135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

柴犬におすすめの餌はどれ?評判の良いドッグフード人気ランキング!

柴犬って比較的どんな餌とも相性がいいように見えますよね?

ところが、柴犬はドッグフード選びがもっとも難しい犬種だったりします!その理由には食べない(選り好みをしやすい)、アレルギー性皮膚炎、太りやすいなどがあるからです。

そこで当サイトは、柴犬の特徴を踏まえながら本当におすすめできるドッグフードを厳選してみました!15種類の人気商品と比較しながら、ランキング形式で紹介していきます。

【基本】柴犬に合うドッグフードの選び方!

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い穀物、粗悪な肉類、危険な添加物、犬に必要のない成分が使われているからです。

じゃあ、一体どんなドッグフードが柴犬におすすめなのか?これについては、3つの選び方ポイントがあるので紹介していきたいと思います!

高タンパク質・低脂質である

柴犬の活動量はとても豊富です。散歩も1日1時間くらいは必要ですから、十分な運動ができるように高タンパク質な食事をとる必要があります。

ちなみに柴犬にとって必要なタンパク質とは、チキン・ラム肉・サーモン(魚肉)などから得られる動物性タンパク質です。もともとは肉食動物なので、動物性タンパク質が不足してしまうと健康にも影響が出るので注意しなければなりません。

ただし動物性タンパク質と言っても、何の肉を使っているのか分からないドッグフードはNGです!「〇〇ミール」「肉類」「肉副産物」「〇〇パウダー」などと書かれていたら要注意。それは人間が食せないような低品質な肉が使用されている可能性があります。

そして柴犬は太りやすいことでも有名です。そのため、高タンパク質・低脂質のドッグフードを選ぶようにしましょう。

脂質の目安としては、子犬が17%程度、成犬・老犬なら14%程度が良いと言われています。ただし現在の体重・運動量によっても変わるので、あくまでも目安として参考にしていただければと思います。

アレルゲンとなりやすいものが入っていない

柴犬は遺伝的にアレルギー性皮膚炎にかかりやすい犬種です。一度発症すると治りにくいため、長期にわたって治療をしてかなければなりません。

中でも近年増えてきているのが、特定の食べ物に反応して皮膚炎を起こす「食物アレルギー」です。とくにトウモロコシ・小麦・大豆・牛肉・豚肉・人工添加物は、犬にとって代表的なアレルゲンとなるので注意しましょう。

ドッグフードを選ぶ時は、できるだけグレインフリー(穀物不使用)無添加のものを選ぶことをおすすめします。

認知症予防にいいオメガ3脂肪酸が豊富

アレルギー性皮膚炎のみならず、柴犬は認知症になりやすい犬種としても知られています。そのため、DHAやEPAが豊富に含まれているドッグフードを選んでおきたいものです。

ちなみにDHAとEPAは、魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)のことです。亜麻仁油やエゴマなどの植物油にも含まれていますが、サーモンなどのフィッシュオイルに含まれているものは消化率が圧倒的にいいと言われています。

オメガ3脂肪酸は脳や目の健康を維持するだけでなく、アトピー体質改善や被毛トラブルの改善にも効果が期待できます。ぜひサーモンオイルや、青魚が使われているドッグフードを選びましょう。

柴犬に評判のいいドッグフード15種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは柴犬に大人気のドッグフード15種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「タンパク質と脂質」「グレインフリー」「オメガ3脂肪酸」の3つです。そして、人も食べれるほど良質なタンパク源には青字でマークしています。

商品名 タンパク質/脂質 グレインフリー オメガ3脂肪酸
カナガン
33.0%/17.0% 0.90%
ロイヤルカナン
25.0%/14.0% 0.66%
ピナクル
26.0%/15.0% 不明
ナチュロル
23~27%/7~9% 不明
シュプレモ
25.0%/14.0% 0.3%
ネルソンズ
30.0%/15.0% 0.24%
モグワン
28.0%/12.0% 1.29%
ユーカヌバ
26.0%/16.0% 不明
ナチュラルドッグフード
20.0%/12.50% 1.51%
ウェルケア
27.0%/11.0% 不明
アカナ
35.0%/17.0% 0.9%
アーテミス「オソピュア」
24.0%/14.0% 0.4%
ファインペッツ
27.1%/16.0% 不明
ナウフレッシュ
27.0%/17.0% 0.5%
アイムス
24.0%/12.5% 0.3%

15種類のドッグフードを比較して分かったこと。それは、評判のいいプレミアムドッグフードほど、タンパク質・脂質・オメガ3脂肪酸の配合量がまさに理想的だということでした!

しかしこれだけ並ぶと、正直どれがいいのか本当に迷ってしまいます。だから飼い主さんも結局どれがいいの?と困惑してしまうんですよね。

なので当サイトではその疑問を解消するべく、上記の3ポイント以外の点にも着目して本当におすすめできるドッグフード5選をランキングにしてみました!

