135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

柴犬のアレルギー対策におすすめ!皆が選んだドッグフード3選!

柴犬がかかりやすい病気の一つとして「アレルギー性皮膚炎」があります。中でも最近は「食物アレルギー」による皮膚病を患ってしまう柴犬がとても多いですね。

そこで当サイトでは、柴犬のアレルギー対策におすすめできるドッグフードを徹底的に調査してみました!

アレルギーになってしまう原因は何なのか?回避するためにはどうすればいいのか?などを踏まえながら、本当に良いドッグフードを厳選して紹介していきたいと思います。

柴犬に多い「食物アレルギー」の原因は?

食物アレルギーによる皮膚病は、柴犬に限らず起きる病気です。ところが柴犬はもともとアレルギー体質の子が多く皮膚も弱いので、高い確率で発症しやすいと言われています。

そんな食物アレルギーですが、実は身近なドッグフードが原因になることもあります。特に以下の原材料には反応を起こしやすいので、十分に注意しましょう。

食物アレルギーを起こしやすい食べ物
  • 牛肉・豚肉・ささみ
  • 穀物(とうもろこし、小麦、大豆など)
  • 化学合成物質(保存料、香料、酸化防止剤など)
  • 粗悪な肉類・副産物・食材
  • 乳製品

またこの他にも、ずっと同じ動物性タンパク源を摂取し続けることでアレルギーが起きる場合もあります。なので、チキンを食べたら次はラム肉、その次は魚、そしてその次は鹿肉といったように、2~3ヶ月ごとにローテーションする方法もおすすめです。

【基本】柴犬のアレルギー対策にいいドッグフードの選び方

食物アレルギーのリスクを軽減させるためには、まず日頃与えているドッグフードを見直さなければなりません。そして、アレルゲンとなる食材を一切食べさせないようにしましょう。これが、もっとも有効的な方法になります。

アレルギー対策にいいドッグフードの選び方は「犬のアレルギー性皮膚炎にいい餌は?おすすめドッグフードランキング」で詳しく解説しています。なのでこちらでは、簡単に選び方のポイントを紹介していきたいと思います!

動物性タンパク源が1種類のみ使用されている

食物アレルギーを回避するためには、今まで食べたことのないお肉や魚が主原料となっているドッグフードを選びましょう!そしてそのドッグフードを1~3ヶ月間続け、次に新しい異なる動物性タンパク源のドッグフードを1~3ヶ月間続けて様子を見ていきます。

ただしこの時に気をつけたいのが、アレルギー性の高いタンパク源(牛肉・乳製品・豚肉・小麦・大豆など)を避けることです。アレルゲンとなりにくいタンパク源を選びましょう。

またアレルゲンを特定するためにも、必ず動物性タンパク源が1種類のみ使われているものを選ぶことが大切です。こうすることで、何のタンパク質(お肉)にアレルギー反応を起こすのか見分けやすくなります。

アレルギー性の低いタンパク源としては、魚(サーモン、トラウト、タラ、ニシンなど)、ラム肉、鹿肉、馬肉、アヒル肉などがおすすめです。

消化の悪い穀物が使われていない

実は、穀物がアレルギーの原因となることもあります。ところが柴犬にとって穀物が絶対にダメなわけではなく、基本的に「グルテン」を含む穀物がアレルゲンとなりやすいようです。

代表的な穀物で言えば、小麦とうもろこしですね。これらは犬が消化しづらい代表的な穀物です。

できればグレインフリーのドッグフードを選ぶか、あるいは犬にとって消化しやすい穀物のみが使われているドッグフードを選びましょう。また、穀物が原材料の半分以上を占めるようなドッグフードはNGです。

無添加で原材料が明確である

人工添加物低品質な副産物、それから正体不明の原料を避けることも、柴犬の食物アレルギーを回避するためには非常に大切なことです。

普段からこのようなものを体内に入れてしまうと、腸内環境が悪くなって免疫力が低下する一方です。むしろアレルギー症状を悪化させるだけなので十分に注意しましょう。

できるだけ無添加で、原材料に何が使われているのか明確なドッグフードを選ぶことが大切です。食材の産地や飼育・栽培環境が明確だと尚良しですね!

柴犬のアレルギー対策に人気のドッグフード10種類を比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトではとくに柴犬のアレルギー対策に人気のあるドッグフード10種を比較してみることにしました!

