生)
ワイルドレシピ
サーモン(すり身)・チキンミール・フィッシュミール
アートゥー
サーモン(生)・ニシン(乾燥)
プロプラン
サーモン
フィッシュ4ドッグ(スーペリア)
サーモン・サーモンミール

口コミで人気のサーモンドッグフード15種類を比較してみて分かったのは、使用しているサーモンの情報をしっかりと開示している商品が極めて少ないということです。

ちなみに「ヒューマングレイド」「人間用の食品と同等の基準」と謳われているサーモンドッグフードはたくさんあります。しかし私たちが食べるようなサーモンにも抗生物質などはたくさん投与されているので、安易に信用するのは危険と言えるでしょう。

それに比べ、青文字のついたドッグフードはサーモンの種類や産地などがちゃんと公開されています。プラぺに関しては単一動物性タンパク質ではないのがやや残念ですが、気にならなければぜひおすすめしたいドッグフードです。

それでは次に、当サイトが「これはおすすめ!」と素直に感じたサーモンドッグフード3選をランキング形式で紹介します!ぜひ参考にしてみて下さいね。

【決定】おすすめのサーモンドッグフードランキング3選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「サーモンの安全性」「原材料のラインナップ」「グレインフリー」にポイントをおいて評価しています。その上で、化学合成物質が無添加のもの、栄養バランス、価格などを評価項目に入れてみました!

フィッシュ4ドッグ ファイネスト
フィッシュ4ドッグ ファイネストの特徴
フィッシュ4ドッグ(ファイネスト)のサーモンは、原材料たった10種類のシンプルなドッグフードです。使われているのは養殖サーモンですが、汚染環境や飼育コントロールが厳重に管理されており、さらにホルモン剤や抗生物質成長促進剤、遺伝子組み換え成分が一切使われていない安全なものになります。
価格 960円(400g)
3,080円(1.5kg)
5,130円(3kg)
8,740円(6kg)
14,000円(12kg)
内容量 400g、1.5kg、3kg、6kg、12kg
評価 5.0
編集部からのコメント
実は、ここまでしっかりとサーモンに関する情報が開示されているドッグフードはフィッシュ4ドッグのみです!本当に安心できる商品だと確信できたので、とくにアレルゲンとなる食材等が入ってないければぜひ試しておきたいドッグフードでしょう。サーモンの他にもサーディンや白身魚もあります。
フィッシュ4ドッグ スーペリア
フィッシュ4ドッグ スーペリアの特徴
フィッシュ4ドッグ(スーペリア)は、先ほど紹介したファイネストのワンランク上のサーモンドッグフードです。緑イ貝やオキアミ(クリル)などを含む特別な海洋ナチュラルサプリメントが配合されているため、関節のケアや免疫力の向上が期待できます。
価格 1,120円(400g)
3,360円(1.5kg)
6,160円(3kg)
10,640円(6kg)
19,490円(12kg)
内容量 400g、1.5kg、3kg、6kg、12kg
評価 4.5
編集部からのコメント
フィッシュ4ドッグ(ファイネスト)では関節成分や抗酸化成分が物足りないなぁ…と感じる場合におすすめなのがスーペリアです。とくに関節を痛めやすい犬種や皮膚・被毛トラブルが起きやすい犬、またシニア期が早く始まる大型犬にはスーペリアの方がよりおすすめと言えます。
アディクション サーモンブルー
アディクション サーモンブルーの特徴
アディクションのサーモンブルーは、太平洋を回遊する天然のサーモンを使用したドッグフードです。アディクションそのものがニュージーランドにある自社の工場でフードを製造しているため、原材料だけでなく、品質や衛生管理においても徹底された安全な商品になります。
価格 (450g)
(1.8kg)
(9kg)
(15kg)
内容量 450g、1.8kg、9kg、15kg
評価 4.5
編集部からのコメント
アディクションはサーモン以外にもベニソンやカンガルー肉などのドッグフードがあるため、同ブランド内でタンパク源をローテーションしやすいのも魅力の1つです。また未加工で最高品質の食材のみが使われていると解説があることから、サーモンの安全性も問題ないと思っていいでしょう。

サーモンドッグフードにフィッシュ4ドッグがおすすめな理由!

今回紹介したサーモンドッグフードの中でも、なぜフィッシュ4ドッグがもっともおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

フィッシュ4ドッグがおすすめな理由
  1. 使われているサーモンに薬剤の心配がない。
  2. サーモンの飼育環境が厳重に管理されている。
  3. 食品アレルギーに配慮して原材料は10種類のみ。
  4. 炭水化物にはポテトとエンドウ豆(低GI)を使用。
  5. 粒のサイズが小粒と大粒の2種類。
  6. 化学合成物質が無添加。

当サイトがフィッシュ4ドッグをおすすめする理由は、薬剤等が一切投与されていない安全な養殖サーモンが使われているからです!

もちろん養殖サーモンがすべて悪いのではありません。ただ中には、飼育環境やサーモンの餌がずさんなところも実際にあるため、サーモンの情報がきちんと公開されているフィッシュ4ドッグなら信頼できるということだけの話なのです。

とくにアレルギーで悩む犬は、ちょっとした薬剤や添加物にも反応してしまうこともあるでしょう。少しでもアレルギーのリスクを下げるためには、やはりフィッシュ4ドッグのような無添加ドッグフードが欠かせません。

本当に新鮮なサーモンを使っているからこそ匂いはややキツめではありますが、フィッシュ4ドッグは当サイトも自信をもっておすすめできる良好なサーモンドッグフードです!

なぜサーモンドッグフードは犬のアレルギーに良いの?

実際に、サーモンドッグフードで愛犬のアレルギー対策をしている飼い主さんは多数いらっしゃいます。

これは単純に、サーモンが食物アレルギーを起こしにくいタンパク源だからという理由だけではありません。実は、サーモンオイルに含まれるオメガ3脂肪酸(EPAとDHA)が皮膚トラブルの改善に期待できるからなのです。

オメガ3脂肪酸の働き
  • 皮膚や被毛の健康維持
  • 関節や足腰の健康維持
  • 脳の活性化(ボケ防止にも)
  • 心臓の健康維持
  • 血管や血液の健康維持
  • コレステロールのバランス維持
  • 免疫力向上

サーモンオイルをはじめとする魚油にはこのオメガ3脂肪酸が多く含まれています。なので鶏脂や動物性油脂などが使われているドッグフードを選ぶよりも、サーモンオイルなどの魚油が使われているドッグフードを選んだ方がアレルギーにもずっと優しいのです。

ただし魚油といっても、何の魚が使われているのか分からないようなドッグフードはあまりおすすめしません。できるだけ素材の分かる商品を選ぶようにしましょう。

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る