135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

ウェルネスコアドッグフードを購入した口コミ評判!安全性や評価は?

項目 詳細
商品ランク Aランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 5.0
コスパ 3.5
内容量 800g、1.8kg、5.4kg
価格 2,138円~
100gあたり価格 267円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ウェルネスコアは、当サイトでBランクのドッグフードです。第一主原料には必ず生肉・生魚を使用し、副産物や人工添加物などは一切含まない良好なドッグフードであることが分かりました。こちらは「ウェルネス」と違い穀物不使用なので、穀物アレルギーの犬にも安心して食べさせられます。ただ、繊維質がちょっと多めですね。また素材がヒューマングレイドかどうか分からないため、どういった食材を使っているのか情報があったら尚良かったなと感じます。

ウェルネスコアドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

まず初めに、ウェルネスコアの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでは「小型犬 成犬用 骨抜き七面鳥」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

骨抜き七面鳥、七面鳥ミール、チキンミール、じゃがいも、えんどう、乾燥粗挽きじゃがいも、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、チキンエキス、粗挽き亜麻仁、サーモン油、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、パセリ、りんご、ブルーベリー、ケール、さつまいも、スペアミント、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、ベータカロテン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸、C)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物) ※乳酸菌
4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・緑茶抽出物・スペアミント抽出物
粗タンパク質 36.0%以上 水分 10.0%以下
粗脂肪 16.0%以上 オメガ6脂肪酸 3.0%以上
粗繊維 5.0%以下 オメガ3脂肪酸 0.5%以上
粗灰分 8.1%以下 代謝エネルギー 約359kcal/100g

骨抜き七面鳥

七面鳥肉は低脂肪で消化が良く、ヘルシーな食材として親しまれています。チキンよりも脂肪分が少なく、亜鉛、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラル類を豊富に含んでいます。

七面鳥ミール

ウェルネスコアで使われている七面鳥ミールは、副産物を含まない良質なものです。

チキンミール

七面鳥ミール同様、副産物を含まない良質なチキンミールです。

編集部からのひとこと

ウェルネスコアもウェルネス同様、第三主原料までしっかりと動物性タンパク質が使われています。ミールは生肉よりも栄養価が低いデメリットはありますが、それでも副産物を含まない良質なものを使用しているので評価は高いです。

また、油には鶏脂とサーモン油が使われており、抗酸化作用のある野菜や果物がバランスよく配合されている点も素晴らしいですね。正直ここまでレベルが高いとは思いませんでした。

ただ敢えて言うならば、原材料の詳細についてもっと情報が欲しいですね。ここまで内容がしっかっりとしたドッグフードだからこそ、どんなグレードの食材を使っているのか?産地はどこなのか?が明確だと尚良かったです。

あと繊維質が結構多いなと感じたので、お腹が弱い犬やお腹が緩い犬に食べさせる際は量をやや注意しましょう。敢えて野菜などをトッピングする必要はありません。

原材料のグレードなど、ウェルネスコアには気になる点がいくつか残りますが、それでも非常に良好なドッグフードなので安心して大丈夫と言えます。

ウェルネスコアドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ウェルネスコアドッグフードを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ウェルネスコアドッグフードの良い口コミ

トイ・プードル8歳 / メス
4.5
1袋食べ終わりましたが、とくに涙やけや皮膚トラブルも起きませんでした。消化も良いようなのでローテーションの候補入りです。価格が高いのはデメリットですが、近くで買えるので助かります。
ラブラドール・レトリバー4歳 / オス
5.0
食後に口まわりと指先に痒みが出やすいうちのワンコですが、このフードはだいぶ調子がいいようです。前に食べていたフードよりも痒みと皮膚のベタつきがなくなりました。
雑種犬9歳 / オス
5.0
今までnowフレッシュを食べさせていましたが、こちらに切り替えてからnowフレッシュを食べなくなりました。よっぽど美味しんだと思います。

ウェルネスコアドッグフードの悪い口コミ

シェルティー6歳 / メス
3.0
獣医さんも推奨するフードで、中身もしっかりしていると思います。ただ、粒が大きいのか食いつきがイマイチです。
ヨークシャー・テリア4歳 / メス
2.0
このフードを食べさせると便量が増えます。うちのワンコには消化できない材料が多く入っているのかもしれません。時々うんちがゆるゆるになる時もあるので、とりあえずリピはしないと思います。
ミックス犬13歳 / オス
1.0
高齢用とありますが、ちょっと粒が大きいですね。しかも硬い。案の定、うちのシニア犬は嫌がって食べてくれませんでした。高齢用とは思えないようなフードです。

ウェルネスコアドッグフードの口コミ・評判まとめ

ウェルネスコアの口コミは、ウェルネス同様に評判のいい口コミがとても多かったです。

とくに「皮膚の痒みが治まってきた」「目やにが減った」といった体質改善系の口コミが多く、あとは「食いつきがいい」といった声も多く見られました。

体質改善系の口コミが多いと、やはりそのフードの質の良さが伺えますね。消化が良いだけでなく、犬の体質に合いやすい内容になっている証拠ということですからね。

ただ、中には「うんちの量が増えた」といった声もありました。確かに繊維質が多めなので、体質によってはうんちの量が増えてしまうことも正直なところのようです。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでウェルネスコアを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。ちなみにここでも「小型犬 成犬用 骨抜き七面鳥」を比較しています。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入 2,031円(800g)
通常購入 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
2,138円(800g) 2,138円(800g)
3,942円(1.8kg)
8,618円(5.4kg)
送料 6,000円以上は無料 2,000円以上は無料 無料

ウェルネスコアドッグフードはイオンペットで買うのが一番お得!

