135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

柴犬におすすめの餌はどれ?評判の良いドッグフード人気ランキング!

柴犬って比較的どんな餌とも相性がいいように見えますよね?

ところが、柴犬はドッグフード選びがもっとも難しい犬種だったりします。その理由には食べない(選り好みをしやすい)、アレルギー性皮膚炎、太りやすいなどがあるからです。

そこで当サイトは、柴犬の特徴を踏まえながら本当におすすめできるドッグフードを厳選してみました。20種類の人気商品と比較しながら、ランキング形式で紹介していきます。

【基本】柴犬に合うドッグフードの選び方!

まず初めに、当サイトでは犬種別に分けているドッグフードはおすすめしません。なぜならそのようなドッグフードほど、犬にとって消化の悪い穀物、粗悪な肉類、危険な添加物、犬に必要のない成分が使われているからです。

じゃあ、一体どんなドッグフードが柴犬におすすめなのか?これについては、3つの選び方ポイントがあるので紹介していきたいと思います!

主原料に良質な動物性タンパク質が使われている

柴犬の活動量はとても豊富です。散歩も1日1時間くらいは必要ですから、十分な運動ができるように高タンパク質な食事をとる必要があります。

ちなみに柴犬にとって必要なタンパク質とは、チキン・ラム肉・サーモン(魚肉)などから得られる動物性タンパク質です。もともとは肉食動物なので、動物性タンパク質が不足してしまうと健康にも影響が出るので注意しなければなりません。

動物性タンパク質と言っても、何の肉を使っているのか分からないドッグフードは避けておきたいものです。品質や安全性がさっぱり分からない「〇〇ミール」「〇〇エキス」「肉類」「肉副産物」「〇〇パウダー」などには注意しましょう。

低脂肪&低炭水化物である

柴犬はもともと太りやすい犬種でもあります。飼い主さんがその子に見合った食事をちゃんと管理をしてあげないと、あっという間にコロコロした体形になることもあるので注意しましょう。

そんな柴犬に適したドッグフードは、低脂肪で低炭水化物のもの。とくに穀物をたっぷり使ったドッグフードは高炭水化物で肥満に繋がりやすいですから、できるだけ炭水化物の割合が少ないもの、あるいは低炭水化物の食材が使われたドッグフードを選ぶことが大切です。

脂質の目安としては、子犬が17%程度、成犬・老犬なら14%程度が良いと言われています。ただし現在の体重・運動量によっても変わるので、あくまでも目安として参考にしていただければと思います。

認知症予防にいいオメガ3脂肪酸が豊富

アレルギー性皮膚炎のみならず、柴犬は認知症になりやすい犬種としても知られています。そのため、DHAやEPAが豊富に含まれているドッグフードを選んでおくといいでしょう。

ちなみにDHAとEPAは、魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸(必須脂肪酸)のことです。亜麻仁油やエゴマなどの植物油にも含まれていますが、サーモンなどのフィッシュオイルに含まれているものは消化率が圧倒的にいいと言われています。

オメガ3脂肪酸は脳や目の健康を維持するだけでなく、アトピー体質改善や被毛トラブルの改善にも効果が期待できます。ぜひサーモンオイルや、青魚が使われているドッグフードを選びましょう。

柴犬に評判のいいドッグフード20種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは柴犬に大人気のドッグフード20種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「脂肪」「オメガ3脂肪酸」の3つです。なお、人間用と同等基準の食材が使われている場合は主原料を青文字で示しています。

