135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

犬の餌に評判のいい鹿肉(ベニソン)ドッグフードおすすめ5選!

ラム肉に続いて、近年とても注目を浴びているのが鹿肉(ベニソン)のドッグフードです。

犬にとって鹿肉は非常に良好なタンパク源で、かつまだまだ珍しいお肉なので食物アレルギー対策にとても有効なタンパク源になります。

しかし、ここ最近鹿肉を使ったドッグフードの種類が増えてきましたね。だからこそ、どんな基準でどの商品を選んだらいいのか迷ってしまうものです。

そこで当サイトは、良質な鹿肉ドッグフードの選び方についてまとめてみました。その上で、ぜひ選んでおきたいおすすめの鹿肉ドッグフード5選を紹介していきたいと思います!

【基本】良質な鹿肉(ベニソン)ドッグフードの選び方

まず初めに、鹿肉ドッグフードの選び方についてです。この3つのポイントさえ抑えておけば、基本的に変な鹿肉ドッグフードを買わずに済みます。ぜひ押さえておきましょう!

安全な鹿肉が第一主原料に使われている

ドッグフード用として使われる鹿肉は、猟師さんが狩猟捕獲した野生の鹿の肉が一般的です。なので家畜(牛や豚)とは違い、抗生物質やホルモン剤などの残留リスクがありません。

しかしその分、寄生虫やE型肝炎ウィルスに感染している可能性もあるのが野生鹿の特徴になります。しかも食用に解体する時に病気の有無の検査が義務付けられていないので、下調べなしに鹿肉のドッグフードを購入するのは正直おすすめしません。

だから鹿肉ドッグフードを購入する時は、保健所より食肉処理業の営業許可を受け、衛生管理に問題のない食肉工場で処理された鹿肉を使っているドッグフードを選ぶことが大切です。

そして鹿肉を粉状にしたものではなく、ちゃんと鹿の生肉を丁寧に加工しているものを選ぶようにしましょう。第一主原料に使われていると尚良しです。

農林水産省では、野生の鹿の肉を使ったペットフードを製造する業者へ様々な注意を呼び掛けています(参考:農林水産消費安全技術センター)。これらの内容をきちんと守れていないような鹿肉ペットフードは、信用できないので候補から外しましょう。

危険な添加物が使われていない

これは鹿肉ドッグフードに限ったことではありませんが、危険な添加物が使われていない安全なドッグフードを選ぶことが大切です。むやみに「無添加」と謳っているものや、ビタミンやミネラルが過剰に添加されているものもあまりおすすめしません。

原材料がヒューマングレイドである

そしてこれも基本中の基本ですが、人が食べても安全な鹿肉ドッグフードを選ぶようにしましょう。素材のグレードがきちんと公開されている商品を選ぶことが基本ですね。

なぜなら、私たち人間が口にできないようなドッグフードを愛犬に食べさせること自体おかしなことだからです。「食べれば何でもいい!」という考えは捨てるようにしましょう。

評判のいい鹿肉(ベニソン)ドッグフード12種類を徹底比較!

以上の3つのポイントを踏まえて、当サイトでは口コミで評判のいい人気鹿肉ドッグフード12種類を比較してみることにしました!

比較する項目は「主原料」「安全性」「ヒューマングレイド」の3つです。なお主原料は、原材料のトップ3に使われている原料を書き出しています。

商品名 主原料 安全性 ヒューマングレイド
ファインペッツ
鹿肉・鶏肉・オートミール
キアオラ
ベニソン生肉・乾燥サーモン・えんどう豆
ZEN
日本鹿生肉・あずき・乾燥さつまいも
ナチュラルチョイス
乾燥鹿肉・玄米・オートミール
ナチュラルバランス
新鮮なスウィートポテト・新鮮な鹿肉・ポテトプロテイン
アディクション
鹿肉粉・ドライポテト・ドライタピオカ
鹿肉ベーシック
鹿肉(生)・大麦(全粒粉)・牛肉
ネイチャーズバラエティ
鹿肉・ターキーミール・キャノーラオイル
クプレラ
鹿肉・サツマイモ・タピオカ
ソリッドゴールド
シカ肉・ターキーミール・ポテト
デイリースタイル
鹿肉(生)・牛肉(国産)・焙煎玄米
ジウィピーク
ベニソン生肉・ベニソン内臓・ニュージーランド緑イ貝