ウェルネスコアの購入は、購入した後の対応のことなど考えるとイオンペットで買う方がお得で安全です。

というのも、万が一ウェルネスコアが体質に合わなかった場合(満足できなかった場合)、イオンペットで購入したウェルネスコアなら全額返金保証の対象になるからです。ただし、ドッグフードで対象になるのはドライフード800g/900gのみとなります。

もちろん店舗で直接買ったものも対象になるので、送料が気になる場合は近くのイオンペットで専用ハガキをもらいながら購入してみるといいでしょう。

ウェルネスコアドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとウェルネスコアにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ウェルネスコア
内容量 1.8kg 1.8kg
価格 3,564円 2,138円
100gあたりの価格 198円 267円
メイン食材 チキン&サーモン53% 骨抜き七面鳥・七面鳥ミール・チキンミール
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ウェルネスコアとモグワンですが、どちらも当サイトがおすすめできる高品質ドッグフードです。

ただし原材料の品質にやや違いがあるので、品質にきちんとこだわりたいのであれば、当サイトでは100%ヒューマングレイドの原料を使ったモグワンをおすすめします。

どちらも無添加で危険な成分が入っていない点は共通なのですが、やはり深く掘り下げた時に安心できるのはモグワンです。ウェルネスコアは食材の詳細がないため、果たしてどんなグレードの食材が使われているのか不安は残りますね。

あと、モグワンは「ミール」を使用していないんですよ。使っているのはチキンとサーモンの正肉のみなので、犬にとって非常に消化が良く、栄養価も高い特長があります。

最終的にどちらが良いかは愛犬の体質との相性にもよりますが、犬が本来食べるべき食事に近づけたいならモグワンを選ばれるといいでしょう。

ウェルネスコアドッグフードの種類と特徴について

ウェルネスコアにはドライフードとウェットフードの2タイプがあり、それぞれを合わせると全部で9種類のフードがあります。

ウェルネスコア(ドライフード)

商品名 特徴
子犬用
骨抜きチキン
離乳期~1歳の子犬までを対象としたフード。代謝エネルギーが100gで約379kcalとなっている。
小型犬 成犬用
骨抜き七面鳥
1~6歳の小型犬の成犬を対象にしたフード。「成犬用 オーシャン白身魚」よりも高タンパクになっている。
成犬用
オーシャン白身魚
1~6歳の成犬を対象にしたフード。ウェルネスの「成犬用 骨抜きチキン&オートミール」よりもタンパク質が約54%増えている。
高齢犬用
骨抜き七面鳥
7歳以上の高齢犬を対象にしたフード。タンパク質・脂肪・カロリーが控えめで、グルコサミンとコンドロイチンが配合されている。

ウェルネスコア チャンキーセンター(ウェットフード)

商品名 特徴
ビーフ&ラム さつまいも入り 主原料はチキン煮汁、チキン、ビーフ、ラム。代謝エネルギーは100gあたり約102kcal。
ターキー&ダック さつまいも入り 主原料はチキン煮汁、チキン、七面鳥(ターキー)、ダック。代謝エネルギーは100gあたり約89kcal。
チキン&チキンレバー ほうれん草入り 主原料はチキン、チキン煮汁、鶏レバー。代謝エネルギーは100gあたり約100kcal。
サーモン&ツナ ほうれん草入り 主原料はチキン煮汁、チキン、サーモン、ツナ。代謝エネルギーは100gあたり約72kcal。
ラム&ターキー ケール入り 主原料はチキン煮汁、チキン、ラム、七面鳥(ターキー)。代謝エネルギーは100gあたり約95kcal。

チャンキーセンターの原材料には、調味料が含まれています。嗜好性を高めるために使われているのだと思われますが、犬にとっては好ましくない成分なので当サイトはあまりおすすめしません。

ウェルネスコアドッグフードのQ&A

ウェルネスコアドッグフードの取扱店や販売店は他にどこがあるの?

ウェルネス製品はイオンペットの専属商品になるため、他のペットショップや通販サイト(Amazonを除く)で購入することは不可となっています。楽天でも取り扱いはあるのですが、一部のウェルネス商品なので全種類の取り扱いではありません。

ウェルネスコアドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 800g、1.8kg、5.4kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 2,138円~
100gあたり価格 267円
輸入業者 ウェルペット・ジャパン合同会社
公式サイト https://www.aeonpet.com/ec/contents/wellness/index.html
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る