商品名 主原料 脂肪 オメガ3脂肪酸
愛犬元気(柴犬用)
穀類(トウモロコシ・小麦粉・コーングルテンミール・パン粉・コーングルテンフィード・フスマ等) 10%以上 不明
アカナ
生ラム肉18%・ラム肉ミール18%・丸ごとグリンピース(肉類含有量50%) 15%以上 0.9%
アランズナチュラルドッグフード
ラム肉55%以上 12.50% 1.51%
いぬはぐ
鶏肉・玄米・白米 6.0%以上 不明
ウェルケア(柴専用)
肉類(鶏・七面鳥)・小麦・とうもろこし 10.5% 不明
UMAKA
鶏肉・大麦・玄米 11.5%以上 不明
オリジン
鶏肉・七面鳥肉・イエローテイルカレイ(肉類含有量85%) 18%以上 0.8%以上
カナガン
骨抜きチキン生肉26%・乾燥チキン25%(肉類含有量60%) 17% 0.90%
シュプレモ
チキン(肉)・チキンミール・玄米 14%以上 0.3%
スマック「柴犬用」
穀類(とうもろこし・コーングルテンフィード・パン粉・小麦粉・米糠・コーングルテンミール等) 8%以上 不明
ナチュロル
牛・鶏・馬・魚の生肉55% 7~9% 不明
日本犬 柴専用
糟糠類(グルテンフィード・米糠・小麦ふすま・大麦糠・脱脂米糠) 8%以上 不明
ネルソンズ
乾燥チキン28%・チキン生肉20%・サツマイモ(肉類含有量48%) 15% 0.24%
馬肉自然づくり
馬肉・鶏肉・玄米 11.1%以上 不明
ピッコロ
骨抜きチキン生肉31%・骨抜き生サーモン20%・乾燥チキン13%(肉類含有量70%) 15%以上 0.86%
ファインペッツ
鹿肉・鶏肉・オートミール(肉類含有量80%) 16% 不明
プロマネージ(柴犬専用)
米・チキンミール・さとうもろこし 12%以上 不明
ベストバランス(柴犬用)
穀類(トウモロコシ・小麦粉・コーングルテンミール・玄米等) 10%以上 不明
モグワン
チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)53% 12% 1.29%
ロイヤルカナン(柴犬)
とうもろこし・米・肉類(鶏、七面鳥) 12%以上 0.83%

20種類のドッグフードを比較して分かったのは、柴犬専用のドッグフード、あるいはホームセンターでも買えるようなドッグフードほど好ましくない原料が使われていることです。

それに対し、青文字のついたドッグフードはとても理想的な内容であることが分かりました。炭水化物も低めですし、穀物アレルギーに配慮している商品も多いです。

オメガ3脂肪酸に関しては記載のない商品もありますが、原材料を見る限りサーモンオイルや青魚が使われていたりするので、全く含まれてないということはなさそうです。

そこで次に、当サイトではさらに評価項目を増やして厳選し、柴犬に本当におすすめできるドッグフード10選をランキング形式でまとめてみました!

【決定】柴犬のドッグフードおすすめランキング10選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「原材料のラインナップ」「低脂肪&低炭水化物」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、必須脂肪酸がどれくらい含まれているか、アレルギー対策におすすめかも評価項目に入れてみました!

モグワン
モグワンの特徴
モグワンは、総量の53%に新鮮なチキンとサーモンを使用したドッグフードです。脂質や炭水化物が抑えられているので太りやすい柴犬にも合わせやすく、皮膚や被毛の健康維持、認知症予防にも役立つオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。魚好きの柴犬にもおすすめです。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
ドッグフードの神様限定!今なら初回50%OFFのキャンペーン実施中!
内容量 1.8kg
評価 5.0
編集部からのコメント
モグワンはサーモンによるオメガ3脂肪酸が豊富なので、皮膚トラブルや被毛トラブルに悩む柴犬にぜひ食べさせておきたいドッグフードです。また手作り食を再現したレシピなので、ふだんから手作り食や野菜のトッピングをしている家庭にもおすすめですよ。
カナガン
カナガンの特徴
カナガンは、総量の50%以上に新鮮なチキンを使用した高タンパクドッグフードです。良質な必須アミノ酸が豊富に含まれているので、運動量の多い柴犬や活発な柴犬にぜひ合わせてあげるといいでしょう。カナガンにもオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンオイルが含まれています。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント
カナガンは肉と野菜、そしてハーブが理想的な量で配合されています。タンパク質が33%とやや高めなので、毎日しっかり散歩をする活発な柴犬などに合わせてあげるといいでしょう。動いたら動いた分だけ、しっかりと筋肉がついてくれるのもカナガンの特長です。
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの特徴
アランズナチュラルドッグフードは、総量の55%にラム肉を使ったドッグフードです。原材料がたった10種類で余計な添加物等も一切含まれていないので、食物アレルギーが気になる柴犬やアレルゲンを特定する必要のある柴犬などに合わせてあげるといいでしょう。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 2kg
評価 4.5
編集部からのコメント