口コミで評判のいい鹿肉ドッグフード12種類を比較してみたのですが、どれも非常にレベルの高い中身になっていますね!品質も安全性も文句なしの商品ばかりです。

唯一、ニュートロ「ナチュラルチョイス」の素材グレードだけが不明でした。他の商品はヒューマングレイドの原料のみを使っていますが、ナチュラルチョイスだけは分かりません。

ちなみに「go!」と「ワイルドレシピ」のベニソンドッグフードは販売終了となったようです。恐らく鹿が捕獲できず、原料の供給が安定しなかったのでしょう。

このように鹿肉は供給が安定しないデメリットもありますから、1つのブランドだけに捉われないことも大切です。何種類か候補リストに入れておくと、万が一生産できなくなった時に他のメーカーの鹿肉ドッグフードで柔軟にカバーすることができますよ。

そこで、ぜひ候補に入れておきたい鹿肉ドッグフード5選をランキングでまとめてみました!愛犬の体質とよく相談しながら、最高の一品を選んでみて下さいね。

【決定】おすすめの鹿肉(ベニソン)ドッグフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをするにあたり、まずは「鹿肉の安全性と使い方」「商品全体の安全性」「素材のグレード」を重視して評価しています。その上で、栄養バランス、消化の良さ、価格なども評価項目に入れてみました!

ZEN
ZENの特徴
ZENの「プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン 小粒」は、主原料に日本国内で捕獲された野生鹿の肉を使用しています。衛生的に管理された日本国内の工場で製造されており、全原材料の産地もきちんと公開されている非常に優秀なドッグフードです。
価格 【通常】2,680円~
内容量 700g、2.1kg
評価 5-0 5.0
編集部からのコメント
ZENは鹿肉ドッグフードの中でも非常に評判が良く、きちんとした会社で製造販売されているんだなというのも公式サイトを見ただけで分かるほどです。穀物も一切使われていないので、穀物アレルギーの犬にも安心して食べさせられるのが嬉しいですね。
キアオラ
キアオラの特徴
キアオラの「ベニソン」は、ニュージーランドの屋外で自然放牧されながら牧草を食べて育ったベニソンの肉を主原料にしています。トレイサビリティ(追跡可能性)が徹底した牧場のみと契約されているため、他の鹿肉が混ざるということがありません。
価格 【通常】2,322円~
内容量 450g、900g、2.7kg、5kg、9.5kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
キアオラで使われているベニソンは、高級ドッグフード「ジウィピーク」と同じニュージーランド産です。ジウィピークが高いと感じる場合には、ぜひキアオラを試されてみるといいでしょう。牧場で自然放牧されている鹿の肉を使っているので、他の商品よりも供給が安定しやすい特長があります。
ジウィピーク
ジウィピークの特徴
ジウィピークの「ベニソン」は、ニュージーランドで自然放牧されているベニソンの生肉、生レバー、生キドニー、生ハート、生トライプ、生ラングなどの内臓をバランスよく配合したエアドライ・ドッグフードです。消化率はなんと95%以上を誇ります!
価格 【通常】4,700円~
内容量 454g、1kg、2.5kg
評価 4-5 4.5
編集部からのコメント
価格は高くても本当にいいものだけを食べさせたい!という飼い主さんにぜひおすすめしたいのがジウィピークです。ジウィピークもトレイサビリティが徹底された認可済みのベニソンのみを使用しているため、他の鹿肉が混ざるということはありません。キアオラとのローテーション使いもおすすめですよ。
鹿肉ベーシック
鹿肉ベーシックの特徴
ドッグスタンスの「鹿肉ベーシック」は、国産の健康な野生鹿の肉をメインに使用したドッグフードです。新鮮な生肉が丁寧に練り込まれており、さらに一粒一粒手作業で作り上げられているため一日の製造量はわずか数百kgになるそうです。人工添加物や再生油は一切使われていません。
価格 【初回お試し】950円(300g)
【通常】3,024円~
【定期】2,722円~
内容量 300g、300g×4袋、1kg、1kg×3袋
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
ドッグスタンスでは、鹿肉ベーシック以外にも「麹熟成」と「ライト」の2種類のドライフード、そして鶏肉と馬肉入りのウェットフードがあります。供給が安定しない分お値段は張りますが、目的や愛犬の体質に合わせていろんなタイプを選べるのがドッグスタンスの魅力ですね!
ファインペッツ
ファインペッツの特徴
ファインペッツは、鹿肉、鶏肉、鮭肉を主原料(肉類原材料割合80%)にしたドッグフードです。消化吸収率は87%とかなり高く、食べたら食べた分だけしっかり栄養を吸収できるようになっています。鹿肉を使った高品質ドッグフードの中でも比較的安いので、継続しやすいですよ!
価格 【初回お試し】1,080円(1.5kg)
【通常】3,394円~
【定期】3,394円~
内容量 1.5kg、4kg、8kg、16kg
評価 4-0 4.0
編集部からのコメント
鹿肉だけでなく、他のタンパク源からも栄養を補いたいと考えている場合におすすめなのがファインペッツです!ファインペッツは初回のみ1袋1,000円で試せるので、気軽に愛犬の食いつきや体質との相性をチェックすることができますよ。

