【トイプードルの餌の量】体重と年齢だけで決めるのは間違い!

「餌の量は、体重と成長に合わせて変えればいいんでしょ?」と思っていませんか?

もちろん体重と成長に合わせて餌の量を変えることは非常に大切です。しかし体重5㎏だからと言って、同じ5kgのトイプードルすべてに同じ量の餌を与えていいとは限りません。

では一体どんな基準で餌の量を決めたらいいのでしょうか?そこで、体重や成長以外にも大事な「餌の量の決め方」について紹介していきます。

【基本のキ】子犬と成犬では餌の量が変わる!

まず、ライフステージに見合った餌の量を与えることは基本中の基本です。成犬になっても子犬時期と同じ餌の量を与えているのでしたら、今すぐに改善しましょう!

参考までにライフステージごとの「1日の給餌目安量」について紹介していきますが、あくまでも目安量になります。わんちゃんの体重・運動量・ドッグフードの内容によって変わるので、なるべくドッグフードに記載されている給餌量を参考にするようにして下さい。

子犬時期(1歳くらいまで)

月齢 1日の給餌目安量 餌を与える回数
生後2ヶ月~3ヶ月 約70g 1日3~4回
生後4ヶ月~5ヶ月 約80g 1日2回
生後6ヶ月~7ヶ月 約100g 1日2回
生後8ヶ月~9ヶ月 約90g 1日2回
生後10ヶ月~12ヶ月 約80g 1日2回

成長期の子犬は骨や細胞が急激に成長します。運動量も多く基礎代謝が高いため、この時期に適した栄養量・エネルギー量を与える必要があります。

必ずパピー用のフードを与え、成長に合わせて餌の量も増やしていくようにしましょう。

成犬期(10歳くらいまで)

年齢 1日の給餌目安量 餌を与える回数
1歳~10歳 70~120g 1日2回

犬の一生の中で、もっとも活動量が多くて食欲も旺盛な時期です。だからと言って子犬時期と同じ感覚でカロリーの高い餌をたくさん与えてしまうと、肥満になりやすくなるので注意が必要になります。

高齢期(10歳以上)

年齢 1日の給餌目安量 餌を与える回数
10歳以上 50~100g 1日2回

高齢期になってくると運動量も減り、じっとしていることが多くなります。成犬期と同じエネルギー量を摂取すると肥満や様々な病気を引き起こしやすくなるので、シニア犬用のフードに切り替えます。

最近は全ライフステージに対応した良質なドッグフードも増えてきたため、成犬からそれらを与え続けるのもひとつの方法です。

ドッグフードによってカロリーが変わるので要注意!

意外と気づいていない飼い主さんも多いのですが、ドッグフードであればすべて同じ量をあげていいというわけではないので注意して下さいね。

基本的に小型犬は基礎代謝が高いので、中・大型犬よりも1㎏当たりの必要カロリーが多いです。なのでついつい高カロリーのフードを与えがちなのですが、肥満を予防するためにも事前にしっかり計算をして調節しましょう。

1日に必要なカロリーの計算方法(成犬用)

以下の計算式を使って、1日に必要な摂取カロリーを出すことができます。わんちゃんの体重管理・健康管理のためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね!

1日に必要なカロリーの計算式(成犬の場合)

(体重×30+70)× 指数 = 摂取カロリーKcal/日

犬の年齢・状態 指数
子犬(生後4ヶ月まで) 3.0
子犬(生後4ヶ月~1歳まで) 2.0
成犬(1歳~7歳まで) 避妊去勢済みは1.6
避妊去勢なしは1.8
肥満気味の成犬 避妊去勢済みは1.2
避妊去勢なしは1.4
中高齢犬(7歳以上) 避妊去勢済みは1.2
避妊去勢なしは1.4
ダイエット中の犬 1.0

たとえばうちの愛犬モコでしたら、体重14kgの中高齢犬で、しかも避妊手術も行っているので指数は「1.2」になります。

例)うちのモコを計算した場合

(14 × 30 + 70)× 1.2 = 588Kcal/日

1日あたり588kcalが目安ということになります。

ちなみに我が家ではふだんから「モグワン」を与えているのですが、モグワンのカロリーが100gあたり344kcalなので、1日に与えて良いのは約171gまでとなります。

ドッグフードを目分量で与えることは避け、このように計算して与えるようにしましょう!とくにトイプードルのような小型犬は、数グラムの違いが大きな違いになります。

1日の運動量によって餌の量も変える必要があるの?

