135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

【トイプードルの出産】準備・兆候・頭数・出産後において大切なこと

雌のトイプードルを飼い始めると、赤ちゃんを産ませてあげたいと考えることありませんか?新しい命を誕生させるということはとても素晴らしいことです。

しかし犬の出産について軽く考えていると、犬自身、そして生まれてくる赤ちゃんたちが苦しむハメになってしまいます。

トイプードルの出産を考える上で知っておきたいことは何なのか?どんな準備が必要なのか?その辺りを「交配~出産後」に至るまで詳しく解説していきたいと思います!

トイプードルの出産を望む前に知っておきたいこと

「トイプードルは安産が多いから大丈夫」と簡単に言う人がいます。しかしトイプードルは体が小さいため、難産になってしまうことも実際にあるということを覚えておいて下さい。

犬の出産に慣れている人ならいいですが、初めて犬の出産に立ち会う人は様々なことを心得ておかなければなりません。大切なことについてはこれから順を追ってお話していきますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

まず最初に、トイプードルの出産を望む前に知っておきたいことをお話しします。

トイプードルが出産できる体であるかどうか

もし以下の項目に一つでも当てはまる場合、その時点でわんちゃんの妊娠・出産は諦めた方が賢明と言えます。

  • 体重が2kg未満である
  • 遺伝性疾患がある

これらに該当する場合、たとえ妊娠しても難産になる確率が高まります。さらには、遺伝的な病気を受け継がせてしまう可能性があるので望ましくありません。

産まれてきた子犬をどうするか決める

それともうひとつ大事なのは、産まれてきた子犬をどうするかも決めておくことです。産まれてから決めるのではなく、産まれる前に新しい飼い主を探しておくのが望ましいです。

ただしこの際、いくつか注意事項があるのでお伝えしておきますね。

  • 実際は何頭産まれてくるか分からないことを伝えておく。
  • 万が一死産だった場合、病気を抱えて生まれてきた場合のことも伝える。
  • 希望する性別の子犬が産まれるとは限らないことを伝える。

産まれてくる子犬に関しては、実際に産まれてこないと分からないことがたくさんあります。トラブルを避けるためにも、新しい飼い主を決める際には上記をしっかり伝えておきましょう。

また、もしも新しい飼い主が見つからない場合は多頭飼いになる覚悟を決めることです。責任をもって大切な命を育てていく覚悟を持ちましょう。

トイプードルを交配させるにあたっての注意点

産まれてくる新しい命を守るために、そして母犬の体を守るためにも、トイプードルの交配についての注意点をよく知っておきましょう。

まず交配時期ですが、2回目以降の発情時(生理)をおすすめします。1回目の発情時ではまだ未熟な部分もあるため、妊娠には適していないと判断されるケースが多いからです。

そして2回目の発情が始まって、11日目13日目くらいに交配するのが一般的と言われています。ただし個体差もあるので、タイミングなどは獣医さんに相談すると良いでしょう。

交配前にするべき準備

交配するにあたって、まずは必ず済ませておきたい準備があるので紹介します。

  • ワクチンを必ず済ませておくこと。
  • かかりつけの動物病院で健康診断を受ける。
  • 寄生虫の駆除をする。
  • 遺伝疾患の確認。
  • ノミやダニの予防をする。
  • フィラリアの検査を受ける。
  • スメア検査を受ける。
  • 体を清潔にしておく。

これらは、母犬と産まれてくる子犬の健康を守るためにも大事なことです。ひとつでも抜かしてしまうと、相手に交配をお断りされることもあります。

交配相手の見つけ方

交配相手を見つける方法としては本当に様々です。知人・友人・動物病院に紹介してもらったり、お世話になったブリーダーからの紹介などもあるでしょう。

どんな形で交配相手を決めるかは自由ですが、交配する相手を必ず直接目で見て確認して下さい。そして健康状態などもしっかりと確認することです。

交配相手を決める上で確認しておきたいこと
  • 信頼できる飼い主/ブリーダー/ペットショップであるかどうか。
  • 血統証を持っているか。
  • 病気を持っていないか。
  • 性格的に問題はないか。
  • 体のサイズ。
  • 交配料金システムについて。

大切な愛犬と赤ちゃんを守るためにも、交配相手をよく知ることは大切なことです。むやみに交配させようと必死になっているブリーダーやペットショップは避けましょう。

妊娠~出産前までに飼い主がするべきこと

無事交配に成功したら、その日から約58~63日間が妊娠期間となります。

妊娠が確認できるのは排卵から25日目くらいで、一般的には動物病院にて超音波検査で確認してもらいます。そして出産まではおよそ35日程しか準備期間がありません。

ちなみに交配日から数えて60日目頃になると、母犬にこんなサインが見られ始めます。

  • 落ち着きがなくなる
  • ウロウロしている
  • 体温が低下する
  • 食欲がなくなる
  • おしっこ、うんちの回数が増える
  • 呼吸が激しくなるなど

この間はフードを食べやすいものに変えるなどして、なるべく栄養不足にならないよう配慮しましょう。子犬用の餌や犬用ミルクなどもおすすめですよ!

獣医さんとしっかり情報を交換しておく!