迷ったらコレ!鹿肉(ベニソン)ドッグフードにZENをおすすめする理由!

今回紹介した鹿肉ドッグフードの中でも、なぜZENがもっともおすすめなのか?その理由を簡単にまとめてみました。

ZENをおすすめする理由
  1. 全原材料の産地や詳細が公開されている。
  2. 工場の紹介もきちんとされている。
  3. 低温調理でじっくり加工している。
  4. 品質管理が徹底されている。
  5. 穀物が使われていない。

当サイトがZENをおすすめする一番の理由は、使用している原料の産地や詳細がすべて公開されているからです。正直、ここまで親切なメーカーは他にありませんでした。

鹿肉に関しても、産地ごとの狩猟方法まで丁寧に解説されています。たとえば本州産なら罠猟で獲れた鹿の肉を、北海道産なら銅弾を使用して獲れた鹿の肉を使用していると解説がありました。やはり野生鹿を使用している以上、狩猟方法はとても気になりますからね。

もちろん他に紹介した鹿肉ドッグフードも、非常に安全性が高くて品質も良いものばかりです。はっきり言って、どれを選んでも間違いはないでしょう。

だから必ずしもZENだけにこだわる必要性はなくて、もしも日本国内産にこだわるのであれば、当サイトはZENや鹿肉ベーシック辺りをおすすめしたいです!

鹿肉のドッグフードはシニア犬(老犬)が食べても大丈夫なの?

鹿肉を使ったドッグフードは、子犬や成犬だけではなく、もちろんシニア犬や高齢犬にもおすすめのドッグフードです!

そもそも鹿肉が他の肉より高タンパク・低脂肪・低カロリーですから、活動量がやや減り始めたシニア犬にはとても適したタンパク源になります。

また、鹿肉は犬にとって非常に消化吸収の良いお肉。だから消化機能が低下した胃腸の負担になりにくく、さらに少量でも十分な量のタンパク質を摂取することができるので食欲が低下しているシニア犬にもおすすめなんです。

さらに付け加えると、鹿肉には青魚に多く含まれる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が豊富に含まれています。

DHAは認知症予防や視力低下予防、それから中性脂肪の減少などにも良いとされる栄養素ですから、鹿肉はシニア犬にとって最高のタンパク源といっても過言ではありません。

ただし鹿肉ドッグフードの給餌量には注意!

鹿肉ドッグフードは栄養価の高い商品が多いため、一般的な市販のシニア犬用(あるいは高齢犬用)ドッグフードと同じ量を与えると太ってしまう可能性があります。

年齢に合わせて給餌量をコントロールするのではなく、必ず体重や健康状態、それからライフスタイルとよく照らし合わせながら給餌量をコントロールするようにしましょう。

おすすめの鹿肉(ベニソン)ドッグフードランキングをもう一度見る!

  

この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る