アランズナチュラルドッグフードは食物アレルギー対策にも有効ですが、全体的に低タンパク・低脂肪・低カロリー設計なので室内で過ごすことの多い柴犬にもおすすめできるドッグフードです。ただし、子犬の場合は生後7ヶ月以上になってから与えるようにしましょう。
いぬはぐ
いぬはぐの特徴
いぬはぐは、犬のお腹の健康を考えて開発されたドッグフードです。腸活を促す乳酸菌やオリゴ糖をはじめ、健康な身体づくりをサポートするアミノ酸やEPA&DHAも豊富に配合されているため、下痢や嘔吐をしやすい柴犬に合わせてみるといいでしょう。
価格 【通常】6,980円
【定期初回】2,980円
【定期初回】2,480円(クレジットカード決済の場合)
【定期購入】5,980円
内容量 1.5kg
評価 4.5
編集部からのコメント

お腹の調子が悪くなりやすい、なんだか軟便が続く…そんな柴犬におすすめしたいのがいぬはぐです。いぬはぐは犬にとって消化しやすい食材が使われているだけでなく、お腹の調子を整える良質な食物繊維や腸活に良い乳酸菌やオリゴ糖が配合されています。
ネルソンズ
ネルソンズの特徴
ネルソンズは、生後7ヶ月〜7歳までの犬を対象にしたドッグフードです。原材料の48%が良質なチキンで占めており、余計な添加物や原料は一切含まれていません。粒が大きめでしっかりしているので、小粒が苦手な柴犬におすすめです。
価格 【通常】7,800円
【定期】6,630円
内容量 5kg
評価 4.5
編集部からのコメント

ネルソンズは容量が5kgもあるので、いつも大容量のドッグフードを買っている家庭にはとてもおすすめできるドッグフードです。また、モグワンやカナガンでは小粒すぎて…と感じる場合にもネルソンズを検討されてみるといいでしょう。
アカナ
アカナの特徴
アカナは、人間が食せる肉・野菜・果物のみでつくられた高タンパクドッグフードです。犬の健康を考えて低脂質・低炭水化物のレシピになっているため、太りやすい柴犬にも合わせやすく、さらに活動的な柴犬の体づくりも健康的にサポートしてくれます。
価格 1,242円(340g)
5,724円(2kg)
14,040円(6kg)
20,520円(11.4kg)
内容量 340g、2kg、6kg、11.4kg
評価 4.0
編集部からのコメント
お肉はしっかり食べさてあげたい!でも脂肪や炭水化物はちゃんと控えたい…という柴犬におすすめなのがアカナです。ふだんから散歩の量も多く、運動が大好きな柴犬にもピッタリのドッグフードと言えます。目的に合わせて種類も豊富なのがアカナの特徴です。
ピッコロ
ピッコロの特徴
ピッコロは、総量の70%にチキンとサーモンを使ったシニア犬・肥満犬専用のドッグフードです。シニア犬や肥満犬に合わせた栄養バランスになっているため、最近太ってきたな…と感じる柴犬や、シニア期を迎えた柴犬に合わせてあげるといいでしょう。
価格 【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量 1.5kg
評価 4.0
編集部からのコメント

シニア犬や肥満犬に高タンパクドッグフード?と思われがちですが、実はシニア期を迎えた健康な犬や肥満犬にはしっかり動物性タンパク質を与える必要があります。低タンパク食は筋力が衰える原因となるため、例外を除いては、ピッコロのようなドッグフードを食べさせてあげましょう。
オリジン
オリジンの特徴
オリジンは、原材料の85%に新鮮な肉や魚を使用したドッグフードです。アカナ同様、犬の健康を考えてすべて低炭水化物設計になっており、原料をすべて丁寧に低温調理しているので合成サプリメントは亜鉛(もしくは亜鉛と銅)のみとなっています。
価格 1,300円(340g)
6,000円(2kg)
14,500円(5.9kg)
21,000円(11.3kg)
内容量 340g、2kg、5.9kg、11.3kg
評価 4.0
編集部からのコメント

今回紹介したドッグフードの中で、オリジンはお肉の含有量がトップクラスです。そのため、運動量がとても多い柴犬や毎日1時間以上は散歩しているという柴犬にぜひ合わせてあげるといいでしょう。血糖値を急上昇させる高GI値食品を一切含んでいないのも特長です。
UMAKA(うまか)
UMAKAの特徴
UMAKAは、九州産の華味鳥を100%使用した国産ドッグフードです。新鮮な華味鳥を使っているので風味が非常に良く、好き嫌いの激しい柴犬にも合わせやすいのがUMAKAの特長です。ノンオイルコーティングで、アレルゲンとなりやすい小麦グルテンが含まれていません。
価格 【初回お試し】1,980円
【通常】4,980円
【定期】4,482円
内容量 1.5kg
評価 4.0
編集部からのコメント

