135商品のドックフードを徹底比較!「ドッグフードの神様」

ウェルネスドッグフードを試しました!口コミ評判&安全性を徹底評価

ウェルネス(WELLNESS)は、厳選した自然素材を使ったドッグフードです。イオンペットでも推薦しているナチュラルフードとあって評判もいいですが、実際の口コミや安全性はどうなのでしょうか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 3.5
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 4.0
内容量 900g、1.8kg、2.7kg
価格 1,998円~
100gあたり価格 222円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ウェルケアは、当サイトでBランクのドッグフードです。第一主原料には必ず生肉や生魚が使われており、副産物や人工添加物などが入っていない良好なドッグフードであることが分かりました。価格も高すぎないで、市販品で品質の良いドッグフードを探している時はぜひ検討されてみるといいでしょう。ただし、素材がヒューマングレイドかどうかの説明はありません。原材料にこだわっている商品だからこそ、素材についてもっと細かい説明があったら尚良かったなと感じます。

ウェルネスドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ウェルネスの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「小型犬 成犬用 白身魚&オートミール」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

白身魚、サーモンミール、メンハーデン(魚)ミール、オートミール、粗挽き玄米、粗挽き大麦、粗挽き白米、えんどう、キャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、粗挽き亜麻仁、フィッシュエキス、白身魚ミール、トマト、にんじん、ほうれん草、さつまいも、りんご、ブルーベリー、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)、アミノ酸類(タウリン) ※乳酸菌

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・緑茶抽出物・スペアミント抽出物
粗タンパク質 28.0%以上 水分 10.0%以下
粗脂肪 16.0%以上 オメガ6脂肪酸 3.4%以上
粗繊維 4.5%以下 オメガ3脂肪酸 1.7%以上
粗灰分 7.0%以下 代謝エネルギー 約372kcal/100g

白身魚

白身魚は、高タンパクで低脂肪という特徴を持ちます。犬にとって消化の良いタンパク源ですが。ここで使われている白身魚の種類が不明です。

サーモンミール

ウェルネスで使われているサーモンミールは、副産物を含まない良質なものです。

メンハーデンミール

メンハーデンはニシン科の魚で、魚油や肥料、魚粉の原料として用いられることが多い。副産物を含まない良質なものです。

編集部からのひとこと

ウェルネスの白身魚&オートミールを調査したところ、予想以上にレベルの高いドッグフードだということが分かりました。

穀物が4種類も使われている点は気になりますが、どれも低アレルギーの消化の良い穀物なので心配はいらないでしょう。気になる場合は、穀物不使用のウェルケアを検討されると良いと思います。

そして、第三主原料までちゃんと魚を使っているところがいいですね!ウェルネスでは肉副産物を使っていないので、ミールに関しても安心して大丈夫と言えます。

ただし、白身魚の正体は分かりません。何の魚を使っているのかどこにも説明がなかったため、なぜ魚名を挙げてくれないんだろう?と疑問に感じたのは正直なところです。

恐らく時期によって使われる魚が違うのだと思われますが、それならそうで一言説明があると親切ですね。ちゃんと説明しているメーカーもあるくらいですから。

あと白身魚だけでなく、やはり他の原料についても産地やグレード等の説明が欲しいところです。せっかくウェルネスは良好なドッグフードなのだから、この辺りが明確だともっと安心して購入できるのになぁと感じました。

ウェルネスドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ウェルネスを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ウェルネスドッグフードの良い口コミ

パグ6歳 / オス
5.0
イオンで見つけて購入。とにかくよく食べてくれるドッグフードだということが分かりました。特ににおいが良いのか、ごはんを用意しているそばで待ちきれず興奮しています。いい商品に出会えて良かったです。
ポメラニアン5歳 / メス
4.5
目やにと涙やけがひどいため、これまでいろんなドライフードを試してきました。市販品の中ではこれが一番いいと思います。これに変えてからは、少しづつですが目やにも涙やけも治まってきました。
チワワ12歳 / オス
5.0
これまでヒルズのフードをあげていましたが、下痢や嘔吐を繰り返すのでやめました。そしてこちらに切り替えてからだいぶ調子がいいようで、胃腸の弱いこの子が健康的なうんちをするようになったのです。ケージの中を汚したりすることもなくなりました。

ウェルネスドッグフードの悪い口コミ

雑種犬3歳 / メス
2.0
保存の仕方が悪いのか、はたまた輸送の仕方に問題があるのか?粒がかなり粉状になっていてガッカリしました。
マルチーズ9歳 / メス
3.0
2日目までバクバクとおいしそうに食べてましたが、3日目からまた食べムラが出てきました。フード自体はとても良いのですが、粒が少し硬めなのかな?食べる時にガリガリいってます。
トイ・プードル3歳 / メス
1.0
袋を開けた瞬間からリアクションが悪く、さらに食いつきも悪い。食べた翌日から便秘気味が続き、お腹の調子も悪いようで硬くてねっとりとしたうんちをするようになりました。本犬が一番つらそうなので、もうやめます。

ウェルネスドッグフードの口コミ・評判まとめ

調査した結果、ウェルネスは全体的に高評価で、評判の悪いドッグフードではないということが分かりました!