【決定】柴犬のドッグフードおすすめランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「タンパク質と脂質」「グレインフリー」「オメガ3脂肪酸」を重視して評価しています。その上で、安全性、栄養バランス、アレルギー対策におすすめかも評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、新鮮なチキンとサーモンを53%も使用した高タンパクドッグフードです。脂質が抑えられているので太りやすい柴犬にも合わせやすく、皮膚や被毛の健康維持、認知症予防にも役立つオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。魚好きの柴犬にはぜひおすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
モグワンは手作り食を意識したレシピになっているため、ふだんから手作り食を意識している飼い主さん、野菜のトッピングをしている飼い主さんにもおすすめです!使われている食材が低アレルギーで消化に良いものばかりですから、皮膚アレルギーが心配な柴犬にも安心して食べさせられるのが嬉しいですね。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、新鮮なチキンを50%以上も使用した高タンパク質・低脂質のドッグフードです。モグワン同様、すべて人間が食べれる材料から作られており、アレルゲンとなりやすい穀物や添加物、副産物などが一切入っていません。活発な柴犬やよく動く柴犬におすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは肉と野菜、そしてハーブが理想的な量で配合されています。タンパク質・脂質・炭水化物のバランスも良いので、全年齢の柴犬に合わせやすいのも特徴です。チキンが好きな柴犬、モグワンよりも高タンパク食が必要な柴犬にはぜひおすすめしたいドッグフードです!
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、動物性タンパク源に鹿肉・鶏肉・鮭肉を80%使ったドッグフードです。消化率が87%を誇り、食べたら食べた分だけしっかり栄養が吸収される特長を持ちます。ファインペッツには3種の穀物が使われていますが、どれも消化の良い低アレルギーの穀物なのでさほど心配はいりません。
価格 【初回お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
鹿肉のドッグフードを探している飼い主さんにおすすめしたいのが、このファインペッツです!もちろん無添加のヒューマングレイドで、中国産原料なども一切使っていません。ファインペッツは栄養価が非常に高いので、1日のエネルギー量が大きい柴犬にはぜひ食べさせておきたいドッグフードです!
アカナ
アカナの特徴
アカナは、穀物や添加物一切不使用の、人間が食せる肉・野菜・果物のみでつくられた高タンパクドッグフードです。肉々しいのに低脂質・低炭水化物のレシピになっているので、活動的な柴犬の体づくりを健康的にサポートしてくれます。
価格 【通常】1,296円~
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
とにかくお肉もしっかり食べさせたい!でも脂肪や炭水化物はちゃんと控えたい!という柴犬におすすめなのがアカナです。ふだんから散歩の量も多く、運動が大好きな柴犬にはピッタリのドッグフードですよ。嗜好性が高いので、食いつきがすごくいいと口コミでも評判です。
ネルソンズ
ネルソンズの特徴
ネルソンズは、生後7ヶ月~7歳の犬対応のドッグフードです。アレルゲンとなりやすい穀物・添加物・副産物は一切不使用で、原材料の48%は良質なチキンから作られています。噛み応えのある大きめな粒でできているため、しっかり噛ませてあげたい柴犬におすすめです!
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ネルソンズは、タンパク質・脂質・オメガ3脂肪酸がまさに理想の配合量です!対象年齢が生後7ヶ月~7歳までと決まっているのが残念な点ですが、小粒が苦手な成犬の柴犬や、しっかり噛んで食べることを好む柴犬にはぜひ試しておきたいドッグフードと言えます。

迷ったらコレ!柴犬にモグワンドッグフードをおすすめする理由!

柴犬におすすめなドッグフードを5つ紹介しましたが、正直どの商品もローテーションで与えておきたいぐらいおすすめです。

しかしそんな中でも、なぜモグワンがもっともおすすめできるのか?その理由を紹介していきたいと思います!

柴犬にモグワンがおすすめな理由
  1. 筋肉や体を維持するためのタンパク質が豊富で良質。
  2. サーモンなど低アレルギーの食材を使用している。
  3. 穀物・人工添加物が不使用。
  4. 原材料はすべて人間が食せるレベル。
  5. 全ライフステージ対応なので切り替えの必要がない。
  6. プレミアドッグフードにしては価格が良心的。

まさにモグワンは、ない物ねだりをしにくドッグフードと言えます!なぜなら栄養面、価格面、安全面のどれをとってもバランスが非常にいいからです。

実際にいろんな口コミを見ても、モグワンで食物アレルギーが出たという柴犬をほとんど見たことがありません。むしろ、アレルギー対策として活用している飼い主さんが多い印象を受けました。

それと、モグワンは栄養バランスがとても良く栄養価も高いので、わざわざサプリメントをプラスする必要はありません。もちろん与える量も少なめで済むので、こう見えても意外とコスパがいいのです!