UMAKAはどこ産のどんな鶏肉を使っているのかちゃんと分かるので、いろんな意味で安心のできる国産ドッグフードです。フードの匂いを嗅いだだけででまったく食べない柴犬も多いかと思いますが、そんな柴犬にはぜひUMAKAを試されてみるといいかもしれません。
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、タンパク源に鹿肉・鶏肉・鮭肉を80%も使ったドッグフードです。消化率が87%を誇るため、食べたら食べた分だけ栄養がしっかり吸収される特長を持ちます。少量でしっかり栄養を摂りたい柴犬などに合わせてあげるといいでしょう。
価格 【初回お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
評価 4.0
編集部からのコメント
ファインペッツは100gあたり約440kcalとカロリーが高めなので、1日のエネルギー量が大きい柴犬や子犬、小食気味な柴犬にぜひ食べさせておきたいドッグフードです。穀物が気になる場合は、穀物不使用のファインペッツ極を検討されるといいかもしれません。

迷ったらコレ!柴犬にモグワンドッグフードをおすすめする理由!

柴犬におすすめのドッグフードを10種類紹介しましたが、なぜモグワンがおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

柴犬にモグワンがおすすめな理由
  1. 筋肉や体を維持するためのタンパク質が豊富で良質。
  2. サーモンなど低アレルギーの食材を使用している。
  3. 低脂肪・低炭水化物なので肥満対策にも最適。
  4. 穀物・化学合成物質が不使用。
  5. 原材料はすべて人間が食せるレベル。
  6. 品質と安全性が高いのにコスパがいい。

当サイトが柴犬にモグワンをおすすめする理由は、ずばり栄養バランスに優れているだけでなく、柴犬の体質にも合わせやすい低脂肪・低炭水化物設計だからです。室内で過ごすことの多い柴犬に合わせやすいのも、モグワンのメリットになります。

また、皮膚・被毛トラブルを抱えやすい柴犬に嬉しいサーモンオイルが配合されているため、これも当サイトが柴犬にモグワンをおすすめしたい理由になります。

品質のいいドッグフードは山のようにあります。しかし柴犬の体質や抱えやすいトラブルを考えると、まずはモグワンのように肉・魚・野菜・果物がバランスよく含まれているドッグフードを食べさせておきたいものです。

もちろん個体差があるので必ずモグワンが合うとは限りませんが、柴犬の健康を考え、一度モグワンのようなバランスの良いドッグフードで皮膚や便の様子を見てみるといいでしょう。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

子犬の柴犬にはどんなドッグフードがおすすめ?

子犬の柴犬には、栄養価の高いドッグフードを与えましょう。子犬は毎日どんどん成長していますから、成犬以上に栄養やエネルギーが必要になります。

子犬だからと質素な食事ばかり与えていると、大きくなった時に体の異常やトラブル(皮膚アレルギーなど)を抱えやすい体質になるため気をつけましょう。

また、子犬の消化器官はまだまだ未熟です。犬にとって消化しにくい食材が使われているドッグフード(穀物がたっぷり使われたフードや添加物だらけのフードなど)は避け、できるだけ産地の分かる良質な食材が使われたドッグフードを選んであげましょう。

子犬に合うドッグフードの選び方などは、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみ下さいね。

ドッグフードで柴犬のアレルギー対策をするために大事なことは?

柴犬がなりやすいアレルギー性皮膚炎は、同じドッグフードをずっと食べ続けることで起きることがあります。

もちろん普段から、アレルギーの原因となりやすい穀物(とうもろこし・小麦・大豆など)、添加物、副産物などを避けることもアレルギー対策には必須です!

しかし、ある日突然チキンやサーモンが合わなくなってきた…なんてことが実際にあります。もうこれ以上、同じ動物性タンパク源(ここで言うチキンとサーモン)を受け入れられないですよ~という状態ですね。

こうなってしまうと体が拒否反応を示し始めるため、痒みや湿疹、嘔吐や下痢といった形で何かしらサインが出てきます。その中でとくに多いのがアレルギー性皮膚炎なんですね。

なのでアレルゲンを体内に蓄積させないためにも、異なる動物性タンパク源のドッグフード2~3種を数ヶ月ごとにローテーションしてみることをおすすめします。こちらの記事も参考になるかと思いますので、ぜひ当ランキングと比較してみて下さいね。

【給餌量】柴犬の餌の量は1日あたりどれくらい?