何かあってから獣医さんにすべてを説明するのはとても大変なことです。検査で妊娠が分かったら、その後の流れや起きやすい症状などを細かく聞いておきましょう。

そして万が一難産になった場合、帝王切開してもらえるよう獣医さんにお願いしておくことです。いざという時に獣医さんが不在だったのでは、確実に手遅れになってしまいます。

出産に向けていろいろ準備しておく

犬の出産までは期間がとても短いので、間際になって慌てふためかないように早めに道具などを準備しておきましょう。

準備しておくもの
  • ダンボール箱(遮蔽された空間をつくるため)
  • 新聞紙
  • 普段から使っているタオルやブランケット
  • 上記以外のタオル(5~8枚くらい)
  • ペット用ヒーター(寒い時期)
  • 計り(赤ちゃんを測定するため)
  • 消毒済みのはさみ
  • 子犬用ミルク
  • 哺乳瓶またはスポイト
  • ビニール手袋

犬は外敵から身を守るために、出産に向けて遮蔽された空間を本能的に求めるようになります。これはどの犬種も同じです。

人の出入りが激しい、人目が付く、外から丸見えといった空間は母犬が落ち着きません。必ずダンボール等でサークルを囲ったり、空間をつくるようにしましょう。

そしてその空間には、多めの新聞紙と使い慣れたタオルを敷いてあげて下さい。部屋が寒ければ、さらにその下にペット用ヒーターを敷いてあげるといいですよ。

いよいよ出産!兆候や気をつけておきたいこととは?

出産が近づいてくると、母犬が明らかに落ち着かなくなります。床を引っかくような行動をしたり、落ち着きがなくウロウロするといった様子が見られ始めます。

この頃になったら、むやみに近づいて母犬の神経を逆なでるようなことはしない方がいいですね。また、訪問者も控えるようにしましょう。

ちなみに妊娠65日目になっても分娩に入らない場合、その時は難産になる危険性が非常に高まります。すぐに動物病院へ連絡するようにして下さい。

出産中はずっと側にいて何かあったらヘルプを!

トイプードルは1回の出産で2~4頭の赤ちゃんを産むと言われています。出産時間はおよそ3~4時間。中には半日ほどかかるトイプードルもいます。

途中何が起きても大丈夫なように、飼い主さんは最後までずっと付き添いましょう。

ちなみにトイプードルのような小型犬は、横になったままいきんで出産する場合がほとんどです。呼吸がどんどん荒くなり、苦しそうにしていたらいよいよ出産になります。

破水してから約1~2時間くらいで1頭目を出産、そして2頭目が産まれるまではそこから約1~2時間。3頭目からは30分間隔で産まれるのが正常な出産と言われています。

もしも以下の様子が見られたら、死産や難産の危険性が高まります。すぐに動物病院へ急ぎましょう。

  • 破水して2時間経っても1頭目が産まれない。
  • 1頭目から2時間以上経っても2頭目が見えてこない。
  • へその緒が絡まっている。

赤ちゃんが産声をあげるまで油断は禁物!

赤ちゃんは羊膜に包まれた状態で産まれてきます。

この羊膜は母犬が直接破り、その次にへその緒を噛み切ります。最後に体を舐め、鼻の先を舐めながら呼吸を促していくというのが通常の流れです。

ここで赤ちゃんが産声をあげれば、ひとまず安心です。そのまま計りへ持って行き、赤ちゃんの体重を測定しましょう。

しばらくすると胎盤が排出されますが、これは母犬が食べるのでそのまま置いておきます。出てきた胎盤を食べるのはごくごく自然なことなのでご安心を。

もし母犬が出産後の一連の流れを自身で行わない場合、この時に初めて飼い主さんの補助が必要になります。状況別に対策を紹介しますので、ビニール手袋をはめてしっかりと準備しておきましょう!

母犬が羊膜を破らない場合

赤ちゃんを母犬の口元に持っていって舐めさせるようにします。うまく舐めない場合は、すぐに乾いたタオルで優しく羊膜をとってあげましょう。

母犬がへその緒を噛み切らない場合

根元から2㎝のところを糸で縛り、そこから少し手前の離れたところを消毒したハサミで切ります。

母犬が赤ちゃんの鼻先を舐めない場合

赤ちゃんの鼻や口には羊水が詰まっています。早く出してあげないと呼吸ができないので、飼い主さんが直接口で吸って出してあげましょう。産声を上げたら羊水がとれた証拠です。

無事産声をあげたら今度はおっぱいタイム!

母犬は子犬たちをおっぱいのところに近づけて授乳します。もしここでも母犬がそのような行動をしない場合、飼い主さんが子犬たちを母犬のおっぱいへ近づけさせてあげます。

中にはうまく母乳を飲めない子犬がいますので、そんな時は一度おっぱいに近づけて促しましょう。それでも拒否する場合は、スポイトなどを利用して授乳の補助をします。使用するミルクは子犬用ミルクで大丈夫です。

出産後に飼い主がするべき大事なこと

出産後は、母犬と子犬が心地よく過ごせているかを随時確認するようにしましょう。初めて子育てをする母犬だと、稀にまったく子犬面倒を見ない母犬もいます。

子犬はおっぱいを飲んでは寝るの繰り返しですが、まだまだ体温調節ができないので母犬と離れ離れになっていないかを常に確認して下さい。季節によってはここでペット用ヒーターが活躍しますよ。

母犬の体調管理にも気を配る

出産後の母犬は免疫力も弱くなり体調を崩しやすくなっています。体温が異常に高くないか、やたらぐったりしていないかなど、常に様子を気に留めるようにして下さいね。

そして子犬がぐっすり眠りについている時、母犬を軽く散歩へ連れて出してみましょう。ただし10分以内に収めるようにし、すぐに子犬の元へ戻らせてあげることです。

トイプードルの出産まとめ

トイプードルに限らず、どんな犬種も出産は大変なものです。とくに小型犬になればなるほど出産のリスクが高まるので、安易に考えるとトラブルの原因となります。

必ず経験豊富な獣医さんと連携をとるようにし、大切な愛犬が安産できるよう手助けしてあげましょう。母犬と子犬たちを守るためにも大切なことです。

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る