愛犬柴犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいんだろう?と悩んだら、まずはモグワンから試してみましょう。きっと健康的なうんちに驚くはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

子犬の柴犬でもモグワンドッグフードは大丈夫?

モグワンは高タンパクなので、子犬に与えても大丈夫なのか?と悩みますよね。

まず結論から言いますと、モグワンはむしろ子犬に与えた方がいいドッグフードと言えます!その理由を見ておきましょう。

子犬の柴犬にモグワンがおすすめな理由!
  • 高タンパク(子犬は成犬の約2倍のタンパク質が必要)。
  • 穀物の代わりにサツマイモを使用している。
  • 野菜や果物もバランスよく摂取できる。

子犬はものすごいスピードで成長していくので、その成長を妨げないためにもカロリーや栄養をしっかり補う必要があるんですね!

その点、モグワンなら1日に必要な栄養量をしっかり満たすことができるので安心です。手作りのトッピングやおやつをプラスする必要もありませんから、偏食の予防にもなりますよ!

ブリーダーやペットショップから引き取った場合、必ず何を食べさせていたのかを確認するようにしましょう。いきなりモグワンに切り替えるとストレスになる柴犬もいるので、しばらくの間はこれまでと同じ餌を与えるようにし、環境に慣れてきたら少しずつモグワンへと切り替えていくようにして下さい。

ドッグフードで柴犬のアレルギー対策をするためには?

柴犬がなりやすいアレルギー性皮膚炎は、同じドッグフードをずっと食べ続けることで起きることがあります。

もちろん普段から、アレルギーの原因となりやすい穀物(とうもろこし・小麦・大豆など)、添加物、副産物などを避けることもアレルギー対策には必須です!

しかし、ある日突然チキンやサーモンが合わなくなってきた…なんてことが実際にあります。もうこれ以上、同じ動物性タンパク源(ここで言うチキンとサーモン)を受け入れられないですよ~という状態ですね。

こうなってしまうと体が拒否反応を示し始めるため、痒みや湿疹、嘔吐や下痢といった形で何かしらサインが出てきます。その中でとくに多いのがアレルギー性皮膚炎なんですね。

なのでアレルゲンを体内に蓄積させないためにも、異なる動物性タンパク源のドッグフード2~3種を数ヶ月ごとにローテーションしてみることをおすすめします。こちらの記事も参考になるかと思いますので、ぜひ当ランキングと比較してみて下さいね。

柴犬がドッグフードを食べない時の理由と対処法!

ドッグフードを食べない柴犬はとても多いですね。これは性格的なものも関係していますが、大概はしつけの仕方が餌の食いつきに影響していると言われています。

つまり飼い主さんが甘やかしたしつけばかりをしていると、ドッグフードを食べずに人間の食べ物やおやつを待ち続けるようになるんです。

ただし、しつけの問題以外にもこんな理由があります。

  • 体調や口の中に異常がある
  • ストレスによる食欲の低下
  • 餌から食欲のそそるにおいがしない

一体どれが原因になっているかはすぐに分からないため、まずは柴犬がどんな様子をしているか確認することが大事です。その上でドッグフードを変えてみて、それでも食いつきが悪い場合はすぐに獣医さんへ相談しましょう。何か不調を訴えている可能性があります。

食べない理由についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

柴犬が1日に必要とする餌の量(給餌量)は?

柴犬が1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、当サイトでおすすめしているモグワンの場合の給餌量を表にまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
2~2.5kg 68~84g
2.5~3kg 84~93g
3~3.5kg 93~102g
3.5~4kg 102~110g
4~4.5kg 110~119g
4.5~5kg 119~128g
5~6kg 128~145g
6~7kg 145~163g
7~8kg 163~180g

成犬の場合

体重 1日の給与量
6~7kg 118~132g
7~8kg 132~146g
8~10kg 146~175g
10~12kg 175~203g
12~14kg 203~230g

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

柴犬には手作り食よりもモグワンドッグフードがおすすめ!

これまでに手作りの餌やトッピングを与えていた場合、モグワンにすることでその手間が省けるのでだいぶラクになりますよ!

柴犬に必要な栄養素がギュッと詰まっていますし、何より新鮮なお肉や魚、野菜、果物が使われているので消化も良く、安心して毎日食べさせることができます。

それに添加物や低品質な油なども使われていませんから、アレルギー対策にもなります。皮膚の痒みや赤みが出やすい柴犬にも与えることができるのは嬉しいですね!

私たちが産地や原材料を気にして食品を選ぶのと同じように、愛犬のドッグフード選びにも慎重になってみませんか?だって犬も家族ですから。

何を選べばいいのか迷ったら、まずはモグワンからスタートしてみましょう。何かとデリケートな柴犬の体を健康的に保ってくれます。一度試すと、市販のドッグフードに戻れなくなることを実感するはずですよ!

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

  

この記事のURLをコピーする