柴犬が1日に必要とする餌の量は、ドッグフードや手作り食の栄養価、運動量、ライフスタイル、体重、体格、年齢などによって変わります。よって、絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありません。

例として、当サイトでおすすめしているモグワンの場合の給餌量を表にまとめてみました。

子犬の場合

体重 1日の給与量
2~2.5kg 68~84g
2.5~3kg 84~93g
3~3.5kg 93~102g
3.5~4kg 102~110g
4~4.5kg 110~119g
4.5~5kg 119~128g
5~6kg 128~145g
6~7kg 145~163g
7~8kg 163~180g

子犬は毎日成長するため、こまめに体重を測った上で給餌量を参考にするようにしましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます。

成犬の場合

体重 1日の給与量
6~7kg 118~132g
7~8kg 132~146g
8~10kg 146~175g
10~12kg 175~203g
12~14kg 203~230g

成犬は、15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安と言われています。ただし個体差や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう。

老犬の場合

老犬は、成犬に与える量よりも20~30%程減らした量を与えるようにしましょう。運度量、そして消化能力も落ちているため、食べ過ぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

ここで紹介した給餌量はあくまでも目安で、運動量・体調・生活環境によって必要なエネルギー量が変わります。給餌量が合っているかどうかはうんちで分かるので、うんちが柔らかければ量を減らす、硬ければ量を増やすといった感じで調整して下さい。

柴犬がドッグフードを食べない時の対処法は?

ドッグフードを食べない柴犬はとても多いですね。これは性格的なものも関係していますが、しつけの仕方が餌の食いつきにも影響していると言われています。

ただし、しつけの問題以外にもこんな理由があります。

  • 体調や口の中に異常がある。
  • ストレスによる食欲の低下。
  • 餌から食欲のそそるにおいがしない。

一体どれが原因になっているかはすぐに分からないため、まずは柴犬がどんな様子をしているか確認することが大事です。その上でドッグフードを変えてみて、それでも食いつきが悪い場合は獣医さんに相談してみましょう。何か不調を訴えている可能性があります。

食べない理由についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひこちらを参考にしていただけたらと思います。

柴犬にかかる年間の餌代はいくら?

柴犬の餌代は個体差によって大きな差が出てしまうため、必ずしも「〇〇〇円」とは言い切れません。また、食べさせるドッグフードによっても年間の餌代は変わります。

例として、ここでも当サイトがおすすめしているモグワンでおおよその年間の餌代を出してみましょう。成犬柴犬(体重6~14㎏)で計算してみます。

  • モグワン 1袋(1.8kg)あたり3,960円
  • 成犬柴犬(体重6~14㎏)の1日あたり給与量118~230g

体重およそ6~14kgの成犬柴犬であれば、1ヶ月あたり約2~4袋のモグワンが必要となります。

ちなみに、モグワンを3袋ずつ定期購入すれば毎回合計7,000円以上になるので、15%の割引が入って1袋あたり3,366円(税抜)で購入することができます。さらに送料無料です。

また、定期購入の場合はお届け周期を1週間~13週間まで1週間単位で選べます。なのでここでは、4週間おき(1ヶ半おき)にモグワンが3袋届く設定で計算してみましょう。

10,098円(モグワン3袋分代)×12回(年間)=121,176円

となるので、もしモグワンを柴犬に食べさせてあげるとなると、年間約121,176円の餌代がかかるということになります。

ただし、ここで出した金額はあくまでも目安です。飼育環境、体質、運動量などによって餌代は大幅に変わるので、参考程度に留めていただければと思います。

柴犬には手作り食よりもモグワンドッグフードがおすすめ!

これまでに手作りの餌やトッピングを与えていた場合、モグワンにすることでその手間が省けるのでだいぶラクになることでしょう。

柴犬に必要な栄養素がギュッと詰まっていますし、何より新鮮なお肉や魚、野菜、果物が使われているので消化も良く、安心して毎日食べさせることができます。

それに添加物や低品質な油脂なども使われていないので、体にもやさしいのが嬉しいですね。皮膚の痒みや赤みが出やすい柴犬にも安心して与えることができます。

私たちが産地や原材料を気にして食品を選ぶのと同じように、柴犬のドッグフード選びにも慎重になってみませんか?ドッグフード選びに楽しみを覚えることも大事かもしれません。

何を選べばいいのか迷ったら、まずはモグワンのようなバランスのとれたドッグフードからスタートしてみましょう。何かとデリケートな柴犬の体を健康的に保ってくれるはずですよ。

\【限定】今なら初回50%OFF!/

モグワンの公式HPを見る

  

この記事のURLをコピーする