ここまで「ライフステージに合った餌の量」と「体重に合ったカロリーの摂り方」について解説してきました。

これだけでも十分のように思えますが、実は「1日の運動量」によっても餌の量が変わることを知っておかなければなりません。

ちなみにあなたのトイプードルは、こんな傾向ありませんか?

  • 1日の散歩量が少ない(合計40分未満)
  • 毎日散歩をしない
  • 運動そのものをあまりしない

もしこの3つが当てはまるわんちゃんの場合、運動不足である可能性が高いと言えます。

トイプードルは小型犬の中でも非常に活発で、散歩も1回40~60分が理想(成犬時)と言われているくらい運動が大好きな犬種です。そのため運動量が少ないと、それだけストレスも溜まって代謝が落ちやすくなります。

なのにも関わらず標準のトイプードルと同じ量の餌を与えてしまえば、当然カロリーオーバーになり兼ねませんよね。なので、体重や年齢だけで摂取カロリーを決めるのはおすすめできないのです。

1日に与えてもいいおやつのカロリーはどれくらい?

主食となるドッグフード以外に、おやつを与えている飼い主さんは大半だと思います。

ちなみに1日に与えてもいいおやつは、1日に与えるドッグフードのうちの10%のカロリーが目安だと一般的に言われています。

先ほどの計算式の中で1日に与えるべき摂取カロリーが分かったら、そこから1日に与えてもいいおやつのカロリーを算出してみるといいですよ!

うちのモコの場合

588(1日の摂取カロリー目安量)÷ 10 = 58.8kcal

つまりうちのモコの場合、約60kcal分のおやつなら1日に与えても大丈夫ですよということになります。

ただしこれはあくまでも「目安」です。体質や生活習慣によっては減らす必要があるので、その辺りもしっかりと調整を行いましょう。

神様
もし数種類のおやつを与える習慣がついているのなら、摂取カロリーの一番高いものから徐々に減らしていくのがおすすめじゃぞ。

知らないと怖い!餌の量を適当にするとどうなるの?

与える餌の「質」を重視することも大事ですが、与える餌の「量」に意識を向けることも非常に大事です。

わんちゃんの健康を管理するためにも、餌の量を適当にした結果にどんなことが起きてしまうのか?をこの機会に知っていただけたらと思います。

肥満になってしまう

いつも美味しそうに餌を食べるからと言って、摂取カロリーや餌の量を計算せずにたくさん与えていると肥満になるので注意しましょう!

肥満はいろんな病気を引き起こします。代表的な病気をいくつか挙げておきますね。

  • 生活習慣病
  • 膝蓋骨脱臼(膝や関節へ負担がかかるため)
  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 呼吸器系の病気

トイプードルに体重規定はありませんが、大体3~4kgが平均体重(成犬時)だと言われています。なので明らかにこの体重を上回っている場合、肥満の可能性が高いかもしれません。

もちろん体高も関係していますから、体重や太り具合については一度獣医さんに相談してみると良いでしょう。

栄養不足・エネルギー不足になってしまう

これは逆に餌の量が不足している場合ですね。本来与えるべき量を下回っている場合、必要な栄養量とエネルギー量を十分に摂取することができません。

すると次第に痩せ細り、肋骨などの骨が浮き彫りになるほどの体格になってしまうでしょう。この場合は触っただけですぐ分かるので、良心的な獣医さんやトリマーさんならすぐに指摘してくれるはずです。

神様
トイプードルは骨折膝蓋骨脱臼を起こしやすいから、適正な運動と食事でしっかり体づくりをしておく必要があるぞ!

トイプードルに与える餌の量まとめ

体重や成長に合わせて餌の量を決めることは大切ですが、そこに摂取カロリーや運動量なども関与してくることをこの機会にしっかりと覚えておくといいですね。

食べてくれれば何でもいいんだ!となると、将来的にわんちゃんが病気しやすくなったり、寿命が縮んでしまうことも十分に考えられます。

わんちゃんは自分で食べる物を決められないですから、飼い主さんがしっかりと食事の管理をして健やかに成長してもらいましょう。

この記事のURLをコピーする