比較する項目は「タンパク源」「使用している穀物」「無添加」の3つです。また青色で表示しているものに関しては、単一タンパク源で、かつ人間も食べれるほど良質な肉になります。

商品名 タンパク源 穀物 無添加
カナガン
チキン
オリジン(6フィッシュ)
サバ・ニシン・カレイなど6種類の魚
ウェルケア(柴専用)
肉類(鶏肉・チキンミール・チキンパウダー) 米糠・小麦粉・コーングルテンフィード・米コ・コーングルテンミール
モグワン
チキン・サーモン
日本犬「柴専用(お魚味)」
穀類(コーングルテンフィード・小麦粉・米糠・小麦ふすま・大麦糠・脱脂米糠) 穀類(コーングルテンフィード・小麦粉・米糠・小麦ふすま・大麦糠・脱脂米糠)
アランズナチュラルドッグフード
ラム肉 玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦
アイムス(健康維持用チキン)
肉類(チキンミール・家禽ミール) とうもろこし・小麦
アーテミス「オソピュア」
サーモン
アカナ(パシフィックピルチャード)
イワシ
ロイヤルカナン
肉類(鶏、七面鳥) とうもろこし・とうもろこし粉・コーングルテン・小麦・米

こうやって比較してみると一目瞭然ですね!穀類からタンパク質を補っている「日本犬 柴専用」なんて話になりません。なぜこのような国産ドッグフードが人気なのでしょう?

あ、ちなみにですが、どれだけ当サイトおすすめのドッグフードであっても、数種類のタンパク源を使用しているものは敢えてノーマークにしています。

さぁ、人気のドッグフードを比較したところで、今度は本当におすすめできるアレルギー対策ドッグフード5選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

【決定】柴犬のアレルギー対策におすすめドッグフード3選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、「単一タンパク源であること」「グレインフリー(もしくはグルテンフリー)」「無添加」にポイントをおいて評価しています。その上で、原材料が少ないもの、消化率が良いもの、栄養バランスを評価項目に入れてみました!

アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは原材料がたったの10種類!メインに生ラム肉(肉含有量55%)を使い、すべてヒューマングレイドの食材で仕上げています。添加物や余計なものは一切入っていないので、アレルギー性皮膚炎で悩む柴犬にもおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 5.0
編集部からのコメント

アランズナチュラルドッグフードは、何がアレルゲンになっているのか?をまず知りたい時にとても便利です。また食材が新鮮なので、ビタミンやミネラルなどの添加もありません。添加物過敏症の柴犬や療法食を試してきた柴犬にもおすすめですよ!ただしラム肉に対してアレルギーがある場合は注意しましょう。
カナガン
カナガンの特徴
とくにチキンアレルギーがなければ、良質な平飼いチキンを50%以上使用したカナガンはおすすめです!原材料は人間も食べれる高品質素材を使用し、人工添加物や副産物は一切使われていません。ローテーションの1つとしても使いやすいのが魅力です。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント

チキンドッグフードを食べさせてあげたいなら、まずはカナガンを試してみるのがもっともおすすめです!食材はすべてヒューマングレイドなので消化も良く、高タンパクなので運動が好きな柴犬にも合わせやすいのがメリットです。ただしチキンアレルギーの心配がある場合は控えましょう。
アカナ パシフィックピルチャード
アカナ パシフィックピルチャードの特徴
アカナの「パシフィックピルチャード」は、新鮮なイワシを豊富に使用したドッグフードです。原材料は、人間も食べれるほど新鮮で高品質な食材が使われています。サーモンや獣肉が苦手な柴犬にも食べさせやすいのがメリットです。
価格 1,296円~
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
評価 4.5
編集部からのコメント

アカナの「シングルシリーズ」には、イワシを使ったパシフィックピルチャード以外にもラムやダックを使ったドッグフードもあります。すべて単一タンパクの使用なので、とくにアレルゲンの心配がなければ同ブランド内でローテーションできるのがメリットですね!

柴犬のアレルギー対策にアランズナチュラルドッグフードがおすすめな理由!

柴犬のアレルギー対策になぜアランズナチュラルドッグフードがおすすめなのか?その理由をまとめてみました!

アランズナチュラルドッグフードがおすすめな理由
  1. 原材料がわずか10種類だからアレルゲン探しをしやすい。
  2. ラム肉が新鮮で良質な上に、低アレルギー。
  3. 添加物が一切入っていない。
  4. 原材料すべてが人間も食べれるほど高品質。
  5. 犬にとって消化吸収しやすいドッグフード。

もしもラム肉アレルギーでなければ、まずは原材料がシンプルなアランズナチュラルドッグフードからアレルゲン探しすることをおすすめします!

いきなり最初から原材料満載なドッグフードを試すと、アレルゲンが特定しにくくなるだけでなく、現在のアレルギーを悪化させる恐れもあります。ここは柴犬の体内リセットの意味も込めて、シンプルなものから試していきましょう!

それと、アランズナチュラルドッグフードは新鮮な生ラム肉や穀物を使っているため、柴犬にとっても消化が良いです。消化に良いということは悪玉菌がつくられにくくなるということなので、同時に腸内環境の改善も期待できます。

腸内環境が良くなれば免疫力が向上して免疫バランスも整いやすくなるので、アレルギーにも負けない体づくりをしていくことも可能になりますよ!

「いろんな原料が入っているからいい」ではなく、アレルギー対策には、アランズナチュラルドッグフードのようにシンプルな原料で栄養価が高いものを選びましょう!

  

この記事のURLをコピーする