調査する際は、食物アレルギー対策のシンプルや穀物不使用のウェルネスなども万遍なく拝見させていただきました。どれも高評価で、たまに「体質に合わない」といった口コミがチラホラあったくらいです。

ちなみに印象に残ったのは、ウェルネスがとても嗜好性の高いドッグフードだということ。ふだん好き嫌いの激しい犬でも、ウェルネスならよく食べるといった声がとても多かったです。

近くにイオンペットがあれば気軽に変える商品ですし、市販品でレベルの高いものをお探しでしたら試してみる価値はあると思いますよ!

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでウェルネスを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。ちなみに、ここでも「小型犬 成犬用 白身魚&オートミール」を比較しています。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 2,041円 2,041円
送料 6,000円以上は無料 2,000円以上は無料

ウェルネスドッグフードはイオンペットで買うのが一番お得!

ウェルネスの購入は、購入した後の対応のことなど考えるとイオンペットで買う方がお得で安全です。

というのも、万が一ウェルネスが体質に合わなかった場合(満足できなかった場合)、イオンペットで購入したウェルネスなら全額返金保証の対象になるからです。ただし、ドッグフードで対象になるのはドライフード800g/900gのみとなります。

もちろん店舗で直接買ったものも対象になるので、送料が気になる場合は近くのイオンペットで専用ハガキをもらいながら購入してみるといいでしょう。

ウェルネスドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとウェルネスにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ウェルネス
内容量 1.8kg 900g
価格 3,564円 2,041円
100gあたりの価格 198円 227円
メイン食材 チキン&サーモン53% 白身魚・サーモンミール・メンハーデンミール
穀物 グレインフリー オートミール・粗挽き玄米・粗挽き大麦・粗挽き白米
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ウェルネスとモグワンは、どちらも高品質なドッグフードです。ウェルネスには穀物不使用タイプもあるので、穀物がダメな場合はそちらのシリーズを選ぶといいでしょう。

ただし、本当に品質や安全性が高いドッグフードを選びたいのであれば、当サイトではウェルネスよりもモグワンをおすすめします。

なぜなら、モグワンに使われている原料はすべてヒューマングレイドだからです。さらにそれらを丁寧に加工しているため、素材本来の栄養素もきちんと摂れるようになっています。

そして何より、総量の53%がチキンとサーモンです。約半分は良質な動物性タンパク質で作られているため、モグワンは犬にとって理想の食事ができるドッグフードなんですね。

それに対し、ウェルネスは素材のグレードや詳細が不明です。動物性タンパク質も全体の何%含まれているのか分からないため、よりしっかりとしたドッグフードを選ぶならモグワンを選ばれることをおすすめします。

ウェルネスドッグフードの種類と特徴について

ウェルネスのドライフードには全部で4つのラインナップがあります。何がどう違うのか困惑されている飼い主さんも多いようなので、それぞれの特徴を表で簡単にまとめてみました。

商品名 特徴
ウェルネス ウェルネスドッグフードのベーシックタイプ。全部で10種類あり、それぞれに抗酸化栄養素、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、乳酸菌が配合されている。
ウェルネスコア 穀物不使用の高タンパクドッグフード。活動犬や散歩の量が多い犬、または穀物アレルギーの犬におすすめ。
ウェルネス 穀物不使用 ウェルネスコアよりもやや低タンパク。4種類の乳酸菌(プロバイオティクス)と食物繊維(プレバイオティクス)が配合されている。
ウェルネス シンプル 食物アレルギーに配慮し、動物性タンパク源を1種類に限定したタイプ。ラムやダック、サーモンなどがある。

とくに穀物の使用が気にならないのであれば「ウェルネス」を、穀物が苦手だったりお腹が緩くなりやすそうな場合は「ウェルネスコア」「ウェルネス 穀物不使用」を選ばれるといいと思います。

穀物不使用のウェルネスコアについては別記事で詳しく評価しているので、そちらもぜひチェックしてみて下さいね。

ウェルネスドッグフードのQ&A

ウェルネスドッグフードの取扱店や販売店は他にどこがあるの?

ウェルネス製品はイオンペットの専属商品になるため、他のペットショップや通販サイト(Amazonを除く)で購入することは不可となっています。楽天でも取り扱いはあるのですが、一部のウェルネス商品なので全種類の取り扱いではありません。

ウェルネスドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 900g、1.8kg、2.7kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,998円~
100gあたり価格 222円
輸入業者 ウェルペット・ジャパン合同会社
公式サイト https://www.aeonpet.com/ec/contents/wellness/index.html
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る